サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ロナウジーニョ

    1: 風吹けば名無し@ 2017/10/05(木) 23:46:57.43 ID:iKsXg4uor
    Ronaldinho1-500x333


    全盛期のプレイほんまに面白い

    続きを読む

    496: 名無しさん@恐縮です 2017/10/04(水) 17:53:30.87 ID:OBo/eC0y0
    Baggio



    史上最高に「華」のある選手ならレコバかベルカンプだな
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@^^ 2017/07/31(月) 17:39:47.51 ID:CAP_USER9
    438258_heroa


    元ブラジル代表MFロナウジーニョは、サッカー選手としてキャリアを続けるには年齢的に厳しいと明かした。30日にホンジュラスで行われた親善試合、モタグア対レアル・エスパーニャ戦(0-2)終了後にインタビューに応じている。

    現在37歳のロナウジーニョだが、2015年9月に所属していたブラジル・フルミネンセとの契約を解除して以来、世界各地で開催されている親善試合などでのプレーを続けている。30日はホンジュラスを訪れ、地元2クラブによる親善試合に参加し、45分間ずつ両クラブのイレブンに加わってプレーした。レアル・エスパーニャに加わった後半にはアシストも記録している。ロナウジーニョの活躍に現役復帰を期待するファンも多いが、本人は年齢を考慮するとプロ選手としてプレーすることはもうないと告白している。

    「選手にとって大好きなサッカーを辞めることは難しいと思うが、僕は年を取り過ぎてしまったと思う。世界中にサッカースクールを開きたいと考えている。このプロジェクトを通じて、サッカーの発展に寄与していきたい」

    ロナウジーニョは現在もバルセロナの親善大使としてサッカーの振興に努めているが、今後も活動を拡大していく意向を示した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170731-00000015-goal-socc

    続きを読む

    1: 以下、^^でVIPがお送りします 2017/07/26(水) 08:48:45.312 ID:LTuqBxzS0FOX
    Ronaldinho1-500x333



    あと1人は?

    続きを読む

    1: すらいむ ★2017/05/09(火) 14:12:49.36 ID:CAP_USER9

    CqGLreXUIAA7v7r

     
    「このままじゃロナウジーニョみたいに終わるぞ」ネイマール、バルサ助監督が言い放った言葉に激怒

     来季バルセロナの監督候補ともされるフアン・カルロス・ウンスエ助監督が、FWネイマールと練習中に激しい口論を繰り広げたようだ。

     スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、ウンスエ助監督はネイマールに対して戦術指導を施していたが、やり取りの中でそのトーンを上げていったという。
     ウンスエ助監督はネイマールにさらなる集中を求め、終いにはこのままでは選手として成長できず結果を手にできなくなることを示唆。
     これにブラジル人FWが激怒したようだ。

     そして『マルカ』が続報として、ネイマールが激怒したウンスエ助監督の言葉を伝えた。
     曰く、ウンスエ助監督は「このままじゃロナウジーニョみたいに終わるぞ」と言い放ったとのことだ。
     ネイマールは友人でもある元バルセロナFWを引き合いに出したことに納得がいかず、練習後のロッカールームでも怒りが収まらない様子だったとされる。

     ウンスエ助監督は、今季限りでバルセロナを退団するルイス・エンリケ監督の後任候補の一人だ。
     しかし、今回のネイマールが怒った一件で、チームを引き継ぐのが難しくなったという見方もされている。

    Goal.com 2017年5月9日 8時32分
    http://news.livedoor.com/article/detail/13036476/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@^^ 2017/03/30(木) 06:09:23.38 ID:CAP_USER9
    世界中のフットボール・ファンをその技巧で魅了してきた元ブラジル代表のロナウジーニョ。
    そんな稀代のクラッキが今度は自身の歌声でファンを虜にしようと、3月21日に歌手デビューを飾った。

    2015年にフルミネンセ(ブラジル)を退団して以来、無所属となっているロナウジーニョは、正式な現役引退は表明していないものの、いまやセミリタイア状態。
    ただ、頻繁にチャリティーイベントに参加するなど、その存在感はいまだ健在だ。

    ロナウジーニョは無類の音楽好きとして知られ、これまでもラップやレゲエなど複数のアーティストのミュージックビデオに出演。
    昨年9月には「音楽と関連した新プロジェクトを考えている。
    音楽はずっと好きだから、他の仕事よりも多くの時間を割いている」と本格転身をほのめかしていた。

    そんなロナウジーニョは、自身37回目の誕生日となる今年3月21日に自らのYouTubeアカウントを更新し、『Sozinho』をリリースしたのだ。

    「孤独」を意味するタイトルがつけられたこのシングルは、ロナウジーニョ名義では初となる一曲で、本人は「ありがとう!友よ」とファンへの感謝を口にしている。

    ゆったりとしたソフトサンバ調のリズムで、自身のキャリアを歌ったロナウジーニョ。
    曲中では、「初めて孤独。その孤独を越えて、強さと信頼を持ち続ける」と意味深な言葉を残している。

    いずれにしても、歌手として本格的な活動をスタートさせたロナウジーニョが、フットボーラーとしてピッチに戻ってくる日はもうないのかもしれない。
    少し寂しい気もするが、アーティスト活動への興味は尽きない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12864785/
    2017年3月29日 19時10分 サッカーダイジェストWeb

    no title



    続きを読む

    1: YG防衛軍  2017/03/07(火) 17:18:54.52 ID:CAP_USER9
    かつて、バルセロナでの抜群のコンビネーションを披露したロナウジーニョとリオネル・メッシ。

    バルセロナの公式Youtubeチャンネルが、その巧みな連携プレーを映像で紹介してくれた。

    https://www.youtube.com/watch?v=o_K4AQ1okeM



    ロナウジーニョ全盛期の2004年に、17歳の若さでトップチームデビューを果たしたメッシ。

    初年度こそ出場機会は限られていたが、2シーズン目には右ウイングとして出場する機会も多くなり、ロナウジーニョやサミュエル・エトーとも抜群の愛称を誇った。

    両者は4シーズンにわたってともにプレーし、リーガ・エスパニョーラやスーペル・コパ、UEFAチャンピオンズリーグといったタイトルを獲得。2008年には北京五輪の準決勝でも顔を合わせた(ロナウジーニョはオーバーエイジ)。

    バルセロナの背番号10はロナウジーニョからメッシへと受け継がれており、ともにクラブを代表するレジェンドである。

    http://qoly.jp/2017/03/07/ronaldinho-and-lionel-messi-combination-kwm-1

    続きを読む

    1: 以下IPがお送りします 2017/02/15(水) 23:52:22.465 ID:f/Owe5VR0

    52776393-500x377

     
    どう考えても

    続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2017/01/18(水) 19:31:30.836 ID:yj+Nar6q0

    Ronaldinho1-500x333

     
    メッシ(笑)
    ジダン(苦笑)
    ロナウド(失笑)
    マラドーナ(嘲笑)
    ペレ(核爆)

    続きを読む

    1: イコ ★2017/02/07(火) 12:00:02.67 ID:CAP_USER9
    引退を表明したランパードが、現役時代に印象的だった出来事について述べている。その中で、強烈なインパクトを残した名手について最大限の賛辞を贈った。


    先日、現役引退を表明した元イングランド代表MFフランク・ランパードが、現役時代に印象的な出来事の一つとして、とある選手と対峙した瞬間のことについて言及した。

    ランパードは「今でこそバルセロナは(リオネル)メッシのチームと言えるかもしれないが、ロナウジーニョと初めて戦った試合のことはよく覚えている。彼はボールを持ったら、不可能なことでも実現してしまうんだ」と発言。

    「チャンピオンズリーグのノックアウトラウンドで、それまでに経験したことがない衝撃を受けたよ。彼は別の惑星から来た人だと思ったね」

    ランパードが言及したのは、04-05シーズンのチャンピオンズリーグ、決勝トーナメント1回戦の対バルセロナ戦。その第2戦では、ロナウジーニョがペナルティーエリア外から、ほぼノーモーションで意表を突いたトーキックを放った。対峙したリカルド・カルバーリョもブロックのしようがなく、ペトル・チェフも為す術なくゴールを許す形に。

    結果的に2戦合計5-4でチェルシーが上回り、準々決勝に進出したのはチェルシーだった。しかし、ランパードにとっては勝ち上がったことよりも、ロナウジーニョから受けたインパクトがあまりに強烈だったようだ。
    http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%A4%E3%B3%E3%B0%E3%A9%E3%B3%E3%89/2017/02/07/32405992/1

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ