サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ラグビー

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/03/28(月) 18:23:51.34 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    日本代表は29日、2018年W杯アジア2次予選兼AFCアジアカップ2019予選でシリアと対戦する。以下、前日会見でのヴァヒド・ハリルホジッチ監督のコメント。

    ●ヴァヒド・ハリルホジッチ監督コメント

    「最後の試合で我々の決勝だと思っている。このグループで一番強い者同士の戦いになる。ファイナルは勝たなければいけない。
    簡単な戦いにはならないと思う。シリアは間違いなく得点率の高い、リアリストのチーム。日本には何かを成し遂げるためにくると思う」

    「我々の野心はまず勝つこと。特に彼らの誘いに乗らないようにしないといけない。彼らはリズムを壊しにくるので、その罠にかからないようにしないといけない。
    シミュレーションもしてくるでしょうし、演技もしてくるでしょう。レフェリーもそういうシチュエーションを理解してくれることを願う。

    それがフラストレーションにならないように、コントロールしないといけない。これは選手にも警告した。
    真剣に、真面目に準備しようと。昨日の夜はかなりいいトレーニングができた。最終戦の準備はできていると思う」

    Q:すでに3次予選進出が決まった中で勝利のほかにテーマとしたいことは?

    「勝つことが大前提になるが、他の目的もある。まずあまり話したくないが、失点しないこと。勝利が前提で、美しく終わるのが大事。
    この2次予選を1位で終えることが前提になるが、その次のことを考えないといけない。2試合連続で国内で試合をするが、2試合連続勝つのは簡単ではない。
    少し引っかかってほしくない、小さい罠もあると思う。ただ、私が楽観的でいられるのは、昨日のトレーニングで丁寧さ、強度を彼らが見せてくれたからだ」

    「今日もしっかりやってくれると思うが、明日も昨日のようなものを出したら楽観的でいられる。
    とにかくシミュレーションに引っかからないように、そして無駄なファウルをしないようにしないといけない。

    相手のGKは必ず演技をしてくるし、リズムを壊してくるので準備しないといけない。もちろんクオリティもある。
    我々よりも得点能力が高い、我々よりも得点を取っている。つまり、リスペクトして戦わないということだ。そして勝利を探しにいく」

    Q:ダイヤモンド型の4-4-2には、どのようなメリットがあると思って使用した? 将来的に使う可能性は?

    「それぞれのオーガナイズには長所、短所があるし、どの選手を使うかで決まる。人々を楽しませるためにやったわけではない。
    何人かの試したい選手がいたし、疲労回復もしたかった。それを組み合わせた。

    今のところは3トップでずっとやっているが、この前は真ん中に2トップを置く形でやった。
    しかし、我々はバルサ(バルセロナ/スペイン)のような3トップをやっているし、サイドのアタッカー、彼らもゴールを取らないといけない役割になっている。
    今あるグループを使って、色々なリスクを取りながら、真ん中の選手の組み合わせをトライした」

    「どのシステムであっても、自動化するのに時間が必要だ。この前は何を見たかというと、良いものもたくさん見られた。
    サイドの機能性、補足関係。このシステムは近くのポジション移動、サイドのポジション移動、2人の近い距離感が大事になる。

    ホワイトボードに書くのは簡単だが。明日も変更がある。もしかしたら新しく映るかもしれない。
    ただ、受け持っている選手を使ってオーガナイズを作るということだ。ゲームプランにしても、オーガナイズにしても、うまくやるには時間がかかる」

    >>2以降につづく

    ISM 3月28日(月)18時13分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160328-00000018-ism-socc

    続きを読む

    1: THE FURYφ ★@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 20:06:56.07 ID:CAP_USER*.net

    CLZx1z_UEAAs1yV

     
    日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が24日、記者会見に応じた。

    指揮官は日本代表のさらなる成長に期待している。同氏は「相手をリスペクトすることは
    大事だが、自分自身の長所も認識してリスクを取らなければいけない」と語った。

    「選手にこうした話をする時には、ラグビー日本代表を例に挙げる」

    「彼らはワールドカップで素晴らしい成績を残しているが、戦術や攻撃力はもちろん特に
    フィジカル面において我々にも成長できる余地があるのではないかと考えている」

    ラグビー日本代表は今年開催されたラグビーワールドカップ2015において、「スポーツ
    史上最大の番狂わせ」を成し遂げた。一次リーグでW杯優勝2回、世界ランク3位の
    南アフリカ代表と対戦し、ラストプレーで奇跡の逆転勝利を収めた。

    サッカー日本代表において「フィジカル面で世界の強豪に劣る」という視点は長く“常識”と
    信じられてきた事柄だ。しかし、ハリルホジッチ監督は「2016年は2015年よりも向上することを
    期待している」と語った。

    「第一段階が終わり、第二段階に入る」と語った指揮官。果たして、日本代表は2016年
    を発展の一年とすることはできるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151224-00010026-footballc-socc

    続きを読む

    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2015/10/29(木) 09:43:48.09 ID:???*.net

    07945682

     
    日刊スポーツ 10月29日 8時8分配信

     浦和DF槙野智章(28)がラグビーの日本代表FB五郎丸歩(29=ヤマハ発動機)にラブコールを
    送った。
    「どこかのタイミングで(共演)出来たらと、たくらんでいる」。

     槙野は1週間前、ラグビー選手に間違われて
    「南ア戦とサモア戦お疲れさまでした」と声をかけられたという。
    「競技は違えど、盛り上げてくれているので負けじと(勢いに)乗っていきたい」と話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151029-00000021-nksports-socc

    続きを読む

    1: オムコシ ★@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 02:47:29.48 ID:???*.net
    CQ1jlKyUAAAhMah


     
    時事通信 10月11日 1時38分配信

     ラグビーのW杯で8強入りがならなかった日本に対し、サッカー日本代表の本田圭佑が遠征先のテヘランで賛辞を贈った。
     
     「どっちにしても快挙であることは間違いないと思う。
    ラグビー日本代表として日本だけでなく、世界にやるんだぞというのを確実に示せたと思う」。
    所属クラブのACミラン(イタリア)でも、大金星を挙げた日本が話題になっていたという。
     サッカー日本代表は3年後のW杯に向け、予選の真っただ中。
    「われわれもここ最近結果を出してないという意味で、負けられないという刺激をもらった」と話した。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151011-00000007-jij-spo

    続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2015/09/20(日) 23:02:25.97 ID:Wg8XrTCO0.net
    スタミナない、当たり弱い、メンタル弱い。

    ラグビー日本代表みたいに、筋肉つけまくって、血吐くほど練習して、

    スタミナつけて、メンタル強くしろ。

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 19:55:47.35 ID:???*.net

    ad4f7a44

    ドイツの強豪・ドルトムントのMF香川真司(26)が、ラグビー日本代表にエールを送った。 

     23日、公式ブログに「初戦の素晴らしい試合を見て、僕も同じ日本代表として感動しました! 
    今日のスコットランド戦も頑張ってください! ラグビー日本代表のみなさんを、
    僕はドイツの地から応援しています!」と、日本語と英語の両方で書き込んだ。

     日本-スコットランド戦がある23日に、香川はアウェーのホッフェンハイム戦があるため
    「僕も今日の試合にベストを尽くす」と意気込みを記した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150923-00000147-nksports-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ