サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:バロテッリ

    1: 砂漠のマスカレード ★@ 2016/09/18(日) 19:56:06.38 ID:CAP_USER9

    0114honda

     
    ニースに所属するイタリア人FWマリオ・バロテッリが、18日に行われるリーグ・アン第5節モンペリエ戦の招集メンバーから外れた。
    17日付のフランス紙『レキップ』が伝えている。

    今夏リヴァプールからニースに加入したバロテッリは、11日に行われたリーグ・アン第4節の日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとの一戦でデビュー。
    フル出場で2得点を挙げ、チームの逆転勝利に大きく貢献した。

    その後、15日に行われたヨーロッパリーグ・グループステージ第1節のDF内田篤人が所属するシャルケとの一戦にもフル出場。
    しかしながら、同紙によると、17日の練習を欠席したようだ。
    イギリス紙『デイリーメール』は、バロテッリが招集外となった理由について、コンディション不良のためと伝えている。

    新天地で衝撃的なデビューを飾り、完全復活を期待させたバロテッリ。
    デビューからわずか2試合で欠場となったが、再び輝きを取り戻すことはできるだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00494771-soccerk-socc
    SOCCER KING 9月18日(日)18時25分配信

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/09/13(火) 07:59:29.99 ID:CAP_USER9
     リーグ・アン第4節が11日に行われ、ニースと日本代表DF酒井宏樹のマルセイユが対戦。3-2でニースが競り勝った。

     ニース勝利の立役者となったのは、新天地でのデビュー戦を迎えたイタリア人FWマリオ・バロテッリだった。開始7分にPKを決めて挨拶代わりの初ゴールを記録すると、1-2で迎えた78分にヘディングシュートで同点ゴール。ニースは87分に逆転に成功し、3-2と競り勝った。

     デビュー戦で2ゴールを挙げたバロテッリが、試合後に心境を明かした。イギリスメディア『BBC』が、フランスメディア『カナル・プリュス』でのインタビュー内容を伝えている。

     今夏にリヴァプールから加入したバロテッリは古巣について「素晴らしいファン、本当に良くしてくれた数人の選手を除いて、俺はあのクラブが好きじゃない。2人の監督がいたけど、どちらの方針も人間性も、俺にとっては良い印象とはならなかった。あのクラブにいるべきじゃなかったんだよ、本当に」とコメント。不振を極めた同クラブでの日々を“恨み節”で振り返った。

     不本意な日々を経て迎えた今シーズン、新天地でのデビュー戦で2ゴールと最高のスタートを切ったバロテッリ。今年7月には「俺は(FIFA)バロンドールを獲る」とコメントして話題となっていた同選手は、同賞について再び質問を受けた。すると、以下のように自信を示している。

    「もちろん。まだ遅くはない。今の時点で(バロンドールを)勝ち取ったなんて思っていないけど、トレーニングでハードワークをしていけば、2、3年の間に獲ることができるはずだ」

     バロテッリの活躍で勝利を収めたニースは3勝1分けと開幕4戦負けなし、勝ち点「10」で2位に浮上した。次戦は15日、ヨーロッパリーグ・グループステージ第1節でDF内田篤人のシャルケと対戦。リーグ・アンの次節は18日、モンペリエとのアウェーゲームに臨む。

    サッカーキング2016年9月12日11時37分
    http://news.infoseek.co.jp/article/soccerking_491820

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/09/10(土) 09:38:21.11 ID:CAP_USER9

    0114honda

     
    代理人ライオラ氏の暴言に対し、「その発言は知っている」とクロップ監督は大人の対応

     リバプールのユルゲン・クロップ監督が、自身を痛烈に批判した剛腕代理人に対して大人の対応を見せている。10日の昨季王者レスター・シティ戦に向けた記者会見で、ミノ・ライオラ氏の発言に言及した。英紙「サン」などが一斉に報じている。

     クロップ監督は今季のプレシーズンで、昨季ACミランに期限付き移籍し、不振に終わりチームに戻ってきた元イタリア代表FWマリオ・バロテッリに対して“構想外”であると匂わせ、移籍を推奨した。

     そうした行為に対して、最終的にはフランスのニースに厄介払いとも言える条件で放出されたバロテッリの代理人・ライオラ氏は、イタリア圏で相手を罵倒する際に使用する「う○この切れ端!」という表現でクロップ監督を攻撃していた。

     そうした攻撃的な言動に対し、クロップ監督は冷静な対応を見せている。

    「その発言は知っている。だが、興味はないんだ。我々は自由な世界に生きていて、彼は自分の思ったことを自由に発言する権利がある。バロテッリに関しては、ビジネス上の決断だったというだけだ。彼が言っているような、私がマリオを除外したという事実はないんだ」

    剛腕代理人が仕掛けた場外乱闘は空振りに

     激怒するライオラ氏の暴言を聞き流しつつ、クロップ監督は「勝手に言っててください」とばかりに落ち着いた対応を見せる。バロテッリの放出についても、あくまで“ビジネス上の決断”と強調し、これといって特別な他意はないとしている。

     フランス代表MFポール・ポグバを、ユベントスからマンチェスター・ユナイテッドにフットボール史上最高額の1億500万ユーロ(約123億円)で移籍させたこともあり、ライオラ氏は今夏に存在感を放った。だが、そんな剛腕代理人がクロップ監督に仕掛けた場外乱闘は、相手にされないまま終わるという結末を迎えたようだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160909-00010012-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/08/27(土) 08:25:49.26 ID:CAP_USER9

    0114honda

     
    セリエAのパレルモが、リバプールで戦力外となっているFWマリオ・バロテッリに対してオファーを提示したと、パレルモのグリエルモ・ミッシッチ副会長が明かした。
    26日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

    リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督から戦力外通告を受けたことで、その去就が注目されているバロテッリ。
    ただ、移籍期間終了が迫った今でも次の移籍先は決まっていない。
    フランス・リーグアンのニースが候補に挙がったが、バロテッリ本人は同クラブ移籍に前向きではないとされている。

    同紙によると、バロテッリの生まれ故郷に本拠地を置くパレルモがオファーを提示したとのこと。
    パレルモのミッシッチ副会長は「我々はオファーを出した。ここで彼はリーダーになると思う。
    非常に困難な作業になるだろうが、魅力的なものに我々はトライしようとしている」と語り、オファーの存在を認めている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160827-00010008-footballc-socc
    フットボールチャンネル 8月27日(土)8時20分配信

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★2016/08/02(火) 21:57:32.81 ID:CAP_USER9

    0114honda

     
    リヴァプールに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、休暇中に喫煙していたことが明らかとなった。
    イギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

    今シーズンも開幕が目前に迫ったイングランド・プレミアリーグ。
    2週間後にはまた、長い戦いが始まる。

    ところが、リヴァプールで週給9万ポンド(約1210万円)を受け取っているバロテッリは、戦力外とみなされアメリカツアーのメンバーから外れている。
    U-21チームとともに練習をするとも言われていたが、現在は休暇のためにイタリアへ戻っているとのことだ。

    そして、ジェノヴァ近くの街ポルトフィーノにあるプライベートボートで友人とのパーティを楽しんだようなのだが、その様子を撮られた写真では、明らかにタバコと煙が…。

    先日は、苦しかったこの2年間で心を入れ替え、“本気”になると話していたバロテッリ。

    リヴァプールのユルゲン・クロップ監督がすでに構想外であることを明かしたため、新天地を探している状況なのだが、
    彼の獲得に関心を示すクラブは今回の報道をどう思うだろうか?

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160802-00475388-soccerk-socc
    SOCCER KING 8月2日(火)21時0分配信

    続きを読む

    1: pathos ★ 2016/07/22(金) 18:05:23.10 ID:CAP_USER9
     
    「僕は何人ものベストなストライカーとプレーしてきた。
    だからマリオは世界でベストのストライカーの一人であると言うことができる。
    彼は多くのビッグクラブでプレーしてきた。まだ25歳であることは簡単に忘れられてしまう」
    全文:http://www.footballchannel.jp/2016/07/19/post164641/

    ピルロがバロテッリの現状にイライラ「才能の無駄遣いはやめろ」
    僕はこれまで何人もの素晴らしいストライカーと一緒にプレーしてきた。
    だから言うけど、マリオは世界で最高のストライカーになる資質を持っている」
    「次に行くクラブは慎重に選ばなくてはいけない。彼が中国に行くのではないか
    という記事を読んだよ。中国のリーグには敬意を払っているが、それでも彼は
    まだあそこには行くべきじゃない」と助言した。
    全文:http://web.gekisaka.jp/news/detail/?194336-194336-fl


    リヴァプールで構想外のバロテッリにマンチーニが救いの手?
    http://www.goal.com/jp/news/1867/%EF%BC%91/2016/07/22/25835612/%EF%BC%91

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/07/20(水) 14:49:29.71 ID:CAP_USER9

    0114honda

     
    MLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティFCに所属する元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが、リヴァプールからの退団が確実視されている同胞のFWマリオ・バロテッリにアドバイスを送った。19日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

     バロテッリは昨シーズン、日本代表MF本田圭佑が所属するミランにレンタル移籍していたが、セリエAで20試合出場1ゴールと不本意な結果に終わり、ミランへの完全移籍を果たすことはできなかった。そのため今夏リヴァプールへ復帰することとなったが、ユルゲン・クロップ監督は同選手を戦力とはみなさず、チームを退団することで合意したと報じられている。

     そんなバロテッリに対して、イタリア代表でともにプレーした経験のあるピルロがアドバイスを送っている。

     ピルロは、若くして大きな注目を集めながら素行の悪さなどもあって周囲の評価を落としているバロテッリについて、「彼は僕を失望させたけど、今でもマリオに対して愛情をもっている。マリオは、ただメディアがおもしろい物語を書くためのキャラクターになってはならないし、僕らは彼が特別な選手だということを忘れちゃいけない」とコメント。

     続けて、「僕は素晴らしいストライカー達とプレーをしてきたから言うことができる。マリオは世界最高の選手になるためのクオリティを持っているんだ。これまで多くのビッグクラブでプレーしてきたから忘れがちだけど、彼はまだ25歳だ。トップにたどり着く時間は残されているよ。ただ、これ以上時間を無駄にしてはいけない。慎重に次のクラブを選ぶ必要があるね」と、トップレベルの選手になるための時間は残されていると主張した。

     移籍先を探しているバロテッリには、中国のクラブが関心を示していると報じられている。だが、ピルロは「中国のリーグをリスペクトしているけど、マリオはまだそこに行くべきではない」と述べ、「次のチームで2、3年良いシーズンを過ごすことができれば、それでも彼はまだ28歳だから、ヨーロッパのトップクラブでプレーできるはずだよ」と、今後数年の活躍次第で、欧州のビッグクラブに復帰することができるとの見解を示した。

     そして最後には、「もうこれ以上アドバイスはない。彼は自分自身のクオリティをわかっている。だから、あとはマリオ次第だ」と、後輩に向けてエールを送っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160720-00469856-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2016/07/09(土) 12:58:38.90 ID:CAP_USER9

    0114honda

     
    リヴァプールのイタリア人FWマリオ・バロテッリが同クラブを退団することが有力となった。イギリス紙『デイリーメール』が8日に報じている。

     日本代表FW本田圭佑が所属するミランへのレンタル移籍期間が満了を迎え、所属元のリヴァプールでトレーニングに参加しているバロテッリ。2014-15シーズンはリヴァプールでプレミアリーグ16試合出場1ゴールに終わり、2015-16シーズンはミランで再起を期したものの、セリエAで20試合出場1ゴールを記録するにとどまった。2年連続で結果を残せず、今後の動向に注目が集まっている。

     リヴァプールは9日に英5部リーグのトレンメア・ローヴァーズと親善試合を行ったが、バロテッリはメンバーに招集されなかった。今回の報道によると、ユルゲン・クロップ監督は同選手を新シーズンの戦力としてカウントしていないという。

     バロテッリとリヴァプールとの週給9万ポンド(約1200万円)の契約はあと1年残っているが、同紙は今夏の移籍市場での退団が「両者にとって最善の策」と記している。

     なお、7日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』によれば、セリエA初昇格を決めたクロトーネがバロテッリの獲得を目指している。同クラブのラファエレ・ヴレンナ会長が「私はバロテッリの代理人であるミノ・ライオラに電話をかけたんだ」とコメント。同選手との接触を認めている。また、中国のクラブからの関心も報じられている。

     先日、「俺はバロンドールを獲るよ」という発言が話題となったバロテッリ。活躍を誓って迎える新シーズン、まずは所属クラブを探す作業を迫られることとなりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-00466389-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2016/07/03(日) 10:14:11.63 ID:CAP_USER9

    0114honda

     
     リバプールの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリは、これまでの過去を反省し、将来に向けてやる気に燃えているようだ。2日付のイタリア紙『コリエーレ・デラ・セラ』が伝えている。

     バロテッリは、昨季に在籍していたミランでも再び期待外れなシーズンを過ごし、同クラブに買い取られなかった。その上EURO2016のメンバーからも落選している。

     しかしバロテッリは、「この2年間はオレのレベルじゃなかったけど、それはフィジカルや別の問題のせいだったんだ。(アントニオ・)コンテ監督は当然別の選手を選出したね。もしオレが彼の立場でもきっと同じ判断をしたはずだ」と後悔しながらも、落選に納得しているようだ。

     バロテッリは遂にやる気を取り戻したようだ。「0から10までのステップがあるとすれば、オレは5で止まってしまった。だけどこれから徐々に10まで辿り着くさ。いつかバロンドールを獲ってやる」と選手としての最大の目標を目指すことを表明している。

     「大事なのは手遅れになる前に理解したってことだよ。トップクラスの選手になれたはずだったなんて後悔をしてキャリアを終えたくはない」と語ると、「2年前まではオレの才能だけで満足していたよ。それだけで十分だと思っていたんだ。だけどこの2年間に真剣にハードワークをしてみて気付いたよ。この2年間で完全に変わったんだ」と語った。

     来季については、「リバプールでプレーしたいね。ミランはオレを引き留めないことに決めたんだ。だからもうここへは戻って来ない」と答えている。

     バロテッリが心機一転をすれば、クラブにとっても代表チームにとっても朗報であることは間違いないはずだ。

    http://www.footballchannel.jp/2016/07/03/post161704/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ