サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:フェライニ

    107: 風吹けば名無し 2018/08/28(火) 05:36:09.71 ID:/7mpxBMTa
    GettyImages-633942694-800x600


    マンUファンは認めたくないだろうけどマンUの象徴ってフェライニだよな 
    マンU思い浮かべた時に真っ先に思い浮かぶのフェライニだわ 
    ザ・ユナイテッドって感じする 
    その前はルーニーだった


    999: 
    風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/04(月) 18:36:10.55 ID:CAP_USER*.net
    ミランがマンチェスター・ユナイテッドから戦力補強か? イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』は、MFマルアン・フェライニが獲得リストに挙がっていると報じた。

    ミランは以前から1月の移籍市場で中盤強化を目指すと言われている。セビージャMFエベル・バネガへの関心が話題になっていたが、ここにきてフェライニも候補に挙がったようだ。

    フェライニは、ルイス・ファン・ハール監督率いるユナイテッドでレギュラーポジションを得るには至っていない。そこで、ミランが2000万ユーロを用意してフェライニを狙うという。ミランはまずレンタルでの獲得を目指すようだ。

    1月の移籍市場で、ミランはトップレベルの中盤を獲得できるだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160104-00000022-goal-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/06/01(月) 08:30:34.31 ID:???*.net
    チームメートに移籍のススメ

    マンチェスター・ユナイテッドのMFマルアン・フェライニが、チームメートのMFアンヘル・ディ・マリアに
    フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)移籍を勧めるような発言をし、物議を醸している。

    地元紙「マンチェスター・イブニング・ニュース」は「フェライニがディ・マリアのPSG移籍を示唆」と報じている。

    ベルギーの誇る巨漢は、フランスのサッカー番組「テレフット」に出演。
    そこで昨年の英国史上最高額の移籍金6000万ポンド(108億円)でレアル・マドリードからやってきたウインガーについてコメントした。

    そこでPSGにディ・マリア獲得を 勧めるような発言をフェライニは残したという。

    「アンヘル・ディ・マリアはPSGにとってすごく良い補強になる。彼はワールドクラスのプレーヤーだ」

    ディ・マリアは昨夏PSG移籍寸前だったが、PSGはファイナンシャルフェアプレーに抵触し、
    巨額の罰金をUEFAに支払った影響で獲得を断念した。そして、ユナイテッド移籍が決まった。

    シーズン中にはディ・マリア自身もパリ移籍に前向きな発言を残していた。
    マンチェスター生活では、自宅に強盗が侵入を試みるなどの恐怖体験を受けた影響もあり、
    去就問題は大きな注目を集めていた。

    このタイミングで飛び出したフェライニ発言で、ディ・マリアのPSG移籍に向けた動きが加速するかもしれない。

    Soccer Magazine ZONE web 6月1日(月)7時20分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150601-00010003-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 13:52:07.86 ID:???*.net
    マンチェスター・ユナイテッドMFマルアン・フェライニは、
    元監督のデイビッド・モイーズ氏が解任されたときに涙を流したと明かしている。

    エヴァートンでモイーズ氏の指導を受けたフェライニは、2013年夏にユナイテッドに加入した。
    アレックス・ファーガソン氏の引退でユナイテッドの指揮官に就任した恩師を追ったフェライニだが、
    ユナイテッドは低迷し、モイーズ氏はシーズン終了を待たずして解任の憂き目に遭っている。

    フェライニは『So Foot』の中で、恩師の解任に心を痛めたと明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

    「彼が去ったときは悲しかった。エヴァートンに敗れた後、僕らはメディアで(モイーズ氏の解任の噂を)耳にしていたんだ。
    事実どうか分からなかった。そして次の日、練習場で彼がジャージじゃなく、スーツを着ていたのを見て思ったんだ。終わりだ、とね」

    「おかしな感じだったよ。食事をしてから、監督は僕をオフィスに呼んで、(解任を)知らせてきた。これがサッカーなんだ。
    泣いたよ。普通のことだ。僕は人間なんだよ。彼と6年仕事をしてきたんだ。彼は2番目の父親というわけじゃない。でも、それに近いものだ。すごく助けてくれた人なんだよ」

    モイーズ氏と同じように、フェライニもユナイテッドでの1年目は苦しみ、批判を浴びせられた。

    「チームも良いパフォーマンスをしておらず、僕はスケープゴートにされた。すべてがフェライニの責任だったんだ。
    そういう(批判の)すべてに気を配ると、沈んでしまう。あらゆる面で壊された」

    昨年夏に移籍が取りざたされたフェライニだが、最終的にはルイス・ファン・ハール監督が率いるチームに残った。

    「(ファン・ハール)監督が来たときに、難しくなることは分かっていた。昨季の僕はスケープゴートにされていたからね。
    でも、言い聞かせたんだ。失うものは何もないとね」

    「ワールドカップが終わって、今季の最初に監督と話した。僕のポジションには多くの選手がおり、自分を証明できるかどうかは自分次第だと言われたよ。
    でも、何度か練習してから、僕はうまくいくと感じていたんだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150509-00000007-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ