サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ベイル

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/02/19(日) 04:33:15.80 ID:CAP_USER9
    【レアル 2-0 エスパニョール リーガエスパニョーラ第23節】

    281808hp2


    現地時間18日にリーガエスパニョーラ第23節の試合が行われ、レアル・マドリーはエスパニョールと対戦。
    アルバロ・モラタなどがゴールを積み重ね、マドリーが2-0の勝利をおさめている。

    右足首の外傷性腓骨筋腱脱臼で長期離脱をしていたガレス・ベイルがベンチ入りを果たした。
    試合開始して33分、右サイドのイスコがゴール前に向けてクロスを入れると、そのボールにモラタが頭で合わせて先制点を決める。

    71分にモラタとの交代でベイルが約3ヶ月ぶりの出場を果たすと83分に追加点を決めた。
    途中出場から12分後の復活弾となっている。結局、レアルが2-0の勝利をおさめて首位をキープした。

    【得点者】
    33分 1-0 モラタ(レアル)
    83分 2-0 ベイル(レアル)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170219-00010002-footballc-socc
    フットボールチャンネル 2/19(日) 2:08配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2017/esp/esp-10930545.html
    試合スコア

    続きを読む

    1: Egg ★@ ©2ch.net 2016/11/24(木) 22:56:52.17 ID:CAP_USER9
    レアル・マドリードは24日、負傷したウェールズ代表FWギャレス・ベイルに関する最新情報を公式HP上で発表した。

    ベイルは22日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ(GS)第5節スポルティング戦に先発出場したが、
    後半途中でスペイン代表MFマルコ・アセンシオとの交代を命じられると、足を引きずりながらピッチを去っていた。
    その後の検査で右足首の外傷性腓骨筋腱脱臼と診断されたことがクラブからすでに発表されている。

    レアル・マドリードは24日、この件に関して最新情報を公開。それによればベイルは、
    29日にロンドンの病院で手術を受けることが決定したという。離脱期間に関しては明記されていないが、
    24日付けの『マルカ』が報じた内容によれば、最低でも2カ月の間ピッチを離れる見込みで、
    12月8日から日本で開催されるFIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016への出場は絶望的となった。

    負傷者が相次ぐレアル・マドリードは現在、スペイン代表FWアルバロ・モラタやポルトガル代表DFペペ、
    ドイツ代表MFトニ・クロースらが離脱中。一方でブラジル代表MFカゼミーロが復帰に近づいているとも報じられている。

    SOCCER KING 11/24(木) 22:37配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161124-00519770-soccerk-socc

    写真
    no title


    Alibaba E-Auto プレゼンツ FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016
    http://www.jfa.jp/match/fcwc_2016/

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/11/23(水) 20:39:02.11 ID:CAP_USER9
    いよいよ覚醒した香川

    no title



    彼の中で何かが爆発したのだろう。22日のチャンピオンズリーグ第5節レギア・ワルシャワ戦に先発出場を果たしたドルトムントの香川真司が、77秒間の華麗な舞によってホームの観客を唸らせた。

    8-4というファンタスティックなスコアにおいて、この日本人MFが関与したゴールは3つだ。2つの素晴らしい得点と、マルコ・ロイスへの気遣いに満ちたアシストである。歴史的な大勝の中で確実に存在感を放った香川に対し、英『Who Scored.com』は9.66という高評価を付けた。また「香川少年! ありがとうロイス! ドルトムントが大勝」と銘打ったブラジルのスポーツメディア『globo esporte』も次のように同試合を振り返っている。

    「日本人プレイヤー、香川真司もこの大勝したゲームにおいて非常に印象的だった。77秒間で2ゴール。これは2010年に(当時トッテナムに所属していた)ガレス・ベイルが記録した76秒での2ゴールに匹敵するほどだ」

    現在はレアル・マドリードでプレイし、2013年までトッテナムに在籍していたウェールズの怪物とも比較された香川。トーマス・トゥヘル政権の下、今季はベンチ外へと追いやられることも少なくなかったが、この日の2ゴール1アシストは指揮官の目にどう映っただろうか。国内リーグでもこの好調を継続させてくれることを願いたい。

    theWORLD(ザ・ワールド) 11/23(水) 18:20配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161123-00010017-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@2016/11/17(木) 18:45:26.11 ID:CAP_USER9

    bale cr7 000

     
    レアル・マドリードに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、自身のキャリアのなかで最も優れていたチームメイトを明かした。17日付のイギリス紙『サン』が伝えている。

     ベイルは破格の移籍金でレアル・マドリードに加入して以降、“BBC”の一角として大車輪の活躍を見せ、チャンピオンズリーグのトロフィーを2度も掲げている。そこには常にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの存在があり、優れたチームメイトとして名を挙げるのは容易に予想できるが、同選手は別のプレーヤーを最高だと考えているようだ。

     ベイルは「僕にとって最高の選手はライアン・ギグスだ。彼は子どもの頃から僕のヒーローで、世界で最も優れたプレーヤーの一人だ。ウェールズ人として誇りに思うよ」と話し、同じウェールズ代表のレジェンドに対する尊敬を語った。

     ベイルとギグス氏の共演はわずか2試合のみだが、両者ともドリブルと左足が持ち味で共通点も多い。同選手が憧れの先輩から受けた衝撃は、世界最高の選手であり同胞のロナウドすら超えていたようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00517113-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ ©2ch.net 2016/10/24(月) 15:18:12.99 ID:CAP_USER9
    メッシの給与を上回る給与になる可能性も サラリー面でもチームの顔となるか

    レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、ピッチだけでなくサラリー面でもチームの顔となるのかもしれない。
    契約延長に至れば年俸は5年総額で1億9500万ポンド(約247億5000万円)に至ると英紙「ザ・サン」が報じている。

    ベイルは昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)優勝を成し遂げる立役者となったと同時に、
    ウェールズ代表では同国史上初の欧州選手権ベスト4躍進に大きく貢献。

    俊足を生かしたドリブル突破、昨季リーガでヘディングでのゴールを量産し、
    エアバトラーとしての能力も開花させ、マルチな能力を持つアタッカーへとさらに飛躍を遂げた。

    現在27歳と脂が乗り切ったベイルに対して、“白い巨人”も最大限の誠意を見せようとしている。
    ベイルの契約は現状で週給52万5000ポンド(約6700万円)、2019年夏まで残っている。

    しかし、レアルは2018年ロシア・ワールドカップの前年となる2017年までレアルに“縛りつける”契約をしたいと考えている模様だ。

    その新たな契約は週給7500万ポンド(約9520万円)の5年契約と、破格の条件を用意しているという。
    総額は日本円にすると約247億円にも及ぶ超高額契約で、レアルの宿敵バルサのエースFWリオネル・メッシの給与を上回るのではないかと同紙は見ている。

    ロナウドとの契約延長は渋っているとの報道も
     
    レアルの契約延長と言えば、長年エースとして君臨するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの件も並行して進んでいる。
    しかし現行契約は2018年6月までとなっており、来年2月に32歳になる年齢的な面も関係して、ロナウド側が要求する5年契約をクラブ側が渋っているとの報道もあるようだ。

    果たしてロナウドとベイルの契約延長交渉が成立した時、どちらがより“億万長者”となっているのだろうか。

    Football ZONE web 10月24日(月)9時52分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161024-00010007-soccermzw-socc

    写真
    no title

    続きを読む


    続きを読む

    1: Egg ★@2016/09/15(木) 19:50:54.60 ID:CAP_USER9

    CmUCnVNVMAASj1-

     
    レアル・マドリーがウェールズ代表MFガレス・ベイルに対し、「天文学的な金額」の違約金を設定しようとしているようだ。英『ガーディアン』が伝えた。

     レアルは現在、ベイルとの契約延長交渉を進めており、FWクリスティアーノ・ロナウド、バルセロナFWリオネル・メッシに匹敵するサラリーを提示する代わりに、高額な違約金を設定するつもりだという。

     その金額はなんと5億ユーロ(約575億円)。今夏、サッカー史上最高額の1億1000万ユーロ(約127億円)でマンチェスター・ユナイテッドに加入したMFポール・ポグバの移籍金の4倍以上となる金額だ。同紙でも「天文学的な金額」と表現している。

     昨季のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)優勝に貢献し、EURO2016では初出場となったウェールズをベスト4に導いたベイル。8月のリーガ・エスパニョーラ開幕戦のソシエダ戦でも、負傷でC・ロナウド、FWカリム・ベンゼマら主力が欠場する中、2ゴールの活躍で3-0の勝利をもたらした。高騰する自身の金額とともに、ピッチ内での影響力も日増しに高まっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160915-01631274-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 以下でVIPがお送りします 2016/08/29(月) 01:27:21.193 ID:QUhr8/ar0
    no title
    ラムジーもいるけどさ

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@ 2016/08/22(月) 05:12:51.14 ID:CAP_USER9

    281808hp2

     
    【レアル・ソシエダ 0-3 レアル・マドリー リーガ 第1節】

    スペイン・リーガ・エスパニョーラ第1節が現地時間の21日に行なわれ、レアル・マドリーはアウェイでレアル・ソシエダと対戦した。

    昨季チャンピオンズリーグ(CL)を優勝したものの、国内では無冠に終わったマドリー。
    ジネディーヌ・ジダン監督にとって初めての開幕からチームを指揮するシーズンとなる。
    開幕戦はクリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマが招集外。BBCトリオのうちガレス・ベイルのみが先発を果たす。

    しかし開始早々の2分、そのベイルがマドリーに先制点をもたらす。
    右サイドからのクロスにヘディングで合わせ1-0とリードを奪う。
    さらには40分に新星マルコ・アセンシオが追加点を記録。前半を2-0で折り返す。

    試合終了間際に再びベイルがゴールを決めたマドリーは3-0で勝利を収めた。
    C・ロナウドとベンゼマを欠く苦しい状況もリーガ制覇に向けて順調な白星発進を達成している。

    【得点者】
    2分 0-1 ベイル(レアル・マドリー)
    40分 0-2 アセンシオ(レアル・マドリー)
    90分 0-3 ベイル(レアル・マドリー)

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160822-00010002-footballc-socc
    フットボールチャンネル 8月22日(月)5時6分配信

    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/esp/esp-10930454.html
    試合スコア

    続きを読む

    1: Egg ★2016/07/12(火) 11:56:48.03 ID:CAP_USER9
    ◆ウェールズはラムジー、アレンの脇役が代わりに選出
     
    ポルトガルの初優勝で幕を閉じた欧州選手権の大会ベストイレブン「プレーヤー・オブ・ザ・トーナメント」が欧州サッカー連盟(UEFA)によって発表された。

    大会得点王(6点)とプレーヤー・オブ・ザ・トーナメント(最優秀選手賞)をダブル受賞したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンをはじめ、
    代表で初となるトロフィーを掲げたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)ら豪華スターが栄誉を手にした。

    その一方で、2本の直接FKを決めるなど計3得点を挙げて躍進ウェールズをけん引したFWギャレス・ベイル(レアル・マドリード)は謎の選外となった。

    ゴール以外でも今大会ではスーパースターと呼ぶに相応しい段違いの実力を見せつけたが、ウェールズからは代わりにリバプールMFジョー・アレン、
    準決勝ポルトガル戦で欠場したMFアーロン・ラムジーの2人が選出されている。SNS上でも「なぜ、ベイルがいない」と波紋は拡がっている。

    11人の内訳を見ると、初のメジャートーナメント制覇を成し遂げたポルトガルからロナウドやDFペペ、
    ドルトムントに新加入するDFラファエル・ゲレイロら最多の4人が選ばれている。

    それに続くのは司令塔MFトニ・クロース(レアル・マドリード)ら3人がピックアップされたドイツ。
    以下、準優勝のフランスと初出場で4強入りと快進撃を続けたウェールズから2人ずつがベスト11入りを果たした。、11人全員がベスト4の国からの選出となった。

    ◆4強から11人選出
     
    元マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏やデイビッド・モイーズ氏ら、
    UEFAのテクニカル・オブザーバー13人からなる委員会によってベストイレブンは選出された。

    ファーガソン氏は選ばれた11人について「熟考の末、
    評者たちはEURO2016でベストパフォーマンスを披露したチームからベストな選手たちを選出した」と語っている。

    「チーム・オブ・ザ・トーナメント」の顔ぶれは以下の通り。

    システム:4-2-3-1

    GK
    ルイ・パトリシオ(ポルトガル代表/スポルティング)
    DF
    ジョシュア・キミッヒ(ドイツ代表/バイエルン)
    ジェローム・ボアテング(ドイツ代表/バイエルン)
    ペペ(ポルトガル代表/R・マドリード)
    ラファエル・ゲレイロ(ポルトガル代表/ドルトムント)
    MF
    トニ・クロース(ドイツ代表/R・マドリード)
    ジョー・アレン(ウェールズ代表/リバプール)
    アントワーヌ・グリーズマン(フランス代表/A・マドリード)
    アーロン・ラムジー(ウェールズ代表/アーセナル)
    ディミトリ・パイェ(フランス代表/ウェストハム)
    FW
    クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表/R・マドリード)

    2016.07.12 (Tue)
    http://www.football-zone.net/archives/36570

    写真
    no title


    ベイル、EUROベストイレブン選外に…SNSで不満の声「入れるべきだと思う」
    http://www.footballchannel.jp/2016/07/12/post163315/

    【サッカー】<EURO2016>最優秀選手はグリーズマン!c2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1468250620/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ