サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:パトリック

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/15(金) 18:24:58.66 ID:CAP_USER*.net
    サッカー選手の帰化については、折に触れ話題に上るところですが、本年では早速、ガンバ大阪に
    所属するパトリック選手の帰化について大きく報道されています。

    (1)帰化できるかどうかについては、まず、日本の国籍法が定める帰化の条件を満たし、
    法務大臣の許可が得る必要があります。その上で、(2)日本代表としてプレーができるかという点については、
    FIFA規則が定める帰化選手の取扱い規定をクリアする必要があります。以下、これらを順に解説していきます。

    <国籍法が定める帰化の条件>

     日本では、帰化の許可は法務大臣の権限とされています。法務大臣が帰化を許可すると、
    官報にその旨の告示がなされ、その告示の日から帰化の効力が生じます。
     帰化の一般的な条件は、国籍法5条に定めがあります。定められている条件を以下で見ていきますが、
    注意が必要なのは、これらの条件は、満たせば必ず許可がなされるというものではないという点です。
     条文上「法務大臣は、次の条件を備える外国人でなければ、その帰化を許可することができない」と
    規定されており、定められた条件は、許可をするにあたって必須の条件であるにとどまります。
    これらを満たした上で、実際に許可をするか否かは、法務大臣の広い裁量に委ねられています。

    【1】「引き続き五年以上日本に住所を有すること」

     まずは、申請者が帰化の申請をする時まで、引き続き5年以上日本に住んでいることが必要とされています。
    この場合の住所は、適法なものであることが必要なので、適法な在留資格を有して住んでいることが前提となります。
    「引き続き」住んでいるかという点がよく問題になりますが、途中に数ヶ月間海外に滞在した場合に、
    在留が中断しているものと判断されるか否かは、渡航の理由や、日本での生活の状況などから総合判断されることとなります。

    【2】「二十歳以上で本国法によつて行為能力を有すること」

     帰化が認められるためには、20歳以上であることが必要です。それに加え、本国の法律によっても
    成人の年齢に達していることが必要とされています。

    【3】「素行が善良であること」

     素行が善良であることが必要になります。犯罪歴の有無や納税状況などを総合的に考慮するものと解されています。
     納税義務については、税率について複雑な点もありますが、基本的に国内に居住している場合、
    日本国籍のない者にも納税義務があります。
     所得税については、所得税法上、「居住者」(国内に住所を有する者や、国内に引き続き1年以上居所を
    有する者をいうとされています)であるか「非居住者」であるかにより、税率が異なっています。
     さらに、「居住者」は、「非永住者」と「非永住者以外の居住者」に分けられます。ほとんどのケースでは、
    「非永住者以外の居住者」にあたります。この場合、すべての所得に対して課税がなされます。
     また、日本の所得税と異なる規定を置いている国との関係では、二重課税の防止のため、租税条約で
    「居住者」に該当するかの判定方法を定めています。
     また、住民税に関しても、国内に居住している場合には課税されます。
     このような納税の義務を果たしているかについても、帰化を許可するかについての判断材料とされています。

    【4】「自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によつて生計を営むことができること」

     生活に困ることがなく、日本で暮らしていけることが必要になります。この条件は、本人だけでなく、
    配偶者やその他の親族の資産などで安定した生活ができればよいとされています。

    【5】「国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によつてその国籍を失うべきこと」

     帰化するためには、原則として無国籍であるか、帰化によってそれまでの国籍を喪失する必要があります。
     例外的に、本人の意思によってその国の国籍を喪失することができない場合は、この条件を備えていなくても、
    帰化が許可されることがあります。例えば、ブラジルは国籍離脱を認めていないようですので、
    この場合にあたります。帰化が認められた場合には、ブラジルとの二重国籍となります。

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 12:24:28.38 ID:CAP_USER*.net


    フットボールチャンネル 1月8日(金)12時15分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160108-00010014-footballc-socc

    ガンバ大阪のFWパトリックが日本代表を目指している。7日、ブラジル『ディアリオ』が報じた。
    G大阪FWパトリックがSNS上で人種差別の被害者に。本人は悲痛な想いを吐露

    パトリックは日本代表について「彼らは非常に速い。これは日本人の大きな特長だ」と語り、
    「海外の数クラブからオファーを受けたが、ガンバ大阪に残留する決断をした」と日本への愛着を語っている。

    また、「私は既に3年間日本におり、あと2年で帰化を申請する」と帰化を希望していることを明かした。
    自身のプレースタイルについては「私のようなキャラクターの選手は少ないので、日本代表にとって良い選択肢となると思う」と自信を覗かせている。

    「ワールドカップは全ての選手にとって夢だ。あと2シーズン今と同じようなパフォーマンスを続けられることを願うよ」
    パトリックは2013年にブラジルのアトレチコ・ゴイアニエンセから川崎フロンターレに加入した。

    その後ヴァンフォーレ甲府を経て2014年にガンバ大阪に移籍。ここまで同クラブで83試合に出場し35ゴール19アシストを記録している。

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/12/06(日) 05:46:06.89 ID:CAP_USER*.net

    38CE4BCB8E381B3500

     
    G大阪の今後、最大の注目は日本代表FW宇佐美の去就だ。

    すでに視察に訪れているシュツットガルト(ドイツ)が、宇佐美の代理人と下交渉をスタートさせていることが判明。
    マルセイユ(フランス)に続く正式オファーが届くことは確実で、打診レベルで興味を示しているクラブは4クラブほどあるという。
    バイエルン・ミュンヘン、ホッヘンハイムで失意を味わった宇佐美自身も海外への再挑戦に意欲を示しており、今冬移籍に前向き。決断に注目が集まる。

    さらに元日本代表MF明神はクラブのスタッフ就任打診を断り現役続行の意向。
    今季仙台から加入したFW赤嶺も放出される見込みで、リンスの残留も微妙な状況だ。

    一方で明るい材料もある。自身のツイッターで差別的発言を書き込まれたFWパトリックはすでに1年間延長でサイン済み。
    DF呉宰碩も契約延長する方針だ。また長谷川監督はクラブ側にサイドハーフの補強をリクエスト。
    新スタジアム元年の来シーズンへ向けて、盤石の補強を進めていく。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151206-00000002-spnannex-socc
    スポニチアネックス 12月6日(日)5時34分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151206-00000002-spnannex-socc.view-000
    <広島・G大阪>不発に終わった宇佐美

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/12/02(水) 12:11:34.95 ID:CAP_USER*.net
    J1の年間王者を決める明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップは、2日に決勝第1戦が行われ、年間勝ち点1位でシードされた広島と同3位のG大阪が対戦する。 

    1日は両チームが地元で最終調整。G大阪は準決勝の浦和戦(11月28日)で延長を含む120分間を戦い抜き、試合後の“差別ツイート”で心身ともに疲弊したFWパトリック(28)の出来がカギを握る。

     タイトルへの思いが、疲れた体を奮い立たせる。約1時間半の練習で、長谷川健太監督(50)はセットプレーなどを確認。

    「疲労はあると思うけど、ファイナルを戦うモチベーションが高い。いい練習ができた。そこは気にしない」。集中力を維持し、前日調整を終えた選手たちを、頼もしげに見つめた。

     浦和との延長戦を含めた120分間の激闘の末につかんだ決勝の切符。元日本代表MF遠藤、FWパトリック、DF藤春、丹羽ら8選手がフル出場した。

    特にパトリックは試合後、ツイッターで浦和サポーターの高校生から人種差別のコメントを受ける騒動にも巻き込まれた。ショックで眠れず、不安も少なくないため、途中出場に懸ける選択肢も残されている。

    Jリーグを通じ、高校生からの謝罪を受け入れた助っ人は「(犯人は)若い子だと聞いているので、これから彼にも上を向いてもらいたい」と語り、試合への集中力を高めた。

     それでも今季、ACLでベスト4、ナビスコ杯で決勝進出、勝ち残っている天皇杯でもベスト8進出と全ての大会で上位に進み、何度も中3日の戦いに耐えた経験が、G大阪勢には蓄積されている。

    3冠を獲得した昨季は51試合だったが、今季は55試合を消化。DF丹羽は「疲労は全く問題ない。(浦和戦の)次の日でも試合はできますよ。この舞台にきて、走れない選手はうちにはいない」と頼もしい。

     中3日の後は中2日で第2戦。総動員で年間順位3位からの“下克上V”を狙う。(金川 誉)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151201-00000205-sph-socc

    続きを読む

    1: あちゃこ ★@\(^o^)/ 2015/12/01(火) 12:12:43.38 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    浦和レッズは30日、ガンバ大阪のFWパトリックに対してツイッターで人種差別的な投稿をした埼玉県内の高校生から、学校を通じて謝罪の申し入れがあったと発表した。

    28日に行われた明治安田生命2015Jリーグチャンピオンシップ準決勝の浦和対G大阪戦(1-3で浦和が敗戦)後、チーム3点目を挙げたパトリックに対して人種差別の投稿が行われた。

    これに対し、同選手は自身のツイッターで「こういった書き込みはどんな人でも傷つきます。
    私は黒人であることをとても誇りに思っています。息子も黒人ですし、とても幸せです。
    今回の件は、どれほど悲しいかは神様にしか分からないです」とコメント。
    浦和、G大阪の両クラブに加えJリーグも人種差別非難の声明を出す事態となり、同選手の母国であるブラジルでも報じられた。

    発表によると、投稿を行ったのは年1~2回埼玉スタジアム2002で浦和の試合を観戦する高校生で、
    浦和は学校から、「本人から該当するコメントを投稿したとの申し出があった」との報告を受けた。
    本人は「自宅でテレビ観戦中に投稿してしまいました。投稿を後悔し深く反省しています。パトリック選手やガンバ大阪に謝罪したいです」と話したという。

    クラブは、「浦和レッズを応援する高校生が差別的な投稿をしていたことは、非常に残念です。
    浦和レッズは、パトリック選手はもちろんのこと、ガンバ大阪、Jリーグをはじめとするサッカーに関わる全ての皆さまに深くお詫び申し上げます」と謝罪。

    また、投稿者の通う学校も、「様々な機会を通じてあらゆる差別が絶対にあってはならないものであることを教育して参りました。
    また、SNSの利用につきましても、その危険性を教えるとともに誹謗中傷や無断掲載等は決して行ってはならないことを指導して参りました。
    にもかかわらず、こうした行為を予知予防することが出来なかったことは遺憾であります。
    生徒指導が至りませず、誠に申し訳ありませんでした。
    本件を真摯に受け止めた上で、今後は、改めて人権教育に取り組み、国際教養とライフスキル教育を推進して参ります」との声明文を発表した。

    そして、G大阪も同日に声明文を発表。謝罪の申し入れはJリーグから報告され、パトリックにも伝えられたという。
    クラブ公式サイトで、「パトリック選手は既に大勢の方々からの励ましの声を受け、現在の心境は落ち着いております。
    同時に、今後の練習と試合に集中したい意向を強く持っています。
    投稿者本人の深い反省と謝罪の意は、パトリック選手も十分に理解し、受け入れましたことを、皆様にご報告させていただきます」とのコメントを掲載した。

    なお、Jリーグは同日に、「本件は、スタジアム外で発生した事象であり、Jリーグによるクラブへの処分はありません」とし、処分なしの決定を発表した

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151201-00375480-soccerk-socc
    SOCCER KING 12月1日(火)0時19分配信

    ※前スレ
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1448917036/

    続きを読む

    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/11/29(日) 12:55:06.88 ID:CAP_USER*.net
    日刊スポーツ 11月29日(日)12時47分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151129-00000055-nksports-socc
    G大阪のブラジル人FWパトリック(28)が29日、人種差別ツイートを受けて悲痛な思いを語った。

     チャンピオンシップ準決勝浦和戦が行われた前日28日、パトリックに対して人種差別的な
    「黒人死ねよ」という書き込みが短文投稿サイトの「ツイッター」上に投稿された。

     この日、浦和戦から一夜明けて大阪・吹田市内で回復トレーニングを行ったパトリックは
    「すごく悲しい気持ちになった。昨日は明け方3時ごろまでいろいろ考えてしまって眠れなかった」と吐露。傷ついた心情を明かした。

     しかし、パトリックを擁護するメッセージも多く書き込まれていたことから
    「やっぱり、日本は世界で一番好きな国といえる。どの国にもいい人、悪い人は存在する。
    今回はガンバサポーターだけでなく他クラブのサポーターからもたくさん励ましのメッセージをもらった。
    心が強くなりました」と感謝の言葉も並べた。

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 08:30:08.94 ID:???*.net
    今夏中の途中退団の可能性が出てきたG大阪FWパトリック(27)が胸中を語った。
    現在、中東やJ1クラブからオファーを受けており「興味を持ってもらうことはうれしい」。

    サルグエイロAC(ブラジル)からの期限付き移籍のため「自分で(移籍を)決められないケースがよくある」と自身の意思とは関係なく、移籍する可能性がある。
    昨季は19試合9得点で3冠獲得の原動力になった。

    http://www.nikkansports.com/soccer/news/1495863.html
    2015年6月22日7時54分

    依頼です
    ◆芸スポ+スレッド作成依頼スレッド★793 [転載禁止](c)2ch.net
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1434852613/

    続きを読む


    no title

    2014Jリーグアウォーズ(9日、横浜アリーナ)今季のJリーグのベストイレブンが発表され、
    G大阪のFW宇佐美貴史(22)が初めて受賞した。

    宇佐美は「今年はゴールだけでなく、アシストも増えてより得点を生み出すことができたと思う」
    と今季リーグ戦で10得点を挙げるなど、攻撃面での貢献に胸を張った。

    今季は7月から途中加入した5歳年上のFWパトリックと2トップを形成し、2人合わせて19得点をマーク。
    パトリックのゴールを演出するラストパスも多く「俺に足を向けて寝るなと言っているんです」とジョークも飛ばした。

    来季に向け「すこしお返しがほしいですね」と相棒からのアシストを期待していた。

    12月9日(火)21時25分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141209-00000534-sanspo-socc

    続きを読む

    38CE4BCB8E381B3500


    05年以来のリーグ制覇を狙うG大阪の長谷川健太監督(49)が、エースFW宇佐美貴史(22)に闘魂を注入した。

    明日22日の首位浦和との直接対決(埼玉ス)に向け、20日は大阪・万博練習場で調整。非公開で行われた紅白戦を中断し、2トップの宇佐美とパトリックに“カミナリ”を落とした。

    残り3戦で浦和と勝ち点5差。緊張感を高め、大逆転ドラマを完結させる。

     「チンタラやってんじゃねー。この野郎!」。

     報道陣もシャットアウトし、完全非公開で行われた紅白戦。長谷川監督が猛烈なカツを入れた。矛先は宇佐美とパトリックの2トップだ。

    優勝を懸けた大一番となる浦和戦に向け、チーム内の緊張感は一気に高まった。同監督はあえて笑みをこぼしながら明かした。

     「宇佐美ですか…。どうですかね~。(パトリックと)2人ともさっぱり。紅白戦は始めの1分で止めました。2人とも呼んで、それぞれに話をしました。『分かってるんだろうな!』。みたいな感じです」

     敗戦なら目の前で宿敵の優勝が決まる。残り3戦で浦和とは勝ち点5差。油断やミスは一切、許されない。だからこそ、指揮官は「本人は『大丈夫です』と言っていたけど、大丈夫じゃねーよ! 決勝戦のつもりでやれという話はしました」と説明。

    宇佐美はリーグ6戦、パトリックも4戦不発。決して状態が上向きではないFW陣に、あえて“健太流”のカミナリを落としたようだ。

     宇佐美も戦闘モードに入った。「監督と何を話したかは、いちいち言えない」としながらも「2点取られても、3点取ればいいんでしょ」ときっぱり。

    完全アウェーの敵地の雰囲気さえも「ブーイングされれば、されるほど俺は燃える。組織のチームには、個の力で打開したい」。

    勝てば残り2戦で勝ち点2差に接近。自らの力で、劇的な大逆転Vを手繰り寄せる決意だ。得点に飢えたエースに、怖いものは何もない。【益子浩一】

    http://www.nikkansports.com/m/soccer/news/p-sc-tp1-20141121-1398798_m.html?mode=all

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ