サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:マルセイユ

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/07/16(土) 14:20:02.54 ID:CAP_USER9
    早くもエンジン全開

    今夏にドイツのハノーファーからフランスのマルセイユへと活躍の場を移した日本代表DF酒井宏樹が、さっそくそのクオリティを発揮している。

    15日にフランス2部のニームと強化試合に臨んだマルセイユは、54分のレミ・カベラによる得点で1-0と勝利。この試合で酒井を本職の右SBとして先発起用したフランク・パッシ監督が、同選手の働きぶりを称賛した。同クラブ公式サイトが伝えている。

    「酒井の活躍は我々にとって驚きではないよ。以前から彼に何ができるかは分かっていたからね。良いプレイをしているし、チームの敢行する戦術にうまくマッチしている。パーフェクトだよ」

    またクラブ公式サイトも89分までプレイした日本代表DFに対し、「前半最も素晴らしいプレイをしていたのは酒井だ。右サイドで封印されることなく、とりわけ守備面では文句のつけどころが無かった」と絶賛。ピッチを後にする際に観客席から拍手を浴びせられた新加入酒井のロケットスタートに大きな注目が集まるマルセイユは、20日にオランダのアヤックスとプレシーズンマッチを戦う予定だ。もちろん酒井にとって最高のアピールの場となるだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160716-00010008-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/06/19(日) 21:36:47.69 ID:CAP_USER9
    先日、フランス・リーグアンのマルセイユに移籍するのではないかと報じられた酒井宏樹。
    ハノーファー96が非常に悲しい成績で2部に降格してしまったが、フリーエージェントになったことで移籍先の選択肢は多いようだ。
    そして現在高度な議論を行っていると言われるのがマルセイユ。
    かつてフィリップ・トルシエが監督を務め、そこで中田浩二氏がプレーしたことでしられる、フランスで1、2を争う人気チームである。
    パリ・サンジェルマンとのフランスダービーは、サンテティエンヌ+リヨンのローヌ・ダービーと並ぶ国内最大の試合であり、
    その熱狂度は半端ではない。

    http://www.youtube.com/watch?v=IJH-Ex_0XAE



    現在フランス代表監督を務めているディディエ・デシャンが率いている頃にはフランスリーグを優勝しており、
    多くの有力選手を保有してきた。
    ロイク・レミ、セサル・アスピリクエタ、ステファヌ・エンビア、ディミトリ・パイェット、ジャンネッリ・インブラ、
    アユー兄弟、アンドレ=ピエール・ジニャック、マテュー・ヴァルブエナなどがここでプレーしていたことも記憶に新しい。
    ところが、そのクラブが昨年は13位と低迷。一時期は残留争いにまで巻き込まれるほどの不振に陥っていた。

    そのクラブがなぜわずか数年で苦しい状況に追い込まれてしまったのか? そこにはお金の問題があり、
    「倒産するほどではないが、強化が難しくなっている」のだ。
    現在マルセイユの会長を務めているのは映画、テレビ業界の実業家であったヴァンサン・ラブルヌ氏。
    そして実質大きな発言権を持っているのが大株主のマルガリータ・ルイ=ドレイファス氏。
    彼女はスタンダール・リエージュの株式も保有しているため、もしかしたらミシ・バチュアイの獲得にも影響があったのかもしれない。
    ロシア出身の彼女は実業家ロベルト・ルイ=ドレイファスの未亡人で、世界でも200位に入ってくる大富豪として知られている。

    このように富豪に支えられているはずの彼らであるが、マルガリータが引き継いだ2009年からしばらく経ち、
    徐々に財政的な問題が明らかになってきた。
    2011年にはスタッド・ヴェロドロームの大改修を行うため、マルセイユの重要人物である両者が大きな投資を行った。
    しかし2012年にチャンピオンズリーグ出場を逃したことから放映権収入が減少し、
    4000万ユーロ(およそ46.7億円)もの損失を出してしまう。
    DNCG(フランスリーグのクラブの経営を監視する組織)にその状況を問題視されたことにより、
    マルガリータはクラブに貸していた3000万ユーロ(およそ35億円)を放棄し、
    更に1500万ユーロ(およそ17.5億円)を投資したという。

    続きは↓の記事から
    http://qoly.jp/2016/06/19/marseille-right-back-brice-dja-djedje?part=3

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/27(金) 16:28:32.88 ID:CAP_USER*.net

    c7171916

     
    ハリルホジッチ監督率いる日本代表が、2018年ワールドカップに向けたアジア地区第2次予選のカンボジア戦(アウェー)を迎えようとしていたとき、そのニュースは流れた。

    「フランスの名門マルセイユが宇佐美貴史に正式オファー」

    マルセイユのクラブ関係者が明かしたとして報じられたそのニュースは、それ以外に宇佐美獲得を模索しているという
    ドイツの複数クラブの名前とともに、フランス国内でも2次情報として数行のニュースで報じられた。

    宇佐美といえば、2011年7月に買い取りオプション付きの1年レンタルで、ドイツの名門バイエルンに移籍。1
    9歳という若さで世界的クラブに加入したものの、厚すぎる選手層にもがき苦しみ、ほとんど出場機会を得られないまま契約を終了したという苦い経験がある。
    さらにその翌シーズンも、ホッフェンハイムと同様の契約でレンタル移籍を果たしながら力を発揮できず、2013年6月にふたたびガンバ大阪に復帰した。

    まだ若かったと言えばそれまでだが、しかしその後の宇佐美がドイツでの経験を生かし、日本国内でさらなる成長を遂げたことは間違いない。
    実際、ハリルホジッチ体制になってからの宇佐美は全試合に出場する唯一の選手となり、その指揮官の寵愛ぶりは誰もが認めるところである。

    今、ワールドカップのロシア大会に向けてもっとも期待をかけられている23歳の宇佐美にとって、
    自身3度目の海外挑戦は日本の将来を担う選手へと成長するために、避けては通れない道。
    そういう点で、マルセイユはうってつけの移籍先といえる。

    正式名称「オランピック・ドゥ・マルセイユ」は、通称“OM”として知られるフランス国内ナンバーワンの人気を誇る名門クラブだ。
    過去9度のリーグ優勝を果たした南仏のビッグクラブは、1980年代後半から1990年代初頭に黄金期を迎え、
    1992-1993シーズンにはチャンピオンズリーグ優勝を果たしている(後に国内リーグ戦における八百長事件が発覚したためタイトルは剥奪された)。

    最近では元マルセイユの名手で、現フランス代表監督のディディエ・デシャンがチームを率いた時代(2009~2012年)にも
    リーグ優勝1回、リーグカップ3連覇という偉業を達成。
    また、タイトル獲得こそ実現しなかったが、昨シーズンはアルゼンチンの名将マルセロ・ビエルサが指揮を執り、
    スペクタクルサッカーで国内を席巻したことも記憶に新しい。

    常に世間の注目を浴び続けるマルセイユは、カタール資本で黄金期を築くパリ・サンジェルマンを目の上のタンコブとしているが、
    それでも国内の人気ナンバーワンの座は譲っていない。
    特にサポーターのクラブに対する忠誠心は特筆すべきで、来年のユーロ開催のために新装オープンした本拠地「ヴェロドローム」の熱い雰囲気は欧州屈指レベル。
    「結果が出なければ即暴動」という気性の荒さは玉にキズだが、あのサポーターの大声援は体感した者でなければわからないほどの熱狂度だ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151127-00010002-sportiva-socc
    webスポルティーバ 11月27日(金)14時4分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151127-00010002-sportiva-socc.view-000
    宇佐美貴史はふたたび欧州に挑戦するのか 

    続きを読む

    1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/08/18(火) 20:53:51.48 ID:???*.net
    リーグ開幕戦の敗戦後にマルセロ・ビエルサ監督が突如辞任したフランスリーグ1部のマルセイユだが、後任監督探しが難航している。
    ここにきて、昨夏のブラジルワールドカップで日本代表を率いたアルベルト・ザッケローニ元監督の名前も浮上しているという。

     フランス地元紙「ラ・プロバンス」によると、現在の候補の筆頭は元イタリア代表監督のロベルト・ドナドーニ氏だという。
    ローマなどを率いたルチアーノ・スパレッティ氏と前フィオレンティーナ監督のヴィンツェンツォ・モンテッラ氏の2人のイタリア人監督が続いているが、
    この3氏の名前は長く挙がっていながら交渉は難航している模様だ。

     イタリアの移籍情報サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、この3人に加えてウディネーゼなどを指揮したフランチェスコ・グイドリン氏と、
    元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏の名前も浮上している。

     ブラジルW杯で日本代表監督を率いて、無念の1次リーグ敗退後、充電期間が続いているザッケローニ氏は母国イタリアで解説者を続けている。
    名将ビエルサ監督の電撃辞任でショック状態の続く、フランス南部の名門を率いて再出発となることがあるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150818-00010022-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ