サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:バイエルン

    1: 3倍理論 ★ 2018/08/24(金) 18:18:08.04 ID:CAP_USER9

    bundesliga

    第二勢力の成長なくして歴史は動かない

    新シーズンのブンデスリーガはどうなるのだろうか。バイエルン・ミュンヘンの7連覇かそれとも…。絶対王者の優勝を阻むためには第二勢力の果てしない成長が求められる。(文=遠藤孝輔)

    優勝するのはバイエルンだろう。戦力、経験ともに他の追随を許さない絶対王者が、7連覇を逃すシナリオは描きにくい。昨シーズンの得点王であるロベルト・レヴァンドフスキを擁する最前線から、主将のマヌエル・ノイアーが君臨する最後尾まで陣容に穴らしい穴はなく、ロシア・ワールドカップ参加者が合流して間もなかったDFLスーパーカップではフランクフルトを5-0と一蹴。プレシーズンマッチでユヴェントスとマンチェスター・シティに敗れた不安をかき消す会心のパフォーマンスをいきなり見せつけて、今シーズンの初タイトルを手にした。「バイエルンが優勝する」と語るシャルケのドメニコ・テデスコ監督など、戦前からいわば白旗を振っている指揮官は少なくない。

    焦点は優勝チームの予想ではなく、いつまで首位争いが繰り広げられるか。例年のように、ウインターブレイクの時点で趨勢が決するようでは、昨シーズンにメディアを賑わせたリーグ改革案(優勝プレーオフの導入など)が再びドイツサッカー界で議論されることになりそうだ。対抗馬に挙がるドルトムントやホッフェンハイムのユリアン・ナーゲルスマン監督が警戒するレヴァークーゼン、昨シーズン2位のシャルケあたりの奮起を願う中立のファンは少なくない。主軸の高齢化や監督交代(ユップ・ハインケス→ニコ・コバチ)などバイエルンに不確定要素がないわけではないが、第二勢力の成長なくして歴史は動かないだろう。

    “教授”率いる平均年齢が最も若いチームが台風の目に?

    個人的に期待しているのは、昨シーズン6位のRBライプツィヒだ。攻守の要だったナビ・ケイタがリヴァプールに移籍したものの、得点源のティモ・ヴェルナー、チャンスメーカーのエミル・フォルスベリ、近未来のワールドクラス候補生であるセンターバックのダヨ・ウパメカノなど、メガクラブが興味を示すタレントが残留濃厚になっている。未完の大器に照準を絞るお馴染みのリクルーティングで、フランスU-21代表のノルディ・ミュキエレやヨーロッパリーグ予選で2得点の19歳マテウス・クーニャら有望株も加えており、ケイタが抜けたセントラルMF以外のポジションは戦力アップ。スポーツディレクターとの兼任で、3シーズンぶりに現場の指揮を執ることになった“教授”ことラルフ・ラングニック新監督が舵取りを誤らなければ、トップチーム登録者の平均年齢が最も若く、成長の余地を残すRBライプツィヒが首位争いに加わるかもしれない。






    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999



    続きを読む

    14: 名無しさん@恐縮です 2018/08/02(木) 18:31:46.49 ID:FjuR/UIs0
    26845093046_2387089b74



    バイエルンは落ちぶれたな もはや1流とは言い難い








    999: 風吹けば名無し 2099/01/01(月) 00:00:0.017 ID:sakarabo1999


    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/07/24(火) 10:49:39.29 ID:MKVPm/Lw0
    c8d2676a-e218-491d-96ad-a5d2e1e2d3bc



    ドイツ代表として長く活躍してきたエジルだが、バイエルンの会長が掛けたのは労いの言葉ではなく、辛辣なものだった。

    「悪夢が終わってくれて嬉しいよ。彼はここ数年間はクソみたいなプレーをしていた」

    そして問題の写真を引用し、「彼が最後に優勝したのは2014年だ。そして今はこの写真の後ろに隠れている」と引退の言い訳にしているだけだと主張。
    さらには、アーセナルMFのフォロワーが偽アカウントであるかのような根拠不明なコメントも残している。

    「彼の3500万人のフォロワー(もちろん、実際の世界には存在していないが)は『エジルはピッチ上では素晴らしいプレーをしていた』と言っているが、
    エジルは数年間、代表チームで何もしていない」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180723-00000022-goal-socc



    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    802: 風吹けば名無し 2018/05/03(木) 13:42:44.58 ID:eQW0EEN+0
    Daj8LETV4AAjTtf


    Jリーグも実はそんなレベルは低くないが 
    大正義クラブが無いから 
    クラブチームをそのまま代表チームに持っていくことができないんやで


    続きを読む

    495: 風吹けば名無し 2018/05/02(水) 23:20:22.39 ID:0iVBIQ7G0
    めちゃくちゃ強いのにバイエルンってなんでネタにされてるんや? 
    バイエルンミュン犬って蔑称は語呂いいけど可哀想すぎやろ



    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/04/26(木) 19:08:51.82 ID:CAP_USER9
    800-1507195594-1



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000017-goal-socc

    バイエルン・ミュンヘンの選手の多くは、レアル・マドリー戦は最低でも5点は決めることができる内容だったと考えている。ジェローム・ボアテングの負傷で、途中からピッチに入ったDFニクラス・ジューレもそう考える一人だ。

    バイエルンは25日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグでレアル・マドリーと対戦。本拠地の大声援を背に多くのチャンスを作り出したものの、決定機をなかなか得点につなげられず1-2で敗れた。ジューレは試合後にこのように語っている。

    「もし僕たちが5-2で勝ったとしても誰も文句は言わなかったと思う。ミュンヘンでの試合でこんなに弱いレアルを見たことはなかったよ」

    ジューレのコメントについて問われたDFヨシュア・キミヒは、5点でも十分ではなかったと思っているようだ。

    「僕は7-2が妥当だと思うよ。君も試合を見ていたはずだ。前半にあと2,3回チャンスがあった。そして後半にもフランク・リベリもいくつかのチャンスがあったよ。全てのチャンスを挙げることはできないけれど、6~7回はチャンスがあったさ」

    さらに古巣との対戦となったハメス・ロドリゲスも5-2が妥当のスコアだと感じていると『マルカ』に明かした。

    「僕たちは5度の確かなチャンスがあって、彼らはたった2回だけだ。とてもストレスの溜まる試合だった」

    続きを読む

    1: 数の子 ★ 2018/04/26(木) 17:09:39.78 ID:CAP_USER9

    bundesliga


    今季も5試合を残し6連覇達成、前半戦を終えた時点で優勝は既定路線
     ブンデスリーガは今、バイエルンの“一強時代”だ。今季も第29節で、5試合を残して優勝を決めた。

     序盤こそつまずきがあったものの、シーズン途中でカルロ・アンチェロッティに代わってユップ・ハインケスが監督に就任した後は、どんどん安定感を取り戻して勝ち続けている。前半戦が終わった段階で、優勝戦線は既定路線となった。

     これでバイエルンは6連覇。優勝後の控えメンバー中心で試合に臨んだ第30節ボルシアMG戦でも5-1、一発勝負で何があるか分からないはずのDFBポカール準決勝ではレバークーゼンを6-2で一蹴だ。この状況はなんとかならないのか――なんともならないのだ。バイエルンの代表取締役を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲは、「バイエルンファンは今、パラダイスにいるようなものだ」とホクホク顔で語るほどだ。

     果たして、今のブンデスリーガはドイツ人ファンにとってどこまで魅力的なのだろうか。そのあたりを、私の周囲にいる友人たちにいろいろと尋ねてみることにした。

     まず、昔のチームメイトであるシュテファン(仮名)は不満を吐き出してきた。

    「本来、僕はカイザースラウテルンのファンなんだ。でも今は3部リーグ降格間近。1部リーグのチームで言えば、ドルトムントを応援しているよ。昔はそれこそ全試合の結果に一喜一憂して熱狂していた。でも、最近少し冷めた気持ちになる時もあるんだ。その理由の一つは、試合時間がバラバラになったことがあると思う。金曜日に土曜日、日曜日。今季はさらに月曜日まで……。こっちはスケジュール調整が難しくなる一方だ。ごちゃごちゃしているし、ファンをなんだと思っているんだ」


    来季隣国オーストリアで試験導入される「プレーオフ」に注目
     確かに分配金のあり方には、特に中位以下のブンデスリーガクラブが何度も再考を訴えている。「強いチームがさらに強く」だけではなく、もう少し健全なバランスが取られるとリーグの魅力にもつながるかもしれない。ショービジネスのあり方としては、一時期プレーオフ制度の導入について「ビルト」紙が挙げたことがあったが、これには現在オーストリアのウィーンに住む友人のセバスチャンが答えてくれた。

    「プレーオフはありだと思うんだ。オーストリアでは来季から試験的に導入されるらしいよ。どうなるか楽しみだね。ドイツだと2部リーグでまず導入すると面白いかもね」

     オーストリアでは近年、FW南野拓実が所属するザルツブルクばかりが優勝しており、観客数もなかなか増えていないため、そうしたアプローチが必要なのかもしれない。実際にプレーオフが導入されてリーグ全体にどんな影響があるのか。同じく“バイエルン一強”状態となっているドイツのファンも、隣国の動向を注視しているようだ。

    全文はこちらから
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180426-00100052-soccermzw-socc




    続きを読む

    331: 名無しさん@恐縮です 2018/04/26(木) 06:56:35.43 ID:jzCIJlV30
    Dbqu3MgXcAgtYEb


    事実上の決勝という割にはレベルそんな高く見えなかった

    336: 名無しさん@恐縮です 2018/04/26(木) 06:59:56.50 ID:LhLrUHiY0
    >>331 
    お互い噛み合わずにつまんない試合だったな 
    バイエルンは外しまくるし

    341: 名無しさん@恐縮です 2018/04/26(木) 07:04:07.66 ID:DpOr286T0
    >>331 
    それは無い、今回のバイエルンはGLのPSG以外の6試合は全て弱小相手 
    他の3チームと違い運に恵まれてただけ

    350: 名無しさん@恐縮です 2018/04/26(木) 07:07:53.03 ID:KA0g4ehv0
    >>331 
    今日出てたメンバーも沢山いたがこの前のドイツ対スペイン 
    がっぷり四つでめちゃくちゃレベル高かった

    355: 名無しさん@恐縮です 2018/04/26(木) 07:10:50.29 ID:C7tR7PXJ0
    >>331 
    中盤の守備は見ない人かな?



    続きを読む

    196: 名無しさん@恐縮です 2018/04/26(木) 06:08:47.51 ID:+bL3fR0M0
    Bm9TixpCcAEJn15



    俺が今まで見たSBで一番すごいと思ったのはマルセロ 
    今日の試合を見て多分歴代1位ですごいと思う

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ