サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ブラジル戦

    bb-sd-0620-okazaki-w500


    ブンデスリーガ・マインツの日本代表FW岡崎慎司(28)が16日、公式ブログを更新し、
    0-4で敗れた国際親善試合・ブラジル戦(シンガポール)を前向きに振り返った。

    同戦では10日のキリンチャレンジ杯・ジャマイカ戦(デンカ)から先発6選手が入れ替わり、
    Jリーグ所属の若手が多く起用された。
    このアギーレ監督の判断に批判も多いが、岡崎は「何よりもポジティブなのは若い選手
    が試合に出た事やろ間違いなく。周りがどう思っても俺はJリーグで育ったから分かる!」とキッパリ。

    「代表での経験は底知れないパワーを自分達に与えてくれる。
    Jリーグで出てる選手にチャンスがある事はポジティブでフェアでみんなの刺激になる!」と熱く持論を展開しながら、
    「若い選手達に自信持たせる一発を取れなかった自分に腹が立つ!」と責任感を漂わせた。

    一部ではアギーレ監督の敷く4-3-3の新布陣に限界を感じているとも報じられたが、
    「最近自分の伝えたい事があまり伝わらないなー」とし、
    「システムに限界かあると僕が言ったような記事も見たけど、そんな簡単に限界なんか決めないですしね」と説明。
    「僕らは勝ちたいし、上手くなりたい!」と、岡崎らしい飽くなき上昇志向を感じさせる言葉をつづった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141016-00000550-sanspo-socc
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141016-00000110-sph-socc

    ブログ全文
    http://ameblo.jp/okazaki-shinji/entry-11939778695.html

    続きを読む



    岡崎不発「突き詰めないといけない」

    FW岡崎慎司(28=マインツ)は無得点に終わり、悔しさをあらわにした。

    前半36分、右クロスに飛び込んで頭を合わせるが、ゴール左に外れた。
    後半11分には、角度のないところから右足シュートを放つがブラジルGKがはじいた。
    後半33分に、FW柿谷と交代して退いた。

    試合後には「厳しい戦いは予想していた。相手の1つ1つの力が上回った感じがします。
    個人の力によるところにはある。日本はチームで戦わないといけないけど、
    個人の能力を含めてチームとしても突き詰めないといけないところがあると思った」と振り返った。

    シンガポールのスタジアムは満員で、ブラジルにも日本にも拍手が送られた。
    日本のサポーターも駆けつけており「サポーターがたくさんいたので、
    勝ちたいという気持ちが強かった」と悔しがった。

    http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/f-sc-tp2-20141014-1381990.html

    1:2014/10/15(水) 00:54:11.03
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1413302051/

    続きを読む

    8B


    試合前に明言していたとおり、10日のジャマイカ戦(1-0)から先発6人を入れ替えた。

    FW小林悠、MF森岡亮太、MF田口泰士の3人が国際Aマッチ初先発。
    DF塩谷司はデビュー2戦目で、MF柴崎岳、DF太田宏介も国際Aマッチ3試合目。

    FW本田圭佑、DF長友佑都らをベンチに置き、国際経験の少ない若手を積極的に起用した。

    試合前日の会見で「現在はアジア杯に向けて選手を選考している時期。
    選手を見つけることが最優先になる」と話していたハビエル・アギーレ監督は、その言葉を忠実に守った。

    この日の試合後も「我々の目的は変わっていない。
    アジア杯に向けて選手を選考すること。そして今日も選手を見ることができた」と強調した。

    「今日の両チームの違いは選手の若さだったかもしれない。今日はJリーグの若い選手を7人起用した。そこが一番違ったかもしれない。
    2点目を取られたところで、初めて強豪と対戦した選手が少し自信を失ったことも考えられる」

    選手を見極めるうえで、より厳しい環境で、強豪相手にどんなプレーをするかを重視した。
    この日のスタメンについて「選手たちのキャラクターを見るためだ。アジア杯に向け、重要な責任のある場に挑めるかどうかというところを見た」と説明した指揮官は、
    そのうえで「たくさんの結論を出すことができた」と、収穫を口にした。

    「今日は私にとって重要な試合だった。こういった逆境の中で選手を見ることができた」。
    だれが世界と戦うことができるのか。そして、だれは戦えないのか。アギーレ監督の頭の中では着実に選手選考が進んでいる。

    来年1月のアジア杯に向けた6試合の強化試合のうち4試合が終わった。
    「もうすでに決まっている選手たちもいる。しかし、それを発表するのはアジア杯のリストを発表するときだ」。

    残るは11月14日のホンジュラス戦(豊田ス)と同18日のオーストラリア戦(ヤンマー)の2試合。
    アジア杯メンバー23人入りを懸けた選手の生き残り競争も最終局面に入った。

    10月15日(水)4時7分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141015-00162951-gekisaka-socc

    続きを読む

    no title



    「国際親善試合、日本0‐4ブラジル」(14日、シンガポール)

    ハビエル・アギーレ監督(55)率いるFIFAランク48位の日本代表が、
    同6位の“王国”ブラジル代表と対戦。エースFWネイマールに全失点の4ゴールを決められ、0‐4で敗れた。

     アギーレ監督の思いきった選手起用に、ブラジルメディアも目を白黒させた。

    前日練習後、指揮官は「先発6人を入れ替える」と明言しており、
    11人から外れたFW本田圭佑(ACミラン)、DF長友佑都(インテル・ミラノ)はいずれもベンチスタート。

    試合前に先発が発表されると「ホンダとナガトモはケガではないのか?なぜ外すんだ?」と驚きの声が上がっていた。

    10月14日(火)22時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000089-dal-socc

    続きを読む

    69253bc7



    14日夜、ブラジル戦(シンガポール)の先発発表で岡崎が紹介された際、オーロラビジョンに
    香川の顔写真が大写しになるミスがあった。場内に「シンジ、オカザキ」のコールが威勢良く
    鳴り響く中、映し出されたのは「SHINJI KAGAWA」の文字と香川の顔。日本では
    考えられないことだが、アルファベットで書けば名前が同じ「SHINJI」になることが原因とみられ、
    シンガポール開催ならではの珍事となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000563-san-socc

    続きを読む


     10日に行われたキリンチャレンジカップ2014のジャマイカ戦後に脳震とうの症状が出たため、チームから離脱していたドルトムント所属の日本代表MF香川真司が14日、自身のツイッターを更新し「今からドイツに戻ります」と報告した。

     香川は約1カ月ぶりにツイッターを更新。「代表チームを離脱してから数日安静にしていましたが、今からドイツに戻ります。

    代表戦では、皆さんの声援や僕への横断幕を掲げて頂き、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を綴り、「また11月に代表に選出され日本に戻って来られるようにがんばります!」と意気込みをコメントしている。

     日本代表は11月14日に行われるキリンチャレンジカップ2014でホンジュラス代表と、18日にはオーストラリア代表との対戦が予定されている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00241484-soccerk-socc

    続きを読む

    no title



    「国際親善試合、日本-ブラジル」(14日、シンガポール)

     サッカー日本代表は13日、ブラジル戦に向けて試合会場で公式練習を行った。ハビエル・アギーレ監督(55)は公式会見で、就任後3戦目で初勝利を挙げた10日のジャマイカ戦から、先発6人を入れ替えると明言。FW本田圭佑(28)=ACミラン、DF長友佑都(28)=インテル・ミラノ=らが外れる見込みで、金星を追う一方で、来年1月のアジア杯(オーストラリア)への選考の場とする考えを示した。

     指揮官の目がギラリと光った。会見場に現れたアギーレ監督は言い切った。

     「メンバーは(ジャマイカ戦から)6人入れ替える。今はアジア杯に向けたメンバー選考をしている時期。結果も求めるが、選手を見つけることが最優先」

     新チーム発足後、初の海外での強化試合で、先発を大幅に入れ替えて王国に挑む。

     就任後、最初の公式大会となるアジア杯へ、選考以外にも入れ替えの理由はある。ジャマイカ戦後は、飛行機の乗り換えを含む長時間の移動を経験した。さらに、2部練習を予定していた12日の午後練習が雷雨のため室内調整を余儀なくされた。「選手を痛めつけないように、ということも考えている。(大幅入れ替えは)ジャマイカ戦後に選手を負傷させたくないということで決定した」と語った。

     本田や長友が先発から外れる見込みだが、勝利を求める姿勢に変わりはない。ミーティングでは「自信と迫力を持ってやろう!!ここで勝てば世界で有名になれる!!有名になるんだ!!」と熱い言葉をかけ、“下克上”を期待したという。ピッチ状況は劣悪だが「決して言い訳にするな!!」とも語ったという。

     指揮官の意気込みに、FW岡崎も「自分の生きる道を見つける試合になる」と、番狂わせに気合十分。ジャイアントキリングは起こせるか。


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000011-dal-socc 

    続きを読む

    maxresdefault


    日本代表は11日、ブラジル戦(14日)のため新潟発の航空機で出発し、同日夜に開催地のシンガポール入りした。

    アギーレジャパン初勝利となった10日のジャマイカ戦で活躍したMF柴崎岳(22=鹿島)は09年U―17W杯でブラジル代表のエースFWネイマール(22=バルセロナ)と対戦しており、今回が“再戦”となる。

    2―3で敗れた一戦から5年の時を経て、世界的ストライカーに成長した姿を見せつける。

     機は熟した。アギーレ監督が主軸の1人として認める柴崎が、5年ぶりに同世代のエースと対戦する。チームはこの日、新潟からブラジルとの決戦地のシンガポール入り。

    アギーレジャパンではピッチ、取材ゾーンにも常に最初に姿を見せる若き司令塔は、この日の新潟空港にも先頭で姿を現し、終始リラックスした表情で機内へと乗り込んだ。

     日本代表としては13年のコンフェデ杯以来となるブラジル戦。柴崎にとっても特別な一戦となる。背番号10を背負って出場した09年U―17W杯ナイジェリア大会。

    1次リーグ初戦で戦った当時のU―17ブラジル代表には、同じく背番号10をつけた若きネイマールがいた。今や世界的スターとなったネイマールとはそれ以来の顔合わせ。
    5年前に柴崎はアシストを記録したが試合に敗れただけに、今回は借りを返す大きなチャンスとなる。

     「あまり覚えていない。でもブラジルの中でも一番インパクトはあった」。柴崎は当時をそう振り返ったように、5年前は既に遠い記憶になっているが印象は脳裏に焼き付いていた。

    ネイマールは昨季、世界屈指のビッグクラブに移籍しただけに「バルセロナに行ってどうなってるかな、というのはある」と再戦を楽しみにしている。

    W杯ブラジル大会については「同世代が活躍した大会」と捉え「ネイマールやハメス・ロドリゲスは刺激になった」とあくまでライバルとして見ていた。

     柴崎もこの5年間で着実に成長している。今や鹿島の不動の司令塔となり、アギーレジャパンでも出場2試合で主軸の1人となった。

    同じインサイドハーフの香川が脳振とうにより離脱したため、ブラジル戦はより大きな期待がかかる。ジャマイカ戦で放った輝きをブラジル戦でも見せられるか。サムライブルーの新司令塔が決戦を心待ちにしている。

     ▽柴崎VSネイマールVTR 09年10月24日、ナイジェリアで行われたU―17W杯の1次リーグB組初戦で日本とブラジルが激突。

    柴崎(当時青森山田高)とネイマール(同サントス)はともに背番号10をつけた。1―1の後半22分にネイマールが勝ち越しゴールを挙げたが、同39分に柴崎が自陣からのロングフィードで杉本(現C大阪)の同点弾をアシスト。

    日本は同ロスタイムのオウンゴールにより、2―3で破れた。3戦全敗となった日本は同組最下位で1次リーグで敗退した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141012-00000031-spnannex-socc

    続きを読む

    news_149066_1


     10日に行われたサッカーの国際親善試合・ジャマイカ戦で負傷し、日本代表を離脱した
    MF香川真司(25)=ドルトムント=について、新潟市内の病院での精密検査の結果、軽い
    脳振とうと診断され、異常が見られなかったことが11日、明らかになった。香川は11日朝まで
    新潟市内の宿舎で過ごした後、新幹線で都内へ移動。数日間は都内で静養し、近日中に
    ドイツへ戻る予定。

     日本代表から離脱した香川だったが、大事には至らなかった。協会関係者によると、
    試合後に病院へ直行した香川は軽い脳振とうと診断され、精密検査の結果、異常も見つからなかった。

     ジャマイカ戦の前半途中、相手の肘が顎に当たり、口の中を出血。試合後には
    「頭がクラクラする」と訴えていた。マンチェスター・ユナイテッドに所属していた8月末にも
    脳振とうを起こし、9月の代表招集を見送られたため、大事を取って離脱が決まった。

     朝まで新潟市内のホテルで過ごした香川は、その後、新幹線で東京へ移動。ジーンズに
    ニット帽というラフな服装で東京駅に降り立った際には周囲が騒然となったが、5~6人の関係者に
    徹底ガードされ、しっかりとした足取りで改札を通り抜けていった。

     香川の関係者によると、会話もはっきりしており、脳振とうの影響は見られないという。
    2、3日は都内で静養につとめ、近日中にドイツへ戻る予定で、協会広報も「いつ戻るかは
    クラブ側と相談して決める」と説明した。ドルトムントは18日にFW大迫勇也が所属する
    ケルンとのアウェー戦を控えているが、香川の出場については合流後に判断される見通しだ。

    デイリースポーツ 10月12日(日)7時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141012-00000019-dal-socc

    続きを読む

    news_149066_1


    [10.10 キリンチャレンジ杯 日本1-0ジャマイカ デンカS]

     日本代表MF香川真司(ドルトムント)が試合後に脳震盪の症状を訴え、チームから
    離脱することが決まった。シンガポール遠征には帯同しない。

     アギーレジャパン初出場となった香川は前半38分、あごを打ってタッチラインの外で
    治療を受けた。そのまま後半45分に途中交代するまでプレーを続け、試合直後には
    テレビインタビューも受けたが、ロッカールームに戻ってから「頭が少しクラクラする」と訴えたという。

     日本サッカー協会関係者によると、あごを打って口から出血していたというが、
    脳震盪と見られる症状があるため、スタジアムから病院に直行。精密検査を受けることになった。

     香川はマンチェスター・ユナイテッド時代の8月26日に行われたキャピタル・ワン杯2回戦でも
    脳震盪で途中交代しており、「立て続けにあるのは良くない」(協会関係者)との判断からドクター、
    監督と話し合った結果、チームから離脱することが決まった。

     日本代表チームは明日11日にシンガポールへ移動し、14日にブラジル代表と対戦するが、
    背番号10不在で臨むことになった。現時点で追加招集は決まっていない。

    ゲキサカ 10月10日(金)22時50分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00156719-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ