サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ブラジル

    37: 風吹けば名無し 2018/05/15(火) 07:20:40.69 ID:KFUMVoPia
    何の参考にもならんけどブラジルのメンバー発表されたで 

    GK 
    アリソン(ローマ) 
    カッシオ(コリンチャンス) 
    エデルソン(マンチェスターシティ) 
    DF 
    ダニーロ(マンチェスターシティ) 
    マルキーニョス(PSG) 
    チアゴ・シウバ(PSG) 
    マルセロ(R・マドリー) 
    ジョアン・ミランダ(インテル) 
    ファギネル(コリンチャンス) 
    フィリペルイス(アトレティコマドリー) 
    ペドロジェロメウ(グレミオ) 
    MF 
    ウィリアン(チェルシー) 
    フェルナンジーニョ(マンチェスターシティ) 
    コウチーニョ(バルセロナ) 
    パウリーニョ(バルセロナ) 
    カゼミーロ(R・マドリー) 
    レナト・アウグスト(北京国安) 
    フレッジ(シャフタール) 
    ドウグラスコスタ(バイエルン) 
    FW 
    ネイマール(PSG) 
    タイソン(シャフタール) 
    ガブリエルジェズス(マンチェスターシティ) 
    フィルミーノ(リヴァプール) 

    no title


    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/11/11(土) 20:38:38.65 ID:CAP_USER9
    DJCNS5fW0AAzVMc


    サッカー日本代表が1-3で敗れたブラジル戦の結果を受け、今回代表から外れている本田圭佑(パチューカ)が11日、
    自身のツイッターで「自分が出てたとしても結果は変わっていないと言う前提で」とした上で、
    「差が縮まるどころか広がってると感じた前半30分。後半は完全にリラックスモード」とつづり、サッカー王国との実力差を痛感したようだった。

    節目節目でサッカー界への問題提起をしている本田らしく、「この現状を問題視しないといけない」とし、
    「日本のサッカーが世界トップになるために何をどう改革するべきか、サッカー協会を中心に議論する必要がある」と投げかけた。

    日本は10日のブラジル戦で、ビデオアシスタントレフェリーを利用したリプレー映像での判定からネイマールの先制PKを献上。その後も失点し、前半だけで3失点を喫した。
    後半に槙野のヘッドで1点を返したものの、ブラジルはペースを落としており、強化目的としては成果が微妙な結果と内容になってしまった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171111-00000124-dal-socc
    11/11(土) 20:27配信

    続きを読む

    1: Egg ★@^^ch.net 2017/08/10(木) 19:33:21.60 ID:CAP_USER9
    CpDGFhIUMAAi1Bp

    国際サッカー連盟(FIFA)は10日、最新のFIFAランキングを発表した。日本代表は前回の46位から2つ順位を上げ、44位にランクイン。45位から動かなかったオーストラリアを抜き、アジア2番手に浮上した。44位はバヒド・ハリルホジッチ監督の就任後、最高順位タイとなっている。

     また、アジア勢最上位は24位のイランで変わらず。W杯アジア最終予選で日本と同グループのサウジアラビアは59位、UAEは74位、イラクは102位、タイは130位にランクイン。今月にはW杯アジア最終予選が控えており、日本は31日にホームでオーストラリア、9月5日にアウェーでサウジアラビアと対戦する。

     上位に目を向けると、ブラジルが首位に返り咲き。前回発表で2015年6月以来、約2年ぶりに首位浮上となったドイツを1か月で抜き返している。トップ5ではアルゼンチンが3位で変動はなく、スイスが4位、ポーランドが5位に順位を上げた。

     なお、次回発表は9月14日の予定となっている。

    順位は以下の通り※()は前回順位

    1.(2)ブラジル
    2.(1)ドイツ
    3.(3)アルゼンチン
    4.(5)スイス
    5.(6)ポーランド
    6.(4)ポルトガル
    7.(7)チリ
    8.(8)コロンビア
    9.(10)ベルギー
    10.(9)フランス
    11.(11)スペイン
    12.(12)イタリア
    13.(13)イングランド
    14.(16)メキシコ
    15.(14)ペルー
    16.(15)クロアチア
    17.(17)ウルグアイ
    18.(20)ウェールズ
    19.(18)スウェーデン
    20.(19)アイスランド
    21.(26)コスタリカ
    22.(21)スロバキア
    23.(22)北アイルランド
    24.(23)イラン
    25.(24)エジプト
    26.(35)アメリカ
    27.(25)ウクライナ
    28.(28)コンゴ民主共和国
    29.(29)アイルランド
    30.(30)ボスニア・ヘルツェゴビナ
    ……………
    44.(46)日本
    45.(45)オーストラリア
    49.(51)韓国
    59.(61)サウジアラビア
    74.(75)UAE
    102.(103)イラク
    130.(131)タイ

    8/10(木) 18:08配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-01642702-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/08/11(金) 02:32:10.22 ID:CAP_USER9
    Bm9TixpCcAEJn15



    ブラジルサッカー連盟は10日、ブラジル代表メンバー23名を発表した。

    すでに2018 FIFAワールドカップロシア大会出場を決めているブラジル。ネイマールやミランダら代表常連メンバーが順当に名を連ねた。
    ロドリゴ・カイオやルアンといったリオ・デ・ジャネイロ五輪世代の選手を数名招集したものの、サプライズ選出はなし。

    チッチ監督は「我々はすでに予選を通過しているが、全てはワールドカップで勝つため。
    そのためのメンバーを選んだ」とさらにチームの完成度を高めていくことを強調した。

    ブラジル代表は31日にホームでエクアドル代表と、5日にアウェイでコロンビア代表と対戦する。

    招集メンバー23名は以下の通り。

    ▼GK
    アリソン(ローマ)
    カッシオ(コリンチャンス)
    エデルソン(マンチェスター・C)

    ▼DF
    ダニエウ・アウヴェス(PSG)
    ファグネル(コリンチャンス)
    マルセロ(レアル・マドリード)
    フェリペ・ルイス(アトレティコ・マドリード)
    マルキーニョス(PSG)
    チアゴ・シウヴァ(PSG)
    ミランダ(インテル)
    ロドリゴ・カイオ(サンパウロ)

    ▼MF
    カゼミーロ(レアル・マドリード)
    フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)
    レナト・アウグスト(北京国安)
    パウリーニョ(広州恒大)
    フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
    ウィリアン(チェルシー)
    ルアン(グレミオ)
    ジュリアーノ(ゼニト)

    ▼FW
    ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
    ネイマール(PSG)
    ガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C)
    タイソン(シャフタール)

    8/10(木) 23:39配信 サッカーキング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00625170-soccerk-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170810-00625170-soccerk-000-view.jpg

    【順位表】
    ※上位4チームが本大会出場権獲得
    5位チームは大陸間プレーオフ進出。プレーオフは南米5位とオセアニア代表によるホーム&アウェー戦。勝者が本大会出場権を獲得

    1. ブラジル(33)+25
    2. コロンビア(24)+3
    3. ウルグアイ(23)+9
    4. チリ(23)+5
    5. アルゼンチン(22)+1
    6. エクアドル(20)+3
    7. ペルー(18)-1
    8. パラグアイ(18)-8
    9. ボリビア(10)-20
    10.ベネズエラ(6)-17

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?172154-172154-fl

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ