サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:バーディー

    1: YG防衛軍 ★ 2016/10/25(火) 20:00:02.58 ID:CAP_USER9

    Cq3ibxmVMAI3q9c


     
    10月18日のUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)・コペンハーゲン戦でUCLデビューを飾り、急浮上の可能性を感じさせた岡崎慎司(レスター)。その彼が10月22日のプレミアリーグ第9節・クリスタルパレス戦で今季初の先発フル出場を果たし、後半18分には待望のシーズン初ゴールをマーク。非常に大きなインパクトを残すことに成功した。

    UCLから中3日という強行日程を踏まえて、クラウディオ・ラニエリ監督はエースFWジェイミー・ヴァルディを温存。イスラム・スリマニと岡崎の2トップで挑んだ。この組み合わせは今季初の試みだったが、新たなコンビネーションは予想以上にうまく機能したと言っていい。

    この日のレスターは、長身のスリマニが最前線に位置し、岡崎がセカンドトップに入って4-2-3-1のような形になるのがベースだった。が、彼らは臨機応変にポジションを入れ替えたり、横に並んだりして、柔軟に役割を変化させていた。ヴァルディと組む時の岡崎は「完全な黒子役」に徹することを求められるが、スリマニとなら、お互いがそれぞれゴール前に出て行って得点を狙えそうなチャンスが生まれる。

    例えば、前半42分のアフメド・ムサの先制点のシーン。ペナルティエリア左寄りのところでスリマニ→岡崎→スリマニとボールがつながり、中央に飛び込んできたムサがシュートを決める形だったものの、相手のマークがズレていたら、2人のいずれがフィニッシュに行くことも可能だった。あるいは、ムサのシュートが相手DFに当たっていたら、スリマニか岡崎がこぼれ球に詰めてゴールを決めていただろう。それだけ厚みのある攻めだった。

    岡崎の得点シーンにしても、左からの崩しに岡崎が1回関与し、ダニエル・ドリンクウォーターがクロスを上げた瞬間、ファーからスリマニが飛び込んだ。これはDFにクリアされが、そこに詰めた岡崎が豪快に右足を振り抜いた。最初のクロスがうまく合えばスリマニの得点になっていたはずだが、岡崎は持ち前の泥臭さと貪欲さを前面に押し出し、こぼれ球に確実に反応した。このプレーを見ても、スリマニと岡崎の「あうんの呼吸」が感じられる。昨季からヴァルディ頼みだったレスターに、新たな2トップのオプションが生まれたのは、ラニエリ監督にとっても非常に大きな収穫だったに違いない。

    その後、クリスティアン・フクスがリスタートから目の覚めるような3点目奪い、最終的にレスターは3-1で快勝。プレミアリーグでは9月17日のバーンリー戦以来、4試合ぶりの白星を手に入れた。順位も12位と前節から1つ上げることに成功。ようやく下位脱出の希望も見えてきた。

    UCLの方はここまでクラブ・ブルージュ、FCポルト、コペンハーゲンに3連勝し、G組首位を走っているだけに、グループ突破が決まるまではヴァルディをFWの軸に据え続けるはず。ただ、UCLとプレミアリーグの過密日程が続く12月までは、昨季後半のようなメンバー固定に踏み切ることはないだろう。この先もヴァルディとスリマニが中心なのは変わらないと見られるが、岡崎もローテーションの一角に加わる可能性は一気に高まった。

    今後のレスターの対戦カードを見ると、10月は29日のトッテナム戦のみだが、11月に入ると2日のUCL・コペンハーゲン戦、6日のウエストブロミッチ戦、インターナショナルブレイク明けの19日にはワトフォード戦、22日のUCL・ブルージュ戦、26日のミドルスブラ戦というハードなスケジュールを強いられる。となれば、やはり決まったメンバーだけで全ての乗り切るのは困難だ。そういう中、岡崎が要所要所で今回のクリスタルパレス戦のような躍動感を示してくれれば、チームの流れも変わってくる。ラニエリ監督もそれだけ大きな手ごたえをつかんだはずだ。

    ヴァルディとリヤド・マレズという昨季の2大得点源が前年のようなゴールラッシュを見せられないでいる中、チームとしても新たな得点源を作らなければならないのは確か。スリマニはその重要な1人になりつつあるが、岡崎も点取屋として積み重ねてきた経験と感覚がある。これまでは「自分にはゴールは求められていない」と本人も違和感を抱き続けていたが、この日を境に託される役割に微妙な変化が起こりそうだ。岡崎を得点源の1人と位置付けるムードが高まっていけば、彼のチャンスも増えるし、数字も着実に上がっていくだろう。そういう前向きな方向に行ってくれれば、日本サッカー界にとっても朗報だ。

    岡崎慎司の逆襲に注目しながら、今後のUCLとプレミアリーグを興味深く見守りたい。

    http://www.jsports.co.jp/press/article/N2016102411510302_2.html

    続きを読む

    1: Egg ★ ©2ch.net 2016/09/26(月) 19:37:08.87 ID:CAP_USER9
    昨年7月にカジノで日本人への人種差別発言 その後は社会問題にも発展

    1847052_heroa


     レスター・シティのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが、昨年7月にレスター市内のカジノで連呼した人種差別発言について「永遠の汚点」と振り返る一方で、「ジャップという言葉が差別用語と知らなかった」と告白している。アメリカスポーツ専門テレビESPNが報じた。

     昨季レスターのプレミアリーグ優勝の立役者となった29歳の遅咲きのストライカーは、シーズン開幕前に社会問題を起こした。レスター市内のカジノで日本人の客に対して「ジャップ」などと罵倒。酒乱状態の動画を地元メディアが公開すると、一気に社会問題に発展した。チームメイトの日本代表FW岡崎慎司に謝罪したと地元メディアはレポートしていた。

    「ほとんどの罪は時間とともに消え去る。でも、2015年7月に起きたことは消す方法はない。差別主義者という言葉は、自分の名前において永遠の汚点になっている。これは犯罪記録よりも酷い事なんだ」

     ヴァーディはクラブを通じて謝罪し、クラブから罰金と差別に関する教育を受けることになった。「自分の事を許さない人もいるだろう。自分の犯した最悪の過ちを許し、自分がそこから学んだ事を認めてくれる人もいるけれど……子供が父親の名前をユーチューブで検索した時に、『ジェイミー・ヴァーディ 差別主義者』と表示される。グーグルでも同じだ。恐ろしいことだ」と、後悔の気持ちを明らかにしている。

    差別用語と知っていたら絶対に使わなかった

     ヴァーディは被害者の日本人学生に直接謝罪したという。「言葉で虐待してしまった学生の目を見て、こう語ったんだ。どんなに申し訳ないと思っているのか。あの言葉を使ってしまったのは無知だったためで、悪意や偏見によるものではないんだ、ということを」と謝罪の内容を明らかにした。

    「あの時は立腹していた。そして、お酒を飲み過ぎていた。ジャップという言葉が差別用語と知っていたら、絶対に使わなかった」とヴァーディは主張している。イングランドサッカー界のシンデレラボーイとなった韋駄天は反省しているが、過去の汚点は消えてなくならない。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160926-00010015-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/07/31(日) 23:22:08.52 ID:CAP_USER9

    1847052_heroa

    マフレズにも「残ってほしい」

    レスター残留を決断したイングランド代表FWジェイミー・バーディがクラブ愛を語っている。

    今夏、移籍市場で最も動向に注目が集まった選手の一人であるバーディ。一時はアーセナル移籍が濃厚と伝えられたが、最終的には自らをスターとしてくれたチームへの残留を決断している。この決断について同選手はコメントし、米『ESPN』が伝えた。

    「レスターこそ前に進むことができる唯一のクラブだと思った。だから僕もその一部になりたかったんだ。だから移籍について考えたとき、それは大きな決断ではなかったよ。とても簡単だったし、僕はここにいたいと思っていたからね」

    続けて、移籍の噂が絶えないリヤド・マフレズについては「全員が彼に残ってほしいと思っているはずだよ。ただ僕らがどうこうできる問題じゃないし、リヤド次第だ」と残留を祈った。

    すでにエンゴロ・カンテがチームを去ってしまったが、最小限の放出にとどめ、補強を続けているレスター。新シーズンもその戦いに注目したいところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160731-00010032-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2016/06/23(木) 19:05:04.69 ID:CAP_USER9

    1847052_heroa

     
    残留へ

    レスターのエースFWジェイミー・バーディがクラブと契約延長に至ったことが明らかになった。
    クラブ公式サイトが伝えている。

    クラブ公式サイトによれば、レスターとバーディは4年の契約延長で合意に至ったようだ。
    両側からのコメントはないものの、これで残留は濃厚になったと言えるだろう。
    英メディアによれば、今回の契約延長により、週給は10万ポンドになったと予想されている。

    バーディは契約に2000万ポンドで移籍できるという条項が含まれているとかねてより伝えられており、
    アーセナルが獲得を目指していた。しかし最終的にバーディはレスターを選ぶこととなったようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160623-00010024-theworld-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/06/19(日) 23:03:21.50 ID:CAP_USER9

    1847052_heroa

     
     イングランド代表FWジェイミー・バーディは来季もレスター・シティでプレーすることになるのだろうか。

     バーディは一時、アーセナルへの移籍が濃厚とみられていた。アーセナルも今季のプレミアリーグMVPに対し、2000万ポンド(約30億円)と言われる解除金を払う準備を進めていた。

     ただ、ここに来て一転、残留に向かっているとの見方が強まってきている。レスターの粘り強い残留交渉もプラスに働いているとみられる。

     そして、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、中国メディア『Tencent Sports』のインタビューに対し、「私の知る限りでは彼はレスターに残ることになる」と獲得見送り宣言とも取れる発言をしたという。

     またバーディは現在参加しているEURO2016の戦いを終えた後に、昨年9月から痛めていた右手首の手術を受ける見込み。『インディペンデント』によると、同選手は昨年9月から負傷が完治しないまま、幹部をサポーターで覆ってガードし、プレーを続けていたのだという。

     リハビリには術後3週間程度を見込んでいる。復帰後はFW岡崎慎司らと同じピッチに戻ることになるのだろうか。

    ゲキサカ 6月19日 22時55分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-01628462-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/06/14(火) 13:57:31.12 ID:CAP_USER9

    1847052_heroa

     
    ■アーセナル移籍が完了していないバーディ

    今夏のアーセナル入りが噂されていたレスター・シティFWジェイミー・バーディは、未だ移籍か残留かの答えをはっきりさせていない。ここ数日は残留に傾いているといった報道もあり、EURO2016終了後に何か動きがあるだろう。

    これをモヤモヤした気持ちで見ているのが、アーセナルのレジェンドであるティエリ・アンリ氏だ。英『Daily Mirror』によると、アンリ氏は29歳と決して若くないバーディがアーセナル行きをためらう理由が分からないと語り、自身がバーディの立場なら間違いなくアーセナルへ向かうと移籍成立を望んでいる。

    「彼は29歳だ。それでアーセナルの方から近づいてきているのに、考えさせてくれと言うのかい?彼は素晴らしいシーズンを過ごした。それは間違いない。しかし私が言えることは、もし私が29歳の時点でレスターでプレイしていて、アーセナルが興味を示してきた場合は出ていくだろうね。私はバーディじゃないけどね」

    来季レスターはチャンピオンズリーグにも出場するため、残留するのも面白い。しかし年齢を考えるとビッグクラブへの移籍は今夏がラストチャンスになる可能性も考えられる。アンリ氏にはバーディが迷う理由が分からないようだが、最終的にバーディは移籍と残留をどちらを選ぶのだろうか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 6月13日 19時20分
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00010026-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/06/05(日) 17:50:36.58 ID:CAP_USER9

    1847052_heroa

     
     日本代表FW岡崎慎司が所属するイングランド・プレミアリーグ、レスターのFWバーディーが、
    名門アーセナルに移籍することがわかった。

     推定移籍金は3800万ユーロ(約47億5000万円)とされている。
    両クラブ間で3日夜にも合意に達し、詳細をつめた後、数日中にも公式発表される見通し。
    レスターのラニエリ監督も「イエス、全て事実だ」と移籍を認めた。

     しかし、サポーターからはSNSを通じて、膨大数の抗議のコメントが寄せられた。
    これに対して、バーディーのレベッカ夫人はツイッターで
    「彼のキャリア上での決定に私は何も関係ない。責めないで」と悲痛な叫び声を上げた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00000094-dal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/05/25(水) 22:36:58.25 ID:CAP_USER9
    33577957

     
    ストライカーとしての評価望む

    ハードワークばかり言われるのはもうイヤだ! 岡崎「バーディのように点決めたいですよ」

    今季信じられないほどのハードワークでレスター・シティのプレミアリーグ制覇に大きく貢献した日本代表FW岡崎慎司は、ジェイミー・バーディの相棒として欠かせない存在になった。サポーターも岡崎の価値を理解しており、その献身性に脱帽していることだろう。

    レスター地元紙『Leiceter Mercury』も岡崎の献身性を讃えており、中盤まで下がってボールを追いかける岡崎が重要な存在だったと伝えている。しかし、岡崎本人はリーグ戦5得点という自身の成績に満足していない。同メディアによると、岡崎は素晴らしいシーズンを過ごしたと胸を張りながらも、相棒のバーディや岡崎との交代でピッチに入るケースも多かったレオナルド・ウジョアのように得点を決めたいとコメントしている。

    「今季は信じられないシーズンでしたね。残留争いすると思っていたので、チャンピオンになったことは本当に信じられません。僕が優勝を信じ始めたのは36節のマンU戦です。遅いですよね。マンUと引き分けたあとにトッテナムとチェルシーの試合を見て、トッテナムが2-0でリードしたので次の試合への準備を始めました。でもそこから信じられないことに2-2になりましたね」

    「5得点という僕自身の成績には満足していません。もっと多くの得点を決めたいです。ストレスや不満を溜めていたわけではないですけど、僕もバーディやウジョアみたいに得点取りたいですよ」

    岡崎は得点を決めなくても重要な存在だったとハードワークの部分を取り上げられることが多いが、ストライカーである本人はその評価に納得していない。来季は新戦力の加入も予想されるためにポジション争いが激しくなるが、来季は点取り屋として評価されるシーズンにしたいところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160525-00010028-theworld-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2016/05/23(月) 07:02:13.81 ID:CAP_USER9
    GOAL 5月23日(月)4時57分配信

    ケイン&バーディー弾でイングランドがトルコを下す

    イングランドが勝利

    22日に行われた国際親善試合、イングランド対トルコの一戦は、2-1でイングランドが勝利を収めた。

    FAカップ決勝を戦った選手たちがまだ合流していないイングランドは、立ち上がりにトッテナムのホットラインで先制する。開始3分、アリの股抜きパスを受けたケインが、ややオフサイド気味にも見えたが冷静に決めてリードを奪った。

    しかし、トルコもすぐに反撃。失点の直後に惜しいチャンスをつくると、13分には同点弾を奪う。ペナルティーエリア右に出たスルーパスにGKが飛び出してきたが、ボルカン・シェンが先に触って中へクロス。チャルハノールががら空きとなったゴールに流し込む。

    その後は1-1が続き、どちらも得点を奪えない。72分にはイングランドにPKの絶好機があったが、ケインのシュートは枠外だった。

    それでも83分、イングランドが勝ち越しに成功した。右CKにケイヒルがヘディングで合わせると、これはGKに弾かれた。しかし、クリアにもたつく間にバーディーがこぼれ球を押し込んで2-1。EURO出場国同士のテストマッチで勝利を飾っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160523-00000033-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 11:10:57.90 ID:CAP_USER9.net

    no title

     
     イングランド協会は26日、レスターのイングランド代表FWジェイミー・バーディー(29)の追加処分を発表した。

     17日のウェストハム戦で退場となった同選手は、2度目の警告に対して主審へ抗議。この際に不適切な行動があったとして、5月1日のマンチェスターU戦の出場停止と1万ポンド(約160万円)の罰金処分とした。また、後半のPKの際に選手をコントロールできなかったクラブにも、2万ポンド(約320万円)の罰金を言い渡した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000034-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ