サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ロビーニョ

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/31(木) 22:55:51.87 ID:CAP_USER*.net
    彼らには運が欠けていたのか

    robinyo_kusatu



    サッカー界のトップに登り詰めるには、努力はもちろん、才能も必要だ。
    しかし圧倒的な才能がありながら期待されたほどの活躍を残せず表舞台から去っていく選手も数多く存在する。
    31日に母国ウルグアイで引退試合を行うアルバロ・レコバもその1人だ。
    レコバもずば抜けた才能の持ち主だったが、インテルとウルグアイ代表でそれに見合うだけの結果を残せたとは言い難い。
    彼ほどの才能であればもっと上にいけたはずだ。

    伊『Gazzetta dello Sport』はレコバのように才能に恵まれながら苦しいキャリアを送る選手を5名紹介。
    才能がありすぎるがゆえに周囲から理解されにくいのかもしれないが、彼らは他の者が持っていない才能を有していた。

    1.ロビーニョ

    若い頃より才能を高く評価されていたロビーニョは、ブラジル国内でも絶大な人気を誇っていた。
    2005年にはレアル・マドリードへ移籍してスター選手への扉を開いたが、
    彼にはプレッシャーがかかりすぎていたのかもしれない。
    周囲が思うほどの結果は残せず、その後所属したマンチェスター・シティとミランでもどこか消化不良だった。
    ロビーニョに多くを求めすぎていたのかもしれないが、彼ならもっとやれると感じていたサッカーファンは多いはずだ。

    2.リカルド・クアレスマ

    スポルティング・リスボンとポルトであらゆるタイトルを獲得したクアレスマは、クリスティアーノ・ロナウドに続いて
    ポルトガル産のビッグタレントになるかと思われた。才能は確かだったが、クアレスマは国外挑戦に失敗。
    インテル、チェルシーで結果を残すことができず、表舞台から消えてしまった。
    ポルトガルではリーグ戦アシスト王や年間最優秀選手賞も受賞していただけに、その後の躓きは意外だった。

    3.アドリアーノ

    化け物級のパワーを持っていたアドリアーノは、間違いなく世界屈指の才能を持ったストライカーだった。
    彼の場合は運が無かったというより、私生活を乱しすぎた自業自得的な側面もある 。
    ピーク時にはその才能を遺憾なく発揮していただけに、良い時期に遊びすぎたのはもったいなかった。

    4.クラース・ヤン・フンテラール

    現在シャルケでプレイするフンテラールは、何かを間違えたわけではない。
    しかし2009年夏にミランへ加入した際には、同じオランダ人選手であることからファン・バステン2世とまで言われた逸材だ。
    それほどフンテラールの才能は評価されていたが、結局レアル・マドリード、ミランとビッグクラブで結果を残すことはできなかった。
    シャルケでも活躍しているが、そのポテンシャルならもっと上のレベルでプレイできたと感じている人も少なくないはずだ。

    5.アントニオ・カッサーノ

    当時フランチェ スコ・トッティとともにイタリアサッカー界をリードする存在になるとまで言われたカッサーノは、
    2001年にローマへ移籍。時折溢れんばかりの才能を見せつけたものの、アドリアーノ同様にカッサーノも私生活は乱れていた。
    2006年に移籍したレアル・マドリードでも体重を管理することができず、才能はあれど体が動かない状態に陥ってしまった。
    サンプドリアやミランではそれなりに良いパフォーマンスを見せていたものの、実にもったいないキャリアだった。


    彼らのテクニックとアイディアは多くのサッカーファンを楽しませてくれたが、
    それをトップレベルで長く見せることができなかったのは残念だった。
    同メディアは運も欠けていたと伝えており、サッカー界で成功を収める には才能だけでなく多少の運にも左右されるようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160331-00010018-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/08/26(水) 16:17:42.62 ID:???*.net

    robinyo_kusatu


    アジアチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第1戦(25日、柏)、広州恒大(中国)がJ1柏に3―1と完勝した。

    柏はACLで過去4度の対戦で一度も勝てていなかった宿敵の広州恒大にホームで力負け。
    2013年にも辛酸をなめたDF鈴木大輔(25)は「力でねじ伏せられた」と唇をかんだ。
    アジア4強入りには敵地での第2戦(9月15日)で少なくとも3点以上を取らなければならない。
    「厳しい戦いになるが、チーム一丸で戦いたい」と鈴木は必死に気持ちを切り替えた。
    同じ轍を踏んだ柏が厳しい立場に追い込まれた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150826-00000025-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 21:10:23.89 ID:???*.net

    robinyo_kusatu

     
    中国スーパーリーグの広州恒大は、負傷したFWエウケソンの代役としてブラジル代表FWロビーニョを選手リストに登録する可能性がありそうだ。18日の中国『シナニュース』が報じている。

    アジアチャンピオンズリーグ(ACL)ではアジア圏外の外国人選手を最大3人まで登録することができるが、
    広州恒大にはエウケソンの他に、FWリカルド・グラールやFWロビーニョ、MFレネ・ジュニオールにMFパウリーニョ、そしてFWアランの6人の選手が在籍している。

    ロビーニョはAFC(アジアサッカー連盟)に提出された30人の選手リストの中には入っていなかったとされているが、土壇場で選手リスト入りする可能性がありそうだ。
    また、負傷離脱による登録変更の最終締め切りは試合の1週間前までとなっている。

    エウケソンは15日に行われた上海申花戦で負傷し、約3週間の離脱を余儀なくされている。
    25日にはACL準々決勝の柏レイソル戦を控えており、エウケソンの代役をどうするかが問題になっていた。

    同選手は中国スーパーリーグで10試合に出場し5得点。ACLでは6試合の出場で2得点を決め、チームの準々決勝進出に貢献している。
    チームのストライカーが離脱した広州恒大だが、選手層の厚いチームであるだけに柏とって厳しい戦いになることは間違いないだろう。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150819-00010031-footballc-socc
    フットボールチャンネル 8月19日(水)21時3分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150819-00010031-footballc-socc.view-000
    広州恒大のFWロビーニョ

    続きを読む

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 11:04:27.25 ID:???*.net
    img_0

     
    [6.21 南米選手権GL第3節 ブラジル2-1ベネズエラ]

    コパ・アメリカ(南米選手権)のC組グループリーグ最終節が21日に行われた。
    FWネイマール(バルセロナ)を欠くブラジル代表はベネズエラ代表に2-1で勝利し、グループリーグ首位突破を決めた。
    これにより、同組2位はペルーに、3位はコロンビアとなった。首位通過を決めたブラジルは準々決勝でパラグアイと対戦。
    2位のペルーはボリビアと、3位のコロンビアはアルゼンチンと激突する。

    ネイマール不在で迎えた大一番。今大会初出場となったFWロビーニョ(サントス)は2列目左サイドで先発すると、先制点をアシストした。
    前半9分、右CKから正確なボールを蹴り込むと、PA正面のDFチアゴ・シウバ(パリSG)が右足ダイレクトでシュートを決めた。ロビーニョは2-0で迎えた後半31分に交代している。

    試合後、先制アシストを決めたロビーニョのコメントを南米サッカー連盟が伝えた。
    31歳のストライカーは「コパ・アメリカでセレソンへ戻ってきて、勝利へ貢献することができて、とても満足しているよ」と笑顔をみせた。

    代表から遠ざかっていたロビーニョだが、ドゥンガ監督が就任して迎えた初の公式戦で待望のセレソン復帰。
    ベテランストライカーはしっかりと結果で応えた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150622-00713726-gekisaka-socc
    ゲキサカ 6月22日(月)9時42分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150622-00713726-gekisaka-socc.view-000

    続きを読む

    robinyo_kusatu


    来日2年目のブラジル人ストライカー、ダニエル・ロビーニョが着々と日本語を覚えている。

    14日にシンガポールで行われた日本対ブラジル戦をテレビ観戦したというロビーニョに感想を聞くと、
    「そうですね~、ブラジルは強いですね」「ネイマールはスゴイね」「日本? ちょっと怖かったけど、もう少しですね」
    と解説者気取りでユーモアたっぷりに答えてくれた。

    そして、グラウンドでランニングをしていた加藤弘堅に向かって「うるせーよ!こ~けん(弘堅)笑」と言い放っていた。
    シーズン終盤になりゴール量産中のロビーニョだが、上達中の日本語からも目が離せない。

    http://blogola.jp/p/46839

    ザスパクサツ群馬 FWダニエル ロビーニョ

    写真
    no title


    プロフィール
    http://www.j-league.or.jp/club/kusatsu/player/9/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ