サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ファンハール

    1: Egg ★2016/05/20(金) 15:53:33.18 ID:CAP_USER9
    CL出場権を逃すも、クラブ首脳からの信頼が厚いオランダ人指揮官


    9cbc2ddc-s

     
    今季リーグ戦5位に終わったマンチェスター・ユナイテッドは、辞任の意向をまったく見せないルイス・ファン・ハール監督に対し、
    異例の強化部長への配置換えを画策。ジョゼ・モウリーニョ新監督を招聘する衝撃の二頭体制を計画していると、英紙「ザ・サン」が報じている。

    ユナイテッドは21日にクリスタル・パレスとのFA杯決勝戦を控えており、2012-13シーズンのリーグ優勝以来となるタイトルを目指しているが、
    ファン・ハール監督にはすでに「失格」の烙印を押されているようだ。2年間で500億円もの資金を費やしてタレントをかき集めたが、
    チームは5位に終わり、来季のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を逃している。

    本拠地オールド・トラッフォードで行われたリーグ最終節ボーンマス戦でのファン・ハール監督のスピーチでは、ブーイングも起こった。

    地元メディアもバッシングを続けているが、来季3年契約の最終年となるオランダ人指揮官は一歩も引く様子がない。
    「来年も私は監督だ!」「(続投を)確信している」と断言するなど、逆風の中でも”鋼のメンタル”を見せている。

    クラブ首脳陣も、エキセントリックな指揮官をいまだに評価しているという。

    記事では「酷いシーズンにもかかわらず、ファン・ハールはエド・ウッドワード副会長から信頼を得ており、
    クラブで豊かなフットボールに対する知識を活用してもらいたいと願っている」とレポートされている。

    バルサ時代のコンビが再結成か
     
    そこで現在、ウッドワード副会長が兼任している強化部長の座をファン・ハール監督に用意。
    来季新監督としてモウリーニョ氏を迎え入れる算段を進めていると、レポートされている。

    ファン・ハール監督とモウリーニョ氏はバルセロナ時代に監督とコーチの間柄で、いまだに関係は良好のようだ。
    どちらも歯に衣着せぬ物言いで暴走した過去もあるが、実現すればフットボール界で最も話題を呼ぶコンビになりそうだ。

    Soccer Magazine ZONE web 5月20日(金)10時16分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160520-00010003-soccermzw-socc

    【サッカー】<ファン・ハール監督>改めて続投に意欲「今季は運がなかった」c2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1463543140/

    【サッカー】<マンチェスター・U>香川、チチャリートらがいれば…ファン・ハール監督が放出した選手を英紙が紹介!
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1463639371/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 18:22:33.01 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    昨シーズン、デイヴィッド・モイーズの後を受け、マンチェスター・ユナイテッドの再建を託されたルイス・ファン・ハール。
    見事に1シーズンでのUEFAチャンピオンズリーグ復帰を果たしたものの、今シーズンはグループステージ突破に失敗。
    プレミアリーグでは現在5位だが、4位マンチェスター・シティとの勝ち点差は6に開いており、
    来季のチャンピオンズリーグの出場権が非常に厳しい状況となりつつある。
    来季はチェルシーを退団したジョゼ・モウリーニョの監督就任が濃厚と英国メディアが騒ぐなど、
    ファン・ハールの首筋は寒くなりはじめている中、英国紙の『Telegraph』が気になる話題を提供している。
    それは、「ルイス・ファン・ハールがマンチェスター・ユナイテッドからこれらの選手を放出したのは正しかったのか?」というものだ。
    13人の選手たちの名前がリストアップされており、その中にはドルトムントに復帰した日本代表MF香川真司の名も含まれている。順にご紹介しよう。

    パトリス・エヴラ
    売却: 2014年
    売却先:ユヴェントス
    移籍金:120万ポンド

    2014年の夏、ルイス・ファン・ハールが着任してすぐにユナイテッドを去った。
    そして、ユヴェントスでは大きな成功を続けている。昨シーズンはこのイタリアのチームがチャンピオンズリーグの
    ファイナルまで行くことの手助けをし、国内ダブルに貢献。今シーズンも継続性のあるフォームを続けている。
    この週末、ファン・ハールは「ユナイテッドはサイドバックのいないクラブ」と嘆いていた。今エヴラがいたらどうしたであろうか。

    裁定:ファン・ハールは彼が一緒にいたらと願っているはず

    ダニー・ウェルベック
    売却: 2014年
    売却先:アーセナル
    移籍金:1600万ポンド

    地元で人気のあったウェルベックを売却したことでユナイテッドはファンの怒りを買った。
    彼はアカデミー出身者であり、働きっぷりとクラブへの情熱は有名だったからだ。
    故障によりアーセナルに戻れずにいたが、昨シーズンのオールド・トラッフォードにおけるユナイテッド戦での決勝ゴールと、
    日曜日のレスター戦での決勝ゴールは、彼がフィットさえできれば本物の力を有していることを示している。

    裁定:現時点では裁定不能

    アンデルソン
    売却: 2015年
    売却先:インテルナシオナウ
    移籍金:フリー

    昨年、この恰幅の良いブラジル人がブラジルに戻ったとき、完全に笑い者にされていた。あえて言うならば、
    このMFはインテルナシオナウで輝くことに失敗したのだ。彼は高所であるラ・パスで行われたデビュー戦で
    体力を使い果たす前にPKに失敗し、その後イピランガとのドローゲームで退場してしまった。

    裁定:良い放出

    ダレン・フレッチャー
    売却: 2015年
    売却先:WBA
    移籍金:フリー

    フレッチャーがWBAに向かうまで、オールド・トラッフォードにおいて、フィットネスと健康の問題を抱え続けた。
    今は恒常的にプレーできる状態に復帰しており、ユナイテッドでの絶頂期のレベルには無いが、
    ソリッドなプレーを見せている。

    裁定:彼を行かせてあげる正しいタイミングだった

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/16(火) 01:15:44.11 ID:CAP_USER*.net

    4位マンCと勝ち点6差 今のままでは同じ運命をたどることに…
     
    マンチェスター・ユナイテッドの元指揮官デイビッド・モイーズ氏が、ルイス・ファン・ハール監督に対し、
    現在の成績では自身と同じ運命をたどることになると警告した。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

    現在、ファン・ハール監督率いるユナイテッドはリーグ26節を終えて5位。
    来季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得圏内の4位マンチェスター・シティに6ポイントの差をつけられている。
    6位サウサンプトン、7位ウェストハムもそれぞれ勝ち点差1ですぐ背後に迫っており、CL出場権争いで苦しい状況に立たされている。

    モイーズ氏は「スカイ・スポーツ」が放送している番組「Goal on Sunday」に出演し、
    ユナイテッドにとってCL出場権は必要不可欠なものだと語った。自身と境遇を重ね合わせながら、ファン・ハール監督に警告を送った。

    「マンチェスター・ユナイテッドにはチャンピオンズリーグ出場権が必要なんだ。私は分かっている。
    ユナイテッドはその舞台にいる必要があると思う。彼らはそれだけの資格があるクラブで、少なくともそのレベルにいたいと思っている。
    彼らは(CLを)優勝したいと思っているんだ。出場権獲得は重要なこと」

    モイーズ時代よりも成績が悪化
     
    英地元メディアではファン・ハール監督の解任論が加熱し、前チェルシー監督のジョゼ・モウリーニョ氏の就任が決定的とも報じられている。
    そのなかでモイーズ氏は、ファン・ハール監督が生き残る鍵は、リーグで4位以内に入ることであると主張した。

    現在のユナイテッドは26試合で41ポイントを獲得。その一方で、シーズン途中で解任されたモイーズ政権時は同じ26試合終了時点で、42ポイントを獲得していた。
    モイーズ氏が指揮を執った2013-14シーズンは最終的に7位で終わっていたとはいえ、現在のチームは当時よりも成績が悪化している。

     こうした結果から「ファン・ハール監督との比較で、扱いが不公平だと思うか?」と聞かれたモイーズ氏だったが、
    「私がマンチェスター・ユナイテッドでの職を失ったのは、満足のいくゲームができなかったから。シンプルな理由だ」と、自らの力が及ばなかったことを潔く認めていた。

    1年目は4位でなんとかCL出場権を獲得したオランダ人指揮官だが、
    もしその最低限のノルマを果たせなければ、前任者と同じ道を歩むことは確実なのかもしれない。

    Soccer Magazine ZONE web
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/26497

    Photo
    no title


    Table
    http://www.skysports.com/football/competitions/premier-league/table

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/29(火) 22:37:46.86 ID:CAP_USER*.net

    393E383A5E383BC

    クラブからの信頼は強調するも……

    マンチェスター・ユナイテッドは28日に行われたプレミアリーグ第19節のチェルシー戦を0-0で引き分けた。
    これによりユナイテッドは公式戦ここ8試合で勝利を収めていないことになる。

    試合後の会見で“いつものように”不機嫌なファン・ハール監督だったが、今後の自身の立場を
    案じているかのような発言も飛び出した。

    「私のことを危機的状況だと煽っているのは外部の人間にすぎない。クラブ内部の関係者や選手らは
    常に最前線で戦う姿勢で挑み続けているんだ。もちろん監督である私も戦う気持ちを持っている。
    スタッフだってそうだ。そしてクラブ幹部はそんなスタッフや監督に大きな信頼を置いているよ。
    ごちゃごちゃと騒いでいるのは単に周囲の人間であり、マンチェスター・ユナイテッドの中の人間ではない。
    あなたたち報道陣もその中の一部だ」

    「クラブが監督を解任するというジャッジを下さなければならないこともあるのは知ってる。
    私は常に自分の価値観で物事を見ているが、それがいつも正しいことかどうかは分からない。
    変化が常に繰り返される慌ただしいサッカー界では、解任や売却といった様々な出来事が毎日のように起こる。
    あのジョゼ・モウリーニョにもそういったことが起きたわけだから、この私にだって起こるかもしれないね」

    昨季チェルシーにリーグ優勝をもたらしたジョゼ・モウリーニョの解任は、ファン・ハール監督にとっても
    もはや他人事とは思えないのかもしれない。マンチェスター・ユナイテッド、そしてファン・ハール監督には、
    後半戦での華麗なる巻き返しを期待したいところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151229-00010018-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/28(月) 18:00:47.88 ID:CAP_USER*.net
     
    全幅の信頼を寄せるフロント
     
    マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、26日の敵地ストーク・シティ戦で0-2と敗北し、経営陣に辞任を申し出た。
    だが、慰留されるという衝撃の展開を迎えている。

    英地元紙「インディペンデント」が
    「ルイス・ファン・ハール速報 マンチェスター・ユナイテッドの監督はお手上げと信じているが、経営陣が残留を説得」という見出しで特集した。

    1961年10月以来となる公式戦4連敗という悲劇を味わった。強気な発言を続けてきたオランダ人指揮官の心も、すっかり折れてしまったようだ。

    「私は辞任することもできる。自分自身についてはエド・ウッドワードと話すべきことで、君たちメディアとではない。クラブが常に解任や更迭をするわけではない。
    それは自分自身で辞めることもできる。それは経営陣やスタッフ、選手と最初に話すべきことだ。君たちではない」

    試合後に辞任の二文字を口にし、直近のリポートによると、そのままウッドワード副会長と会談を持ったという。
    チーム関係者に対して、「このチームは終わった。4連敗は恥ずかしい。これ以上どうすればいいのか分からない」と、いつも自信満々のファン・ハール監督も白旗を揚げたという。

    打開策はお家芸の1月大型補強か
     
    だが、ウッドワード副会長ら経営陣はファン、メディアから批判を浴びる戦略家への信頼を新たにしたようだ。
    記事では「クラブは彼が頂点に留まる人間であると今だに信じていると再び保証した」と伝えた。

    さらには「ウッドワードはクラブは彼を更迭するつもりはなく、1月の補強について準備を進めていることを再確認した」とまで報じられている。
    就任2年目で補強費2億5000万ポンド(約460億円)を投じたオランダ人指揮官に再び強化予算を準備しているという。

    ファン・ハール監督は来季終了時まで契約を残しているが、28日のチェルシー戦で勝っても負けても辞任だと、地元メディアでは報じられていた。
    指揮官の采配だけでなく、経営陣も迷走ぶりが浮き彫りになった格好なのか。ファン・ハール政権の命運に大きな注目が集まっている。

    Soccer Magazine ZONE web 12月28日(月)17時26分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151228-00010009-soccermzw-socc

    【サッカー】ファン・ハール監督がチーム練習に現れず。解任はまもなくか
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1451278111/

    26:30 マンチェスター・ユナイテッド vs チェルシー
    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/schedule/leg/?l=52&s=19

    サッカーch
    http://wc2014.2ch.net/livefoot/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/28(月) 13:48:31.69 ID:CAP_USER*.net

    B1bGJ-HCMAAWJqH

     
    マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督が27日のチーム練習に現れなかったと英『ユーロスポーツ』などが報じている。

    土曜日にストークと試合をしたばかりのユナイテッドは、年末年始恒例となった中1日の強行日程で28日にチェルシーとの大一番を戦う。
    そのための唯一の練習日が27日だったが、キャリントンの練習場にV・ハール監督の姿はなく、ライアン・ギグス助監督が代わりにトレーニングを管理したという。

    ユナイテッドはニューヨーク証券取引所に上場しているため、株価に影響するようなビッグニュースは株式市場が開くイギリス時間28日14時半まで待たなければならない。
    それによってファン・ハール監督解任の発表が遅れていると『ユーロスポーツ』は伝えた。

    公式戦4連敗、7試合勝ちなしと一向に明る兆しが見えない”赤い悪魔”の監督交代はもはや決まったも同然といって差し支えないかもしれない。
    果たして後を引き継ぐのはギグス助監督か、また別の人材なのか、そちらの方に注目が集まっている。

    フットボールチャンネル 12月28日(月)13時10分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151228-00010011-footballc-socc

    【サッカー】崖っぷちのファン・ハール監督、チェルシーに勝っても退任?
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1451275201/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 13:31:21.34 ID:CAP_USER*.net
    今季序盤はチチャリートのPK失敗に呆れていたファン・ハール

    今季始まって間もなくの8月26日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとクラブ・ブルージュの一戦で、
    まだマンUに残っていたチチャリートことFWハビエル・エルナンデスがPKを外したシーンを覚えているだろうか。
    この試合は大勝を収めたが、チチャリートのPK失敗に指揮官のファン・ハールとアシスタントコーチの
    ライアン・ギグスが思わず顔を見合わせる印象的なシーンがあった。これがチチャリート放出に
    直接繋がったとは言い切れないが、ファン・ハールの中でチチャリートに対するイメージが悪くなったのは確かだ。

    その後ファン・ハールはチチャリートをレヴァークーゼンへ放出したが、今では放出を悔やまない日はないだろう。
    チチャリートは最近12試合でとんでもないスタッツを記録している。得点数は15で、67分に1得点奪ってい
    る計算になる。枠内シュート率は69%、シュート決定率は49%だ。これに対してマンUの成績は酷い。
    ここ12試合の得点数は10、枠内シュート率は43%、シュート決定率は9%、現在111分に1得点の得点率となっている。

    マンUはチーム全員が束になってかかってもチチャリートの得点数、シュート精度を超えられず、
    今頃はこのスタッツの差にチチャリートが驚いていることだろう。ブルージュ戦でのPK失敗は
    確かにイメージを悪くしたが、あのようなミスで使えないFWとの烙印を押して放出してしまうのは
    早計すぎたのかもしれない。

    今季のマンUは序盤戦から首位争いに絡み、ファン・ハールの哲学も結果が出ている間は認められていた。
    その哲学も徐々に崩れ、今夏の補強にミスがあったと追及される日々が続いている。
    やはりスタッツで比較してもチチャリートの放出は失敗だったと言えるだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151216-00010001-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/12(土) 23:00:15.19 ID:CAP_USER*.net

    542feffbaa80e_falc

     
    マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、就任わずか2シーズン目で
    2億5000万ポンド(約460億円)の強化費をつぎ込みチームを強化しているが、2シーズンぶりの
    参戦となったUEFAチャンピオンズリーグではグループステージで敗退するなど、批判を集めている。
    英地元紙「テレグラフ」は、オランダ人監督が買い漁った15選手の活躍度や費用対効果から、10点満点で格付けしている。
     2014年夏には大型補強により、マーケットに大きな衝撃を与えたユナイテッド。その目玉的存在となった
    5250万ポンド(約96億円)の移籍金でレアル・マドリードから補強したアンヘル・ディ・マリアは「5点」という
    低い評価になっている。

    「オールド・トラフォードで素晴らしいスタートを切ったが、怪我に悩まされてフェードアウト。
    シーズン終盤には見る影もなかった。パリ・サンジェルマンに4430万ポンド(約81億円)で売却された」
    と寸評では評されている。わずか1年のキャリアとなったユナイテッドでは自宅に強盗が入るなど、
    私生活でも不安を抱えていた。
    .
    アヤックスから1225万ポンド(約22億円)で獲得したオランダ代表DFダレイ・ブリントは「7点」と合格点を手にしている。
     「控えめな移籍金で、ブリントは優秀な価値を示している。ディフェンスと守備的MF全域で
    プレーできる能力は本当の資産」とされている。現在はセンターバックで起用されているが
    「最高のポジションからは程遠いが、ユナイテッドのリーグで最も堅牢なディフェンスに貢献している」と評価されている。
     昨季モナコから期限付き移籍で加入したチェルシーのコロンビア代表FWラダメル・ファルカオは、
    落第点の「2点」という屈辱的な評価となっている。
     移籍市場最終日に加入した当初は、最大の目玉補強と期待された。買い取りオプションの行使は規定路線と
    見られていた「エル・ティグレ(スペイン語で虎)」の異名を持つ男だが、ユナイテッドで4得点に終わり、
    寸評では酷評の嵐となっている。

    「完全なる失敗。一度もベストコンディションに見えなかった。29試合でたった4得点。
    週給28万5000ポンド(約5244万円)は次第に不条理さを増していった。ファン・ハール時代の最悪の補強」

     今季チェルシーにレンタル移籍したファルカオだが、ライバルクラブでもほとんど良いプレーを
    見せることができていない。

    故障離脱の大器は高評価を手に
    サウサンプトンからイングランド代表DFルーク・ショーを2625万ポンド(約48億円)で獲得した。
    この補強は「7点」と合格点の評価となっている。

    「クラブと代表にとって際立った選手に成長するきらめきを見せつけた。だが、昨季から大怪我に苦しんだ。
    ユナイテッドで最高のフォームを見せていたPSV戦で骨折し、9月から離脱している」

     戦線離脱を余儀なくされた若きサイドバックの大器は、故障が惜しまれている。
     アスレチック・ビルバオから2520万ポンド(約46億円)で獲得したスペイン人MFアンデル・エレーラは
    「6点」という評価となっている。
     「ほとんどのサポーターの心をつかんだが、ルイス・ファン・ハールはこのスペイン人を完全に信頼していない。
    チームに入ったり、外されたりしている。キープレイヤーになる可能性があるが、出場時間がより必要だ」と、
    寸評ではエレーラの出場時間の短さを嘆いている。
     スポルティング・リスボンから1400万ポンド(約26億円)で加入したアルゼンチン代表DFマルコス・ロホは
    「6点」の評価となっている。加入して以来、故障の連続で現在は肩の故障で離脱している。
    「クラブはまだアルゼンチン人DFの最高のパフォーマンスを見ていない」と、寸評ではまだ判断しかねると評価されている。

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/12(土) 21:09:59.14 ID:CAP_USER*.net

    442142_heroa

     
    現地時間8日(以下現地時間)のチャンピオンズリーグ(以下CL)グループリーグ最終節で
    ヴォルフスブルク(ドイツ)に敗れ、同大会からの敗退が決定したマンチェスターU(イングランド)。
    ルイス・ファン・ハール監督は11日、記者会見でこの敗退についてコメントし、現在クラブが立たされている
    状況についても話した。

     マンUはCLのグループリーグを3位で終えたため、ヨーロッパリーグ(以下EL)に回ることに。
    会見場で記者から「CLよりランクの下がるELで優勝する“だけ”で満足か」という趣旨の質問を受けると、
    ファン・ハール監督は苛立った様子で、「“だけ”とは何だ? あなたはそれが、優勝する“だけ”だと思うのか? 
    私はそのように考えてはいない」と、強い口調で言い放った。

     同指揮官は「我々はELで戦うことになり、そこで優勝をねらわなくてはならない。前もって言わせてもらうが、
    それは簡単なことではない。だが、そう言っても誰も聞きはしない。うちのようなクラブは常に
    勝ち続けなくてはならないから、誰もそんなことは聞きたくないのだ。しかし、それはもう過去のことだ。
    10年前でなく、今のチームを分析するべきだ。ヨーロッパのサッカーはどんどん進化している」と、
    マンUが強豪として突出していた時代とは状況が異なると述べた。

     一方でファン・ハール監督は、「問題は、このようなプレッシャーに耐えなくてはならないことだ。
    マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブに対する周囲の期待度は非常に大きい」とコメント。
    チーム内の問題よりも、チーム外からかかるプレッシャーの方が対処が難しいと述べた。

     イングランド・プレミアリーグでも得点力不足に悩まされ、試合内容が退屈との批判に晒されている
    ファン・ハール監督。こうした状況で、アシスタントコーチのライアン・ギグス氏がスウォンジーの新監督に
    就任するとの噂もある。

     しかしファン・ハール監督は「それが事実ならば、私はまずギグスと2人で話す。その場合は彼から
    私のところへ来るはずだ」「私は新聞を読まないが、報道は事実ではないと思う」と述べている。(STATS-AP)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151212-00000013-ism-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/09(水) 11:15:54.29 ID:CAP_USER*.net

    [12.8 欧州CLグループリーグ第6節 ボルフスブルク3-2マンチェスター・U]

     UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は8日、グループリーグ第6節1日目を各地で行った。

    B組のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)は敵地でボルフスブルク(ドイツ)と対戦し、2-3で敗れた。この結果、ボルフスブルクの首位通過が決まり、他会場の結果によりユナイテッドの敗退が決定した。

     試合後、クラブ公式サイトによると、ルイス・ファン・ハール監督は 

    「クレイジーな試合だったと思う。我々が点を決め、彼らが追いつく展開になった。チャンスはあったが、相手にもチャンスはあった。

    先制ゴールを決めた2分後に追いつかれ、同点に追いついた2分後には決勝点を決められた。我々にも勝つチャンスはあったと思う。

    勝利のために戦ったが、最終的に(負傷者により)10人で戦わなければならなかったのだから、今日以上のことはできなかった」と振り返った。

     B組は最終節までグループリーグ突破チームが決まらない混戦を極めた。首位通過を期待されていたユナイテッドだったが、まさかの敗退。

    指揮官は「我々は首位で通過すると予想されていたが、非常にタイトなグループに入った。全試合の結果を見ればわかるように、1-0や2-1のような試合が多く、接戦だった。

    PSVとの初戦を思い出してもらいたいが、あの試合や、他の試合でも、我々にとってポジティブではない判定があった。タイトなグループでは、そういうことも起こる」と説明した。

     これにより、ヨーロッパリーグへ回ることが決まったが、敗退直後の指揮官はまだそちらまで気が回らないようで「今は考えられない。非常に残念だ。選手たちも、相当落胆している。この大会で自分たちの力を示したかった。だが、もうできない」と肩を落とす。

     それでもファン・ハール監督は「CL敗退が決まった今の状況では、私は自分自身を擁護できない。何を言っても、適切ではないからだ」と口を開くと、

    「事実だけを言えば、今シーズンは昨シーズンよりもキャピタルワンカップで勝ち進み、CLグループステージ出場権を手にし、リーグでも良い位置につけている。昨シーズンよりは良い結果を残している。それが答えだ。私が言えるのは事実としてある部分のみだ」と話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151209-01453966-gekisaka-socc

    【サッカー】GL突破へ!マンチェスター・ユナイテッドのファン・ハール監督「今回の試合が最大の一戦」©2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1449590669/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ