サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ポルトガル

    1: 豆次郎 ★ 2018/06/26(火) 05:40:44.84 ID:CAP_USER9
    6/26(火) 4:56配信
    ポルトガル、苦しみながら2大会ぶり決勝Tへ…イランと辛くもドロー/W杯グループB第3節

    ロシア・ワールドカップグループB最終節が25日に行われ、イランとポルトガルが決勝トーナメント進出を懸けて戦った。

    ポルトガルは4-4-2で、アドリエン・シウバとリカルド・クアレスマが初先発。首位での突破を狙い、勝利を誓う。

    試合はポルトガルがボールを持ちながら、クリスティアーノ・ロナウド以外の明確な攻め手がなく、決定機を生み出すには至らない。

    ロナウドが単独でシュートチャンスを作り出すシーンもあるが、GKの正面に飛び、スコアは動かず。それでも、クアレスマがスコアを動かす。45分、味方とのコンビネーションで右サイドから中央へと切り込むと、右アウトフロントでゴール左へと美しいシュートを決め、ポルトガルが大きな先制点を奪う。そのままポルトガルが1点をリードして終える。

    さらに後半開始直後、ロナウドが左サイドから仕掛けるとエリア内にDFに倒される。一度は流されたが、その後VARにより判定が覆ってPKに。しかし、ロナウドのシュートをGKアリレザ・ベイランバンドが完全にストップし、追加点を許さず。試合の流れを変えうるビッグプレーが飛び出す。

    その後、イランはスタジアムの観客含め、大きな圧力をポルトガルにかけていく。早い時間帯で3枚の交代カードを切り勝負をかけるイランだが、ポルトガルの堅い守備を前になかなか有効な攻撃とはいかない。

    それでも、クロスからハンドの判定でイランがこの試合PKを得る。VARで得たPKをカリム・アンサリファルドが落ち着いてゴール右へ沈め、スコアを戻す。

    さらに直後、ロングボールからメヒディ・タレミが決定機を得るが、左足のシュートはサイドネット。逆転のチャンスを逃してしまう。

    しかし、その後スコアは動かず、1-1で終了。ポルトガルが辛くも決勝トーナメント進出を決めた。

    ■試合結果
    イラン 1-1 ポルトガル
    ■得点者
    イラン:(90分)
    ポルトガル:クアレスマ(45分)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00010002-goal-socc

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1529956658/




    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    161: 名無しさん@恐縮です 2018/05/23(水) 14:38:55.33 ID:MjOEKW7v0
    2018-05-14-shoya-nakajima_195gdvgsyil141nqke8grnl46n

    ポルトガル3強以外のレベルが疑問視されてるからな 
    中島はJリーグでは地味な選手だったし 
    同じく鹿島であんま試合出てなかったファブリシオまで活躍してるとなると疑問視されて当然 
    スタッツだけ見たらJリーグより緩いリーグだと思われても仕方がない
    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/03/27(火) 05:07:29.54 ID:HIF7RyG10
    DZQqZSrVMAEvheh

    弱体化したオランダ代表にボコボコにされている模様

    続きを読む

    1: Egg ★@t 2016/07/16(土) 09:53:21.72 ID:CAP_USER9

    no title

     
    こんなんでも優勝できちゃうんだ。ユーロでのポルトガル優勝に、正直そう思った。
    90分間で勝てたのは7試合中1試合だけ、グループリーグは3戦すべて引き分け、グループ3位のワイルドカードでのベスト16入りだった。

    今大会のポルトガルの特徴といえば、いわゆる“塩試合”を意図的に作り上げていたことだろうか。

    本来、ポルトガルはテクニックに優れた攻撃型のチームだ。大会が始まったときもそうだった。
    ところが、自分たちのポゼッション・スタイルのあまりの効率の悪さに嫌気がさしたのか、途中で守備的な戦法にがらりと変えている。

    いくつかのポジションを運動量と守備力のある選手に入れ替えた。
    そこからのポルトガルは、ひたすら試合を膠着させるためにプレーしているかのようだった。

    今回のユーロは、攻撃に対する守備の優位が目立っていた。

    過去2大会を連覇したスペインのような包囲攻撃の脅威はかなり削り取られている。
    ゾーンの守備ブロックにとって頭痛のタネだった「間受け」と「ニアゾーン」への対策が 浸透したからだ。

    ディフェンスラインを5人に増員、あるいは4バックの場合でもサイドのMFが引く4+1の形が主流となった。
    そのために横へのスライドが速くなって「ニアゾーン」が消滅、人数が余っているディフェンスラインから前へ出ての「間受け」潰し、
    この2つの対策の浸透によって以前よりは安心して守れるようになった。

    得点できなくなったボールを支配している側は、攻撃を増強するよりもむしろ相手のカウンターを防ぐことに気を遣うようになっている。
    イタリアのカウンター封じに万全を期したドイツが典型である。

    そんな“攻めたもの負け”の雰囲気の中、
    あっさりと宗旨替えしたポルトガルは正しく空気を読んでいたといえるかもしれない。

    持ち前のテクニックを相手のハイプレス回避とゲームのスピードダウンに活用し、
    どちらのチームにも隙が出来にくい膠着状態を作り上げた。

    だからポルトガルの試合はことごとく退屈なのだが、
    そういう展開に持ち込んだこと自体がポルトガルの勝因だったといえる。(西部謙司=スポーツライター)

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/yomimono/column/nishibe/kiji/K20160714012965740.html

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/07/13(水) 00:59:16.49 ID:CAP_USER9

    CaS1XZBUUAAubTs

     
    個よりも組織が重視される時代に

    ポルトガル代表といえば長年クリスティアーノ・ロナウドに頼ったチームと思われていたが、今回のEURO2016では違ったポルトガルの姿を見ることになった。

    英『Daily Mirror』は今回のポルトガルはロナウド以上に組織力に注目が集まるチームだったと振り返っており、全員守備・全員攻撃が優勝の大きな要因だと主張。それはポルトガルだけではなく、アイスランド、ウェールズなど今大会で躍進したダークホースも同じだ。

    ポルトガルやアイスランドの戦い方には守備的すぎるとの批判も出ているが、同メディアは2015-16シーズンのプレミアリーグを制したレスター・シティと同じだと捉えている。レスターも世界を代表するスター選手が揃っているわけではなく、組織力をベースとした堅守でまさかの優勝を果たした。ポルトガルにはロナウドというスター選手がいたが、今大会はロナウドよりも守備陣が主役だった。

    今夏にはロナウドと世界最高のフットボーラーの座を争うリオネル・メッシもアルゼンチン代表としてコパ・アメリカ2016を戦ったが、メッシはまたも準優勝に終わった。それに対してロナウドはタイトルを獲得してバロンドールに一歩近づいたわけだが、同メディアはもはやメッシVSロナウドの問題ではないと感じており、現代サッカーがこれまで以上に個の能力より組織力が重視されるものになってきていると伝えている。ロナウドがバロンドールを獲得すれば、ポルトガル全体で獲得したとも言えるかもしれない。

    今回のポルトガル優勝は意外な結果だったが、レスターのように組織による堅い守備をベースとしたスタイルが現代を勝ち抜く最適な方法なのかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160712-00010035-theworld-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ