サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ロッベン

    1: pathos ★ 2017/10/12(木) 16:51:31.65 ID:CAP_USER9
    452075982-500x333

    最高の日々だった
    美しきドリブルも遂に最終地へと到達したのかもしれない。オランダ代表のキャプテンを務める天才アタッカー、アリエン・ロッベンが同国代表からの引退を表明している。

    オランダ代表は10日、ロシアW杯へのチケットをかけて欧州予選第10節スウェーデン代表との一戦に臨んだ。大量得点での勝利が求められたゲームだったが、2ゴールを挙げるに留まり、グループAの3位でフィニッシュ。多くのタレントを抱えるオランダ代表がロシアW杯本大会への出場権を逃す結果となってしまった。

    そしてこの一戦後、オランダサポーターには第2の悲報が待っていた。常に同国へファンタジーをもたらしてきた天才が、オレンジ色との決別を発表したのだ。英『sky SPORTS』がロッベンの言葉を伝えている。

    「私がオランダ代表として過ごした14年間はいつも美しく、そして最高の日々だったよ。特に2010年の南アフリカW杯は自分のハートに残り続ける。2014年のブラジル大会もそうだ。私にとって決して忘れることのできない思い出さ」

    さらにこの生けるレジェンドは、この決断が一時の感情によって左右されたものでないことを説明した。

    「オランダ代表からの引退は長い時間をかけて考えてきたものだよ。もう私は33歳だ。バイエルン・ミュンヘンでのプレイに集中したい。新たな世代へバトンを渡す最高のタイミングだと思うよ」

    ロッベンとオランダ代表の物語は2003年のポルトガル代表戦からスタートした。その後の彼がいかなる魔法によってスタジアムを熱狂させてきたのかは説明不要だ。誰も追い付くことのできないスピードと、敵の裏をかく一瞬の切り返し。アリエン・ロッベンが残したものを脳裏から消し去ることはもはや不可能だろう。
    http://www.theworldmagazine.jp/20171011/02national_team/182820

    続きを読む

    382768_heroa
    続きを読む

    1: プエルトリコ ★@^^ 2017/09/27(水) 10:31:58.31 ID:CAP_USER9

    452075982-500x333

    27日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節で、バイエルンはパリ・サンジェルマンをホームに迎え撃つ。優勝候補同士の大一番を迎えるが、オランダ代表FWアリエン・ロッベンは、チームに対する信頼と勝利への自信をもって試合に臨むようだ。26日付のドイツ紙『ビルト』が伝えている。

     今大会で優勝候補の一角と目されているバイエルン。しかしブンデスリーガでは、9日の第3節ホッフェンハイム戦で今シーズン初黒星を喫すると、22日に行われた第6節ヴォルフスブルク戦では2点リードを守り切れずに引き分けに終わった。

     まだシーズン序盤とはいえ、思うように勝ち点を伸ばせていないことから、今夏の移籍市場で大型補強を敢行したパリ・サンジェルマンを相手に苦戦するとの予想も少なくない。しかしロッベンは、「どうして苦戦すると思う?自分たちが良いプレーを見せられると確信している」とコメント。パリ・サンジェルマン撃破へ強気の姿勢を見せた。

     さらにロッベンは、パリ・サンジェルマンの大型補強について尋ねられると、「彼らが自分たちより少しだけお金を多く使ったのは事実だ。だけど、それは自分たちにとって重要なことではないよ。お金はゴールを決めたりはしない。大事なのは、チームのクオリティー。良いチームがゴールを決めるんだ」と語り、チームへの揺るぎない自信を示した。

     優勝候補の常連であるバイエルンが意地を見せるのか、それともパリ・サンジェルマンが敵地でサプライズを起こすのか。今大会の優勝の行方を占う大一番が迫っている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170927-00648176-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@^^ 2017/04/29(土) 18:57:13.45 ID:9fUOsNJt0NIKU
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@^^ ©2ch.net 2017/08/18(金) 23:51:04.82 ID:CAP_USER9
     マンチェスター・ユナイテッドがバイエルンに所属するオランダ代表MFアリエン・ロッベン(33)獲得を検討しているようだ。英『デイリー・メール』が報じた。

     ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は、今夏ウインガーの補強を熱望。インテルのMFイバン・ペリシッチ獲得に向けた動きが報じられてきたが、交渉はうまく進んでおらず、獲得には至っていない。

     そうした中、ユナイテッドはモウリーニョ監督のチェルシー時代の教え子であるロッベンにターゲットを変更。バイエルンとの契約が今シーズン終了までとなっている33歳のロッベンは、クラブが若返りにシフトし始めたことで出場機会減少を指摘されている。

    写真
    no title


    8/18(金) 23:07配信 ゲキサカ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-01643122-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し@^^ 2017/06/10(土) 03:54:51.99 ID:Z5ESY3aQ0
    no title

    続きを読む

    1: 以下、^^でVIPがお送りします 2017/07/24(月) 17:41:54.963 ID:9flycMYB0

    191991_heroa



    松井秀喜?

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し2017/03/29(水) 22:15:09.83 ID:T0LKM4Zj0NIKU

    no title

     
    「自分とスナイデル(ガラタサライMF)は代表で14年プレーしている。
    様々な監督の下で経験を積み、このチームのニーズが分かっているし、このグループに合う監督について良いアイデアがある。
    オランダ協会に監督選びのプロセスに関わりたいと伝えた」

     
     

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@2017/01/06(金) 18:54:23.70 ID:CAP_USER9
    右サイドから中央に切り込み、鋭く曲がる左足のシュートを左サイドネットに突き刺す――。



    アリエン・ロッベンの代名詞として知られるこのプレーは、世界中のDFがイメージし、対策を練っているが、いまだに脅威となり続けている。

    なぜ、わかっていても止められないのか? その理由を、ロッベン本人が明かしてくれた。

    ■大事なのは意外性と正しい判断

    ――アリエン、あなたはいつも同じようなプレーをしていると言われることがありますが、それには何と答えますか?

    上手くいっているならいいんだ。いつも同じプレーをして、上手くいっていないなら心配すべきだけど、上手くいっているなら問題ないさ。

    ――あなたの“同じような”動きは、なぜ守るのが難しいのでしょう?

    わからない。その質問はDFの選手にした方がいいんじゃないかな。ただ、意外性を意識すること、正しい判断をすることは重要だよ。毎回まったく同じプレーでは駄目なんだ。チームの攻撃は柔軟だし、僕だっていつもボックスを通り抜けてシュートを打つわけではない。パスを出すこともあるし、ラインを越えるプレーをすることもある。さっきも言ったように、意外性がなくてはいけないし、いつも正しい判断をする必要があるんだ。

    ――それでもあなたの動きは特徴的です。あなたの専売特許になるのでは?

    そんなことはないよ。「これは君特有の動きだから君の名前がついている」って言われるのは素晴らしいことだし、素敵な褒め言葉だ。でもさっき言ったように、最も大切なのは上手くいっているかどうかさ。僕はこの動きでたくさんのゴールを決めてきた。でも、常に意外性がないといけないんだよ。

    ――あなたの動きが通用するとわかったのはいつでしょうか?

    これは何年もかけて培われてきたものさ。ユースでフットボールを始めたときは中盤でプレーしていて、それから左ウィングに移った。レアル・マドリーの2年目からだったかな、右ウィングでプレーする機会が多くなって、バイエルン・ミュンヘンに来てからもそれは続いている。このポジションでは良い気分だよ。自分の周りの選手たちと協力することがとても重要なんだ。僕の後ろには右サイドバックのフィリップ・ラームがいて、中央にはトーマス・ミュラーがいる。彼らは本当に重要なプレーヤーだよ。

    ――右ウィングのポジションで、より多くの可能性を発見したと。

    ウィングの後ろはサイドラインだから、中央にスペースがあるんだ。レアルで右ウィングとして僕を起用するアイデアを持っていたのは……おそらくファンデ・ラモス監督だったと思う。レアルでの2年目は右ウィングでプレーする機会がさらに増えたんだけど、そのときには、すでにとても上手くフィットしていたんだ。

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/10/28(金) 22:13:58.20 ID:CAP_USER9
    バイエルンで相変らずの突破力を発揮して。

     オランダ代表のダニー・ブリント監督が現地時間10月27日、ベルギーとの強化試合(11月9日)、ロシア・ワールドカップ欧州予選のルクセンブルク戦(11月13日)に向けた招集メンバー22人を発表した。これは暫定的な発表で、今後この22人のフィジカルコンディションなどを考慮し、必要に応じて入れ替えを施し、正式に発表する予定だ。

     22人のなかに初招集はいないが、アリエン・ロッベン、スタイン・スハールスのふたりのベテランの久しぶりの選出は、大いに話題を呼んだ。

     約1年ぶりに招集されたロッベンは、プレシーズンに負った怪我から9月に復帰。以降は相変らずの突破力を発揮し、バイエルンの攻撃に彩りを加えている。一方のスハールスは、今夏に加入したヘーレンフェーンの中盤に不動の司令塔として君臨。チーム躍進の原動力とも言える活躍を評価され、ブリント体制となって初めて選出された(約2年半ぶり)。

     現在オランダは、ロシア・ワールドカップ予選でフランスと同居するグループAで1勝1分け1敗の3位に甘んじている。本大会行き(グループ1がストレートイン、2位がプレーオフ)に向けて暗雲が垂れ込めており、EURO2016に続いて2大会連続のメジャートーナメント参戦を逃しかねない状況だ。

     今回戦うルクセンブルクとの実力差は明白だが、これまで崩しの切り札として重用してきたウイングのクインシー・プロメス(スパルタク・モスクワ)の負傷離脱もあり、今後の戦いに向けたテストも兼ねて、頼れるベテランを呼び戻した。ふたりの代表復帰は、はたして順調とは言い難いオランダの起爆剤となりえるか。

    【オランダ代表の招集メンバー】
    GK
    マールテン・ステケレンブルフ(エバートン=ENG)
    ミシェル・フォルム(トッテナム=ENG)

    DF
    リック・カルスドルプ(フェイエノールト)
    テレンス・コンゴロ(フェイエノールト)
    イェトロ・ウィレムス(PSV)
    ヨエル・フェルトマン(アヤックス)
    ジェフリー・ブルーマ(ヴォルフスブルク=GER)
    フィルヒル・ファン・ダイク(サウサンプトン=ENG)
    ダレイ・ブリント(マンチェスター・U=ENG)

    MF
    スタイン・スハールス(ヘーレンフェーン)
    トニー・フィルヘナ(フェイエノールト)
    ダフィ・クラーセン(アヤックス)
    バルト・ラムセラール(PSV)
    ダフィ・プレッパー(PSV)
    ヨルディ・クラシー(サウサンプトン=ENG)
    ジョルジニオ・ヴァイナルダム(リバプール=ENG)
    ヴェスレイ・スナイデル(ガラタサライ=TUR)

    FW
    アリエン・ロッベン(バイエルン=GER)
    バス・ドスト(スポルティング=POR)
    メンフィス・デパイ(マンチェスター・U=ENG)
    フィンセント・ヤンセン(トッテナム=ENG)
    ルーク・デヨング(PSV)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161028-00020087-sdigestw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ