サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:バロテッリ

    1: YG防衛軍 ★@^^ 2017/07/27(木) 18:55:07.64 ID:CAP_USER9
    ニースのFWマリオ・バロテッリがチャンピオンズリーグ(CL)においてクラブ史上初めてとなるゴールを決めた。

    ニースは昨シーズン、ルシアン・ファブレ指揮官の下、リーグ・アンで3位となる快挙を達成し、CL予選への出場を決めた。26日に行われたCL予選3回戦ファーストレグ、ニース対アヤックス(1-1)では、バロテッリが32分、クラブ史上初めてとなるCL予選での得点を挙げている。

    バロテッリは昨シーズン、フリーでリヴァプールからニースに加入すると、デビュー直後から得点を重ね、ニースサポーターの心をつかんだ。昨秋はユニフォームが平均6分に1枚を売り上げるほどの人気ぶりで、市内の飲食店ではバロテッリの名前を冠したドリンクやピザが登場した。2月には同選手をモデルとしたストリートアートがフランス国立スポーツ博物館で展示されるなど、ニースを代表する選手へと成長し、CLでの快挙達成でクラブの歴史に名を刻んだ。

    バロテッリは近年、フィジカルのトラブルに悩まされ、ピッチ外で注目されることが多かった。だがニースではファブレ監督の下で出場機会に恵まれ、昨シーズン全公式戦で28試合に出場し、17ゴールを記録。サポーターから愛され、のびのびとしたニースの環境でプレーすることで、26歳のストライカーは徐々に本来のフォームを取り戻し、昨シーズンのクラブの躍進に貢献した。今夏、ドルトムントやマルセイユが獲得に興味を示していたが、バロテッリはニースとの契約を2018年6月末までに延長している。

    なおCL予選3回戦セカンドレグは8月2日、アヤックスのホーム、ヨハン・クライフ・アレーナで行われる。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170727-00000019-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@^^2017/06/03(土) 19:57:35.19 ID:CAP_USER9

    MarioBalotelli20161202


    ニースに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリに、ドルトムントへの移籍話が浮上している。複数のドイツメディアの報道によると、現在ドルトムント最大の得点源であるガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに今夏の移籍話が浮上しており、オーバメヤンを売却した場合、前線の穴埋め役としてバロテッリの名前が挙がっているようだ。

    バロテッリといえば、インテル、マンチェスター・シティ、ミラン、リヴァプールなどを渡り歩き、現在はリーグ・アンのニースでプレー。強じんなフィジカルと非凡な得点力を持ちながら“問題児”の一面も持ち合わせており、複数のビッグクラブを転々と渡り歩いてきた。

    また、バロテッリの代理人のミノ・ライオラ氏はイタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』の取材で「ドルトムントとマルセイユがバロテッリを欲しがっている」と証言している。

    16-17シーズンにリーグ・アンで23試合15ゴールを記録したバロテッリ。だが、リーグ戦でシーズン3度の退場処分を受けるなど相変わらず“悪童”ぶりを見せている状況だが、ニースから異なるチームへ新天地を求めるのだろうか。もしドルトムントに移籍するとなると、香川真司とコンビを組む可能性もあるだけに、その去就から今後も目が離せなくなりそうだ。

    6/3(土) 19:34配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000016-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/05/27(土) 09:18:24.77 ID:CAP_USER9
    ニースのFWマリオ・バロテッリが25日、出身地ブレシアで開催されたセレモニーに出席し、バロンドールについて言及した。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

    バロテッリは地元紙『ブレシア・オッジ』が主催するブレシア近郊のサッカー選手を対象とした表彰式へ招待を受けた。表彰式では、バロテッリの弟であるFWエノック・バルウアーが所属するチリヴェルゲのFWフランチェスコ・ガルッピーニが、最優秀選手賞である「ブレシアのバロンドール賞」を受賞した。

    バロテッリは自身のバロンドール受賞について問われると、「オレもバロンドールを受賞できるか? それにはまず、あの2人を消さないとね」とジョークを交えながら話し、ここ数年間、バロンドールを独占しているレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのFWリオネル・メッシが大きな壁となっていることを認めた。

    また自身のキャリアを振り返り、まだまだ物足りないと考えているようだ。「これまでの自分のキャリアは大したことない。もっとできるはずだ。これから2週間はオフモードでバカンスに入る。何も考えない。チャンピオンズ(リーグ)の決勝も見るつもりはない。それからだ」と話し、まずはバカンスで息抜きをすることを告げた

    最後に、地元ブレシアへのリップサービスか、「でもいつかオレの街のチームで引退を迎えられたらと思う。だけどオレはまだ若いよ」と話し、将来的に育ての親が住むブレシアでの引退を望んでいることを明かした。

    GOAL 5/26(金) 18:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170526-00000019-goal-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2ch.net 2017/05/08(月) 18:01:19.39 ID:CAP_USER9
    フランスのニースでプレイするイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、壮大な野望について言及している。
    MarioBalotelli20161202




    昨夏にフリートランスファーでニースへ加入し、今季リーグ戦22試合出場の15ゴールという素晴らしい戦績を残すバロテッリ。モナコとパリ・サンジェルマンに次ぐ3位と健闘するニースの原動力となり、かつての輝きを取り戻した悪童が、かねてより熱望する“No.1”のトロフィーについてその想いを語っている。ブラジル『Rete Globo』がバロテッリの言葉を伝えた。

    「決して簡単じゃないことを承知で言うが、俺はバロンドールを獲りたい。直近の2年半はフィジカル的な問題もあって、俺の能力の40%程度しか出せなかった。でも今後もハードなトレーニングさえ続ければ、バロンドールに選ばれることだって可能だろう」

    超えなければならない天才が複数名存在することを、彼自身も自覚している。

    「まぁ、現時点ではクリスティアーノ・ロナウドやリオネル・メッシ、ネイマール、それにルイス・スアレス辺りは俺よりも上だよ。なぜなら俺は約2年間、時間が止まったかのようだった。ミランへ移籍した当初はなかなか良かったが、恥骨に問題を抱えて手術を受けなきゃいけなくなったからね」

    theWORLD(ザ・ワールド) 5/8(月) 17:10
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00010019-theworld-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@ 2016/09/18(日) 19:56:06.38 ID:CAP_USER9

    0114honda

     
    ニースに所属するイタリア人FWマリオ・バロテッリが、18日に行われるリーグ・アン第5節モンペリエ戦の招集メンバーから外れた。
    17日付のフランス紙『レキップ』が伝えている。

    今夏リヴァプールからニースに加入したバロテッリは、11日に行われたリーグ・アン第4節の日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユとの一戦でデビュー。
    フル出場で2得点を挙げ、チームの逆転勝利に大きく貢献した。

    その後、15日に行われたヨーロッパリーグ・グループステージ第1節のDF内田篤人が所属するシャルケとの一戦にもフル出場。
    しかしながら、同紙によると、17日の練習を欠席したようだ。
    イギリス紙『デイリーメール』は、バロテッリが招集外となった理由について、コンディション不良のためと伝えている。

    新天地で衝撃的なデビューを飾り、完全復活を期待させたバロテッリ。
    デビューからわずか2試合で欠場となったが、再び輝きを取り戻すことはできるだろうか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160918-00494771-soccerk-socc
    SOCCER KING 9月18日(日)18時25分配信

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/09/13(火) 07:59:29.99 ID:CAP_USER9
     リーグ・アン第4節が11日に行われ、ニースと日本代表DF酒井宏樹のマルセイユが対戦。3-2でニースが競り勝った。

     ニース勝利の立役者となったのは、新天地でのデビュー戦を迎えたイタリア人FWマリオ・バロテッリだった。開始7分にPKを決めて挨拶代わりの初ゴールを記録すると、1-2で迎えた78分にヘディングシュートで同点ゴール。ニースは87分に逆転に成功し、3-2と競り勝った。

     デビュー戦で2ゴールを挙げたバロテッリが、試合後に心境を明かした。イギリスメディア『BBC』が、フランスメディア『カナル・プリュス』でのインタビュー内容を伝えている。

     今夏にリヴァプールから加入したバロテッリは古巣について「素晴らしいファン、本当に良くしてくれた数人の選手を除いて、俺はあのクラブが好きじゃない。2人の監督がいたけど、どちらの方針も人間性も、俺にとっては良い印象とはならなかった。あのクラブにいるべきじゃなかったんだよ、本当に」とコメント。不振を極めた同クラブでの日々を“恨み節”で振り返った。

     不本意な日々を経て迎えた今シーズン、新天地でのデビュー戦で2ゴールと最高のスタートを切ったバロテッリ。今年7月には「俺は(FIFA)バロンドールを獲る」とコメントして話題となっていた同選手は、同賞について再び質問を受けた。すると、以下のように自信を示している。

    「もちろん。まだ遅くはない。今の時点で(バロンドールを)勝ち取ったなんて思っていないけど、トレーニングでハードワークをしていけば、2、3年の間に獲ることができるはずだ」

     バロテッリの活躍で勝利を収めたニースは3勝1分けと開幕4戦負けなし、勝ち点「10」で2位に浮上した。次戦は15日、ヨーロッパリーグ・グループステージ第1節でDF内田篤人のシャルケと対戦。リーグ・アンの次節は18日、モンペリエとのアウェーゲームに臨む。

    サッカーキング2016年9月12日11時37分
    http://news.infoseek.co.jp/article/soccerking_491820

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/09/10(土) 09:38:21.11 ID:CAP_USER9

    0114honda

     
    代理人ライオラ氏の暴言に対し、「その発言は知っている」とクロップ監督は大人の対応

     リバプールのユルゲン・クロップ監督が、自身を痛烈に批判した剛腕代理人に対して大人の対応を見せている。10日の昨季王者レスター・シティ戦に向けた記者会見で、ミノ・ライオラ氏の発言に言及した。英紙「サン」などが一斉に報じている。

     クロップ監督は今季のプレシーズンで、昨季ACミランに期限付き移籍し、不振に終わりチームに戻ってきた元イタリア代表FWマリオ・バロテッリに対して“構想外”であると匂わせ、移籍を推奨した。

     そうした行為に対して、最終的にはフランスのニースに厄介払いとも言える条件で放出されたバロテッリの代理人・ライオラ氏は、イタリア圏で相手を罵倒する際に使用する「う○この切れ端!」という表現でクロップ監督を攻撃していた。

     そうした攻撃的な言動に対し、クロップ監督は冷静な対応を見せている。

    「その発言は知っている。だが、興味はないんだ。我々は自由な世界に生きていて、彼は自分の思ったことを自由に発言する権利がある。バロテッリに関しては、ビジネス上の決断だったというだけだ。彼が言っているような、私がマリオを除外したという事実はないんだ」

    剛腕代理人が仕掛けた場外乱闘は空振りに

     激怒するライオラ氏の暴言を聞き流しつつ、クロップ監督は「勝手に言っててください」とばかりに落ち着いた対応を見せる。バロテッリの放出についても、あくまで“ビジネス上の決断”と強調し、これといって特別な他意はないとしている。

     フランス代表MFポール・ポグバを、ユベントスからマンチェスター・ユナイテッドにフットボール史上最高額の1億500万ユーロ(約123億円)で移籍させたこともあり、ライオラ氏は今夏に存在感を放った。だが、そんな剛腕代理人がクロップ監督に仕掛けた場外乱闘は、相手にされないまま終わるという結末を迎えたようだ。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160909-00010012-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2016/08/27(土) 08:25:49.26 ID:CAP_USER9

    0114honda

     
    セリエAのパレルモが、リバプールで戦力外となっているFWマリオ・バロテッリに対してオファーを提示したと、パレルモのグリエルモ・ミッシッチ副会長が明かした。
    26日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

    リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督から戦力外通告を受けたことで、その去就が注目されているバロテッリ。
    ただ、移籍期間終了が迫った今でも次の移籍先は決まっていない。
    フランス・リーグアンのニースが候補に挙がったが、バロテッリ本人は同クラブ移籍に前向きではないとされている。

    同紙によると、バロテッリの生まれ故郷に本拠地を置くパレルモがオファーを提示したとのこと。
    パレルモのミッシッチ副会長は「我々はオファーを出した。ここで彼はリーダーになると思う。
    非常に困難な作業になるだろうが、魅力的なものに我々はトライしようとしている」と語り、オファーの存在を認めている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160827-00010008-footballc-socc
    フットボールチャンネル 8月27日(土)8時20分配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ