サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ローマ

    1: @Egg ★2017/05/25(木) 21:58:59.78 ID:CAP_USER9
    8ehf2


    ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが25日、
    今シーズン限りで同クラブを退団することを自身のSNSで発表した。

    「2017年5月28日 日曜日、ローマ対ジェノア、僕がローマのユニフォームを着る最後の日だ」
    「このカラーが僕にとって今までどれだけ重要であり、今後もどれだけ重要であるかを簡単には言い表せない」

    「僕のフットボールへの愛は決して色あせない。
    それは愛情であり、僕の情熱だ。情熱を燃やすことを止める想像が全くできない。とても難しいことだ」

    「月曜日からまた前を向いて歩み出す準備ができている。新しい挑戦への準備ができているんだ」

    現在40歳のトッティは、28日に行われるセリエA最終節のジェノア戦が
    ローマでのラストマッチとなることを発表。しかし、去就については明言を避けている。

    今月3日にはローマのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるモンチ氏が就任会見で、
    同選手について「今シーズンが選手としてラストイヤーで、その後は幹部入りことで合意している」と語っていた。

    1989年にローマの下部組織に加入したトッティは、1993年に16歳の若さでトップチームデビュー。
    これまで“バンディエラ”(クラブの旗頭)としてチームをけん引してきた。

    今シーズンはここまで公式戦27試合に出場し、3ゴールを記録している。

    SOCCER KING 5/25(木) 21:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00592538-soccerk-socc

    写真
    no title


    サッカーチャンネル
    https://abema.tv/timetable/channels/soccer

    5月26日(金)20:00 ? 23:00
    2017/5/14]ローマvsラツィオ(RomaTV)

    続きを読む

    1: Egg ★2017/05/07(日) 17:00:08.54 ID:CAP_USER9

    3c1ee1f58b1aa40b7ec2a01e69b7abef


     ローマのスパレッティ監督が「トッティの背番号10番は永久欠番にするべきではない」と話したと、7日に伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

     ローマの40歳FWトッティは今季限りで現役を引退すると、既にクラブ幹部が発表。これを受けてローマに本社がある伊紙コリエレ・デロ・スポルトが「トッティが引退したら、ローマクラブはトッティの背番号10番を永久欠番にせよ」と提唱していた。

     同監督は反対の理由について「あの番号はサッカーをするすべての子どもたちの夢だ。トッティのことを思い出させるために私なら、すべてのローマのユニホームに小さくトッティの名前を入れる」と話したという。

    日刊スポーツ 5/7(日) 16:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-01819656-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@2016/12/13(火) 07:05:57.37 ID:CAP_USER9

    Cq0yJc9UsAAkzwr

     
    【スコア】
    ローマ 1-0 ミラン

    【得点者】
    1-0 63分 ラジャ・ナインゴラン(ローマ)

    GOAL.com
    http://www.goal.com/jp/match/%E3%AD%E3%BC%E3%9E-vs-%E3%9F%E3%A9%E3%B3/2305909?ICID=RE

    セリエAは12日、第16節を行った。
    日本代表FW本田圭佑の所属する3位のミランは敵地で2位のローマと対戦し、
    0-1で敗れた。ミランは6戦ぶりの敗戦を喫した。

    ミランはMFユライ・クツカが出場停止、MFジャコモ・ボナベントゥーラが負傷欠場。
    前節のクロトーネ戦で5試合ぶりの出場を果たした本田の先発復帰にも期待が集まったが、この日もベンチからのスタートになった。

    上位対決は拮抗した展開となった。ミランは前半27分、エリア内でFWジャンルカ・ラパドゥーラが倒されてPKを獲得。
    しかしこれをFWエムベイェ・ニアンが枠右に外してしまう。ラパドゥーラがPKを獲得してニアンが外すという結果は、2試合連続となった。

    スコアが動いたのは後半に入ってからだった。17分、ローマはDFコスタス・マノラスが競り勝って頭で落としたボールにMFラジャ・ナインゴランが反応。
    ドリブルでゴール前まで持ち込むと、左足を豪快に振り抜き、先制点を奪った。

    反撃したいミランは後半39分に最後のカードとして本田を投入。本田はMFマリオ・パシャリッチと交代で入り、左MFでプレーした。
    本田は途中からポジションを右に変更。違いを生み出そうとする。

    しかしホームで今季無敗のローマの固い守備を最後まで崩すことは出来なかった。

    ゲキサカ 12/13(火) 6:59配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-01634359-gekisaka-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20161213-01634359-gekisaka-000-view.jpg

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/12/12(月) 09:03:36.95 ID:CAP_USER9
    ACミランの公式チャンネル「ミランチャンネル」は11日、FW本田圭佑(30)が12日(日本時間13日)のローマ戦(アウェー)で先発すると報じた。

    ビンチェンツォ・モンテッラ監督が11日の前日会見で、日本人記者から「(本田は)明日の試合もベンチから入って活躍するか?」と聞かれ
    「ベンチからではなく、最初から出そうと思っていたのに。君の友達ではないのかい?」と答えたことを踏まえての予想で、3トップの左に入るとしている。

    一方、イタリアのスカイスポーツは、本田は今朝の練習でFWニアンが入る3トップの左で試されており、後半に交代出場の可能性があると報じた。

    モンテッラ監督は会見の中で「私がいつも言うように、本田は偉大なプロで、非常にバランスのとれた男だ。
    日曜日(4日)のクロトーネ戦では、非常に良いプレーをした」と評価した。

    本田はクロトーネ戦の後半36分にニアンに代わりピッチに入ると、同41分に左からのFKでFWラパドゥーラの勝ち越し弾を演出しており、
    監督が左サイドでの起用に好印象を持っている可能性はある。

    その上で、モンテッラ監督は、3トップの右で結果を出している本田のライバル・スソを引き合いに「スソも本当に偉大な選手で、
    本田はスソほど試合に出ていないけれど、私にとって、いつも先発を考える上で頭の中にある選手の1人なんだ」と断言。重要な戦力として計算していることを強調した。

    今回は23選手が招集されたが、FWバッカとボナベントゥーラは呼ばれなかった。勝ち点32で並び、得失点差で2位に立つローマとの直接対決を前に、
    モンテッラ監督は「ローマは強いチームだし、需要な試合だ。私の選手たちは、この試合に何よりもプレーする喜びを持って立ち向かってほしい」と期待した。(波平千種通信員)

    日刊スポーツ 2016年12月11日22時17分
    http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/1750649.html

    写真
    no title


    午前5時 ASローマ vs ACミラン (スタジオ・オリンピコ)
    http://www.goal.com/jp/match/%E3%AD%E3%BC%E3%9E-vs-%E3%9F%E3%A9%E3%B3/2305909?ICID=SP_FM_5

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/08/24(水) 10:11:20.11 ID:CAP_USER9

    CqkwwalVUAAl0t0

     
     UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のプレーオフ第2戦1日目が23日に欧州各地で行われた。

     第1戦を1-1で引き分けたポルト(ポルトガル)とローマ(イタリア)の一戦は、前半8分にFWフェリペの得点で早々とポルトが先制に成功。反撃に出たいローマだったが同39分にMFダニエレ・デ・ロッシ、後半5分にDFエメルソン・パルミエリが退場し、9人での戦いを強いられる。すると同28分にMFミゲル・ラユン、同30分にFWヘスス・コロナが加点したポルトが、2試合合計4-1としてグループリーグ進出を決めた。

     第1戦を1-2で落としているビジャレアル(スペイン)はモナコ(フランス)のホームに乗り込んだ。逆転での予選突破を狙ったもののモナコ守備陣を崩し切れず、後半アディショナルタイムにはDFマテオ・ムサッキオがPA内でハンドを犯してPKを献上。これをDFファビーニョに決められて0-1で敗れた。2連勝を飾ったモナコがグループリーグに駒を進めている。

     その他、ハボエル・ベア・シェバ(イスラエル)に0-2で敗れながらも、第1戦のアドバンテージを生かしたセルティック(スコットランド)が2試合合計5-4で予選突破。ダンダーク(アイルランド)と1-1で引き分けたレギア・ワルシャワ(ポーランド)、ビクトリア・プルゼニ(チェコ)と2-2で引き分けたルドゴレツ(ブルガリア)がともに第1戦のリードを守り抜いてグループリーグ進出を決めている。

     なお、グループリーグの組み合わせ抽選会は、25日にモナコで行われる。

    ■PO第2戦1日目の試合結果 ※カッコ内は2試合合計
    ローマ 0-3(1-4) ポルト
    モナコ 1-0(3-1) ビジャレアル
    レギア・ワルシャワ 1-1(3-1) ダンダーク
    ビクトリア・プルゼニ 2-2(2-4) ルドゴレツ 
    ハボエル・ベア・シェバ 2-0(4-5) セルティック

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-01630572-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg t 2016/05/29(日) 20:04:38.39 ID:CAP_USER9
    半年間で8得点2アシストと大爆発 移籍金17億円の分割払い決定と伊紙報じる

    6E382A3500jpg


     かつて”ミランの至宝”とまで呼ばれた男が、完全にチームを離れることになった。ACミランからローマに期限付き移籍中のイタリア代表FWステファン・エル・シャラウィの完全移籍オプション行使について、クラブ間合意に達したことが分かった。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

     今季の開幕前に、エル・シャラウィはフランスリーグのモナコへ買い取り義務のオプションが付いた期限付き移籍をした。順調なスタートを切ったかに思われたが、契約上の買い取りラインになる公式戦25試合出場を直前にした24試合出場時点でモナコが買い取りを拒否。残り試合に起用しない声明を出して、冬の移籍市場でミランに“返品”された。そこでローマが動き、すぐさま1300万ユーロ(約17億円)の買い取りオプション付きの半年契約で獲得していた。

     そこから、エル・シャラウィは復活した。ハーフシーズンにも満たないわずか16試合の出場ながら、8ゴール2アシストをマーク。後半戦のローマ躍進の主役となり、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得したローマの原動力になった。最終節のミラン戦ではサン・シーロのピッチでゴールも決めた。そこでも、派手なゴールパフォーマンスをするでもなく、両手を広げて「落ち着け」とばかりに味方を制した。こうした行動により、試合後にはミラニスタからも大喝采を受けていた。

     ローマとミランの間では買い取りオプションについて協議がなされたが、ローマは当初減額を求めていた。しかし、ミランも財政状態が単年で100億円規模の赤字という火の車状態のなか、簡単に首をタテに振ることはできず、交渉が続いていた。

    ロマニョーリ獲得時も5年間の分割払いに

     しかし、ここでミランとローマの間では17億円を分割払いにすることで合意に至ったという。今季開幕前にミランはローマからDFアレッシオ・ロマニョーリを移籍金2500万ユーロ(約33億円)で獲得したが、その際の契約が5年間の分割払いだった。ミランは、同様に分割払いを求めるローマに対しては、それ以上強気に出ることはできずに了承。ここで合意に至ったという。

     最終的には本人サイドの確認が必要になるため、正式発表は6月10日に開幕する欧州選手権のイタリア代表の試合が終了してからになると見込まれる。

     エジプトの王である“ファラオーネ”の愛称を持つスピードスターは、ミランの希望の星だったが、故障に苦しみ続けた。3年連続で欧州のカップ戦出場権を逃したミランにとって、ローマで全盛期の輝きを取り戻したファラオーネの存在は古豪凋落の象徴となっていた。

     ミラニスタの心痛は計り知れないだろう。イタリア代表での活躍を手土産に、エル・シャラウィは来季から正式にローマの一翼を担うことになりそうだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160529-00010012-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード  2016/05/15(日) 21:21:47.09 ID:CAP_USER9

    no title


     
    ローマ戦でのシュートミスを酷評 「ロット広場までシュートを飛ばした」

    ACミランの日本代表FW本田圭佑が、14日の今季リーグ最終節のローマ戦で4-3-1-2システムのトップ下で先発出場を果たした。

    フリーの場面でシュートミスを犯した本田に、イタリア地元紙は「ロット広場までシュートを飛ばした」と酷評。
    今季のリーグ戦で1得点3アシストと惨憺たる成績に終わってしまった背番号10については、「来季はミランに相応しい10番を連れてこなければ」と一刀両断。
    集大成となる最終節で失格の烙印を押されてしまった。試合はミランがローマに1-3で完敗し、屈辱のリーグ7位が確定。
    来季のUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場権を確保することができなかった。

    昨季第8節以降、リーグ戦で1得点しか決めていないロッソネロの10番には、最終戦で悲惨な通信簿が待っていた。
    地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、本田に落第を意味する4点。アレックスに並んで最低タイの評価となった。

    寸評は実に辛辣だ。

    「2回のゴールチャンスをシュチェスニーにパスしてしまった。そして、ロット広場までシュートを飛ばした。
    再出発するために、ミランに相応しい10番もまた連れてこなければならない」

    一発勝負のイタリア杯決勝で汚名返上なるか

    本田は前半31分に左足でミドル、後半29分にDFマッティア・デシリオの左クロスに逆サイドから勢いよく入ってヘディングで合わせたが、
    いずれもローマのポーランド代表GKシュチェスニーへの「パスだった」と指摘されている。

    そして後半4分にこぼれ球に反応し、ノープレッシャーにもかかわらず枠外に外した左足のシュートは、
    本拠地サン・シーロから徒歩10分のロット駅に届くほどの的外れなものだったと断罪されている。

    今季は公式戦2得点。
    攻撃的MFとしてはかなり恥ずかしい数字に終わってしまった本田に代わる「背番号10の獲得が必要」と、完全に失格の烙印を押されている。

    シニシャ・ミハイロビッチ前監督が4-4-2システムを基本とし、バランサーとして右サイドハーフでプレーした際には献身性が評価されたが、
    さすがに地元メディアはフィニッシュへの貢献度の低い本田に対して業を煮やした様子だ。
    毎シーズン飛び交う「10番剥奪」の声も出るほど、寂しいシーズン閉幕となった。

    一発勝負となる21日のイタリア杯決勝ユベントス戦で、汚名を返上できるだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160515-00010022-soccermzw-socc
    Soccer Magazine ZONE web 5月15日(日)20時40分配信

    http://amd.c.yimg.jp/im_siggBkXmDWm64vkIjL7DAEfiJQ---x400-y274-q90/amd/20160515-00010022-soccermzw-000-1-view.jpg
    「来季はミランに相応しい10番を」と伊紙が本田を酷評 リーグ戦わずか1得点に失格の烙印
    不発の本田に地元紙が落第点。攻撃的MFとしてはあまりにも攻撃面でインパクトを残せなかった

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード 2016/05/15(日) 05:50:46.06 ID:CAP_USER9
    【ミラン 1-3 ローマ セリエA 最終節】
    CicfGMvUUAAvEPY



    イタリア・セリエA最終節が現地時間の14日に行なわれ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでローマと対戦した。

    ボナベントゥーラのコンディションに不安を抱えるミランは、本田が4試合連続でトップ下で先発出場を果たす。
    クリスティアン・ブロッキ監督はアンカーに18歳のMFマヌエル・ロカテッリを起用する。

    先制したのはローマ。19分にMFストロートマンのパスからFWサラーが抜けだすと、GKドンナルンマとの一対一を制した。

    ミランは後半からバロテッリに代わってL・アドリアーノを投入する。48分にはクロスのこぼれ球から本田がミドルシュートを放つも、ここは大きく枠を外れた。
    57分にミランはベルトラッチに代わってボナベントゥーラが投入される。
    これにより実質的に布陣が右サイドハーフに本田、左サイドハーフにボナベントゥーラの4-4-2となる。

    しかし直後の59分、元ミランのエル・シャーラウィが追加点を決める。
    ピャニッチのスルーパスから抜けだしたエル・シャーラウィが胸トラップから華麗なポレーで2-0とする。

    それでも80分、左サイドのクロスに本田が勢いよくヘディンで合わせるも、ここはGKスチェスニーの好セーブに阻まれる。
    しかし、82分には途中出場のエメルソンが追加点を奪う。

    終了間際にバッカが一点を返すも試合は1-3で終了。ミランはセリエAを7位で終了し、コッパ・イタリアを優勝できなければヨーロッパリーグ出場を逃すことが決定した。

    【得点者】
    19分 0-1 サラー(ローマ)
    59分 0-2 エル・シャーラウィ(ローマ)
    82分 0-3 エメルソン(ローマ)
    87分 1-3 バッカ(ミラン)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160515-00010003-footballc-socc
    フットボールチャンネル 5月15日(日)5時46分配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10788975.html
    試合スコア

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
    順位表 後に更新

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
    得点ランキング

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 06:50:12.08 ID:CAP_USER*.net

    6E382A3500jpg

     
    4日に行われたセリエA第28節、ローマ対フィオレンティーナの一戦は、4-1でホームのローマが勝利を収めた。

    勝ち点で並び、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う両チームの直接対決は、6連勝中のホーム・ローマが立ち上がりからボールを支配し、前半を圧倒した。

    均衡が破れたのは22分。ピアニッチのスルーパスでサラーが抜け出し、折り返しをエル・シャーラウィが押し込む。冬に加入した背番号22は、6試合で5得点と好調を維持している。

    3分後には追加点。ペロッティとのワンツーから、サラーが左足でシュートすると、アストーリに当たったボールがGKタタルサヌを越えてゴールに沈んだ。

    エル・シャーラウィ、サラーと決め、次の出番は3トップの最後の一人、ペロッティ。27分にアストーリからボールを奪ってからのシュートはポストに嫌われたが、38分にチームの3点目を決める。アストーリを抜いたエル・シャーラウィのアシストを、ゴール前で楽々と押し込んだ。

    序盤の13分にイリチッチの惜しいシュートがあったフィオレンティーナだが、直後にエル・シャーラウィとの衝突でボルハ・バレロが足を痛め、以降は負の連鎖に苦しむ。バレロは2点を先行されてから29分に続行不可能となり、テージョと交代。34分にもベシノが負傷し、バデリと代わる。

    それでも、前半終了間際にフィオレンティーナは1点を返した。テージョが仕掛けてディーニェに倒され、PKを獲得。これをイリチッチが決め、一矢報いてハーフタイムを迎える。

    だが、後半も流れは変わらなかった。58分、ローマが4点目を奪う。ピアニッチが裏に出し、オフサイドラインを破ってフリーとなったサラーが、タタルサヌの股を抜く冷静なグラウンダーのシュートでドッピエッタを達成した。前半戦でも古巣相手にゴールを決めた背番号11は、今季11点目。

    これで完全に気をくじかれたフィオレンティーナに対し、ペロッティを下げてヴァンキュールを投入し、守備力を高めたローマは、77分に今後が騒がれているトッティを投入。エル・シャーラウィとの交代で今季6試合目の出場を果たした背番号10には、観客から大きな拍手が送られた。トッティはアディショナルタイム、ポスト直撃のFKを放っている。

    完勝で7連勝を飾ったローマは、良い流れでレアル・マドリーとのCL決勝トーナメント1回戦セカンドレグに臨めることとなった。一方、フィオレンティーナは公式戦5試合で1勝と苦しんでいる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160305-00000035-goal-socc

    【スコア】
    ローマ 4-1 フィオレンティーナ

    【得点者】
    1 - 0 22' エル・シャーラウィ  
    2 - 0 26' モハメド・サラー  
    3 - 0 38'  ペロッティ
    3 - 1 45'  イリチッチ(PK)
    4 - 1 58 ' モハメド・サラー 

    http://www.eurosport.com/football/serie-a/2015-2016/as-roma--fiorentina_mtc806070/live.shtml#teams

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 06:45:35.88 ID:CAP_USER*.net

    48576d9c

     
    【スコア】
    ローマ 0-2 レアル・マドリード

    【得点者】
    0-1 57分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
    0-2 86分 ヘセ・ロドリゲス(レアル・マドリード)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160218-00402609-soccerk-socc

    【スコア】
    ヘント 2-3 ヴォルフスブルク

    【得点者】
    0-1 44分 ユリアン・ドラクスラー(ヴォルフスブルク)
    0-2 54分 ユリアン・ドラクスラー(ヴォルフスブルク)
    0-3 60分 マックス・クルーゼ(ヴォルフスブルク)
    1-3 80分 スヴェン・クムス(ヘント)
    2-3 89分 カリファ・クリバリ(ヘント)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160218-00402611-soccerk-socc

    UEFAチャンピオンズリーグ公式
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/index.html

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ