サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:モイーズ

    1: 砂漠のマスカレード  2016/08/23(火) 06:38:57.03 ID:CAP_USER9
    イングランド・プレミアリーグのサンダーランドが22日、ACミランのMF本田圭佑(30)=獲得に向け、再オファーを出す準備を進めていることが分かった。
    関係者によると、この2度目のオファーはミランが設定する1000万ユーロ(約11億5000万円)に近い金額で、
    移籍市場が閉まる31日までに合意する可能性があるという。

    今季からサンダーランドを率いるモイズ監督はプレミア残留を目標に掲げ、本田を補強の筆頭候補に挙げた。
    当初850万ユーロ(約10億円)でオファーを出したが、ミランが拒否。
    しかしサンダーランドが開幕2連敗したことを受け、再オファーを出す方針だという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000025-dal-socc
    デイリースポーツ 8月23日(火)6時4分配信

    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/08/11(木) 18:18:06.19 ID:CAP_USER9

    no title

     
    英紙報じる リザーブチーム行きを命じられる扱いに移籍志願

     マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイは、ジョゼ・モウリーニョ新監督からリザーブチーム行きを命じられた扱いを「屈辱」と感じているようで、恩師デイビッド・モイーズ監督が率いるサンダーランド移籍が決定的な状況となった。英紙「デイリー・テレグラフ」が報じている。

     ヤヌザイは2013-14シーズンに、当時ユナイテッドの指揮を執っていたモイーズ監督に抜擢されてデビュー。しかし、ルイス・ファン・ハール前監督の下では出番がなく、昨夏からはドルトムントへ半年間の期限付き移籍も経験した。そして今季発足したモウリーニョ体制では完全に構想外となり、2週間ほど前からリザーブチームでのトレーニングを余儀なくされている。

     大型補強の影響もあり、完全に居場所がなくなったヤヌザイは、リザーブチーム行きを命じたモウリーニョ監督からの扱いを「屈辱」と感じており、ユナイテッドから気持ちが離れつつあるようだ。

     移籍先の有力候補は、恩師の待つサンダーランドだ。チームメートにイタリアやスペインなど国外移籍への憧れを明かしていたというヤヌザイだが、慣れ親しんだプレミアリーグの舞台で再出発を果たすことになりそうだ。
    昨季のドルトムントでは殻を破れず

     ただし、完全移籍を望むヤヌザイの意思とは反対に、ユナイテッドはあくまでローン移籍で応じることになるという。

     昨季、期限付きで加入したドルトムントでは、わずか6試合の出場に終わった。ヤヌザイはプレーの質以前に、トーマス・トゥヘル監督から練習に臨む態度を非難されるなど、サッカー選手として改善の余地を多く残しているのは間違いないが、まだ21歳と若く、十分に成長する時間は残されている。信頼を寄せるモイーズ監督の下で、華麗な復活を遂げることになるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160811-00010010-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/08/02(火) 18:41:39.35 ID:CAP_USER9
    『Sky Sports』は「サンダーランドの監督に就任したデイヴィッド・モイーズ氏は、マンチェスター・ユナイテッド時代に受けた扱いが不公平だったと話した」と報じた。

    先日、イングランド代表に去ったサム・アラダイスの後を継ぐ形でサンダーランドと契約を果たしたデイヴィッド・モイーズ。

    エヴァートンで長期政権を築いていたものの、その後はマンチェスター・ユナイテッド、レアル・ソシエダで解雇を経験しており、久々のプレミア中堅クラブでの再挑戦となる。

    彼は失敗に終わったユナイテッド時代を以下のように振り返るとともに、頂点に立ち続けるという考えは信じられないようなものだったと語った。

    デイヴィッド・モイーズ

    「あのような大きなオファーは、誰もが受けられるようなものではない。レアル・マドリー、バルセロナ、そしてマンチェスター・ユナイテッド。理由はない。

    私が言えることは、自分はそこでアンフェアな扱いを受けたということだ。

    6年契約を結び、最終的には10ヶ月でクビになった。ああ、私はそう信じているよ。

    私は十分な勝利を得られなかった。しかし、言わなければならないのは、そのような状況があったということだ。

    そして、私が出て行ってからというもの、それを正当化できる物事があったと言えると思うよ。

    マンチェスター・ユナイテッドでの時間が私に与えたものは、頂点に居続けるというのは信じられない考えだということだ。

    私は信じている。ここは自分が仕事できる場所であり、働くべき場所だと。そして、自分のレベルはここであるとね」

    http://qoly.jp/2016/08/02/david-moyes-talked-about-manchester-united

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/07/25(月) 18:00:26.90 ID:CAP_USER9

    no title

     サンダーランドがマンチェスター・ユナイテッドのMFアドナン・ヤヌザイに興味を示している。期限付き移籍での獲得を検討していると、英『デイリー・メール』が報じている。

     サンダーランドは22日にサム・アラダイス前監督がイングランド代表の新監督就任に伴い、クラブを退団。翌23日にデイビッド・モイーズ氏の就任を発表していた。

     21歳のヤヌザイは12-13シーズンの終盤にトップチームに昇格したが出場機会に恵まれなかった。だが、13-14シーズンからユナイテッドの指揮官に就任したモイーズ氏に出場のチャンスを与えられると、同シーズンは27試合に出場し、4得点を記録。14-15シーズンからはライアン・ギグス氏が21年間着けていた『11』を継承した。

     更なる飛躍が期待されていたが、モイーズ氏の後任のルイス・ファン・ハール前監督のもとでは出場機会に伸び悩み、15年8月にドルトムントに期限付き移籍。今年1月にユナイテッドに早期復帰したが、結局5試合の出場にとどまっていた。

     ユナイテッドは今夏、ドルトムントからMFヘンリク・ムヒタリアンを獲得。さらにユベントスのMFポール・ポグバ獲得が噂されており、選手層の厚い中盤でヤヌザイの出場機会は少ないとみられている。そのため、トップデビューさせた恩師が救いの手を差し伸べたとのこと。また、サンダーランドはドルトムントに期限付き移籍する前にもヤヌザイに興味を持っていたようだ。

    ゲキサカ 7月25日 17時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160725-01629590-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/07/23(土) 20:01:36.64 ID:CAP_USER9

    no title


     
    【ロンドン時事】サッカーのイングランド・プレミアリーグ、サンダーランドは23日、スコットランド出身のデービッド・モイズ氏(53)が新監督に就任したと発表した。4年契約。同氏はエバートンやマンチェスター・ユナイテッドなどで監督を務め、昨年11月にスペイン1部リーグ、レアル・ソシエダードの監督を解任された。

     サンダーランドはサム・アラダイス氏が監督を退き、イングランド代表監督に就任した。 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160723-00000101-jij-spo

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 01:15:44.11 ID:CAP_USER*.net

    4位マンCと勝ち点6差 今のままでは同じ運命をたどることに…
     
    マンチェスター・ユナイテッドの元指揮官デイビッド・モイーズ氏が、ルイス・ファン・ハール監督に対し、
    現在の成績では自身と同じ運命をたどることになると警告した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

    現在、ファン・ハール監督率いるユナイテッドはリーグ26節を終えて5位。
    来季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得圏内の4位マンチェスター・シティに6ポイントの差をつけられている。
    6位サウサンプトン、7位ウェストハムもそれぞれ勝ち点差1ですぐ背後に迫っており、CL出場権争いで苦しい状況に立たされている。

    モイーズ氏は「スカイ・スポーツ」が放送している番組「Goal on Sunday」に出演し、
    ユナイテッドにとってCL出場権は必要不可欠なものだと語った。自身と境遇を重ね合わせながら、ファン・ハール監督に警告を送った。

    「マンチェスター・ユナイテッドにはチャンピオンズリーグ出場権が必要なんだ。私は分かっている。
    ユナイテッドはその舞台にいる必要があると思う。彼らはそれだけの資格があるクラブで、少なくともそのレベルにいたいと思っている。
    彼らは(CLを)優勝したいと思っているんだ。出場権獲得は重要なこと」

    モイーズ時代よりも成績が悪化
     
    英地元メディアではファン・ハール監督の解任論が加熱し、前チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョ氏の就任が決定的とも報じられている。
    そのなかでモイーズ氏は、ファン・ハール監督が生き残る鍵は、リーグで4位以内に入ることであると主張した。

    現在のユナイテッドは26試合で41ポイントを獲得。その一方で、シーズン途中で解任されたモイーズ政権時は同じ26試合終了時点で、42ポイントを獲得していた。
    モイーズ氏が指揮を執った2013-14シーズンは最終的に7位で終わっていたとはいえ、現在のチームは当時よりも成績が悪化している。

     こうした結果から「ファン・ハール監督との比較で、扱いが不公平だと思うか?」と聞かれたモイーズ氏だったが、
    「私がマンチェスター・ユナイテッドでの職を失ったのは、満足のいくゲームができなかったから。シンプルな理由だ」と、自らの力が及ばなかったことを潔く認めていた。

    1年目は4位でなんとかCL出場権を獲得したオランダ人指揮官だが、
    もしその最低限のノルマを果たせなければ、前任者と同じ道を歩むことは確実なのかもしれない。

    Soccer Magazine ZONE web
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/26497

    Photo
    no title


    Table
    http://www.skysports.com/football/competitions/premier-league/table

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/26(火) 01:11:05.69 ID:CAP_USER*.net
    クラブ史上最弱のチームの完成か

    サポーターもこれほど勝てないマンチェスター・ユナイテッドの姿を見るのは初めてではないだろうか。23日のサウサンプトン戦にも敗れ、ついに首位レスター・シティとは勝ち点差10がついてしまった。

    デイビッド・モイーズが率いていた2013-14シーズンも相当悪い成績だったが、ファン・ハールに率いられた今季はそれを上回る低調ぶりだ。

    英『スカイ・スポーツ』は、今季のマンUが最悪であることを示すさまざまなデータを掲載している。

    まず、23試合を消化した時点で勝ち点37しか取れていないのはマンU史上最低の数字だ。モイーズ政権下ですら勝ち点は40あり、ファン・ハールはそれをも下回るチームを作ってしまった。

    アレックス・ファーガソンが率いていた2006-07シーズンには同時期に勝ち点57を稼いでいたため、10年もたたないうちに大きく成績が落ち込んでしまった。

    また、相変わらず得点も決まらない。1999-2000シーズンには1試合あたり2.55点と高い得点率を記録していたが、今季は1.22とこちらも異常に落ちている。

    すでに得点できなかった試合が8試合もあり、これまで得点が多く入る面白い試合をしていたはずのマンUが一気に退屈なチームへと変わってしまった。オールド・トラッフォードに行けば最低でも1点くらいは見られるだろうと考える時代は遠い過去のものとなったのだ。

    ファン・ハールのチームはここまでリーグ戦で28得点挙げているが、過去には今以上に得点が奪えていない時代もあった。しかしそれはプレミアリーグ発足前のことで、1970年代はあまり点が取れないチームだった。そこから徐々に得点を奪えるチームに成長してきたのだが、逆戻りしてしまったような感覚すらある。

    そして、ついにファン・ハールは勝率でもモイーズの50%を切る49.2%を記録してしまった。これではモイーズ以下と言われても反論はできない。マンUはどこまで落ちていってしまうのだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160126-00010000-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 18:07:14.03 ID:CAP_USER*.net

    手痛い仕打ちにも懲りないのか、それとも愛情が深いのか…。デイビッド・モイーズ氏は事実上の解任の憂き目に遭ったマンチェスター・ユナイテッドについて、また機会があれば率いたいとの思いを明かした。

    モイーズ氏は2013年、アレックス・ファーガソン元監督の後任としてマンチェスター・ユナイテッドと6年契約を結んだ。だが、成績不振でシーズン終了を待たずにクラブを離れることになった。

    イギリス『BTスポーツ』の番組内で同氏は、厳しい質問に対して前向きに答えている。以下のように語った。

    「あの仕事にまた就くか? もちろんさ。マンチェスター・ユナイテッドを指揮してみたいと思わない監督など、世界を見渡してもほとんどいないだろう」

    「何も違うやり方はしないだろうね。ただし、もしも(与えられる時間が)6年ではなく10カ月だと分かっていた場合には、違うやり方をするだろう。仕事のスパンがそのくらいだと知っていたら、考え方が変わることくらい誰でも分かるさ」

    また、難しい仕事だったことも明かしている。

    「素晴らしい選手たちがいて、サー・アレックスの下でプレミアリーグを制したばかりだった。だが、それを変化させて、発展させていくには時間がかかった」

    「もちろん選手の入れ替えも必要だった。10カ月でできることではないよ」

    モイーズ氏はマンチェスター・ユナイテッドを離れた後、リーガエスパニョーラに挑戦した。だが、レアル・ソシエダでも、シーズン最後まで戦うことはできなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160108-00000018-goal-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 12:17:52.96 ID:CAP_USER*.net
    AFP=時事 12月31日(木)11時49分配信

    【AFP=時事】解任のうわさも出ているマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)のルイス・ファン・ハール(Louis van Gaal)監督について、元指揮官のデビッド・モイーズ(David Moyes)氏が30日、クラブはファン・ハール監督を支えるべきだと話した。

    モイーズ氏「オファー断って残ったのに」、ソシエダ解任を嘆く

     ユナイテッドは、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2015-16)でグループリーグ敗退に終わると、リーグ戦でも6位に順位を下げており、ここ数週間でファン・ハール監督の身辺が騒がしくなっている。

     モイーズ氏は2013年、アレックス・ファーガソン(Alex Ferguson)元監督の後を継いでユナイテッドの指揮官に就任したものの、わずか10か月で解任。その後任として、同クラブでは翌シーズンからファン・ハール監督が指揮を執っている。

     モイーズ氏は、ファン・ハール政権を18か月で終わらせるのは間違った判断だと考えている。

     モイーズ氏はスポーツテレビ局BTスポーツ(BT Sport)に対し、「監督に長期政権を任せ、クラブが全力で監督をサポートする。それがマンチェスター・ユナイテッドというクラブのはずだ」と話した。

    「私としては、このままルイス・ファン・ハールで行ってほしい。もっと時間をあげるべきだ。彼の仕事はまだやりかけの状態で、新しい選手も数多く獲得している。そして私のスペインでの経験から言えば、国外から来た選手の適応には時間がかかる」

    「そうである以上、クラブは路線を継続するべきだと思う。彼らとしても、監督をころころと代えるようなクラブにはなりたくないはずだ」

     モイーズ氏は、クラブ史上最高の成果を残した名将ファーガソン氏の後にユナイテッドを率いるのは、簡単ではなかったと認めている。

    「サー・アレックスの後を継ぐのは非常に難しかった。チームを再編するのには時間がかかるし、マンチェスター・ユナイテッドで私が任されたのは、そうした仕事だった」

     そして、自身のオールド・トラフォード(Old Trafford)での政権が短命に終わったことを、今も残念に思っている。

    「私の理解では、私は監督をいつでも大事にするクラブへ行ったはずだった。チームがうまく行かない苦しいときでもね。物事を整理するには、時間が必要なんだ」

    「中にいるときは、そうした幻想を抱いていた。チームには、サー・アレックスの下でプレミアを制した素晴らしい選手たちがいたが、そこに手を加え、進化させるには時間がかかるし、それにもちろん、陣容の刷新も適宜進めなくてはならない。それを10か月でこなすのは不可能だ」

     先月、スペイン1部リーグのレアル・ソシエダ(Real Sociedad)を解任されたモイーズ氏だが、マンチェスター・ユナイテッドから再び声がかかれば、喜んで指揮官を引き受けると話している。

    「もちろん引き受けるよ。この世界で、マンチェスター・ユナイテッドの監督をやりたくないと思う人間など、まずいないはずだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151231-00000011-jij_afp-socc

    続きを読む

    1: pathos ★@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 18:03:37.10 ID:CAP_USER*.net
    ファン・ハールはモイーズよりも退屈

    デイビッド・モイーズがマンチェスター・ユナイテッドの指揮官を解任された時、多くのサポーターが
    暗黒時代から抜け出せると喜んだことだろう。実際、後任のファン・ハールはチャンピオンズリーグ
    出場権獲得を実現し、徐々にチームをあるべき位置に戻している。しかし、現在のマンUは深刻な得
    点力不足に陥っている。
    マンUは今季22試合を戦って無得点で終えた試合が6試合、1得点しか奪えなかった試合が6試合ある。
    スタジアムに駆け付けるサポーターは半分以上の試合で無得点か、1点しか入らない退屈なゲームを
    見せられている。マンUサポーターの一部はファン・ハールもモイーズと変わらず退屈だと嘆いており、
    モイーズの帰還を求める声まで挙がっている。
    SNS上では「モイーズ戻ってこい! ファン・ハールはマンUの成長の可能性を殺している」「ファン・ハー
    ルの下ではアウェイで得点を奪うことに苦労していた。でも今ではホームでも得点を奪えないじゃないか!
     モイーズはここまで悪くなかった」といったコメントが並んでおり、ファン・ハールの解任を求める声が高
    まっている。
    しかも、当時のマンUと今のマンUは比べ物にならないほど選手が入れ替わっている。バスティアン・シュ
    バインシュタイガー、モルガン・シュナイデルラン、アントニー・マルシャル、メンフィス・デパイら新顔も多
    く揃っており、若手とベテランがバランスよく揃っている。モイーズのサッカーも退屈だったが、今指揮を
    執らせればファン・ハールよりも良いサッカーをするかもしれない。
    あれほど批判されたモイーズの復帰を求める声が挙がるなど想像できない展開だったが、それだけファ
    ン・ハールのサッカーがファンに受け入れられていないということなのだろう。
    http://www.theworldmagazine.jp/20151128/01world/england/29192

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ