サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:モイーズ

    1: YG防衛軍 ★ 2017/01/22(日) 20:02:38.82 ID:CAP_USER9
    22日に行われたプレミアリーグ第22節のウェスト・ブロムウィッチvsサンダーランドの一戦は2-0でホームのウェスト・ブロムウィッチが勝利。

    試合終了後、サンダーランドのデイヴィド・モイーズ監督が「ダレン(フレッチャー)のゴールは素晴らしかったね。危険な場面でゴールを許す形になった」と、マンチェスター・U時代の教え子のゴールを称賛した。

    その一方で「我々はできる限りのことをやっているが、最近は結果に結びついていない。選手を選んでいるのは私だが……」と発言。

    モイーズ監督は「なんとか結果を残して、次の試合では勝ち点3を獲得できるようにしたい」と続け、次節以降での巻き返しを誓っている。

    サンダーランドは第22節終了時点で勝ち点15。同じ日の試合でスウォンジーがリヴァプールを下したため、サンダーランドは最下位に転落していた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00000015-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/11/06(日) 17:11:09.79 ID:CAP_USER9
    現地時間5日に行なわれたイングランド・プレミアリーグで、ボーンマスを2対1で破り、開幕から11試合目にしてついに初白星を挙げたサンダーランド。今季から指揮をとるデイヴィッド・モイーズ監督はようやく笑顔を取り戻したようだ。

     開幕から10試合を消化し、0勝2分け8敗で最下位と苦しむサンダーランドは、この日も11分に失点。厳しい状況に陥るも、33分にヴィクトル・アニチェベが同点弾を決める。その後、スティーヴン・ピーナールが2枚目のイエローで退場とピンチに立たされるが、74分にアニチェベが得たPKをジャーメイン・デフォーが沈めて勝ち点3を手にした。

     最下位からは抜け出せなかったものの、初めての白星にモイーズ監督は「笑顔になるということがどんな気分か忘れかけていたよ」と冗談を口にし、「このところ、思うようにいかない試合が続いていたんだ。時には少し運も必要だね」と、PKでの勝利を喜んだ。(STATS-AP)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161106-00000014-ism-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/11/04(金) 17:06:28.01 ID:CAP_USER9
    no title

     
    今季のイングランド・プレミアリーグで、開幕から10試合未勝利とエンジンのかからないサンダーランド。デイヴィッド・モイーズ監督は選手らを地元の自動車工場へ連れて行き、重要なことを学んだようだ。英『デイリー・ミラー』紙(電子版)が現地時間3日に伝えている。

     サンダーランドは現在、10試合を終えて2分8敗の最下位。前週末の試合ではアーセナルにホームで1対4と大敗するなど、なかなかギアが上がらず。今季から指揮をとるモイーズ監督の進退も騒がれている。

     そうした状況のなか、モイーズ監督はチームを連れて地元の『日産』の工場を訪問。7000人の従業員を抱え、協力しあって効果的に作業を進めることに感銘を受けたモイーズ監督は、「このように成功しているものを見るのは、選手にとって重要なことだ」「全ての人がお互いをサポートしている。全員が状況を理解しているね。我々もこのようにできるようトライしていく」と、サッカーでも同様に支えあうことが必要だと語った。

     モイーズ監督はまた、「チームはもっとよくなる。選手たちは、自分がどれだけ恵まれていて、才能があるのかを理解し、それを無駄にせず力の限り戦ってほしい」とチームに奮起を促した。また、自分たちを応援してくれるファンが、どのような場所で働き、どこからやってくるかを知ることが重要だと話し、「我々は上手くいかない時、できる限りのベストを尽くさなければならないんだ」と呼びかけた。

     さらに「チームワークは素晴らしいい。日産の工場は年々大きくなり、より大きな部品や車を作り、生産数も伸びている。ここではチームワークがいかに大切か教えてもらったよ」と、自動車工場から大切なことを学んだとコメントしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161104-00000016-ism-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/10/30(日) 13:12:54.17 ID:CAP_USER9
    本拠地アーセナル戦で一時同点も、後半途中からの7分間でまさかの3失点
     
    デイビッド・モイーズ監督率いるサンダーランドが29日の本拠地アーセナル戦で1-4と大敗し、10試合終了時点で勝ち点2、
    得失点差マイナス13というプレミアリーグ史上最悪の成績を記録したことが明らかになった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

    アーセナルのチリ代表FWアレクシス・サンチェスに先制点を奪われたサンダーランドだが、
    FWジャーメイン・デフォーが後半10分にPKを決めて同点。ダグアウトから飛び出して絶叫したモイーズ監督だが、その後に悪夢が待っていた。

    途中出場のアーセナルFWオリビエ・ジルーが後半26分にファーストタッチで勝ち越し点を決めると、
    5分後にも追加点。そして、33分に再びサンチェスに技ありゴールを許し、わずか7分間でまさかの3失点を喫した。

    モイーズ政権は10試合を終えてここまで2分8敗で勝ち点2。サンダーランドはプレミアリーグ史に不名誉な記録を刻んでしまった。

    同勝ち点だった95-96シーズンのマンCは降格
     
    これまでの開幕10試合時点の最悪の成績は1995-96シーズンのマンチェスター・シティ。
    同じく2分8敗で得失点差がマイナス12。このシーズン18位で2部に降格している暗黒時代のシティよりも得失点差が1少なく、マイナス13となっている。

    モイーズ監督は、2013年シーズンに日本代表MF香川真司が在籍時のマンチェスター・ユナイテッドを指揮し、ロングボールとクロスを多用する戦術を徹底。
    相手のサポーターから「ジーニアス(天才)」と揶揄される低調な内容で結果を残せず、1年持たずに解任された。

    それ以降のキャリアもぱっとせず、レアル・ソシエダも成績不振で解任されており、エバートン監督時代の名声は消え失せた。
    “プレミア史上最悪”の成績で評価は下落の一途を辿るなか、モイーズ監督はチームを立て直し、名誉を挽回できるだろうか。

    Football ZONE web 10/30(日) 10:38配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161030-00010009-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/10/27(木) 11:54:46.24 ID:CAP_USER9
    4回戦

    【スコア】
    サウサンプトン 1-0 サンダーランド 

    【得点者】

    66分 1-0 ブファル(サウサンプトン)

    Goal.com
    https://goo.gl/xfgJ8H

    元マンチェスター・ユナイテッドの指揮官デイビッド・モイーズ監督は吉田麻也のタックルに対する判定に激怒している。
    26日、英紙『デイリー・メール』が報じた。

    イングランド・リーグ・カップ4回戦が現地時間の25日に開催された。
    サウサンプトンはサンダーランドと対戦し1-0で勝利。試合中にモイーズ監督が退席処分となっている。

    モイーズ監督が激怒したのは吉田のヴィクター・アニチェベに対するタックルだ。
    試合後のコメント同指揮官は「もしもう一度あのシーンを見直せばファウルだとわかる。疑問は皆無だ」と語った。

    「ヨシダはヴィクターに対してファウルを犯した。あれは明確なPKだったよ」

    審判に対して猛抗議したモイーズは結局退席処分となっている。
    試合はサウサンプトンが1点のリードを守りきり、モイーズ監督にとっては悔しい一戦に終わった。
    サウサンプトンは次戦アーセナルと対戦する。

    フットボールチャンネル 10月27日(木)11時20分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161027-00010013-footballc-socc

    写真
    no title

    http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2016/10/27/00/39BF53A400000578-3876714-image-a-50_1477525428750.jpg


    【サッカー】<イングランド・EFL杯>マタの決勝点でマンUが伝統のダービー制す!9人替えのマンCは6戦未勝利に
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1477515605/

    イングランド・フットボールリーグ杯の準々決勝は来月28日に開催予定となっている。
    すべての組み合わせは以下のとおり。

    リバプール対リーズ・ユナイテッド
    マンチェスター・ユナイテッド対ウェストハム
    ハル・シティ対ニューカッスル
    アーセナル対サウサンプトン

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161027-00010008-footballc-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/10/22(土) 17:53:57.53 ID:CAP_USER9

    no title

     
    『FourFourTwo』は「サンダーランドのデイヴィッド・モイーズ監督は、ペップ・グアルディオラも自分と同じ状況にあると語った」と報じた。

    ここまで8試合を戦って2分け6敗と低迷。サンダーランドはまだ勝ち点2に留まっており、プレミアリーグ最下位に沈んでいる。

    今週末は同じく苦しんでいるウェストハム・ユナイテッドとの試合を迎えるが、それを前にしてデイヴィッド・モイーズ監督は以下のように話した。

    デイヴィッド・モイーズ

    「我々は幾つかの際どい試合を経験してきた。それに直面してきたのだ。もしその一つに勝利していたら、大きく違っていたよ。しかし、我々はそれに失敗したし、治癒が必要だ。

    一つの勝利があるかないか。それが大きな違いになる。自信をもたらしてくれるし、チームの構築を始めるチャンスを与えてくれる。

    私は今週多くのサポーターと話した。彼らは何が必要なのかを理解してくれている。

    君たち(メディア)から大きなプレッシャーを受けている。サポーターはとても素晴らしい。

    ポイントを取れというプレッシャーは全てのマネージャーにあるものだ。それはサンダーランドであろうが、マンチェスター・シティのペップ・グアルディオラでもだ。対極にあっても同じようなものだ」

    http://qoly.jp/2016/10/22/david-moyes-said-that-he-and-guardiola-felt-same-pressure

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/10/20(木) 17:03:04.50 ID:CAP_USER9
     サンダーランド(イングランド)はクラブの買収が実現した場合、デイヴィッド・モイーズ監督が退任し、サム・アラーダイス氏が復帰する可能性があるようだ。英タブロイド『ザ・サン』(電子版)が現地時間19日に伝えている。

     今夏、イングランド代表指揮官就任のためアラーダイス氏が退任し、モイーズ監督を迎えたサンダーランドは、プレミアリーグ開幕から8戦未勝利と苦戦中。オーナーのエリス・ショート氏はモイーズ監督の続投を望んでいるが、結果を改善しなければいけないとも理解している。

     サンダーランドは中国系コンソーシアムが買収を目指しており、『サン』はこれが実現した場合、代表監督を退任しているアラーダイス氏が新監督候補になると伝えた。アラーダイス氏は昨年10月にサンダーランドの指揮官に就任し、チームを残留へと導いているだけに、ファンも復帰を歓迎するかもしれない。

     チーフエグゼクティブのマーティン・バイン氏は、「難しくて荒れた船出となった」「我々は望む位置にいない」と述べつつ、「デイヴィッドは彼と私がどんな仕事をしに来たのか理解している。それはほとんど再建が必要なチームをつくり上げることだ」と現監督への信頼を強調した。

     しかし、FWジャーメイン・デフォーは「11月になるというのに、リーグ最下位にはいたくない。毎年こうだ」「僕らは少し後退してしまったと思う。最後には運が尽きるかもしれない。それは望まないことだ」と、アラーダイス氏が去ってサンダーランドが再び後退したと指摘している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161020-00000017-ism-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/09/13(火) 23:00:41.78 ID:CAP_USER9

    no title


     
    現地時間12日に行なわれたイングランド・プレミアリーグで、サンダーランドのデイヴィッド・モイーズ監督が、古巣エヴァートンのファンから手厳しいチャントを浴びせられた。英タブロイド『ザ・サン』(電子版)が伝えている。

     開幕から未勝利のサンダーランドはこの日、60分からの11分間でロメル・ルカクにハットトリックを許し、エヴァートンに敵地で0対3と完敗。これで開幕4試合で勝ち点1と、厳しい序盤戦となっている。

     苦戦するサンダーランドのモイーズ監督に対し、エヴァートンファンは「朝になったら解任だ」と手厳しいチャントを浴びせていた。

     しかし、モイーズ監督は2002年から11年間にわたって他ならぬエヴァートンを率いた人物。その間プレミアで4位、5位フィニッシュを達成し、2009年にはFAカップ決勝進出も果たしていた。クラブの功労者へのこの罵声は、ファンの間でも議論を呼んでいるようだ。

     「ツイッター」上では「本当にエヴァートンファンが、デイヴィッド・モイーズにそんな風に歌っているのか? 敬意を払うべきだ」「エヴァートンファンがモイーズを侮辱している…なぜ? クラブのために多くのことをやってきたのに」「悲劇的だ。エヴァートンを現在のクラブにしたのは、モイーズなのに」といった声が挙げられている。

     モイーズ監督自身は試合について、「本当に落胆している。最後の30分ほどは特にね」「先制を許した後は、目を向けることができなかった。様々な理由で、今夜はやるべきことをできなかった。守備の際に正しいポジションを取れていなかった」と肩を落としている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160913-00000014-ism-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/09/10(土) 00:50:36.34 ID:CAP_USER9

    no title

     
    マンチェスター・ユナイテッドからサンダーランドにレンタル移籍しているMFアドナン・ヤヌザイが、飛躍を誓っている。

     ヤヌザイはすでにベルギー代表でも活躍する21歳だが、マンUでは出場機会の伸び悩みに苦しんでいた。特にルイス・ファン・ハール監督になってからはほとんどプレーすることが出来ず、ドルトムントへのレンタル移籍も経験。さらにジョゼ・モウリーニョ監督になっても状況は好転することはなかった。

     そこで決断したのが、マンU時代にヤヌザイを重宝していたデイビッド・モイーズ監督の下で再起を目指すことだった。『デイリー・スター』によると、ヤヌザイも相当な覚悟を持った移籍の決断であると話している。

    「自分自身を立て直すことは簡単なことじゃない。2年間、僕にはあまりプレー機会がなかった。サンダーランドにやってきたのは、僕のことを評価してくれない人たちを見返すためさ。彼らの判断が間違えていたことを証明するために、全力でプレーするつもりだ」

    「僕の信条は、決して諦めないこと。たとえうまくいかないことがあったとしても、一生懸命にやりつづける。それが僕の流儀だ。そして今回、自分の実力を証明する機会をまた手に入れることができた。監督には、ただサッカーがしたいということを伝えたよ。モイーズ監督は僕にプレーする機会をくれる。そのことには本当に感謝している。彼はサンダーランドで本当に素晴らしいチームを作っているんだ」

     サンダーランドに移籍したヤヌザイは、ここまで開幕3試合すべてに出場している。

    ゲキサカ 9月9日 21時49分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160909-01631091-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード  2016/08/23(火) 06:38:57.03 ID:CAP_USER9
    イングランド・プレミアリーグのサンダーランドが22日、ACミランのMF本田圭佑(30)=獲得に向け、再オファーを出す準備を進めていることが分かった。
    関係者によると、この2度目のオファーはミランが設定する1000万ユーロ(約11億5000万円)に近い金額で、
    移籍市場が閉まる31日までに合意する可能性があるという。

    今季からサンダーランドを率いるモイズ監督はプレミア残留を目標に掲げ、本田を補強の筆頭候補に挙げた。
    当初850万ユーロ(約10億円)でオファーを出したが、ミランが拒否。
    しかしサンダーランドが開幕2連敗したことを受け、再オファーを出す方針だという。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000025-dal-socc
    デイリースポーツ 8月23日(火)6時4分配信

    no title

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ