サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:レスター

    1: 動物園φ ★2017/03/19(日) 02:02:24.89 ID:CAP_USER9

    C5tXbR9UoAAqvPF

     
    岡崎先発レスター、新監督就任以降は怒涛の4連勝。今季リーグ戦でアウェイ初勝利
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170319-00010003-footballc-socc

    続きを読む

    1: Japanese girl ★ 2017/03/15(水) 06:42:31.75 ID:CAP_USER9
    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦 2ndレグ



    レスター 2-0(3-2) セビージャ

    【得点者】
    27分 1-0 モーガン(レスター)
    54分 2-0 オルブライトン(レスター)

     現地時間14日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの試合が行われ、レスター・シティはホームでセビージャと対戦。ウェズ・モーガンなどがゴールを積み重ね、レスターが2-0の勝利をおさめている。

     レスターに所属する日本代表FW岡崎慎司はこの日も先発出場を果たした。試合開始して27分、左サイドのFKからゴール前に入れたボールをモーガンが足で合わせて先制点を決める。

     さらに54分、岡崎が放ったシュートが相手にブロックされた後、再びレスターの選手がパスを繋ぎ最後にマーク・オルブライトンがゴールを決めた。岡崎は64分にイスラム・スリマニとの交代でピッチに退いている。

     74分にはセビージャのサミル・ナスリが2枚目のイエローカードを提示されて退場。78分にはセビージャにPKのチャンスを与えてしまうが、スティーブン・エンゾンジが蹴ったボールをGKカスパー・シュマイケルがしっかりとセーブし相手に得点を許さない。

     結局、リードを守り切ったレスターが2-0の勝利をおさめた。1stレグで1-2の敗戦を喫していたものの、これで合計3-2となり、レスターが逆転でベスト8進出を決めている。

    フットボールチャンネル 3/15(水) 6:33配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170315-00010004-footballc-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ 2017/02/28(火) 10:23:35.76 ID:CAP_USER9

    C5tXbR9UoAAqvPF

     
    日刊スポーツ 2/28(火) 10:17配信

    レスター岡崎はリバプールDFクラインと競り合う(AP)

    <プレミアリーグ:レスター3-1リバプール>◇27日◇レスター

     レスターFW岡崎慎司(30)が持ち前の泥臭いプレーで、リバプールのクロップ監督から称賛された。

     ラニエリ監督が解任され、シェークスピア助監督が指揮した試合でさっそく先発出場。前半7分、後方にいたFWバーディーのたたきつけたシュートが、エリア内でバウンドしたところに頭から飛び込みシュート。GKのファインセーブでゴールとはならなかったが、「らしさ」あふれるプレーを披露した。

     後半7分、岡崎は自ら奪ったボールを前線左サイドに開いたバーディーへパス。バーディーが中央へ折り返したところを、岡崎の前に体を入れたMFワイナルドゥムにクリアされた。続く後半14分、GKシュマイケルのゴールキックを岡崎がヘディングで落とし、バーディーがループシュートで狙った。

     得点に絡んだプレーはなかったが、前線から積極的にボールを追い、相手選手にタックルするなど闘志あふれるプレーは、苦境にあえぐチームにあって特に目立った。岡崎は「監督が、とかいう話ではなくて、たぶんみんなモヤモヤしていた部分があった」と言う。そんな岡崎の心意気がチームに波及した。レスターは序盤からリバプール陣内に人数をかけてボールを追い、ひたむきにプレー。前半28分、後半15分とスルーパスから抜け出したバーディーの2得点、前半39分にはMFドリンクウオーターがミドルシュートを決めた。どれもチームが一丸となって戦ったゆえのものだった。

     岡崎は「もう前からいくしかないという感じ。今まで、僕も感じていたけど前からもっとプレスしていけば、絶対にはめられると言っていた部分を、きょうはみんながいってくれたので、自分もやはりやりやすくて」と手応えを口にした。強敵リバプールを破り、順位も15位に浮上。息を吹き返したレスターの快勝に「このまま、残り12試合、このまま行こうという道が見えた勝ち方。そうなった時のレスター強いと思う」と自信を口にした。

     誰よりも走り、いつもながらの泥臭さ満点。そんな岡崎のプレーを敵将クロップ監督は見逃さなかった。試合後の会見でレスターの選手について問われると2得点したバーディーでなく、岡崎の名前だけを上げて「良かった」。ドルトムント時代に香川真司を指導した名将は、あらためて献身的な日本人選手の姿に心引かれたようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-01785288-nksports-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2017/02/26(日) 22:26:09.22 ID:CAP_USER9

    Cq3ibxmVMAI3q9c

     
     日本代表FW岡崎慎司(30)の所属するレスターの新監督候補に、オランダの名将らが浮上した。

     23日に解任されたラニエリ前監督の後任候補として、25日付の英紙デーリー・テレグラフは、韓国代表、オーストラリア代表などを率い、昨季はチェルシーでモウリーニョ監督解任後に暫定監督を務めたオランダ人のフース・ヒディング氏(70)が有力と報じた。すでに交渉を開始。クラブ側は今季終了時までの契約を結び、成績次第で契約を延長したい考え。ただし、15年夏にはオファーを出して断られており、今回もヒディンク氏は現時点で前向きではないという。

     一方で同日付のサン紙は、11~15年にレスターを率いたナイジェル・ピアソン氏(53)の復帰が濃厚と伝えた。クラブ幹部が、選手に復帰を歓迎するかどうか確認を行ない、前向きな反応を得ているという。ピアソン氏は、2部時代の11年に就任し、13~14年に優勝と12季ぶりのプレミアリーグ復帰に導いた。翌14~15年にはシーズン終盤に巻き返して残留を果たした経験もある。

     なお、ドイツ2部1860ミュンヘンの監督を務めるポルトガル出身のビトール・ペレイラ氏(48)にもオファーを出したが、断わられたという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170226-00000141-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg  ©2ch.net 2017/02/24(金) 09:18:23.58 ID:CAP_USER9

    Cq3ibxmVMAI3q9c

     
    昨季“奇跡のプレミア初制覇”から9カ月での解任劇を受け、リネカー氏がツイート

     日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターは現地時間23日、昨季にチームを奇跡のプレミアリーグ初制覇に導いたクラウディオ・ラニエリ監督の解任を発表した。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)16強セビージャとの敵地第1戦を1-2で終え、リーグ戦も終盤戦に突入しようとしているこのタイミングでの急転直下の決断に、識者たちも困惑の声を挙げている。

     昨季開幕前にブックメーカーの優勝予想で5001倍もの超高倍率をつけられながらも、FWジェイミー・ヴァーディ、MFリヤド・マフレズ、FW岡崎らの奮闘もあって降格候補が奇跡的な戴冠を成し遂げた。しかし今季はカウンター戦術が研究し尽くされ、第25節終了現在で5勝6分14敗の勝ち点21、降格圏の18位とわずか勝ち点1差の17位に沈んでいる。その結果、クラブは昨季優勝からわずか9カ月での解任を決断した。

     この決断にレスターOBで、昨季優勝時に“パンツ一丁でテレビ出演”を公言して一躍人気者になったギャリー・リネカー氏は、以下のようにツイートした。

    「クラウディオ・ラニエリがレスターのためにやってきたことは、結局のところ解任となった。今、彼が解任されることは不可解で許されるものじゃなく、バカげたほど悲しい」

    ■番記者も「その判断が信じられない」

     また英公共放送「BBCラジオ」のレスター担当記者も、「その判断が信じられない。私は水曜日にセビージャにいたが、彼らはアウェーゴールをものにした。ジェイミー・ヴァーディが得点を挙げた後、ファンは本当に満足していた」とラニエリ体制最後の一戦となったCL16強セビージャとの第1戦について触れつつ、「どうしてクラウディオは解任されてしまったのか。かつてないほど偉大な足跡を残した男だ。レスターはまだ降格ゾーンにいるわけではない」と、今回の判断は時期尚早ではないかとの見解を示した。

     クラブは後任をコーチのマイク・ストーウェル氏と、アシスタントマネジャーのクレイグ・シェークスピア氏の2人が当面務めるとしている。残留の瀬戸際にあるとはいえ、昨季王者が下した監督交代の決断は、今後も波紋を広げそうだ。

    Football ZONE web 2/24(金) 8:58配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010002-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/01/31(火) 12:09:24.05 ID:CAP_USER9
    GettyImages-523799342


     
    レスター(イングランド)FWレオナルド・ウジョアが現地時間30日(以下現地時間)、「裏切られた」と感じていると述べ、クラウディオ・ラニエリ監督を批判した。英『BBC』などが報じている。

     2014年に移籍金800万ポンドでブライトンからレスターへ加入したウジョアは、1年目の2014-15シーズンにチーム得点王に輝く活躍を披露。昨季は控えに甘んじたものの、7試合に先発出場し、計6ゴールを記録。終盤に出場停止となったジェイミー・ヴァーディの穴を埋めるなどし、プレミアリーグ優勝に貢献した。

     今季は、クラブレコードの2900万ポンドと報じられる額でイスラム・スリマニが加入したこともあり、ウジョアのリーグ戦での先発はわずか1試合。1年半の契約を残している同選手は、出場機会に恵まれず、今月に入って移籍を志願していた。

     しかし、レスターはサンダーランド(イングランド)からのオファーを断ったと報じられており、ラニエリ監督も「ターゲットマンがスリマニだけになる」「レオには残ってほしい。落ち着いて、私の立場も理解してくれるように願っている。彼が幸せでないのは当然だし、それは理解しているが」と、チーム事情からウジョアに残留を求めている。

     同監督はまた「クラブもレオも私の考えはよく分かっている。彼は素晴らしい選手で、人間的にもファンタスティックだ。私は彼を信じているよ」と、ウジョアに賛辞を寄せつつ、残留を信じると述べた。

     しかし、ウジョアはツイッターで「ラニエリ監督に裏切られたと感じているし、クラブに失望した。二度と彼らのためにプレーしない」と述べている。

     ウジョアはまた、英『スカイ・スポーツ』のインタビューで、「現状を少し悲しく思っている。ここでの2年間は素晴らしかったからね」とコメント。「でも、構想外になっている僕の現状を考えれば、移籍して別のところで幸せになるのが最善だと感じている」と改めて移籍希望を認めた。

     そのうえで、「監督はこの3カ月、400~500万ポンド(約5億7000万~7億1000万円)のオファーが届けば僕の移籍を助力すると言っていた」「しかし僕は、それ以上の額のオファーがあっても考慮されなかったと理解している。監督からは今日、残ってほしいと言われた。でもクラブに残ったら、僕の将来とキャリアに影響する」と不満を表している。

     なお、レスターは公式HPでウジョアが31日のプレミアリーグ・バーンリー戦を、負傷により欠場することを明かしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170131-00000013-ism-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/01/22(日) 22:54:18.47 ID:CAP_USER9
    第22節

    C2yEqA0UoAIAkBc


    1/22(日)21:00セント・メリーズ・スタジアム

    【スコア】
    サウザンプトン 3-0 レスター・シティ

    【得点者】
    【得点者】
    1-0 26分 ジェームズ・ウォード・プラウズ(サウサンプトン)
    2-0 40分 ジェイ・ロドリゲス(サウサンプトン)
    3-0 86分 ドゥシャン・タディッチ(PK)(サウサンプトン)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10927800

    サウサンプトンにアクシデント! ファン・ダイクがレスター戦で負傷、主力CB吉田のみの緊急事態
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00010022-soccermzw-socc

    プレミアリーグ第22節が22日に行われ、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと同代表FW岡崎慎司が所属するレスターが対戦した。吉田はセンターバック、岡崎は2トップの一角で先発出場している。

     ホームのサウサンプトンは現在、リーグ戦4連敗中で13位に沈んでいる。今節は下位から抜け出すために、ホームで2017年初勝利を狙う。一方、優勝した昨シーズンから一転、残留争いを強いられている15位のレスターは、この試合で3戦ぶりの白星を目指す。両チームの勝ち点は3差の下位直接対決となる。

     最初にチャンスを作ったのはサウサンプトン。6分、左サイドを駆け上がったドゥシャン・タディッチがフリーでクロスを入れると、逆サイドのネイサン・レドモンドがヘディングで合わせたが、ここはクロスバーのわずか上に外れた。

     一方、レスターはカウンターからチャンスを作る。20分、サウサンプトンのCKをしのぐと、カウンターからデマレイ・グレイが左サイドを持ち上がる。そのままエリア左横までドリブルすると、カットインしてシュートを放ったが、ここはGKフレイザー・フォースターが弾いた。さらに24分、中盤でグレイがボールをカットすると、岡崎に渡してエリア内に走り込む。岡崎がグレイにスルーパスを送ったが、ここはシュートまで持ち込めなかった。

     スコアが動いたのは26分。サウサンプトンが右サイドから攻め込むと、セドリク・ソアレスがレドモンドとのワンツーから縦へ突破する。マイナスの折り返しを送ると、ジェームズ・ウォード・プラウズがダイレクトで合わせて先制に成功した。

     1点を追うレスターは31分にエリア手前でFKを獲得する。キッカーのグレイが右足で狙ったが、壁に当たってしまいチャンスを生かせなかった。

     するとサウサンプトンは40分に追加点を奪う。左サイドでFKを獲得すると、ウォード・プラウズがクロスを入れる。ファーサイドの吉田がヘディングで落とすと、これをジェイ・ロドリゲスが左足で押し込み、リードを2点に広げた。吉田にとっては今シーズンのリーグ戦初アシストとなった。このまま2-0でサウサンプトンがリードしてハーフタイムを迎える。

     レスターはハーフタイムにナンパリス・メンディを下げ、後半からマーク・オルブライトンを投入した。一方、サウサンプトンは55分にフィルジル・ファン・ダイクが負傷交代し、代わってジャック・スティーヴンスがピッチに入った。

     サウサンプトンは60分、相手のミスからビッグチャンスを手にする。レスターのクリスティアン・フクスがエリア手前でバックパスを奪われると、ピエール・エミル・ホイビュルクがフリーでシュートを放ったが、バランスを崩してしまい、ボールはゴール左に外れてしまった。

     レスターは62分に岡崎を下げてアーメド・ムサを投入する。75分、サウサンプトンはタディッチが左足でクロスを入れると、吉田と競り合ったウェズ・モーガンがクリアしきれずに自陣のゴールに入れてしまう。しかし、ここは吉田がわずかにオフサイドポジションにいたため、得点は取り消された。

     85分、サウサンプトンはカウンターから途中出場のシェーン・ロングが左サイドで抜け出すと、モーガンがエリア内で倒してしまい、PKが与えられる。これをキッカーのタディッチが右上に豪快に蹴り込み、サウサンプトンが3点差をつけた。

     このままサウサンプトンが3-0でレスターを下し、第17節以来5試合ぶりの白星を収めた。一方、レスターはリーグ戦2連敗を喫した。なお、吉田はフル出場、岡崎は62分まで出場した。

     次節、サウサンプトンはスウォンジーと、レスターはバーンリーと、それぞれ敵地で対戦する。

    SOCCER KING 1/22(日) 22:52配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00544524-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/01/22(日) 20:33:57.37 ID:CAP_USER9

    Cs0fdedUsAEQsuZ

     
    レスターは復調できるか

    22日に行われるプレミアリーグ第22節で、日本代表FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは
    DF吉田麻也のサウサンプトンと対戦する。試合に先立ってレスターがスターティングメンバーを発表した。

    13位サウサンプトンと15位に沈むレスターによる一戦。

    前節レスター・シティは対戦したチェルシーに合わせて3バックの布陣に挑戦し0-3で完敗した。
    岡崎は60分からの途中出場だったが、サウサンプトン戦ではスタメン出場することになった。


    サウサンプトンの吉田も先発出場し日本人対決にも注目が集まる。

    英ブックメーカー『sky BET』のオッズでは、サウサンプトンの勝利が1.8倍、引き分けが3.4倍、
    レスターの勝利が4.8倍でホーム優位との見方が強い。今季アウェイ未勝利のレスターだが、白星を手にして復調することができるだろうか。

    発表された先発メンバーは以下のとおり。

    GK:シュマイケル
    DF:シンプソン、モーガン、フート、フクス
    MF:メンディ、エンディディ、ドリンクウォーター、グレイ
    FW:岡崎、バーディ

    theWORLD(ザ・ワールド) 1/22(日) 20:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00010022-theworld-socc

    プレミアリーグ公式 LINE UP
    https://www.premierleague.com/match/14257

    サッカーch
    http://rio2016.2ch.net/livefoot/

    【サッカー】<岡崎は“スーパースター“だ!>ボクシング界のパッキャオ氏らと共にアジアの代表5人に選ばれる
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1484881551/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/12/14(水) 07:54:08.05 ID:CAP_USER9

    Cq3ibxmVMAI3q9c

     
    プレミアリーグ第16節が13日に行われ、ボーンマスと日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターと対戦した。

     12位のボーンマスが14位のレスターをホームに迎えての一戦。ホームのボーンマスは、今夏アーセナルからレンタル移籍で加入したイングランド代表MFジャック・ウィルシャー、同じくチェルシーからレンタル移籍してきたU-21オランダ代表DFネイサン・アケらが先発に入った。一方のレスターは、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、前節マンチェスター・C戦でハットトリックを達成したイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディらがスタメンに名を連ねた。岡崎は3試合連続のベンチスタートとなった。

     試合は34分、ボーンマスが先制に成功する。スルーパスでエリア内右に抜け出したアダム・スミスがグラウンダーでマイナスに折り返すと、ベニク・アフォベが右足でシュート。これはGKロン・ロベルト・ツィーラーに防がれたが、こぼれ球をマーク・ピューが右足で押し込み、ゴールネットを揺らした。試合はこのままボーンマス1点リードで折り返す。

     1点を追うレスターは、後半開始から交代カードを切る。先発出場していたイスラム・スリマニに代えて岡崎を投入した。

     レスターは74分、右CKからマフレズが左足でクロスを供給。ファーサイドでロベルト・フートが頭で合わせたが、わずかにゴール左に逸れた。

     さらに76分には、岡崎にシュートチャンス。センターサークル付近で相手からボールを奪うと、ドリブルでエリア付近中央まで運ぶ。パスの選択肢もあったが、思い切りよく右足を振り抜いた。ボールは枠を捉えることができず、ゴール右に外れた。

     レスターは、74分にアーメド・ムサ、82分にはレオナルド・ウジョアと、攻撃的な選手を立て続けにピッチに送り込んだが、最後まで同点ゴールを挙げることはできず。試合は1-0でボーンマスが勝利を収めた。

     次節、ボーンマスは18日にホームで日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと、レスターは17日に敵地でストークと対戦する。

    【スコア】
    ボーンマス 1-0 レスター

    【得点者】
    1-0 34分 マーク・ピュー(ボーンマス)

    SOCCER KING 12/14(水) 7:21配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00527394-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ