サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ファーガソン

    1: Egg ★@^^©2ch.net 2017/07/05(水) 23:48:26.52 ID:CAP_USER9
    ポグバのユーベ移籍の真実を明かす。
     
    かつての名将からすれば、選手との関係に介在してくるその存在は目障りでしかないようだ。
    英紙『インデペンデント』は、元マンチェスター・U監督のアレックス・ファーガソンが、「敏腕代理人のミーノ・ライオラを罵倒した」と報じた。
     
    同紙によれば、ファーガソンは現地時間7月3日にラグビーチームのセール・シャークスの面々を前にした講演会に登壇。

    そこで2012年にポール・ポグバがマンチェスター・Uからユベントスへ移籍した際の話を問われ、
    「ポグバについて教えてあげようじゃないか。彼はゴミのような愚かな代理人を持ってしまったというだけ」とライオラを罵ったという。
     
    さらにファーガソンは、「ポグバは評価されていた。良い選手だったし、偉大な選手になると我々は確信していた」と口にしたうえで、
    ライオラがポグバにユーベ入りを強要したと言わんばかりの言葉を吐き捨てている。
     
    「私が好まない種類の代理人がいる。ライオラはその一人だ。あの時、我々はポグバとの契約延長を望んでいた
    (当時は契約満了の時期だった)。だがライオラが現われ、すべて台無しになった。ポグバの家族をそそのかし、ユーベと契約させたのさ」
     
    また、自身とライオラの関係についてファーガソンは、「彼とは最初の会合からフィーリングが良くなかったね。
    我々は水と油だった」と発言。マンチェスター・Uに黄金期をもたらしたかつての名将は敏腕代理人を心底、毛嫌いしているようだ。
     
    ポグバはユーベで大きく飛躍し、昨夏には史上最高額の8930万ポンド(約125億200万円)で古巣マンチェスター・Uに復帰。
    その際に代理人のライオラが手数料やボーナスで計4100万ポンド(約57億4000万円)ものマージンをユーベから受け取ったとされ、
    これがルール違反に当たる可能性があるとしてFIFAが調査に乗り出してもいる。
     
     ポグバの他にズラタン・イブラヒモビッチやジャンルイジ・ドンナルンマなど多くのスターを顧客に抱えるライオラには、黒い噂が少なからずある。
    全ての選手に対して父親のように接してきたファーガソンが毛嫌いするのも無理はないかもしれない……。

    「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

    サッカーダイジェスト7/5(水) 19:39配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170705-00027512-sdigestw-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★©2ch.net 2016/06/01(水) 09:59:04.64 ID:CAP_USER9
    ■CL決勝のプログラムでファーガソン氏がかつてのライバルを評価

    598_m2


     元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のアレックス・ファーガソン氏が、今季アーセナルで無冠に終わった、かつての好敵手アーセン・ベンゲル監督に塩を送った。長くリーグタイトルから遠ざかっていることで批判を浴びるフランス人指揮官だが、強豪アーセナルで20年という長期政権を築く難しさを指摘した上で、「彼はずっとファンタスティックだ」と賛辞の言葉を送った。

     名将の言葉は28日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝のプログラムに掲載された。この試合、レアル・マドリードがアトレチコ・マドリードをPK戦の末に下し、史上最多11度目のCL制覇を成し遂げた。アーセナルで20年間監督を務めたベンゲル監督はこれまで幾度となくCLのタイトルに挑んできたが、これまでは2005-06シーズンの準優勝が最高成績。「フランス人監督として初のCL制覇」という名誉も、就任5カ月足らずでレアルを頂点に導いたジネディーヌ・ジダン監督の手に渡った。

     それでもファーガソン氏は、ベンゲル監督の手腕とこれまでの経歴を称えている。

    「彼はずっとファンタスティックだった。今、彼はたくさんの批判を浴びているね。しかし、私は批判を受けても自分の意志を曲げることのない姿勢に感服している。彼は自分の信念を貫いている。そんなことができるのは傑出した監督だと思うね。一貫性という話であれば、ベンゲルはスタイルを変えることなく指揮を執っている」

    かつては壮絶な舌戦を繰り広げた2人

     03-04シーズンに無敗優勝を成し遂げて以降は、プレミアリーグのタイトルにも縁がないベンゲル監督だが、ショートパスをつなぐ華麗な攻撃サッカーを展開するスタイルを貫き、20年の長期政権を築いてきた。多くのクラブが1、2年で指揮官を代えることも珍しくない現代のサッカーシーンでは、希少な存在となっている。

     ユナイテッドを27年間率いた伝説の名将は、かつてベンゲル監督と壮絶な舌戦を繰り広げたが、スタイルを変えないその姿勢に惜しみない賛辞を送っていた。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160530-00010010-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/27(日) 22:15:16.07 ID:CAP_USER*.net
     
    18億円で今冬の獲得候補にリストアップと英紙が報じる

     香川と同じ道を歩むのだろうか。マンチェスター・ユナイテッドが1月の移籍市場での補強候補として、
    マインツの日本代表FW武藤嘉紀をリストアップしたと英紙「デイリー・メール」が報じた。
    そこでは選手の目利きにおいて絶大な定評を誇る、偉大なるサー・アレックス・ファーガソン元監督も
    武藤を高く評価しているとレポートされている。

     主将FWウェイン・ルーニーら攻撃陣が不調で得点力不足に悩むユナイテッドは、
    ここ公式戦15試合で14得点と不振にあえいでいる。リーグ戦のチーム得点王は
    スペイン代表MFフアン・マタとフランス代表FWアンソニー・マルシアルの4得点となっている。

     そうした中で、今季マインツで海外リーグ初挑戦ながらブンデスリーガ前半戦の17試合で7得点を挙げるなど、
    高い得点能力を見せている武藤に白羽の矢を立てた。移籍金1000万ポンド(約18億円)を用意して、
    今冬に獲得に動く可能性が浮上したという。

     そこには偉大な人物の名前が出てくる。「現在オールド・トラッフォードで経営陣に名を連ねるかつての
    レッズのボス、サー・アレックス・ファーガソンも、このFWを高く評価していることで知られている」
    .

    香川も振り返る「素晴らしい経験」

     欧州1年目の武藤がサーの眼鏡に適ったとレポートされている。ファーガソン元監督はドルトムントで
    輝いた香川の才能に惚れ込み、2012年に自ら獲得に動いた。香川も移籍1年目にリーグ優勝に貢献。
    そこで、名将は監督としてのキャリアに幕を引き、後任にデイビッド・モイーズ前監督を指名したことが、
    香川とユナイテッドの運命を暗いものにした。

     様々なワールドクラスを育て上げてきたファーガソン監督との邂逅を、
    香川はドイツ地元テレビ局のインタビューでこう振り返っている。

    「サッカー界で一番タイトルを獲って、誰よりもレジェンドである監督の最後の年に、一緒にできたというのは
    自分にとって今後のサッカー人生で素晴らしい経験になったと思う」

     香川も宝物のように振り返るレジェンドと過ごした1年。そんな偉大な人物に武藤も見染められたのなら、
    「夢の劇場」と呼ばれるオールド・トラッフォードで挑戦する資格はすでに十二分に持ち合わせているのかもしれない。


    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151227-00010005-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/22(火) 21:48:03.63 ID:CAP_USER*.net

    51NGAI5asDL


    現代サッカーに近づけなかったファーガソン

    6試合連続勝ち星なしと絶不調にあるマンチェスター・ユナイテッドは、指揮官ファン・ハールに批判が集中している。勝利した時にも守備的でつまらないと言われるのだから、マンUの指揮官は大変な職業だ。最近の成績からファン・ハールは無能な指揮官と言われているが、英『デイリー・メール』はファン・ハールだけが悪いと言い切るのはナンセンスと主張している。

    同メディアはマンUでの仕事が非常に特殊だと指摘した。アレックス・ファーガソンが長期政権を築き、彼の後任に就いたデイビッド・モイーズとファン・ハールはどうしても偉大なファーガソンと比較されてしまう。しかし、思い返せば勇退する2012-13シーズンはリーグ制覇を達成したものの、ファーガソンはほとんど遺産を残せなかった。

    ファーガソンは現代サッカーに歩み寄ることができず、ファーガソン流と呼ばれる独特なスタイルを残してクラブを去った。モイーズもファン・ハールもその独特なスタイルからの脱却に苦労しており、今の苦戦はファーガソンにも多少の非はある。過去に香川真司を獲得してスモールエリアを崩す現代サッカーに歩み寄ろうとはしたものの、結局香川を活かすスタイルは見つけられなかった。

    悪く言えば古臭かったファーガソンのサッカーからの脱却を目指すファン・ハールは、かなり難しい仕事に直面している。それもモイーズが引っ掻き回した後ということもあって難しさは倍増していると言えるだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151222-00010029-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/08(火) 15:50:06.64 ID:CAP_USER*.net

    CQ3yY1wUwAAuXlO

     
     元マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏は、リバプールのユルゲン・クロップ監督に
    ついて「恐れを感じている」と、その衝撃を認めた。ロンドンで行われたイベントで語ったコメントを
    英紙『ミラー』が伝えている。

     6日のニューカッスル戦に0-2で敗れ、就任後2敗目を喫したクロップ監督だが、10月の監督就任後、
    チェルシー、マンチェスター・シティを下すなど、見事に立て直しに成功した。

     15節終了時点で8位に付けているリバプールだが、トップ4に食い込む実力は十分にあると見られており、
    タイトルを獲得するのではないかと予想する声もあるほどだ。

     ファーガソン氏は「クロップ監督については恐れを感じているよ。マンチェスター・ユナイテッドとしては
    リバプールに上回られたくないからね」と、かつての“ライバル”をV字回復させた手腕に感嘆。
    そのパーソナリティーも称賛している。

    「彼には素晴らしい人間性が備わっており、常に大きな白い歯を見せて笑っている。
    ニューカッスル戦で2点目を奪われ、敗れたときですら、彼はニューカッスルの
    スティーブ・マクラーレン監督のもとに行って賞賛の言葉を口にしていた。ドルトムントでもそうだったが、
    彼は飛び抜けているよ」

    「彼のことはコーチング・セミナーの頃からよく知っている。あの人間性、躍動感、知識を持ってくれば、
    リバプールに違いをもたらすことができるだろう」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-01449780-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/09(金) 22:31:40.00 ID:???*.net

    598_m2

     
    マンチェスター・ユナイテッドを長年率いたアレックス・ファーガソン氏が最も後悔することとは何だろうか?
    ある天才MFを手放したことが、「最も悲しい一例」だったという。

    かつてマンチェスター・ユナイテッドに、天才的なMFがいた。下部組織で育ったMFラヴェル・モリソンだ。
    だが、プレミアリーグではプレーすることなく、2012年にウェストハムに移籍した。

    大きな期待を背負ったモリソンだが、問題はピッチ外にあった。泣く泣く手放したMFは今、
    セリエAのラツィオでプレーする。そのモリソンこそが今まで見た中で一番の天分の才を持っていたと、
    ファーガソン氏は伝記の中で明かしている。

    「悲しいことに、(ライアン・)ギグスやクリスティアーノ・ロナウドと同じようなバックグラウンドを持ち、
    途方もない才能がありながら、幼少期の傷や内なる悪魔を乗り越えるだけの情緒的、
    あるいは感情的な強さを持たな選手たちの例がある」

    「ラヴェル・モリソンは最も悲しい一例かもしれない。これまでサインしたどの若手よりも生まれ持っての
    才能がありながら、問題に巻き込まれ続けた」

    だが悲しいことに、そうした精神面も含めて才能なのかもしれない。だからこそ痛みを伴う決断をした。

    「2012年に彼をウェスト・ハムに売ったのは、大きな痛みだった。
    素晴らしい選手になったかもしれないのだからね。だが、数年経ってもピッチ外の問題は
    エスカレートを続けるばかりで、カットする以外に選択肢がなかった」

    モリソンは今季のセリエAで、ここまで2試合に出場している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151009-00000029-goal-socc

    続きを読む

    1: 依頼@Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/06(火) 22:16:24.26 ID:???*.net

     598_m2
    英メディアに語る 「モイーズ政権は消去法の産物」

    マンチェスター・ユナイテッドのアレックス・ファーガソン元監督が、2013年夏に退任する際に、
    現在リバプールの新監督候補に浮上しているユルゲン・クロップ氏の招聘(しょうへい)に動いていたことを告白。

    ドルトムント時代のまな弟子だった日本代表MF香川真司と、
    オールド・トラフォードでタッグを組んでいた可能性があったことが明らかになった。英BBCが報じている。

    プレミアリーグ優勝13回、サーの称号を持つ男は2012-13シーズンのリーグ優勝後、オールド・トラフォードで華やかな指導者キャリアに幕を下ろした。
    後任には同じスコットランド人で、エバートンで辣腕を振るっていたデイビッド・モイーズ監督を推薦。
    だが、名将が期待を込めて任命したはずの後継者は、名門を浮上させることができず、1シーズンを持たずに解任された。

    ファーガソン元監督は「我々の状況下では最高の選択をした。我々は正しい人間を選んだんだ。
    私はチームがミスを犯したとは全く思わない。不運にも、デイビッドにとってはうまくいかなかった」と主張した。

    だが、ユナイテッドの歴史であだ花となったモイーズ政権は、「消去法の産物」だったという。
    .
    サーの後任にクロップが就任していたら…

    「ジョゼ・モウリーニョはチェルシーに復帰した。カルロ・アンチェロッティはレアル・マドリードに行ってしまった。
    ユルゲン・クロップはドルトムントと契約を更新した。ルイス・ファン・ハールはワールドカップを目指すオランダ代表にいた」と、サーは説明した。

    バイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督ともニューヨークで夕食をともにし、就任の打診を済ませていたファーガソン氏だったが、
    世界屈指の名将や現職のファン・ハール監督に加え、リバプールの新監督に就任濃厚とされるクロップ氏を自らの後継者候補に入れて、人選を進めていたことを明らかにした。

    香川はファーガソン氏の直々の説得で2012-13シーズン開幕前にドルトムントからユナイテッドに移籍。
    だが、所属2シーズン目のモイーズ政権下では出場機会と試合勘を失い、昨夏にドルトムントに出戻る格好で復帰している。

    ユナイテッドでの2年目に、もしもクロップ氏がサーの後任として就任していたら……。
    失意のまま去ることになったマンチェスターの地で、香川には異なる未来が待ち受けていたかもしれない。

    Soccer Magazine ZONE web 10月6日(火)16時13分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151006-00010014-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/25(金) 11:18:53.74 ID:???*.net

    no title

     
    元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏は、自身が「ワールドクラスの選手ではなかった」と語った。

    元マンチェスター・ユナイテッド監督のサー・アレックス・ファーガソン氏は先日、

    自身が指導した中でワールドクラスだったのはポール・スコールズ、エリック・カントナ、クリスティアーノ・ロナウド、ライアン・ギグスの4人だと語っていた。

    この中にベッカム氏の名前がなかったことが注目されたが、本人は妥当なことであり、侮辱にはあたらないと感じている。

    イギリス『BBCスポーツ』でベッカム氏がこのように語った。

    「私は史上最高の監督の下で、素晴らしい選手とともにプレーする幸運に恵まれた。十分な成功を収めることができたよ」

    「監督に同意だ。特定の一部の選手のみがワールドクラスと呼ぶのにふさわしい。そういった選手たちとプレーできたことはありがたいね」

    輝かしいキャリアを送ったベッカム氏だが、チームメートの助けがあってこそだったと思っているようだ。

    GOAL 9月25日(金)9時45分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000003-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 23:29:59.97 ID:???*.net

    img_dd4c718b0ad50796a4b752154c94a437306966

     
     元マンチェスター・ユナイテッド監督のアレックス・ファーガソン氏は、MFポール・ポグバが
    ユナイテッドからユベントスへ移籍した際のことを振り返り、代理人のミーノ・ライオラ氏を批判している。

     ユナイテッドに所属していたポグバは、契約が満了した2012年にユベントスへ移籍。
    その後イタリアでの活躍で世界屈指のMFと評価されるようになったことで、
    ユナイテッドが手放したのは大きな失策だったと批判されている。

     ファーガソン氏は22日に発売された著書『Leading』の中で、ユナイテッドはポグバとの契約延長を
    望んでいたが、ライオラ氏の介入に阻まれたと主張した。イギリス複数メディアが伝えている。

    「単純に私が好きではない代理人が1人か2人だけいる。ポール・ポグバの代理人である
    ミーノ・ライオラはその中の1人だ。彼のことは最初に会ったときから信頼できなかった」

    「彼は当時まだ18歳だったポグバの代理人になった。ポールとは3年契約に加えて
    1年間の延長オプションがあり、我々は延長したいと思っていた。だがライオラが突然舞台に登場してきた。
    最初の会談は滅茶苦茶だったよ」

    「彼と私は水と油のようなものだ。そこから我々のチャンスは台無しになった。
    ライオラはポールと彼の家族に取り入っていて、ポールはユベントスと契約することになったんだ」

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?172484-172484-fl

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/22(火) 13:10:20.66 ID:???*.net

    598_m2

     
    元マンチェスターU(イングランド)指揮官のアレックス・ファーガソン氏が現地時間21日、書籍『Leading』の出版イベントに出席。
    自身が指導した選手の中で「ワールドクラス」と呼べる選手は、4人だけだと述べた。

    ファーガソン氏は1986年からマンUで指揮をとり、38の主要タイトルをクラブにもたらし、2013年に勇退。
    その間、多くのスター選手を指導してきたが、その中でも真の「ワールドクラス」と呼べるのは、元フランス代表FWエリック・カントナ氏、
    元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリー/スペイン)、元イングランド代表MFポール・スコールズ氏の4名だとした。

    元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏や、イングランド代表FWウェイン・ルーニーらは含まれなかった。

    しかし、ファーガソン氏は4名の名前を挙げることで、ほかの偉大な選手たちの品位を落とすような意思はないとも述べている。

    ISM 9月22日(火)10時29分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150922-00000011-ism-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ