サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:バイエルン

    1: みつを ★ 2017/03/22(水) 06:56:20.47 ID:CAP_USER9

    Cxo_no2UUAAMBU9

     
    http://www.afpbb.com/articles/-/3122133?act=all

    【3月21日 AFP】ドイツサッカーリーグ機構(DFL)のクリスチャン・サイファート(Christian Seifert)最高経営責任者(CEO)が、ブンデスリーガで圧倒的な力を誇るバイエルン・ミュンヘン(Bayern Munich)の存在はリーグの評判を脅かしており、ライバルクラブはその差を縮めるべく、勝利への欲望をより燃やさなくてはならないとする考えを示した。

     王者バイエルンは19日、1-0でボルシア・メンヘングラッドバッハ(Borussia Moenchengladbach)を下し、残り9節の時点で2位RBライプツィヒ(RB Leipzig)との勝ち点差を13に拡大。考えにくいような失速を除けば、就任1年目のカルロ・アンチェロッティ(Carlo Ancelotti)監督の下で、リーグ5連覇は時間の問題となっている。

     メンヘングラッドバッハ戦で決勝点を決めたバイエルンのトーマス・ミュラー(Thomas Mueller)は試合後、「僕たちは勝利の味に病みつきになっている。貪欲だし、このまま突き進みたい」と語った。

     しかしながら、国外におけるブンデスリーガの人気向上を目指すDFLのサイファートCEOからは、そうした状況を不安視する声が上がっている。

     サイファートCEOは、独誌キッカー(Kicker)に対し「これに関しては、ミュンヘンを責めることはできない。しかし、もしバイエルンがあと数回連続でリーグ王者になるようなことがあれば、競争にとって好ましくない」と語った。

    「イングランドでは、シーズン開幕時に5クラブがタイトル獲得を目標に掲げた。イタリアでは3クラブ、スペインでは2クラブだった」

    「ドイツで(バイエルン)との勝負に名乗りを上げたのは17クラブ中1クラブもなかった。いつかはそれも変わらなくてはならない」 (c)AFP/Ryland JAMES

    2017/03/21 14:37(ベルリン/ドイツ)

    続きを読む

    1: Egg ★2017/03/05(日) 10:31:11.58 ID:CAP_USER9

    C3RaIhOUMAAuPCU

     
    ケルンのFW大迫勇也は現地時間4日、ブンデスリーガ第23節のバイエルン・ミュンヘン戦にフル出場した。0-3でケルンは試合を落としたものの、ドイツメディアは大迫を高く評価している。

     『ビルト』は大迫にチーム最高タイとなる「3」をつけた。大迫のほかにはFWアントニー・モデストとDFネベン・スボティッチが最高タイの評価となっている。

     『ケルナー・シュタット・アンツァイガー』は、より明確に大迫を評価。チーム単独最高点となる「2.5」をつけた。0.5刻みの採点だが、「3.0」の選手はおらず、大迫が際立っていたという印象のようだ。

     同メディアは寸評で、「前半に2つのチャンスがあったが、(バイエルンGKマヌエル・)ノイアーに阻まれた。ケルンが危険な場面をつくるときはほとんど彼がいた」と記している。

     リーグ戦ここ4試合で1分3敗と苦しんでいるケルンだが、前節ゴールを決めた大迫はまだ良いイメージでプレーできている様子だ。次節は降格圏に低迷するインゴルシュタットが相手。久々の白星をつかめるだろうか。

    フットボールチャンネル 3/5(日) 5:00配
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170305-00010008-footballc-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/02/23(木) 05:04:54.00 ID:13N1hCOS0

    Cxo_no2UUAAMBU9

     
    何が楽しいの?

    続きを読む



    C4vb2Q7UkAM0gX6

    1: YG防衛軍 ★2017/02/16(木) 18:03:47.63 ID:CAP_USER9
    元ドイツ代表GKオリヴァー・カーン氏が、アーセナル(イングランド)に言及。「こんな酷いチームは見たことがない」と酷評した。英『メトロ』紙(電子版)が現地時間15日に伝えている。

     アーセナルは15日、バイエルン(ドイツ)とのチャンピオンズリーグ(以下CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグに臨み、敵地で1対5と大敗。一度はFWアレクシス・サンチェスのゴールで1対1としたが、終わってみれば5失点。セカンドレグを待たず、7シーズン連続のCL16強敗退が決定的となった。

     現役時代にバイエルンで14年を過ごしたカーン氏は、この試合を受け「こんなに酷いプレーをするチームは見たことがない」「バイエルンの相手は、ボールを持っていないときのプレーが破滅的なチームだった」とアーセナルを酷評した。

     また、「選手は非常に受け身だった。特に(メスート・)エジルだ。彼らはまるで、監督の指示に耳を傾けようともしないようだった」と、選手の姿勢に苦言を呈している。(STATS-AP)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00000014-ism-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード 2017/02/16(木) 06:47:03.69 ID:CAP_USER9

    C4vb2Q7UkAM0gX6

     
    2ndLegはアーセナルのホームだが……

    15日にチャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦1stLegが行われ、バイエルン・ミュンヘンとアーセナルが激突した。

    ここ5試合の両クラブの対戦成績は2勝2敗1分と完全に五分だが、もっと直近の対戦ではバイエルンが5-1でアーセナルを相手に勝利を収めており、圧倒的な力を見せている。
    さらにここ6シーズン連続でベスト16敗退のアーセナルは、そのうち2度がバイエルンに敗れての敗退。因縁の相手となっている。

    試合は、アーセナルは積極的に前線からプレッシャーをかけるが、巧みにパスを回すバイエルンからなかなかボールを奪うことができない。
    すると分、右サイドで受けたアリエン・ロッベンがカットイン。
    得意の斜め45度の角度から左足を振り抜き、ゴール左上へシュートを突き刺した。ホームのバイエルンが先制に成功している。

    その後も試合を支配し、アーセナル陣内でボールを回すバイエルン。
    しかし、アーセナルもときおりカウンターなどから攻撃を仕掛ける。
    すると30分、ゴール前の競り合いからアーセナルがPKを得る。
    キッカーを務めたアレクシス・サンチェスは一度マヌエル・ノイアーにセーブされるも、自らこぼれ球に拾い、エースが意地でゴールを挙げた。

    後半開始直後、アーセナルに悲劇が襲う。守備の要ローラン・コシェルニーが太ももの裏を気にする仕草を見せ、ガブリエウ交代を強いられる。

    53分、スコアが動く。仕掛けるロッベンをオーバーラップし、右サイド深くまで侵入したフィリップ・ラームがクロスを上げると、ロベルト・レヴァンドフスキが打点の高いヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らす。
    さらに3分後の56分、シャビ・アロンソの鋭い縦パスをレヴァンドフスキがヒールで流し、裏へ抜け出したチアゴ。落ち着いてゴールに流し込み、あっという間にバイエルンがリードを2点に広げた。

    その後は完全にバイエルンペース。63分にCKのこぼれ球からチアゴがこの日2点目を、
    88分に途中出場のトーマス・ミュラーがダメ押しゴールを決め、試合終了。バイエルンが5-1でアーセナルを撃破した。

    この結果、バイエルンは余裕を持って3月7日の2ndLegへ臨むことができそうだ。
    一方、アウェイゴールを奪ったものの、アーセナルにとっては非常に厳しい状況でバイエルンをホームのエミレーツ・スタジアムへ迎え入れることとなった。

    [スターティングメンバー]
    バイエルン:ノイアー、ラーム、フンメルス、マルティネス、アラバ、X・アロンソ、ビダル、ロッベン(→ラフィーニャ 88)、チアゴ、D・コスタ(→キミッヒ 84)、レヴァンドフスキ(→ミュラー 86)

    アーセナル:オスピナ、ベジェリン、ムスタフィ、コシェルニー(→パウリスタ 49)、ギブス、ジャカ、コクラン(→ジルー 77)、チェンバレン、エジル、イウォビ(→ウォルコット 66)、サンチェス

    [スコア]
    バイエルン 5-1 アーセナル

    [得点者]
    バイエルン:ロッベン(11)、レヴァンドフスキ(53)、チアゴ(56、63)、ミュラー(88)
    アーセナル:サンチェス(30)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170216-00010007-theworld-socc
    theWORLD(ザ・ワールド) 2/16(木) 6:42配信

    続きを読む

    1: Egg ★@2016/12/29(木) 14:05:39.46 ID:CAP_USER9
    助けられる」 ドイツ知る“司令塔“に高評価

    Csk3AJoUAAAotla


    ブンデスリーガの4クラブが興味

    今夏移籍したセビージャではほとんど出場機会がない状態だが、日本代表MF清武弘嗣はドイツから非常に高い評価を受けている。

    独『Transfermarkt』によると、現在清武にはケルン、ヘルタ・ベルリン、シャルケ、ヴォルフスブルク、さらにはスペインのデポルティーボまで興味を示していると言われている。ドイツのクラブからの人気は高く、昨季までブンデスリーガで見せていた清武のパフォーマンスは強烈なインパクトを与えているようだ。

    ヘルタのパル・ダルダイ監督は清武の高精度なキックを欲しているようで、セットプレイから精度の高いボールを蹴ることができると高く評価されている。清武は昨季まで所属していたハノーファーでも、日本代表でもコーナーキックやフリーキックを担当しており、司令塔を求めているチームにとってブンデスリーガの環境を知る清武は魅力のある選手と言えるだろう。

    ヴォルフスブルクではDFリカルド・ロドリゲスも高精度のキックを持っているが、同選手には欧州の複数クラブが興味を示している。ロドリゲスがクラブを離れる場合は清武のような存在は貴重になる。

    また、清武が残留争いの厳しさを知っていることが大きいとの意見もある。現在ヴォルフスブルクは4勝4分8敗と苦戦しており、降格圏まで勝ち点差4しか変わらない13位に位置している。

    清武は昨季もハノーファーで残留をかけて戦っており、残留争いの厳しさを経験している。サポーターからは「清武はドルトムントとバイエルン以外の全てのクラブを助けることができる」との意見もあり、ドイツでは非常に評価が高い。

    清武もセビージャで試合に出場できない状態が続くのは問題で、言語の問題もある。ドイツは慣れた舞台でもあるが、今冬にもドイツへの帰還を実現させるべきか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12/29(木) 10:20配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00010004-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/12/13(火) 17:41:56.90 ID:CAP_USER9
    UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦でバイエルン(ドイツ)と対戦することが決まったアーセナル(イングランド)。クラブOBであるティエリ・アンリ氏は、ドイツの強豪クラブとの対戦を引いたことに驚きはなかったようだ。

     12-13、13-14シーズンの決勝トーナメント1回戦でバイエルンと対戦したアーセナルは、ともに敗れて大会から姿を消すことになった。英紙『メトロ』によると、因縁の相手とも呼べるバイエルンとの再戦にアンリ氏は「何てことだ!!」と笑いつつ、「なぜだか分からないけど、レアルかバイエルンと当たるんじゃないかと思っていたんだ」と続けたようだ。

     すると、自身が在籍してCL準優勝となった05-06シーズンを引き合いに出し、「あのときは決勝トーナメントの1回戦でレアルと対戦した。アーセナルは終わったという人は多かったけど、僕らは最終的に決勝まで進んだんだ。もし僕が選手だったら、バイエルンとの対戦を試練と捉えるよ」と強豪クラブを撃破して勢いに乗ってほしいと、古巣クラブに期待を寄せた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161213-01634380-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード  2016/11/20(日) 05:05:09.85 ID:CAP_USER9

    Cxo_no2UUAAMBU9

     
    ブンデスリーガ第11節が20日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとバイエルンが対戦した。
    香川はベンチスタートとなった。

    今シーズン最初の“デア・クラシカー”。バイエルンはここまで無敗の首位に立っている。
    一方、ドルトムントは前節のハンブルガーSV戦でリーグ戦5試合ぶりの勝利を収めた。
    今節、ドルトムントはFWアドリアン・ラモスとガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの2トップ。
    バイエルンは元フランス代表MFフランク・リベリーが公式戦9試合ぶりの復帰となった。

    開始早々の10分、ドルトムントは右サイドのウカシュ・ピシュチェクがボールを奪うと、マリオ・ゲッツェのグラウンダーパスをオーバメヤンがダイレクトシュート。
    これがGKマヌエル・ノイアーの牙城を崩し、ドルトムントが先制に成功した。その後は両チーム得点なく、1-0でハーフタイムを迎える。

    後半立ち上がりはバイエルンが猛攻を仕掛ける。
    55分、右サイドのトーマス・ミュラーが切り返しからクロスを入れると、走り込んだフランク・リベリーがヒールシュート。
    これがネットを揺らして同点かと思われたが、リベリーがオフサイドポジションにいたため、得点は認められなかった。
    61分にはエリア手前左からシャビ・アロンソがミドルシュート。しかし、これはクロスバーを直撃して追いつくことができない。

    一方、ドルトムントも相手のミスからビッグチャンスを得る。72分、X・アロンソのミスを拾ったオーバメヤンがGKとの一対一を迎える。
    しかし、ここはGKマヌエル・ノイアーの正面に飛んでしまい、追加点を挙げられない。

    試合はこのまま1-0で終了。ドルトムントがバイエルンに初黒星をつけ、3位に浮上した。
    一方、バイエルンは昇格組のライプツィヒに首位を明け渡す格好となった。
    なお、香川に出場機会は訪れなかった。

    次節、ドルトムントは敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと、バイエルンはホームでレヴァークーゼンと対戦する。

    【スコア】
    ドルトムント 1-0 バイエルン

    【得点者】
    1-0 10分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00517995-soccerk-socc
    SOCCER KING 11/20(日) 4:26配信


    http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ger/ger-10929648.html
    試合スコア

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@2016/10/30(日) 00:30:58.24 ID:CAP_USER9

    res_IEbHSs4riX

     
    ブンデスリーガ第9節が29日に行われ、アウクスブルクとバイエルン・ミュンヘンが対戦した。試合はアウェーのバイエルンが3-1で勝利している。

    ミッドウィークにもDFBポカールでも対戦した両チーム。3日前の一戦ではホームのバイエルンが3-1で勝利している。バイエルンは、DFマッツ・フンメルス、FWトーマス・ミュラーらをベンチに置き、ターンオーバーを敢行。一方のアウクスブルクは、宇佐美貴史が9月17日以来にベンチ入りを果たしている。

    いつものようにバイエルンがボールを支配するが、ほとんどの時間で11人が自陣に入るアウクスブルクの前になかなかチャンスを作れない。

    それでもアウクスブルクがカウンターで前に出た隙を狙う。19分、アリエン・ロッベンのパスからロベルト・レヴァンドフスキが見事なトラップから落ち着いてネットを揺らした。さらに21分、今度はレヴァンドフスキのアシストからロッベンが決めて、あっという間に2点差に。

    前半終了間際、バイエルンのミスを突いて、アウクスブルクが決定機を得るも、GKマヌエル・ノイアーの前にネットは揺らせず。前半はバイエルンの2点リードで終了する。

    後半開始早々、アウクスブルクが前からプレスをかけるも、バイエルンがさらにゴールを追加する。48分、再びロッベンのスルーパスからレヴァンドフスキがキーパーをかわしてゴールを挙げ、3点差に。レヴァンドフスキはアウクスブルク戦11試合で13ゴールを挙げ、相性の良さを見せている。

    それでも諦めないアウクスブルクは67分、ク・ジャチョルのゴールで1点を返す。ゴール以降、アウクスブルクがやや盛り返すが、再びバイエルンペースに。フンメルスが続けてヘディングでゴールを狙うも、GKマルヴィン・ヒッツの好守でさらなる追加点は生まれず。

    試合はこのまま終了し、DFBポカールと同じスコアでバイエルンが勝利した。バイエルンは開幕からのリーグ戦無敗を守り、アウクスブルクは公式戦5試合勝利なしとなっている。宇佐美はベンチ入りしたものの、出場機会はなしとなった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000020-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 2016/10/22(土) 13:09:22.70 ID:CAP_USER9
    CDiQUaWUMAAh1rY


    元ドイツ代表MFで、現在はコメンテーターを務めるローター・マテウス氏は、バイエルン・ミュンヘンがドイツ代表MFトニ・クロースをレアル・マドリーに放出したのは間違いだったと考えている。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じた。

    クロースは17歳からバイエルンの下部組織で育った選手であったが、2014年に年俸を巡ってクラブと選手側で差異が生じ、レアル・マドリーへ移籍した。代わりにバイエルンはMFシャビ・アロンソを迎え入れたが、マテウス氏は簡単にドイツ代表MFを放出したことに納得がいかないようだ。

    「私はバイエルンがなぜクロースを放出したのはいまだに理解できない。彼がピッチで見せていたパフォーマンスを見れば、昇給を認め、契約を延長するべきだった」

    また、クロースは先日、レアル・マドリーとの契約を2022年まで延長し、スペインでキャリアを終えることを希望していると明かした。マテウス氏は「彼はレアル・マドリーの中盤でキープレイヤーとなった。素晴らしいチームの中でフィットしているし、全員から信頼されている。海外に行くという決断は正しかった」とコメントしている。

    続けて「クロースは世界最高のMFだ。彼のレベルにある選手は見当たらない。代表でもボスだ。強いて弱点を挙げるなら、ゴールが少ないくらいだろう。(指揮官の)ジダンも現役時代は似たポジションでプレーしていたし、学ぶことは多いだろう」と話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00000004-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ