サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:メッシ

    1: Egg ★2017/01/16(月) 00:14:07.57 ID:CAP_USER9

    59634hp2

     
    元レアル・マドリーのラウル・ゴンサレス氏が、
    またもレアルの熱狂的なファン・ サポーター(マドリディスタ)の反感を買ってしまったようだ。

    14日、リーガ・エスパニョーラ第18節でバルセロナはラス・パルマスを本拠地カンプ・ノウに迎え、5-0で快勝した。
    この試合でFWリオネル・メッシが1ゴールを記録し、リーガで通算35チームから得点を奪ったことになった。

    これまで、リーガにおいて35チームから得点を決めた選手は、ラウル氏しかいなかった。

    メッシが自身の記録に並んだことを受けて、レアルのレジェンドは自身のツイッター(@RaulGonzalez)を更新し、
    「彼のゴールを楽しめるのは本当に喜ばしいよ」と、永遠のライバルであるバルセロナのエースを称えた。

    これがマドリディスタの反感を買ってしまったようで、「レアルの歴史にお前のような奴はいらない」、
    「マドリーを監督として率いる貴方の姿が見たかったが、もういいよ」などと古巣サポーターに罵られた。

    ラウル氏は昨年9月にも、バルセロナがニューヨークに新オフィスをオープンした際の記念イベントに参加し、炎上していた。

    ゲキサカ 17/1/15 21:48
    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?207884-207884-fl

    写真
    http://f.image.geki.jp/data/image/news/2560/208000/207884/news_207884_1.jpg?time=201701160011

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し2017/01/05(木) 02:43:35.76 ID:20vLvpKq0
    2009-10年 34ゴール 得点王

    2010-11年 31ゴール

    2011-12年 50ゴール 得点王

    2012-13年 46ゴール 得点王

    2013-14年 28ゴール

    2014-15年 43ゴール

    2015-16年 26ゴール

    2016-17年 12ゴール(得点ランキング1位)

    参考
    2005-06年 リーガ得点王 エトオ 26ゴール
    2006-07年 リーガ得点王 ファンニステルローイ 25ゴール

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/01/09(月) 09:23:06.84 ID:CAP_USER9
    [1.8 リーガ・エスパニョーラ第17節 ] エル・マドリガス
    C1suvMwUUAAXEj8



    【スコア】

    ビジャレアル 1-1 バルセロナ

    【得点者】

    [ビ](49分)ニコラ・サンソーネ
    [バ](90分)リオネル・メッシ

    ビジャレアル
    セルヒオ・アセンホ、マリオ・ガスパル、ムサッチオ(87分アルバロ・ゴンサレス)、ビクトル・ルイス、ハウメ・コスタ■■■(90分)、J・ドス・サントス、マヌ、ソリアーノ(83分ロドリ・エルナンデス)、ブルーノ・ソリアーノ、パト(76分サム・カスティジェホ)、サンソーネ■

    バルセロナ
    テア・シュテーゲン、ピケ■、マスケラーノ、ディニュ(71分アルダ)、セルジ・ロベルト■、ブスケッツ、イニエスタ、アンドレ・ゴメス(68分デニス・スアレス)、L・スアレス、メッシ、ネイマール

    GOAL.com
    https://goo.gl/PIhxie

    リーガ・エスパニョーラ第17節3日目が8日に開催され、バルセロナがビジャレアルのホームに乗り込んだ。

    前半をスコアレスで折り返した試合は、
    後半5分にビジャレアルが先制するも、試合終了間際の同45分にFWリオネル・メッシが直接FKを沈め、1-1のドローに終わった。

    勝ち点1の上積みに終わったバルセロナ(勝ち点35)はセビージャ(同36)にかわされて3位に転落。
    クラブW杯の影響で消化試合が1試合少ない首位レアル・マドリー(同40)との勝ち点差は「5」に開いた。

    序盤からバルセロナが立て続けにシュートチャンスを生み出すが、リーグ最少失点のビジャレアル守備陣が体を張ってはね返し、
    前半8分にメッシの浮き球のパスからPA内に進入したFWネイマールのシュートは距離を詰めたGKセルヒオ・アセンホにストップされた。

    バルセロナの攻撃をしのいだビジャレアルは前半10分に好機を創出するが、
    DFハウメ・コスタのクロスからフリーになったMFジョナタン・ドス・サントスがダイレクトで狙ったシュートは枠を捉え切れない。

    その後は両チームともにゴールを脅かす場面を作るものの、
    同43分にネイマールのCKからメッシが放ったヘディングシュートが好反応を見せたS・アセンホに弾き出されるなど、
    ともに粘り強い守備に遭ってネットを揺らすには至らなかった。

    0-0のまま後半を迎えると、後半5分にビジャレアルが先制に成功。DFリュカ・ディーニュのパスミスを奪ってカウンターを発動させると、
    縦パスを受けたFWアレシャンドレ・パトが持ち上がってスルーパスを出し、走り込んだFW二コラ・サンソーネが右足のシュートで流し込んでスコアを1-0とした。

    1点を先行されたバルセロナは後半23分にMFアンドレ・ゴメスに代えてMFデニス・スアレス、
    同26分にはディーニュに代えてMFアルダ・トゥランを投入して状況を打開しようと試みる。

    同28分にはMFアンドレス・イニエスタのパスを受けたメッシが左足で狙うもシュートはポストに弾かれ、
    同30分にはカウンターからL・スアレスが放ったシュートがS・アセンホに弾かれるなどゴールに迫りながらも同点ゴールが生まれない。

    その後も猛攻を掛けるバルセロナだが、ゴール前に人数を割いたビジャレアルゴールをなかなかこじ開けられない。
    しかし、試合終了間際にメッシがチームを救う。後半45分、ドリブルを仕掛けてPA外で相手選手のファウルを誘ってFKを獲得すると、自らキッカーを務める。

    左足から蹴り出した鋭いシュートに対してS・アセンホは反応することができず、ボールはゴールネットに直接突き刺さった。
    その後、スコアは動かずに1-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれ、勝ち点1を分け合った。

    ゲキサカ 1/9(月) 6:41配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-01635634-gekisaka-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170109-01635634-gekisaka-000-view.jpg

    ブルーノ、バルサ戦のハンド疑惑について「マスチェラーノのハンドもあったなら引き分けだ」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00000000-goal-socc

    メッシが2戦連発の圧巻直接FK弾もビジャレアルとの上位対決はドロー《リーガエスパニョーラ》
    http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=264298

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/01/05(木) 00:34:59.88 ID:CAP_USER9

    CyUNFyWVEAA0k-9

     
    元スペイン代表監督のクレメンテ氏 「メッシが一番。全く違うことを成し遂げている」
     
    元スペイン代表監督のハビエル・クレメンテ氏が、世界ナンバーワン選手をバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと断言。
    レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがメッシよりも上回っている部分を「腹筋」と指摘し、
    「2番であることを誇るべし」と提言している。スペイン地元ラジオ「ラジオ・バルセロナ」が報じている。

    スペイン代表に加え、スペインで12クラブの監督を歴任したクレメンテ氏にとって、誰が世界ナンバーワン選手なのかという議論の結論は明白なようだ。

    「メッシが一番だ。彼は全く違うことを成し遂げている。そういったものの集積が彼を一番に押し上げている。
    だからといって、他の選手が優秀ではないと言うつもりもない。なぜ、そのこと(メッシがナンバーワン)で怒る人間がいるが理解できない」

    クレメンテ氏は持論を展開し、メッシが一番と認めない人たちが抱く負の感情について疑問符を付けていた。

    「商業的な戦いが存在する。クリスティアーノを巡るマドリードとバルサの戦争だ。誰がナンバー2だってくらいだろう。
    その人間より優れた人間が1人存在することはコントロールできない問題だ。クリスティアーノは世界ナンバーツーであることを喜び、誇るべきなんだよ」

    ロナウドは「背も高い。ヘディングも上」

    ロナウドは昨季、UEFAチャンピオンズリーグ優勝と欧州選手権優勝を経験し、2016年シーズンに自身4度目のバロンドールに輝いた。
    「ナンバーワン」を自負するロナウドには二番手であることに誇りを持つべし、とクレメンテ氏は説いている。

    “世界2位”のロナウドにも、メッシを凌駕する部分はあるという。「ロナウドは腹筋では上だ。彼は背も高い。ヘディングも上だ。
    そういう部分ではクリスティアーノが上だ。だが、メッシはテクニック、能力、視野で彼を打ち負かす。そういうことなんだよ」と、腹筋と高さではロナウドの優位性を指摘している。

    メッシとロナウドは現代サッカー界の双璧だが、クレメンテ氏にとって2人のスーパースターを巡る議論の答えは揺るぎないようだ。

    Football ZONE web 1/4(水) 21:42配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170104-00010024-soccermzw-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170104-00010024-soccermzw-000-view.jpg

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/12/31(土) 12:27:48.03 ID:CAP_USER9

    15421741

     
    アルサッドMFシャビ・エルナンデスが、バルセロナFWリオネル・メッシに匹敵する選手は現在のサッカー界に存在しないと主張している。

     28日にカタルーニャ代表としてチュニジア代表との親善試合に出場したシャビは、試合後にレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナ時代のチームメイトとの比較を問われ、次のように答えた。

    「メッシは世界一の選手であり、歴史上最高の選手だ。クリスティアーノは時代を象徴する選手だと思う。だけど、メッシと競争できる選手など存在しないんだ」

     シャビは、スペイン代表でW杯優勝を経験した2010年にバロンドールの最終候補3名に残りながら、受賞をメッシにさらわれたことがある。『カデナ・コペ』のインタビューでは、その当時を以下のように振り返った。

    「2010年のバロンドール受賞にふさわしかったのはメッシだ。彼との力量は違いすぎる。僕にひっかかるようなところはないね」

    「(アンドレス・)イニエスタ、メッシと一緒に最終候補に残れただけで、僕にとっては歴史的なことだったし、素晴らしいことだった。自分がバロンドールの最終候補に残るなんて想像したこともなかった。だから授賞式を楽しんでいたよ。メッシに賞が渡された瞬間もね。彼は正当な受賞者だったのだから」

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?206700-206700-fl

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/12/26(月) 18:20:21.92 ID:CAP_USER9
    連日話題となっている15歳久保建英の活躍。彼はバルセロナのカンテラにいた頃から、NEXTメッシのひとりとして評価を受けていた。

    そんななか、バルサが興味深い映像を公開していた。リオネル・メッシのカンテラ時代のプレー集だ。

    https://www.youtube.com/watch?v=RaQvhgTu7QY



    メッシは16歳で初めてバルサのトップチームの試合に出場すると、17歳で正式なデビューを飾っている。

    メッシと久保には類似点もあるが、単純に比べるのはお門違いだろう。それでも、メッシのような飛躍を遂げるのか、今後も注目は高まりそうだ。

    http://qoly.jp/2016/12/26/messi-skills-during-barca-cantera-iks-1

    続きを読む

    1: Egg ★2016/12/26(月) 18:03:19.65 ID:CAP_USER9

    soccer120523_1_title


    マンチェスターC(イングランド)のペップ・グアルディオラ監督は、度々比較され、常に議論の対象となるFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドについて言及。後者を称賛しつつもメッシは「別次元だ」と評している。現地時間25日、スペイン『マルカ』紙(電子版)が伝えた。

     バロンドール(世界年間最優秀選手)受賞5回を誇るメッシと、先日通算4度目となる同賞を受賞したC・ロナウドは、度々“どちらがより良い選手なのか”と世界中のあらゆる選手、監督、記者、ファンの間で議論されている。先日、バルサを率いるルイス・エンリケ監督もクラブの公式チャンネルで「メッシは“メロンドール”のようなものを受賞すべき。他の選手とは比較にならない」とコメントしている。

     かつてバルセロナ(スペイン)を率いた経験を持つグアルディオラ監督は、ボクシングデー(26日)の試合前の会見で“メッシ・ロナウド論争”について問われると「エンリケの意見に賛成だ。レオ(メッシの愛称)はゴールを決め、味方を活かす方法を知っているベストプレーヤーだ」とL・エンリケ監督に同調するとコメント。さらに「他の選手に敬意を持っているし、クリスティアーノはトップの選手だ。しかし、メッシは次元が違う」とかつての教え子を手放しでほめ称えた。

     また、ボクシングデーに行なわれるプレミアリーグ・ハル戦について「楽しみで眠れないよ」とコメント。さらに「多くの試合を見たが、ハルはスペシャルなチームだ。彼らは他のチームよりさらによいプレーをしようとするだろう。(ダビ・)シルバは私に年末のこの時期に試合をすることの意味を警告してきたよ」と、対戦相手を称賛しつつ、プレミアリーグ独特の年末の過密日程についてコメントしている。

    ISM 12/26(月) 17:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00000015-ism-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/12/25(日) 18:27:24.48 ID:CAP_USER9

    CyUNFyWVEAA0k-9


     
    バルセロナのルイス・エンリケ監督は、リオネル・メッシは誰とも比較できない存在であるとしている。『OMNISPORT』が伝えた。

     言わずと知れた世界最高のフットボーラーの一人として知られるメッシ。しかし、2016年は最高の選手に与えられるバロンドールをクリスティアーノ・ロナウドに譲ることになった。それでもエンリケは「メッシは他の誰とも違う」としながら、比較が馬鹿げたものだとすら語っている。

    「メッシはどこでも望む場所でプレーすることができる。メッシは他の誰とも違う。色々な賞で彼を比べるのは馬鹿げたことだ。彼のような選手は過去にもいなかった。現在の選手との比較だけではない。現在のどの選手も傷つけるつもりはないが、過去のどの選手とも比較できない」

    「メッシを過去の選手と比べるなら、過去のサッカーではフィジカルのレベルがより低かったことも忘れてはならない。今のプロ選手たちの方がよく鍛えていて、フィジカル面はより強くなっている。監督たちも向上しており、選手たちにより多くの情報を与えている。その現状であれだけやれる選手は彼以外には誰も現れないだろう」

     間違いなく歴史にその名を残していく存在になるメッシだが、彼と比較に値する選手は今後出てくるのだろうか。

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?206201-206201-fl

    続きを読む

    続きを読む

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ