サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ロナウド

    1: Egg ★2017/01/29(日) 16:49:17.71 ID:CAP_USER9

    proxy

     
    「世界のストライカーTOP10」の選出方法

    ・『ワールドサッカーダイジェスト』および『サッカーダイジェストWEB』海外担当の11名による投票。
    ・11名は近年のパフォーマンスや成績を元に1~10位をそれぞれ選出。
    ・1位が10ポイントで、以下の順位は1ポイントずつマイナス。ランキングはその集計。
    ・リオネル・メッシは例外的に対象外とした
    ・2016-2017成績はクラブでの公式戦通算で2017年1月27日現在
     
     
    ■1位(88ポイント)
    ルイス・スアレス
    (バルセロナ/ウルグアイ代表)
    2016-2017成績:28試合・20得点・10アシスト
     
     健全なエゴイズムを持ち、時に泥臭く、時に華麗にネットを揺らす全能のストライカー。ゴール前での凄み、ポジショニング、決定力とすべてが図抜けており、感性のみ頼っているように見えるが敵の逆を取る動きなど実際はかなりの頭脳派で、DFにとってはもっとも厄介な「9番」だ。メッシ、ネイマールとも即興的に絡める万能性を備え、世界最高3トップ「MSN」を機能させる。今シーズンここまでの20得点・10アシストという成績は、調子の波の少なさ、そして利己と利他の完璧なバランスを証明している。
     
     
    ■2位(69ポイント)
    クリスチアーノ・ロナウド
    (レアル・マドリー/ポルトガル代表)
    2016-2017成績:24試合・19得点・6アシスト
     
     かつてはトリッキーな足技で敵を翻弄して好機を作るウイングだったが、いまやゴールに執念を燃やすストライカーに変貌。マドリーではカリム・ベンゼマの献身もあって事実上のCFに君臨し、振りが小さく強烈極まりない両足、一時停止ボタンを押したかのような滞空時間のヘディングでシュートを撃ちまくり、高確率でゴールネットを揺らす。今シーズンはEURO2016での怪我と疲労もあり序盤こそ低調だったが、マドリード・ダービーとクラブワールドカップ決勝という大舞台でいずれもハットトリック。改めて勝負強さを見せつけている。2016年度のバロンドールを受賞した。
     
     
    ■3位(59ポイント)
    ロベルト・レバンドフスキ
    (バイエルン/ポーランド代表)
    2016-2017成績:25試合・22得点・4アシスト
     
     基準点型CFとしての完成度は世界最高峰。ポジショニングに優れるうえにシュートレンジが広く、左右両足と頭でいずれも高い決定力を誇る。昨シーズンに記録した「9分間での5ゴール」はまさに圧巻だった。また、昨年12月はマインツ戦、CLアトレティコ・マドリー戦と2試合連続で直接FKを沈めるなど、最近はプレースキックの精度も上がっている。ポストワークやスペースメイキングなど周囲との連携も巧みで、今シーズンはトーマス・ミュラーが不振に喘ぐ中、バイエルン攻撃陣を力強くリードしている

    名将コンテの下で完全復活したD・コスタ。

    ■4位(49ポイント)
    ジエゴ・コスタ
    (チェルシー/スペイン代表)
    2016-2017成績:22試合・15得点・5アシスト
     
     昨シーズンは不振に陥ったが、今シーズンは新たに師事した名将アントニオ・コンテの下で完全復活。本来のキレを取り戻し、ここまでアレクシス・サンチェスと並ぶプレミアリーグ最多タイの15得点をマークしている。強さ、上手さ、速さの3拍子が揃い、DFをなぎ倒しながら独力でゴールに迫るカウンター時の迫力は世界でも随一だ。一方で足下の技術、フリーランニング、ポストワーク、そして守備力も一流。熱くなりすぎる「キレ癖」を差し引いても、世界でも指折りの9番と言っていいだろう。
     
     
    ■5位(48ポイント)
    セルヒオ・アグエロ
    (マンチェスター・C/アルゼンチン代表)
    2016-2017成績:24試合・18得点・1アシスト
     
     ドリブルでシュートコースを作ってからの正確なフィニッシュは一級品。ゴール前での冷静さと両足を駆使した多彩なシュート技術はプレミアリーグでも指折りだ。173センチとCFとしては小柄だが、体幹が強く屈強なCBにも当たり負けしない。今シーズンはジョゼップ・グアルディオラ新監督の下で守備のタスクが増えたうえ、ラフプレーによる出場停止が多いが、それでもチームトップの18ゴールとエースの役割を果たす。最大の欠点が怪我の多さで、後半戦は故障離脱せずにコンディションを保てるか、注目に値する。

    つづく

     SOCCER DIGEST Web 1/29(日) 15:16
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170129-00022150-sdigestw-socc&p=1
     

    続きを読む

    32: 名無しさん@恐縮です@ ^^ 2017/01/19(木) 19:24:36.22 ID:j6iAZXDq0
    romario


     
    S・ロナウド・ペレ 
    A・ロナウジーニョ・ジーコ 
    B・ネイマール・ロマーリオ・ドゥンガ・ロベカル・とにかくその他

    続きを読む

    1: Egg ★2017/01/19(木) 19:05:50.73 ID:CAP_USER9
    世界を代表するスター2人

    先日、マンチェスター・ユナイテッドFWアントニー・マルシャルはクラブ公式サイトのインタビューで子供時代に憧れていた選手として
    元ブラジル代表FWロナウドと、ロナウジーニョの2人を挙げた。どちらもマルシャルとはややスタイルが異なるものの、幼い頃から突破力と得点力を併せ持つ選手に憧れを抱いていたようだ。

    ロナウドといえばインテルやバルセロナ、レアル・マドリードと複数のビッグクラブを渡り歩き、そこで驚異的なパフォーマンスを見せてきた。
    キャリア終盤はコンディション管理の問題でスピードを失ってしまったが、全盛期の突破力と得点力は世界屈指のレベルだった。

    一方のロナウジーニョはロナウドほど得点力があるわけではないが、アイディアに富んだプレイを得意としている。
    バルセロナでは観客をうっとり、そして驚かせるプレイを数多く披露し、現代では少なくなってしまったファンタジスタと呼べるタイプの選手だった。
    また、パスなど展開力ではロナウドよりも上と言えるだろう。

    そこで英『METRO』は、ロナウドとロナウジーニョのどちらが上と思うかをアンケート調査している。

    その結果、ロナウドが57%、ロナウジーニョが43%を集める結果となり、ロナウドの方が優れた選手と答えた者が多い結果となった。
    どちらも世界を代表するスター選手であり、それぞれバロンドールも獲得している。

    好みは分かれるところだが、元祖怪物には天才ロナウジーニョも敵わないか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 1/19(木) 18:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00010008-theworld-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★2017/01/16(月) 00:14:07.57 ID:CAP_USER9

    59634hp2

     
    元レアル・マドリーのラウル・ゴンサレス氏が、
    またもレアルの熱狂的なファン・ サポーター(マドリディスタ)の反感を買ってしまったようだ。

    14日、リーガ・エスパニョーラ第18節でバルセロナはラス・パルマスを本拠地カンプ・ノウに迎え、5-0で快勝した。
    この試合でFWリオネル・メッシが1ゴールを記録し、リーガで通算35チームから得点を奪ったことになった。

    これまで、リーガにおいて35チームから得点を決めた選手は、ラウル氏しかいなかった。

    メッシが自身の記録に並んだことを受けて、レアルのレジェンドは自身のツイッター(@RaulGonzalez)を更新し、
    「彼のゴールを楽しめるのは本当に喜ばしいよ」と、永遠のライバルであるバルセロナのエースを称えた。

    これがマドリディスタの反感を買ってしまったようで、「レアルの歴史にお前のような奴はいらない」、
    「マドリーを監督として率いる貴方の姿が見たかったが、もういいよ」などと古巣サポーターに罵られた。

    ラウル氏は昨年9月にも、バルセロナがニューヨークに新オフィスをオープンした際の記念イベントに参加し、炎上していた。

    ゲキサカ 17/1/15 21:48
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?207884-207884-fl

    写真
    http://f.image.geki.jp/data/image/news/2560/208000/207884/news_207884_1.jpg?time=201701160011

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2017/01/06(金) 20:46:39.08 ID:CAP_USER9

    465507522cr7-500x334

     
    4日、コパ・デル・レイのベスト16でセビージャと対戦したレアル・マドリー。

    マドリーにとってセビージャはUEFAスーパーカップで苦戦を強いられた相手であったが、ホームでの1stレグを3-0で勝利している。

    このゲームではここまで出番の少なかったハメス・ロドリゲスが全ゴールに絡む大活躍。

    ジネディーヌ・ジダン監督はクリスティアーノ・ロナウドという絶対的エースを温存したままで先勝し、完璧に近い結果を手に入れた。

    そんなマドリーに関するあるデータを、『Opta』が紹介している。

    https://twitter.com/OptaJose/status/816778669255487489/photo/1

    こちらは、ジネディーヌ・ジダン政権下でクリスティアーノ・ロナウドがいなかった際の試合結果。

    その成績は、11戦10勝1分。なんと勝率90.9%!

    なかには4部クルトゥラル・レオネサとの試合も含まれているが、マンチェスター・シティとのCLやセビージャとのUEFAスーパーカップも対象となっており、対戦相手の格に関係することなく結果を残しているようだ。

    http://qoly.jp/2017/01/06/real-madrid-win-ratio-without-cristiano-ronaldo-kwm-1

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/01/05(木) 00:34:59.88 ID:CAP_USER9

    CyUNFyWVEAA0k-9

     
    元スペイン代表監督のクレメンテ氏 「メッシが一番。全く違うことを成し遂げている」
     
    元スペイン代表監督のハビエル・クレメンテ氏が、世界ナンバーワン選手をバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと断言。
    レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがメッシよりも上回っている部分を「腹筋」と指摘し、
    「2番であることを誇るべし」と提言している。スペイン地元ラジオ「ラジオ・バルセロナ」が報じている。

    スペイン代表に加え、スペインで12クラブの監督を歴任したクレメンテ氏にとって、誰が世界ナンバーワン選手なのかという議論の結論は明白なようだ。

    「メッシが一番だ。彼は全く違うことを成し遂げている。そういったものの集積が彼を一番に押し上げている。
    だからといって、他の選手が優秀ではないと言うつもりもない。なぜ、そのこと(メッシがナンバーワン)で怒る人間がいるが理解できない」

    クレメンテ氏は持論を展開し、メッシが一番と認めない人たちが抱く負の感情について疑問符を付けていた。

    「商業的な戦いが存在する。クリスティアーノを巡るマドリードとバルサの戦争だ。誰がナンバー2だってくらいだろう。
    その人間より優れた人間が1人存在することはコントロールできない問題だ。クリスティアーノは世界ナンバーツーであることを喜び、誇るべきなんだよ」

    ロナウドは「背も高い。ヘディングも上」

    ロナウドは昨季、UEFAチャンピオンズリーグ優勝と欧州選手権優勝を経験し、2016年シーズンに自身4度目のバロンドールに輝いた。
    「ナンバーワン」を自負するロナウドには二番手であることに誇りを持つべし、とクレメンテ氏は説いている。

    “世界2位”のロナウドにも、メッシを凌駕する部分はあるという。「ロナウドは腹筋では上だ。彼は背も高い。ヘディングも上だ。
    そういう部分ではクリスティアーノが上だ。だが、メッシはテクニック、能力、視野で彼を打ち負かす。そういうことなんだよ」と、腹筋と高さではロナウドの優位性を指摘している。

    メッシとロナウドは現代サッカー界の双璧だが、クレメンテ氏にとって2人のスーパースターを巡る議論の答えは揺るぎないようだ。

    Football ZONE web 1/4(水) 21:42配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170104-00010024-soccermzw-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170104-00010024-soccermzw-000-view.jpg

    続きを読む

    1: イコ  2016/12/30(金) 18:33:19.88 ID:CAP_USER9
    イブラヒモビッチがスター3選手に言及。C・ロナウドについては努力で違いを生み出す選手になったと語っている。


    マンチェスター・ユナイテッドでプレーするFWズラタン・イブラヒモビッチが最高の選手と感じているのはブラジルのスター2人だという。『ESPN』が報じた。

    イタリア、フランス、そしてイングランドでも成功を収めようとするイブラヒモビッチ。そんな最高のスター選手の一人であるイブラヒモビッチでさえ、元ブラジル代表FWロナウドには特別な敬意を払っているようだ。

    「ロナウドは怪物で、最高の選手だったと思う。僕にとって彼はまさにフットボールの一例だった。彼がやること全て人々を興奮させた。ドリブルやそのスピードとかね。ロナウドは生まれついての才能を持っているね。練習で身についたものじゃない。作られた選手ではなく、生まれついて彼は特別な選手だったんだ」

    また、2000年代初頭にロナウドとともにフットボール界に彩りを加えたトリックスター、ロナウジーニョについても言及している。

    「僕らはミランで一緒にプレーした。以前のようにベストではなかったが、僕は彼のドリブルや髪を揺らしながら仕掛けていく姿が大好きだった。周りを子供のようにさせていたね」

    一方で、2016年のバロンドールに輝いたクリスティアーノ・ロナウドについては「一緒にプレーしたことはないけど」と前置きしながら「彼はハードトレーニングによって違いを作り出した選手だ。生まれついての才能ではない」とロナウドやロナウジーニョとは異なるとしている。
    http://www.goal.com/jp/news/23582/1/2016/12/30/30982932/1

    続きを読む

    1: Egg ★2016/12/26(月) 18:03:19.65 ID:CAP_USER9

    soccer120523_1_title


    マンチェスターC(イングランド)のペップ・グアルディオラ監督は、度々比較され、常に議論の対象となるFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドについて言及。後者を称賛しつつもメッシは「別次元だ」と評している。現地時間25日、スペイン『マルカ』紙(電子版)が伝えた。

     バロンドール(世界年間最優秀選手)受賞5回を誇るメッシと、先日通算4度目となる同賞を受賞したC・ロナウドは、度々“どちらがより良い選手なのか”と世界中のあらゆる選手、監督、記者、ファンの間で議論されている。先日、バルサを率いるルイス・エンリケ監督もクラブの公式チャンネルで「メッシは“メロンドール”のようなものを受賞すべき。他の選手とは比較にならない」とコメントしている。

     かつてバルセロナ(スペイン)を率いた経験を持つグアルディオラ監督は、ボクシングデー(26日)の試合前の会見で“メッシ・ロナウド論争”について問われると「エンリケの意見に賛成だ。レオ(メッシの愛称)はゴールを決め、味方を活かす方法を知っているベストプレーヤーだ」とL・エンリケ監督に同調するとコメント。さらに「他の選手に敬意を持っているし、クリスティアーノはトップの選手だ。しかし、メッシは次元が違う」とかつての教え子を手放しでほめ称えた。

     また、ボクシングデーに行なわれるプレミアリーグ・ハル戦について「楽しみで眠れないよ」とコメント。さらに「多くの試合を見たが、ハルはスペシャルなチームだ。彼らは他のチームよりさらによいプレーをしようとするだろう。(ダビ・)シルバは私に年末のこの時期に試合をすることの意味を警告してきたよ」と、対戦相手を称賛しつつ、プレミアリーグ独特の年末の過密日程についてコメントしている。

    ISM 12/26(月) 17:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00000015-ism-socc

    続きを読む

    続きを読む

    1: Egg ★@2016/09/15(木) 19:50:54.60 ID:CAP_USER9

    CmUCnVNVMAASj1-

     
    レアル・マドリーがウェールズ代表MFガレス・ベイルに対し、「天文学的な金額」の違約金を設定しようとしているようだ。英『ガーディアン』が伝えた。

     レアルは現在、ベイルとの契約延長交渉を進めており、FWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナFWリオネル・メッシに匹敵するサラリーを提示する代わりに、高額な違約金を設定するつもりだという。

     その金額はなんと5億ユーロ(約575億円)。今夏、サッカー史上最高額の1億1000万ユーロ(約127億円)でマンチェスター・ユナイテッドに加入したMFポール・ポグバの移籍金の4倍以上となる金額だ。同紙でも「天文学的な金額」と表現している。

     昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)優勝に貢献し、EURO2016では初出場となったウェールズをベスト4に導いたベイル。8月のリーガ・エスパニョーラ開幕戦のソシエダ戦でも、負傷でC・ロナウド、FWカリム・ベンゼマら主力が欠場する中、2ゴールの活躍で3-0の勝利をもたらした。高騰する自身の金額とともに、ピッチ内での影響力も日増しに高まっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-01631274-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ