サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:プレーオフ

    1: Egg ★ 2017/10/17(火) 21:42:07.96 ID:CAP_USER9
    いずれも予想が難しいカードに!

     10月17日、スイス・チューリヒにてロシア・ワールドカップ欧州予選プレーオフの組み合わせ抽選会が行なわれた。

     これまで開催国ロシアを除く54か国が9つのグループに分かれてリーグ戦を行なってきて、首位チームはすでに本大会行きを決めたが、今回、2位チームのうち成績上位8チームが残り4つの椅子を懸けて、ホーム&アウェーでの戦いに臨む。
     
     抽選の結果、決まった4つのカードは以下の通りである。
     
     強豪同士の潰し合いを避けるため、FIFAランキング(16日発表)の上位4チームは対戦しないという取り決めに則り、第1ポットはスイス、イタリア、クロアチア、デンマーク、第2ポットには北アイルランド、スウェーデン、アイルランド、ギリシャで分けられた。
     
    北アイルランド(23位) vs スイス(11位)
    対戦成績:2勝1分け1敗
    クロアチア(18位) vs ギリシャ(47位)
    対戦成績:1勝3分け2敗
    デンマーク(19位) vs アイルランド(26位)
    対戦成績:3勝4分け5敗
    スウェーデン(25位) vs イタリア(15位)
    対戦成績:6勝6分け11敗
     
    ※括弧内は2017年11月16日発表分のFIFAランキング。カードの下の対戦成績(Aマッチ)は、左側記載の国から見たもの。
     
     注目のイタリアは、北欧の強国スウェーデンと対戦することとなった。通算対戦成績では勝ち越しているものの、優れたタレントを擁する相手だけに、厳しい戦いを強いられることは必至。ロシアへの道は、なおも険しい。
     
     クロアチアの相手はギリシャに。全く対照的なカラーを持つチームの対戦であり、バルカンの技巧派集団が、かつて欧州を制した相手の堅固な守備を崩せるか否かが、最大の注目点となるだろう。
     
     他の2試合も、実力伯仲の拮抗した勝負になるのは間違いなく、予想は非常に難しい。世界が注視するであろう、ロシア行きを懸けた最後の戦いは来月、9~11日に第1戦、12~14日に第2戦が行なわれる。


    サッカーダイジェスト 10/17(火) 21:35配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171017-00031231-sdigestw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★2017/02/07(火) 18:17:00.61 ID:CAP_USER9
     ガンバ大阪は7日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフのジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)戦に挑むスターティングメンバーを発表した。


     これが今季初の公式戦となるG大阪は、最終ラインに新加入のDF三浦弦太、DFファビオを起用したが、それ以外のポジションは元日本代表MF遠藤保仁、新たに8番を背負う日本代表MF井手口陽介ら昨季の主力が顔を揃えている。ベンチに新加入アタッカーのMF泉澤仁、18歳MF堂安律らが控える陣容だ。

     昨季ACLで2008年以来のアジア制覇を狙いながら、まさかの2分4敗と1勝もできずに屈辱のグループステージ敗退。再び本選の舞台に立つべく、本拠地の吹田スタジアムでジョホール・ダルル・タクジムを相手に必勝を誓っている。

     G大阪のメンバーは以下のとおり。

    ▼スタメン
    GK
    東口順昭
    DF
    三浦弦太
    ファビオ
    藤春廣輝
    オ・ジェソク
    MF
    遠藤保仁
    井手口陽介
    倉田 秋
    今野泰幸
    FW
    アデミウソン
    長沢 駿

    ▼控えメンバー
    GK
    鈴木椋大
    DF
    丹羽大輝
    初瀬 亮
    MF
    市丸瑞希
    堂安 律
    泉澤 仁
    FW
    高木彰人

    Football ZONE web 2/7(火) 18:01配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170207-00010013-soccermzw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ