サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:モイーズ

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/11/22(日) 17:20:46.12 ID:CAP_USER*.net

     
    サー・アレックス・ファーガソンの後を任されたデイビッド・モイーズは、マンチェスター・ユナイテッドを混乱に陥れた。

    現任のファン・ハールはモイーズの起こした混乱を改善しようと仕事を続けており、昨季もチャンピオンズリーグ出場圏内の4位にまで順位を戻した。しかし、モイーズはマンUでの仕事がそんな簡単なものではないと警告を発している。

    英紙『メトロ』によると、モイーズはマンUがファーガソン時代のような栄光を取り戻すには長期間にわたって仕事をしなければならないと語っている。

    「誰が指揮官だろうとマンUをトップへ戻すのは難しいし、彼らのやり方で今の状況に ピリオドを打つのも難しいと思う。これは大きな仕事で、長期間にわたる仕事だ。私は短期間の仕事でマンUがトップに戻れるとは思わないよ」

    ファン・ハールは大型補強を繰り返してチームを立て直したが、モイーズに言わせれば付け焼刃でしかない。ファーガソンは何年にもわたってチームを作り、そして成功を収めた。現在はその成功を短期間で求められており、ファーガソンの後を受けたモイーズも難しい仕事だったと感じている。

    マンUは毎年のように優勝争いに加わるクラブだったが、安定感を取り戻すにはどうすれば良いのか。大型補強にはアンヘル・ディ・マリアのように失敗が付き物で、毎回上手くいくものでもない。

    それでは安定感を維持するのは難しく、 波のあるチームとなってしまう。マンUでの仕事の難しさを知るモイーズにしてみれば、大型補強だけで成功を収められるほど甘くはないということだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151122-00010020-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/20(火) 20:52:48.69 ID:???*.net

    no title

     
    ▽レアル・ソシエダを率いるデイビッド・モイーズ監督は、今後もクラブに留まることを明かした。スペイン『アス』が伝えている。

    ▽18日にホームでアトレティコ・マドリーと対戦したソシエダは、かつてソシエダでプレーしたFWアントワーヌ・グリーズマンのゴールなどで2点を奪われて敗戦(0-2)。
    ここまでのリーグ戦8試合でわずか1勝(3分け4敗)しか挙げられず、現在は16位に位置している。

    ▽そして、アトレティコ戦後にはスタンドのソシエダファンから「家に帰れ」といったチャントが歌われた。テ

    ィム・シャーウッド監督の後任として、アストン・ビラの指揮官就任の噂もあるモイーズ監督だが、本人はソシエダで指揮を執り続ける意志があると明かしている。

    「プレシーズンの間、私にはいくつかのクラブから接触があった。しかし、それは普通のことだよ。でも、私の意志はラ・レアル(ソシエダの愛称)に残ることだった」

    「私は他のことについて考えていない。ハードワークと選手たちの決心を見たはずだ。私はとても満足している。そして、ここに留まりたい。私の心に疑いはないよ」

    http://sp.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=219723&page=2

    モイーズ監督
    http://d1zfl2ji59lu9k.cloudfront.net/news/image?image_id=95573

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 18:06:59.37 ID:???*.net

    no title

     
    3つのポイントでチーム構築術の拙さを指摘

     イングランドの伝説的な名伯楽、“サー”アレックス・ファーガソン監督の後任として、
    2013-14シーズンにマンチェスター・ユナイテッドを率いたデイビッド・モイーズは、
    昨年11月からスペインのレアル・ソシエダを率いている。しかし、10月3日のマラガ戦に1-3で敗れ、
    今季は1勝3分3敗の勝ち点6と低迷。英紙「メトロ」は、そのチーム構築術を厳しく批判している。

     同紙は「3つのポイント」として、ソシエダでのモイーズ采配を分析している。
    まず「十分な勝ち星を挙げていない」と、直球でその成績を批判した。

     昨季途中の就任となったモイーズにとって、ソシエダでの初陣は昨年11月22日の第12節デポルティボ戦。
    以来、今季の第7節マラガ戦まで34試合のリーグ戦で10勝13分11敗と、わずかだが黒星が先行した。
    今季は7試合で1勝と、苦しい立ち上がりになっている。同紙は「多くのゲームでソシエダは必要以上に
    守備的であり、平凡だ。実際、今季も試合数より少ない得点しかしていない(7試合で6得点)」と、
    モイーズの守備的な戦術が得点力不足を生み、勝ち点につながらないと批判している。

     そして次のポイントとして、「彼は創造性のある選手を窒息させる」と、攻撃的な才能持つ選手を生かせていないとしている。

     その例として挙げているのが、アーセナルに所属した経験もあるメキシコ代表MFカルロス・ベラの起用法だ。
    卓越したスキルで試合の表情を変えることができるはずのベラは、モイーズ・システムの中では必要な
    自由が与えられていないとしている。彼にもう少しでも自由を与えれば、
    相手ゴール前の鍵を開けることができるはずだと、モイーズが創造性と才能にフタをしていると批判している。

    続く強豪との対戦 解任論は時間の問題か

     マンチェスター・ユナイテッドを率いていた時期も、日本代表MF香川真司や、
    スペイン代表MFフアン・マタといった、俊敏で高度なテクニックを持つ選手たちの起用法に疑問符が付けられていた。
    スピードとフィジカルに強みを持つウインガーを重用してクロスで攻撃を組み立てるモイーズ・システムは、
    スペインでも健在であり、批判されるポイントも変わっていないことが窺われる。

     そして最後のポイントが、「必要最低値」を上回っていないこと。成績上「必要最低値」を上回っていると
    主張するのは困難だと、手厳しい言葉が並んだ。

     現時点でのソシエダの勝ち点6は、最下位からわずかに3ポイントしか離れていない。
    しかも、今後の6試合でアトレチコ・マドリード、バルセロナ、セルタ、セビージャといった強豪との対戦が続く
    日程を指摘している。降格圏に定着してしまう危機を提示し、その場合は間違いなくスペインで解任論が
    取り沙汰されるだろうとしている。

    「モイーズはハッピーなクリスマスを迎えられるのか? 今のままでは、彼にとって最悪な記念日にしかならないだろう」

     今季開幕直後には、「私はここに残ることを幸せに感じているんだ。この10ヵ月間で、
    より選手たちのことをよく知ることができた。私の選手たちを信頼しているよ」と、スペインでの生活を楽しんでいると
    語っていたモイーズ監督。自らが気に入っている居場所を守ることができるのか。
    香川を1シーズン指導したスコットランド人指揮官は、正念場を迎えているようだ。

    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/16973/2

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 12:39:42.77 ID:???*.net
    レアル・ソシエダのデイビッド・モイーズ監督が解任危機に直面している。

    19日に行なわれたリーガ・エスパニョーラ第4節のエスパニョール戦で2-3と敗れたソシエダは、これで今季2分け2敗とした。
    いまだ未勝利で、暫定17位に沈むチームは、20日予定の他クラブの試合結果では、降格圏の19位まで転落する可能性がある。

    英地元紙「ガーディアン」や「デイリーミラー」は、こうした結果を受け「モイーズの将来に疑問」という見出しでスコットランド人指揮官の窮地を紹介している。

    昨季途中にクラブの新監督に就任し、チームを1 部残留に導いたモイーズ監督だが、今季は開幕から低迷。
    開幕からの3試合はいずれも得点を奪うことができずにいた。ホームにエスパニョールを迎えた今節では、FWアギレチェが待望のシーズン初ゴールを決めて先制。
    しかし、守護神GKルジが退場となるなど、窮地に追い込まれて、最終的には逆転負けを喫した。

    エバートンでの11年間に及ぶ指揮で高い評価を受け、2013年シーズンには名門マンチェスター・ユナイテッドの指揮官にまで上り詰めたモイーズ監督。
    ユナイテッドでは1シーズン持たずに解任され、昨年11月にスペインへ活躍の場を移し

    しかし、スタートダッシュの失敗で、就任1年と経たないうちに、去就問題が浮上してしまった。

    Soccer Magazine ZONE web 9月20日(日)11時58分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150920-00010006-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 23:22:37.97 ID:???*.net

    no title

     
    次節ユナイテッドが負ければ、公式戦51試合27勝で前任者とタイに

      ルイス・ファン・ハール監督は、名門マンチェスター・ユナイテッドのトップに就任してから2シーズン目を迎える。
    昨シーズンはトップ4入り復帰を果たし、2シーズン振りとなる欧州チャンピオンズリーグ出場権をもたらした。

     しかし、英地元紙「メトロ」によると、次節で就任から公式戦51試合目となるファン・ハール監督が勝ち星を逃した場合、
    現在レアル・ソシエダを率いるデイビット・モイーズ前監督のユナイテッドでの公式戦51試合勝利数と同数で並ぶことになると指摘されている。

     ファン・ハール監督は就任から50試合を消化しており、成績は27勝12分11敗。得点数は81点で、失点数が47点となっている。

     一方、モイーズ監督は、マンUでの51試合で27勝9分15敗という成績だった。得点数は86点で、失点数は54点となっている。

    ファン・ハール政権の投資額はモイーズ時代の4倍に

     ファン・ハール監督は、モイーズ政権に比べ、失点を7点減らしているものの、得点数も5点減らしている。

     最も顕著な差は支出に表れている。モイーズ前監督時の補強費が総額6700万ポンド(約120億6000万円)に対し、
    ファン・ハール監督はすでに2億5000万ポンド(約450億円)を費やしている。

     オランダ人指揮官は前任者の4倍近くの巨額を費やしているにも関わらず、
    モイーズ政権と比べて、それほど変わらない成績であることが一目瞭然となった。

     2年連続の大型補強で、お気に入りの選手を揃えたファン・ハール監督は欧州CL出場権獲得という最低限のハードルはクリアしたが、
    今のところはサッカー界屈指の巨額投資に見合った成績を残しているとは言い難いようだ。

    Soccer Magazine ZONE web 9月5日(土)18時10分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150905-00010011-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/07/01(水) 07:01:45.12 ID:???*.net

    670a89cc

     
    フットボールチャンネル 7月1日(水)6時32分配信

    解任が発表されたナイジェル・ピアソン監督【写真:Getty Images】

     日本代表FW岡崎慎司が所属するレスター・シティが現地時間の30日、ナイジェル・ピアソン監督の解任を発表した。

     同指揮官は2011年よりチームを指揮。10年ぶりのプレミアリーグ昇格に導いた。2014-2015シーズンは
    約5ヶ月間にわたって最下位に沈んでいたものの、終盤なんとか挽回して残留を勝ち獲った。

     レスターは6月に同監督の息子であるMFジェームズ・ピアソンら3選手がタイ女性と淫乱パーティを
    開催していたことが発覚。その際に「細い目だ」とアジア人に対する人種差別的な発言をしていたことが
    問題となっていた。

     英紙『テレグラフ』によると、後任監督にはかつてマンチェスター・ユナイテッドで日本代表
    MF香川真司を指導したレアル・ソシエダ指揮官デイビッド・モイーズ監督が候補に挙がっている。また、
    バーンリーのショーン・ダイチ監督も候補の1人だ。

     岡崎のレスター移籍が決まったのは、わずか4日前。監督交代によって起用法にどのような影響が
    生じるか注目が集まる。

    フットボールチャンネル編集部
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150701-00010002-footballc-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 13:52:07.86 ID:???*.net
    マンチェスター・ユナイテッドMFマルアン・フェライニは、
    元監督のデイビッド・モイーズ氏が解任されたときに涙を流したと明かしている。

    エヴァートンでモイーズ氏の指導を受けたフェライニは、2013年夏にユナイテッドに加入した。
    アレックス・ファーガソン氏の引退でユナイテッドの指揮官に就任した恩師を追ったフェライニだが、
    ユナイテッドは低迷し、モイーズ氏はシーズン終了を待たずして解任の憂き目に遭っている。

    フェライニは『So Foot』の中で、恩師の解任に心を痛めたと明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

    「彼が去ったときは悲しかった。エヴァートンに敗れた後、僕らはメディアで(モイーズ氏の解任の噂を)耳にしていたんだ。
    事実どうか分からなかった。そして次の日、練習場で彼がジャージじゃなく、スーツを着ていたのを見て思ったんだ。終わりだ、とね」

    「おかしな感じだったよ。食事をしてから、監督は僕をオフィスに呼んで、(解任を)知らせてきた。これがサッカーなんだ。
    泣いたよ。普通のことだ。僕は人間なんだよ。彼と6年仕事をしてきたんだ。彼は2番目の父親というわけじゃない。でも、それに近いものだ。すごく助けてくれた人なんだよ」

    モイーズ氏と同じように、フェライニもユナイテッドでの1年目は苦しみ、批判を浴びせられた。

    「チームも良いパフォーマンスをしておらず、僕はスケープゴートにされた。すべてがフェライニの責任だったんだ。
    そういう(批判の)すべてに気を配ると、沈んでしまう。あらゆる面で壊された」

    昨年夏に移籍が取りざたされたフェライニだが、最終的にはルイス・ファン・ハール監督が率いるチームに残った。

    「(ファン・ハール)監督が来たときに、難しくなることは分かっていた。昨季の僕はスケープゴートにされていたからね。
    でも、言い聞かせたんだ。失うものは何もないとね」

    「ワールドカップが終わって、今季の最初に監督と話した。僕のポジションには多くの選手がおり、自分を証明できるかどうかは自分次第だと言われたよ。
    でも、何度か練習してから、僕はうまくいくと感じていたんだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150509-00000007-goal-socc

    続きを読む

    e6c54f26



    現在スペインのレアル・ソシエダを指揮しているデイビッド・モイーズ監督が英誌『FourFourTwo』の独占インタビューに答え

    古巣マンチェスター・ユナイテッドの選手たちに苦言を呈している。

    モイーズ曰く、自身がユナイテッドの監督に就任した際、チームには前任のサー・アレックス・ファーガソン監督時代の儀式のような風習が残っていたという。

    それは低脂肪のチップス(日本でいうフライドポテト)を食べる習慣だったとのことだ。

    しかし、これはユナイテッドの監督を務める前に率いていたエバートンではありえないことで、「私はチップスを食べることを禁じた」とモイーズ監督は語っている。

    さらに「太りすぎの選手が何人かいたことがチップスを禁じた理由だ。あれを日常的に食べるのがいいことだとは思わない」と古巣の選手たちを批判している。

    昨季のユナイテッドは過去に例を見ないほどの不調に陥り、モイーズ監督自身も4月にシーズン終了を待たず解任された。

    ユナイテッドの不調は「チップス不足」によるものだったのか? インタビューの全文は来月発売の『FourFourTwo』本誌に掲載される予定となっている。

    2月5日(木)21時23分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150205-00010032-footballc-socc

    【サッカー】ソシエダのモイーズ監督、古巣ファンを批判「エヴァートンをトップに押し上げたのは私だ」(c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1423114820/

    続きを読む

    e6c54f26
    続きを読む

    901: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/01/08(木) 11:07:10.91 ID:PqYMVJq00.net
    100本クロス・・・名称モイーズの香りがするぜ 

    no title
    続きを読む

    ↑このページのトップヘ