サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ホルン

    1: Egg ★ 2017/05/27(土) 08:56:43.33 ID:CAP_USER9

    C-G3p8sUQAAWzre


    最終戦で敗戦… 最下位と降格確定後にツイッターを更新

     ACミランの日本代表FW本田圭佑が実質的なオーナーを務めるオーストリア2部SVホルンが、現地時間26日に行われた最終節で首位LASKリンツとホームで対戦し、1-2と敗れた。これにより今季3部から2部に昇格したクラブは最下位から脱出できず、わずか1年で3部再降格を余儀なくされた。

     すでにミランから今季限りでの退団を発表している本田は、28日の今季最終戦でミランでの3年半のラストマッチとなる敵地カリアリ戦に備えるなか、ホルンの非情な現実を受け止めた。そして、開設間もない自身のツイッターを更新した。

    「めっちゃ悔しい!でもめっちゃオモロイ!人を遺す活動を世界に広げていきます」

     ホルン降格のニュースとともに、前向きなメッセージを送っている。今季はミランでベンチを温める苦しいシーズンとなったが、現役生活とともに二足の草鞋となっていたクラブ経営の手応えに加え、降格の悔しさを赤裸々に吐露。そして、人材育成のテーマを掲げ続けることを明らかにしている。

     2年前に実質的なオーナー就任時には3年後のタイトルに加え、5年後のUEFAチャンピオンズリーグ出場という野望を掲げていたが、今回の再降格で目標実現に向けては大きな後退を余儀なくされた。

     オーストリアメディアは降格前に本田サイドのホルン撤退の可能性を報じていた。ホルンのルドルフ・ラウドン会長は地元メディアに「(本田サイドとの)合意事項は3年。我々は現在2シーズン目の終わりにいる。個人的な見解では、我々は2018年シーズン終了時までパートナーだ。それが異なる結末になるのか分からない」と語っていたと報じられている。

     ツイッターではポジティブな姿勢を示した本田とホルンは、3年目に再び3部での戦いを強いられることになった。

    Football ZONE web 5/27(土) 7:31配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170527-00010001-soccermzw-socc

    本田ホルン、1年での3部降格が決定… LASKリンツに1-2で敗れ最下位脱出できず
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170527-00010000-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/06/12(日) 19:38:58.53 ID:CAP_USER9
    CWt4Ew1VAAAqOEZ

     
    2015年12月末。本田圭佑は、アメリカ・ロサンゼルスにいた。

     スクール事業、そしてプロクラブの経営者としての顔も持つ男。
    ここ数年、急速にビジネスワークへの力を強めている本田がそこで語った、2016年への思い。
    ミランでの奮闘、日本代表の進化と、サッカー選手である自らが関わるべき事柄を並べたあと、最後の一言はこうだった。

     「ホルンのリーグ戦優勝、そしてオーストリア2部昇格。これは絶対に果たさないとあかんことやから」

     あれから約半年が過ぎた、6月。ホルンは見事オーストリア3部で優勝を飾り、2016-17シーズンの2部昇格を決めた。

     優勝よりも先に、昇格はすでに決定していた。

     5月中旬、ホルンと首位争いをしていたファースト・ビエナFCに、
    リーグ側が来季の2部昇格に必要なライセンスを認可しない決定が下された。
    昇格は1位のみの一枠で、実質この2チームのデッドヒートとなっていた争いは、思いもよらない形で決着を見たのだった。
    本田はオーストリアの片田舎の“黒船”だった。

     シーズン終了まで、残すこと4試合。

     「最後まで、選手たちには優勝目指して楽しんで戦って欲しい」

     実質オーナーの本田が送ったこの言葉通り、ホルンはそのまま最後まで首位の座を明け渡すことなく、6月3日に優勝した。

     経営に関わり始めた最初のシーズン。人口約6千人というオーストリアの片田舎のクラブに、いきなり日本人が現れた。
    今でも、“黒船”のようにクラブにやってきた本田たちを、心良く思わない人たちはいるという。

     本田たちが掲げたのは、地元への順化とグローバルな視点という、ある意味両極端な哲学だった。
    「あくまでオーストリアの人や選手をベースにしたチーム」。
    本田は初めてホルンを訪れた昨年7月、地元の人たちの前でそう語りかけた。

     と同時に、こうも言い放った。

     「1年で2部に昇格し、5年でチャンピオンズリーグ出場を目指す」
    ホルンはこれまで、集いの場だった。

     それを聞いた中には、嘲笑する者もいたという。

     「そんな恥ずかしい目標を公言しないで欲しい」

     これまでクラブの100年弱の歴史の中で、1部昇格経験はない。
    試合の勝ち負けも大事だが、人々の集いの場となるコミュニティとしての存在意義のほうが大きかった。
    それを、上昇志向を持った勝負するクラブへと変革していこうとする本田たち。
    あらゆるところで、ハレーションが起こるのはおかしくなかった。

     その最たる出来事が、今年4月上旬に起こった。

     首位争いを演じていた最中、オーストリア人監督のクレア氏が解任されたのだ。
    直近の試合で4点を奪う大勝を挙げていたにも関わらず、クラブは大鉈を振るったのである。

     代わりに新監督に就任したのが、濱吉正則氏。
    スロベニアでUEFA公認のプロコーチライセンスを取得し、これまでさまざまなクラブでコーチ歴を重ねてきた。
    名古屋グランパスのコーチやスカウトを務めていた際に、プロ入りした本田と出会っていた。

     ホルンとは、縁もゆかりもない人物。地方クラブを支えてきた地元の人たちには、不可解な人事と受け止められた。
    オーストリアメディアも「無謀」や「独裁」といった言葉を並べ立て、本田サイドを批判した。

    続きは↓の記事から
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160612-00825855-number-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/06/05(日) 00:26:16.04 ID:CAP_USER9

    no title

     
    サッカー日本代表FW本田圭佑(29)が4日、自身が実質的なオーナーを務める
    オーストリア3部・SVホルンのリーグ優勝に際し、所属事務所を通じてコメントを出した。
    自身が所属し、成績が低迷しているACミランを「反面教師として参考にさせてもらっています(笑)」
    とネタにするブラックユーモアも交えながら、心境を語った。

     昨年6月に自身のマネジメント会社「HONDA ESTILO」がSVホルンの経営権を取得し、
    本田は現役選手でありながら実質的なクラブオーナーとなった。
    その際に目標と掲げていたのが「1年で3部リーグを優勝し2部リーグに昇格する」ということだった。

     目標を達成できた要因について「初年度ということもあったので、まずは組織作りにこだわりました」と振り返った。
    「日本から優秀な人材を複数派遣し、現地のオーストリア人が今までやって来たことに加えて我々の色を足していった。
    1年かけて戦える組織を作ろうと決めていました。予算もなく小さいクラブなりに
    哲学を大事にすれば勝てるというのを学べた大きな1年でした」とコメントした。

     クラブを運営する上で「現場のチーム全員をリスペクトしながら意思決定するようにしています」と
    実務を担当しているスタッフを尊重しているという。
    自身が所属し、シルビオ・ベルルスコーニ名誉会長が実質的な独裁体制を敷くACミランのことを
    「反面教師として参考にさせてもらってます。(笑)」とネタにするユーモアをみせつつ、
    「僕の最も大きな役割は意思決定以上に今回も優勝の立役者であるマネジメントチームと
    監督ら現場スタッフとビジョンを共有し続け、これで満足と思わせない為のコミュニケーションが大事だと思ってます」
    と今後も、SVホルンの現地スタッフと密にコミュニケーションをとっていく考えを示した。

     現在、榊翔太、権田修一ら日本人選手が6人所属している。オーストリア人のクレア前監督を、今年4月に解任。
    後任に日本人の浜吉正則監督を招いたことなどから、現地ではクラブの日本化だと批判を受けたという。
    当時の成績はリーグ2位。しかも4-0で勝利した後の監督解任だったため、ミランのチームメートや、
    ミハイロビッチ監督(当時)からも「鬼だ」と批判を受けたほどの交代劇だった。

     本田は「でも勝ち負けでなく満足できてなかったんで」と更迭を決断した理由を説明。
    「何度も言ってきてますがホルンはグローバルなクラブとして世界に認知されるチャンスです。
    今の所、日本人が増えてきているのは我々組織の現場のネットワークの少なさが表れているだけです。
    世界の若くて情熱のある選手に目を向け始めているのでいずれ多国籍集団になると思います」と、
    日本以外の国に選手獲得のチャンネルを確立させるとビジョンを語った。
    「現地の批判は理解ができるものです。変わるというタイミングでは批判はつきものですから」と、
    現地の声にも理解を示した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160604-00000115-dal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/05/26(木) 17:05:16.56 ID:CAP_USER9
    ACミランの日本代表FW本田圭佑(29)の所属事務所とSAPジャパン株式会社が26日、
    本田が実質オーナーのオーストリア2部SVホルンと、元日本代表監督で、
    日本協会副会長の岡田武史氏がオーナーの、四国リーグFC今治が
    7月6日にオーストリアでプレシーズンマッチを行うと発表した。

    本田VS岡田が実現。当日は2人も現地に入るという。
    10年W杯南アフリカ大会をともに戦った師弟による、まさにガチンコ勝負が、オーストリア・ホルンで実現する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160526-00000085-nksports-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2016/05/12(木) 19:07:11.59 ID:CAP_USER9
     サッカー日本代表FW本田圭佑(ACミラン)が事実上のオーナーを務めるオーストリア3部・SVホルンが、
    来季2部に昇格することが事実上決まった。
    12日、本田が所属し、SVホルンを経営する「HONDA ESITILO株式会社」が発表した。

     今季残り4試合で首位のSVホルンは、2位のファースト・ヴィエナというチームに勝ち点差を2つけている。
    優勝チームのみが2部リーグに昇格できるが、ファースト・ヴィエナがリーグの定める2部昇格のライセンス取得に失敗。
    仮に逆転優勝を許しても、2部に昇格することができないとリーグが公示したため、
    SVホルンの事実上の2部昇格が確定したとのリリースを出した。

     本田は事務所を通じ、「格別な喜びがありますね。選手としての喜びとはまた種類が違う達成感があります」
    と喜びのコメントを寄せた。
    もともと、日本人が海外で戦う舞台を用意する目的もあり所属事務所を通じたクラブ運営に乗り出していたが、
    あらためて「ホルンの目指すところは若い選手をビッグクラブへと繋ぐ架け橋となるクラブです。
    2部でプレーすることになり、世界の若くて可能性に溢れる選手達がプレーしたいと思うクラブになると確信しています。
    近い将来、ホルンから日本代表選手が輩出され、世界で活躍する選手を育成していくことがホルンの使命です」
    とビジョンを示した。

     今季の残り4試合については、「僕の仕事は彼らの持つ常識を壊し続け、彼らに可能性を示し、
    自信を与えることだと思っています。まだ大事な試合が4試合残っているので楽しんで戦ってほしいと思います」と語った。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160512-00000101-dal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/03/05(土) 11:46:23.82 ID:CAP_USER*.net
    オーストリア・レギオナルリーガ(3部)第17節が4日に行われ、GK権田修一が所属する
    SVホルンがラピード・ウィーンと対戦した。

     1月にFC東京からミランの日本代表FW本田圭佑がオーナーを務めるSVホルンに加入した権田は、
    ラピード・ウィーン戦で初先発。その他にも、MF川中健太とMF矢島倫太郎がスタメンに名を連ねた。

     試合は12分にCKからミラン・ボーテルがヘディングで決めて、SVホルンが先制に成功。
    48分には川中のクロスからミロスラフ・ミセロヴィッチが押し込んで追加点を挙げて、
    2-0でSVホルンが勝利を収め、リーグ戦7連勝を達成した。
     
     先発出場した権田、川中、矢島は揃ってフル出場を果たした。また、85分にはFW榊翔太も途中出場している。

     SVホルンは次節、敵地でSVオベルワートと対戦する。

    【スコア】
    SVホルン 2-0 ラピード・ウィーン

    【得点者】
    1-0 12分 ミラン・ボーテル(SVホルン)
    2-0 48分 ミロスラフ・ミセロヴィッチ(SVホルン)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160305-00407901-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 17:49:50.09 ID:CAP_USER*.net
     オーストリア3部ホルンへの移籍が決定的となったFC東京のGK権田修一(26)が7日、
    欧州初挑戦へ強い意気込みを語った。ACミランのFW本田が実質的なオーナーを務めるクラブで、
    1年間の期限付き移籍で合意。正式発表を待つばかりとなった権田は、ホッとした表情を見せながら
    「ここで活躍しないといけない」と新天地での活躍を誓った。

     権田の高いプロ意識を知る本田も熱望していた今回の移籍交渉。チームには若い選手が多いだけに、
    既にホルン側から「プロの意識を植え付けてほしいと言われている」という。もともと欧州志向が強く、
    活躍次第ではさらなるステップアップの可能性もある。それだけに「世界を目指すと言ってきたけど、
    ようやくスタートラインに立てました」と目を輝かせた。

     近日中にも渡欧し、チームに合流する予定。昨年7月にオーバートレーニング症候群と診断されたが、
    既にコンディションは回復している。日本代表復帰も視野に入れる守護神は、3月4日のリーグ再開へ向け、
    まずは強豪ラピド・ウィーンなどとの練習試合で実戦感覚を取り戻していく。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160108-00000007-spnannex-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/07(木) 07:13:15.66 ID:CAP_USER*.net
    FC東京の元日本代表GK権田修一(26)が、オーストリア3部のSVホルンへ期限付き移籍することが6日、決定的となった。
    複数の関係者によると、この日、両クラブ間で大筋合意に達したという。

    ホルンはイタリア1部(セリエA)ACミランの日本代表FW本田圭佑(29)が昨年6月から実質オーナーを務め、今季はオーストリア3部で首位を走っている。

    各世代別の代表でゴールマウスを守り、07年にトップ昇格。09年のヤマザキナビスコ杯や、11年のJ2優勝、天皇杯制覇を最後尾で支え、
    12年にはロンドン五輪で44年ぶりとなる準決勝進出にも貢献した。

    さらに、14年にはW杯ブラジル大会でFC東京の下部組織出身選手として初のW杯メンバー入りも果たした。

    権田は毎年、オフシーズンを利用して欧州のクラブに練習参加するなど海外移籍を熱望してきた。
    今回の移籍は、日本代表のチームメートでもある本田がプロ意識の高い権田の獲得を熱望したという。

    FC東京の守護神が、ついに夢をかなえ、オーストリアの地に乗り込む。

    デイリースポーツ 1月7日(木)6時59分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160107-00000016-dal-socc

    写真
    http://lpt.c.yimg.jp/amd/20160107-00000016-dal-000-view.jp

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/03(日) 06:21:32.92 ID:CAP_USER*.net
    ACミランの日本代表FW本田圭佑(29)が実質的オーナーのオーストリア3部SVホルンが、
    東京のW杯ブラジル大会日本代表GK権田修一(26=東京)の獲得に向け正式オファーを出した。

    2日までに書面を送った。期限付き移籍での獲得を狙っており権田も前向きだという。
    交渉が順調に進めば移籍の運びとなる。

    権田は昨年ハリルジャパンにも招集されていたが7月にオーバートレーニング症候群で離脱。
    その後、公式戦出場がない。前半戦首位のホルンは1年での2部復帰に向け日本人選手補強の可能性を探っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160103-00000008-nksports-socc
    日刊スポーツ 1月3日(日)6時11分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160103-00000008-nksports-socc.view-000
    東京GK権田修一

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 06:38:40.11 ID:CAP_USER*.net
    ACミランのMF本田圭佑(29)が実質的にオーナーを務めるオーストリア3部のホルンがFC東京の
    GK権田修一(26)の期限付き移籍での獲得に興味を示していることが26日、分かった。
    現在、3部首位のホルンは来季の2部昇格を見据え、補強にも積極的。
    本田自身、昨年のW杯ブラジル大会など日本代表でも共に戦ってきた権田の実力は熟知しており、
    白羽の矢を立てた格好だ。

     今季の権田は開幕からリーグ22戦に出場。もともと日本代表にも常連でキックの精度、
    ゴール前での鋭い反応など実力は国内トップクラス。サッカーに対する真しな姿勢、
    欧州志向が強いことでも知られる。7月29日の仙台戦後にオーバートレーニング症候群の診断を
    受けるなどコンディション不良となり、その後は公式戦から遠ざかるが、獲得が実現すれば
    大幅な戦力アップとなる。

     ホルンは前日25日にも千葉県内でトライアウトを実施し、一時帰国中の本田も直接視察した。
    7月にはJ2札幌からFW榊翔太(22)を獲得するなど日本人の獲得にも力を入れている。

     ▽SVホルン 1922年、オーストリア・ニーダーエスターライヒ州ホルン郡に創設。
    11~12年に3部優勝して2部に昇格するも、昨季は10チーム中9位で再び3部に。
    1部経験はない。6月に本田圭佑のマネジメント事務所「HONDA ESTILO株式会社」の経営参入が決定。
    オーストリアでは一定数の自国籍選手を先発に入れれば、メンバーの半数以上がEU圏外選手でも可。
    他の欧州に比べ日本人などEU圏外の選手を獲得しやすい。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151226-00000148-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ