サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:マンチェスター・シティ

    62: 名無しさん@恐縮です 2018/08/22(水) 19:05:08.91 ID:3Gn35Iey0

    no title


    マンC補強候補の3人 


    ジエゴ・カバリエリ 35歳 189cm ブラジル代表3試合 クリスタルパレス0試合(17/18) 

    オスカル・ウスタリ 32歳 185cm アルゼンチン代表2試合 アトラス9試合(17/18) 

    エイジ・カワシマ 35歳 185cm 日本代表88試合 WC3回出場(決勝T2回) メス29試合(17/18)



    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: れいおφ ★ 2016/05/23(月) 13:36:01.70 ID:CAP_USER9
    日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが
    マンチェスター・Cへの移籍で合意に至ったという。22日、ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

    来シーズンからジョゼップ・グアルディオラ現バイエルン監督が指揮を執るマンチェスター・Cは、
    以前からギュンドアンの獲得を狙っており、4月にも合意に至ったと報じられていた。
    しかし5月に入って同選手がひざを負傷したため、交渉にも影響が出ると見られていた。

    同誌によるとギュンドアンの復帰は10月中旬となる模様で、新シーズンの序盤戦はプレーすることができないという。
    それでも、グアルディオラ監督はこれまで通り同選手の獲得を望み、
    移籍金2500万ユーロ(約31億円)にボーナスが加算されるという条件で合意に至ったと報じられている。

    現在25歳のギュンドアンは2011年からドルトムントでプレー。今シーズンはブンデスリーガ25試合に出場した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00445779-soccerk-socc
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00000038-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/26(土) 23:31:53.34 ID:???*.net

    CP1U3l1XAAA74fo

    0-1ケヴィン・デ・ブルイネ(前半25分)
    1-1エリック・ダイアー(前半45分)
    2-1トビー・アルデルヴァイレルト(後半5分)
    3-1ハリー・ケイン(後半16分)
    4-1エリク・ラメラ(後半34分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784614

    プレミアリーグは26日、第7節を各地で行い、マンチェスター・シティは敵地でトッテナムと対戦した。

    MFケビン・デ・ブルイネの公式戦3試合連続ゴールでシティが先制したが、トッテナムが前半終了間際に同点とすると、
    後半5分にDFトビー・アルデルワイレルトのヘッドで逆転。その後、3得点を加点し、トッテナムが4-1で勝利した。

    前節ウエスト・ハム戦で今季初黒星を喫したシティは、GKウィルフレード・カバジェロが初先発。中盤の底にMFフェルナンドとMFフェルナンジーニョが入り、トップ下にMFヤヤ・トゥレが入った。
    また、トッテナムはMFクリスティアン・エリクセンが先発に復帰し、前節クリスタル・パレス戦でプレミア初ゴールを挙げたMFソン・フンミンも3試合連続で先発した。

    シティは前半6分、バックパスをダイレクトで前線に蹴り出そうとしたGKウーゴ・ロリスのキックミスがMFラヒーム・スターリングへつながり、シュートまで持ち込むも右足シュートはゴール上に外れる。
    それでも同25分、カウンターからトゥレのスルーパスに反応したデ・ブルイネが右足で流し込み、先制に成功した。

     反撃に出るトッテナムは前半32分、DFニコラス・オタメンディのクリアミスをFWハリー・ケインが拾ってシュートまで持ち込むも枠を捉え切れない。
    そのまま前半は終了かと思われたが同45分、右サイドを抜け出したDFカイル・ウォーカーのクロスにソン・フンミンが合わせる。これはGKカバジェロに弾かれたが、
    デ・ブルイネの軽率なクリアボールがDFエリック・ダイアーの足もとに入り、右足で同点のゴールネットを揺らした。

    前半終盤に追いついたトッテナムは後半5分、右サイドでケインが倒されてFKを獲得する。これをMFエリク・ラメラが蹴り、ニアに飛び込んだアルデルワイレルトがヘディングで合わせて、逆転。
    同16分には、エリクセンのFKはクロスバーを叩いたが、跳ね返りをケインが右足で押し込み、3-1とリードを広げた。

    足を引きずっていたトゥレが途中交代したシティは後半24分、代わって入ったMFヘスス・ナバスがPA右から右足シュートもGKロリスに弾き出される。
    同25分にはナバスのクロスからフェルナンドが右足シュート。これはDFのブロックに阻まれ、こぼれ球をスターリングが右足で狙うも左に外れた。

    ダメ押しを狙うトッテナムは後半28分にソン・フンミンがゴールネットを揺らしたがオフサイドの判定。同35分には、
    MFクリントン・エンジーが中央に入れたボールをフリーで受けたラメラがDFマルティン・デミチェリスと体を入れ替えて、GKカバジェロもかわして左足で押し込み、4-1と試合を決めた。

    強豪シティに快勝したトッテナムはこれで3連勝。6試合負けなし(3勝3分)とした。
    一方でシティはリーグ戦2連敗を喫し、30日のUEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ第2節ボルシアMG戦に不安を残す結果となった。

    ゲキサカ 9月26日(土)22時44分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150926-01134124-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ