サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ランキング

    1: 3倍理論 ★ 2018/05/28(月) 18:43:34.02 ID:CAP_USER9
    「ワールドカップに出場する最も優れたDFベスト10」と題し、イタリア『スカイスポーツ』が27日、特集を組んだ。

    ロシアW杯まで残すところあと2週間ほどとなり、イタリアメディアが出場32カ国に所属する選手の中から、最高峰のディフェンダー10名を選出。独自のランキングを発表した。中には、日本代表の対戦相手であるセネガルのDFカリドゥ・クリバリも含まれている。

    ナポリのクリバリは、バイエルン・ミュンヘンのDFヨシュア・キミッヒ(ドイツ)や、チャンピオンズリーグ3連覇を果たしたばかりのレアル・マドリーDFラファエル・ヴァラン(フランス)らを抑え、第3位にランクインした。「ナポリの巨人センターバック。移籍市場でヨーロッパのビッグクラブが渇望する26歳」と評されている。

    クリバリはフランス生まれで、日本代表GK川島永嗣が所属するメスの下部組織出身。ヘンクを経て2014年夏にナポリに加入。「通算164試合に出場し、8ゴールをマーク。今シーズンは5得点を記録し、中でもユヴェントス戦では際立ったヘディングシュートを披露。ナポリのスクデット獲得を信じさせた」と紹介されている。なおセネガル人の両親を持つことから、「2015年にセネガル代表の初招集を受け、これまで22試合に出場」している。

    セネガルのW杯出場は2002年の日韓大会以来16年ぶりとなるが、クリバリのほか、「絶好調の(サディオ)マネ、イタリアでプレーする(エムバイェ)ニアンやケイタ(バルデ)らがおり、最高峰の国際舞台へ戻ってきた」と綴っている。日本との対戦に加え、FWロベルト・レヴァンドフスキを擁するポーランドや、FWラダメル・ファルカオらのコロンビアとの対戦も注目されるところだ。

    ■1位、2位はレアル・マドリー勢が独占

    なおランキング2位はレアル・マドリーに所属するDFマルセロ(ブラジル)。「地球上で最も強い左サイドバック。レアル・マドリーで欠くことのできない30歳」との評を加えている。そしてランキング1位には、同じくレアルのDFセルヒオ・ラモス(スペイン)が輝いた。「ブランコスの主将であり象徴。クオリティ、リーダーシップに優れたディフェンダー。スペイン代表ではW杯を1回、ユーロを2回制した」と紹介している。

    ランキングは以下の通り。

    1位 セルヒオ・ラモス(スペイン)

    2位 マルセロ(ブラジル)

    3位 カリドゥ・クリバリ(セネガル)

    4位 ヨシュア・キミッヒ(ドイツ)

    5位 ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ)

    6位 ラファエル・ヴァラン(フランス)

    7位 メフディ・ベナティア(モロッコ)

    8位 ニコラス・オタメンディ(アルゼンチン)

    9位 アレクサンダル・コラロフ(セルビア)

    10位 ヤン・フェルトンゲン(ベルギー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000017-goal-socc




    続きを読む

    115: 風吹けば名無し 2018/02/03(土) 23:50:25.24 ID:qc1AsCfL0

    e9b3424a


    ヨーロッパ最高傑作 デヘア 
    アジアオセアニア最高傑作 ライアン 
    北アメリカ最高傑作 ハワード 
    南米最高傑作 ジュリオセーザル 
    アフリカ ?????
    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/01/30(火) 16:40:54.41 ID:CAP_USER9
    これまで数々の名選手たちが、体張ってゴールを守ってきたが、「歴代最高のゴールキーパー」は誰なのだろうか。今回『Goal』インターナショナル版では、プレーキャリアの長さや残した物などを考慮しつつ、ベスト10を選出した。
    文=マーク・ドイル/Mark Doyle

    10位 イケル・カシージャス

    9位 ピーター・シルトン

    8位 エドウィン・ファン・デルサール

    7位 マヌエル・ノイアー

    6位 ゼップ・マイヤー

    5位 ゴードン・バンクス

    4位 ディノ・ゾフ

    3位 ピーター・シュマイケル

    2位 レフ・ヤシン

    1位 ジャンルイジ・ブッフォン

    全文・詳細が載ってます↓
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180130-00010000-goal-socc&p=1

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/10/27(木) 23:52:00.71 ID:CAP_USER9
    今シーズンのプレミアリーグで記録した「最高時速ランキング」が今月6日付のイギリス紙『デイリーミラー』に掲載され、
    サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也が、アーセナルのイングランド代表FWセオ・ウォルコットと並んで8位にランキング入りした。

    これは大きな驚きとして伝えられたが、26日付のイギリス紙『テレグラフ』は、「最低時速ランキング」を掲載している。

    同紙はプレミアリーグ第9節終了時点までで、記録した瞬間スピードを遅い順からランキングとして並べた。
    最も遅い選手である1位はストークに所属するスコットランド代表MFチャーリー・アダムとなり、時速は26.72キロだった。

    リーグ最速のサウサンプトンに所属するアイルランド代表FWシェーン・ロングは時速35.31キロ、
    吉田は34.78キロを記録しており、8キロ以上の差が開いている。

    アダムに続いたのは、同じストークに所属する元イングランド代表FWピーター・クラウチ。
    同選手はこれまでのリーグ3試合に出場し、得点を挙げられていない。
    3位にはチェルシーで4試合の出場にとどまるスペイン代表MFセスク・ファブレガスが入った。

    その他、アーセナルのフランス代表FWオリヴィエ・ジルーや、リヴァプールの元ブラジル代表MFルーカス・レイヴァもトップ10入り。
    フィジカルを特長とするセンターフォワードや、中盤の底でプレーする選手が多く並ぶ結果となった。

     発表された最低時速ランキングトップ10は以下の通り

    1位 チャーリー・アダム(ストーク) 26.72キロ
    2位 ピーター・クラウチ(ストーク) 28.58キロ
    3位 セスク・ファブレガス(チェルシー) 28.73キロ
    4位 ショーン・マロニー(ハル) 28.87キロ
    5位 オリヴィエ・ジルー(アーセナル) 29.19キロ
    6位 ルーカス・レイヴァ(リヴァプール) 29.37キロ
    7位 ギャレス・バリー(エヴァートン) 29.4キロ
    8位 ハル・ロブソン・カヌ(ウェスト・ブロムウィッチ) 29.49キロ
    9位 クレイグ・ガードナー(ウェスト・ブロムウィッチ) 29.62キロ
    10位 アンディ・キング(レスター) 29.7キロ

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161027-00508396-soccerk-socc

    写真 
    no title


    「吉田はウォルコットと同じくらい速い」。英紙が“意外なデータ“として紹介
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161006-00010014-footballc-socc

    【サッカー】<イングランド・EFL杯>モイーズ監督、吉田麻也のタックルに激怒し退席処分「あれは明確なPKだった」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1477536886/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/05/19(木) 07:14:19.96 ID:CAP_USER9
    ■香川は欧州でも屈指のアタッカーに

    a3ec7c0e


    ボナベントゥーラは本田以上で香川以下!? スポーツ統計サイトによる“攻撃的MF”ランキングでミランのエースが日本の10番を下回る

    もはや香川真司はドイツにおける優秀なプレイヤーではなく、ヨーロッパを代表するMFとなったようだ。

    今季のドイツブンデスリーガで9ゴール9アシストという素晴らしい戦績を残し、攻撃の要として君臨しているドルトムントの小さな司令塔だが、スポーツ統計サイト『Football Observatory』は、この日本人アタッカーを欧州5大リーグにおける“10番目に優れた攻撃的MF”に位置付けている。

    同メディアがその評価基準としているのは、リカバリー能力やチャンス演出力、そしてシュート能力などを含む6項目で、香川はリヴァプールのアダム・ララーナ(8位)や、ウェストハムのディミトリ・パイェ(9位)らに次ぐ評価を獲得。

    また同ランキングでトップに君臨するのはマンチェスター・シティのダビド・シルバで、香川と共にドルトムントを牽引するヘンリク・ムヒタリヤンは3位に。そしてセリエA屈指の攻撃的MFとして、今季大躍進を遂げたミランのジャコモ・ボナベントゥーラは、香川をわずかに下回る11位にランクイン。

    クリスティアン・ブロッキ監督がミランにおけるトップ下の“ファーストチョイス”と語るほどの実力者で、本田圭佑を上回る評価を得るボナベントゥーラだが、今回のランキングではドルトムントの23番を惜しくも下回っている。

    なお同メディアが発表した“攻撃的MF”の格付けは次の通り。

    1位:ダビド・シルバ(マンチェスター・シティ)

    2位:メスト・エジル(アーセナル) 

    3位:ヘンリク・ムヒタリヤン(ドルトムント)

    4位:エリック・ラメラ(トッテナム) 

    5位:コケ(アトレティコ・マドリード)

    6位:ドウグラス・コスタ(バイエルン・ミュンヘン) 

    7位:クリスティアン・エリクセン(トッテナム) 

    8位:アダム・ララーナ(リヴァプール) 

    9位:ディミトリ・パイェ(ウェストハム) 

    10位:香川真司(ドルトムント) 

    11位:ジャコモ・ボナベントゥーラ(ミラン)

    12位:ベルナルド・シウヴァ(モナコ)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160518-00010027-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/05/17(火) 11:06:29.50 ID:CAP_USER9

    1A8

     
    「21世紀における、攻撃的サイドバックTOP13」という企画を、『squawka』が行っていた。

    攻撃的という括りなので、フィリップ・ラームやビセンテ・リザラズ、ハビエル・サネッティらは候補から外したとのこと。
    その人選に突っ込みを入れながら見るのもアリかもしれない。

    なお、順位はユーザー投票によって変動するので、あくまで記事作成時点でのランキング。

    13位 ウカシュ・ピシュチェク/ドルトムント/ポーランド
    12位 ジャンルーカ・ザンブロッタ/引退/イタリア
    11位 ジョヴァンニ・ファン・ブロンクホルスト/引退/オランダ
    10位 ダリヨ・スルナ/シャフタール/クロアチア
    9位 ジョルディ・アルバ/バルセロナ/スペイン
    8位 マイコン/ローマ/ブラジル
    7位 アシュリー・コール/LAギャラクシー/イングランド
    6位 マルセロ/レアル・マドリー/ブラジル
    5位 パトリス・エヴラ/ユヴェントス/フランス
    4位 ダヴィド・アラバ/バイエルン・ミュンヘン/オーストリア
    3位 カフー/引退/ブラジル
    2位 ダニ・アウヴェス/バルセロナ/ブラジル
    1位 ロベルト・カルロス/引退/ブラジル

    かの有名なフリーキックや流れのなかから決めたありえないゴールまで…。
    ロベルト・カルロスはレアル・マドリーのGalactico時代に華を添えた小さな弾丸だった。
    その攻め上がりで相手を震え上がらせる熱意を常に持ってプレーしていた彼は、
    その幹のような太腿でゲームを変えてしまう選手でもあった。


    http://qoly.jp/2016/05/16/best-attacking-sb-of-the-21-century?part=7

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ