サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ハンブルガー

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 07:00:56.27 ID:CAP_USER*.net
    トップ下で絶妙な飛び出し! 相手GK退場も誘発

    CdNiQaVUEAEcOd3


    ドルトムントの日本代表MF香川真司は17日に行われたハンブルガーSV(HSV)戦で先発フル出場。絶妙な飛び出しで相手GKの退場を誘発する他、全得点の起点となり、トップ下の位置で躍動した。独メディアからは「驚異的なハードワークと力強さを長時間見せた」と評価している。試合はドルトムントが3-0で勝利している。

     ドルトムントは前半38分に香川、フンメルスとつないで最後は17歳の新星MFプリシッチが先制点を決める。前半44分には香川がセンターサークル付近でボールを受けたところから攻撃がスタート。一度はボールを奪われたものの、MFサヒンがすぐさま取り返してしてカウンターを仕掛けるとラモスが決めてリードを広げた。後半6分には香川がDFライン裏への飛び出して相手GKの退場を誘発。さらに同41分には香川のミドルシュートをGKが弾いたところを、再びラモスが決めて3-0で快勝した。

     独地元紙「WAZ」の採点(1が最高、6が最低)で、2得点に絡んだ香川は2.5点が与えられた。2得点でチームトップの1.5点のFWラモス、先制ゴールをアシストした主将DFフンメルスの2点に次ぐチーム3位タイだった。その豊富な運動量と得点に絡んだプレーを評価された。

    香川については「驚異的なハードワークと強さを長時間見せた。しかし、(得点に)必要なパワーを欠いていた。3得点すべての起点になり、HSVゴールキーパー退場の引き金になった」と寸評された。

    公式戦3試合ぶり勝利の立役者に

     「ルールナハリヒテン」紙の採点では、香川は4位タイの3点。同紙でも2得点のラモスが1.5点で単独トップ。ブンデスリ初ゴールのMFのプリシッチとフンメルスが2点で2位タイ。香川と並ぶ3点でサヒン、MFギュンドアン、MFカストロ、MFパスラック、GKビュルキが並んだ。DFギンターが4点でチームワーストだった。

     リーグ戦2試合連続ゴールを記録していた香川は惜しくも3試合連続弾はならなかったが、十分存在感を示して勝利に貢献した。14日に行われたUEFAヨーロッパリーグ準々決勝では恩師ユルゲン・クロップ監督率いるリバプールに逆転で2戦合計4-5で敗れるショックを味わったが、香川は公式戦3試合ぶりの白星に貢献した。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160418-00010002-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: 胸のときめき ★@\(^o^)/ 2016/04/18(月) 00:24:11.35 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    2016年4月17日(日)キックオフ:22:30 / 試合会場:シグナル・イドゥナ・パーク

    ボルシア・ドルトムント 3-0 ハンブルガーSV

    得点
    クリスチャン・プリシッチ(前半38分)
    アドリアン・ラモス(前半44分)
    アドリアン・ラモス(後半41分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10787099

    続きを読む

    9b8c9916
    続きを読む



    続きを読む



    14/15 ドイツ ブンデスリーガ 第14節

     ハンブルガー 2-1 マインツ
    1-0 クレバー・ジャンデルソン・ペレイラ・レイス(前32分)
    2-0 ラファエル・ファン・デル・ファールト(後9分)PK
    2-1 岡崎慎司(後44分)
    ◇ マインツの岡崎慎司はフル出場

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10627086
    http://www.kicker.de/news/fussball/bundesliga/spieltag/1-bundesliga/2014-15/14/2407350/livematch_hamburger-sv-12_1-fsv-mainz-05-30.html
    順位表
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/standing/?l=56

    岡崎、2戦連発今季8点目の追撃弾も…マインツは連敗で6戦勝ちなし
    ゲキサカ 12月8日(月)1時23分配信

    [12.7 ブンデスリーガ第14節 ハンブルガーSV2-1マインツ]
     ブンデスリーガは7日、第14節3日目を行い、FW岡崎慎司の所属する
    マインツは敵地でハンブルガーSVと対戦し、1-2で敗れた。
    岡崎はフル出場し、0-2の後半44分に2戦連発となる追撃弾を決めたが、
    チームは2連敗で6試合勝ちなし(2分4敗)となった。

     前節のシャルケ戦(1-4)に続いてFWサミ・アラギと2トップを組んだ岡崎だが、
    なかなかいい形でボールが入らない。前半30分、
    アラギの縦パスを岡崎がヒールで落とし、MFフィリップ・ジュリチッチが
    ドリブルで切れ込むも、DF3人に囲まれてつぶされた。

     すると直後の前半32分、ハンブルガーSVは右クロスから
    相手DFのクリアミスを拾ったDFクレーベルが右足で押し込み、先制点。
    前半を1点リードで折り返すと、後半9分にはマインツ
    DFニコルチェ・ノベスキのハンドで獲得したPKを
    MFラファエル・ファン・デル・ファールトがゴール左に決め、2-0と突き放した。

     2点ビハインドとなったマインツは後半10分、21分と立て続けに
    選手交代を行い、3枚のカードを一気に使い切った。
    システムも岡崎が1トップに入る4-2-3-1に変更。後半28分には
    PA内右で岡崎が縦に仕掛け、クロスボールにMFエルキン・ソトが
    左足ボレーで合わせたが、ミートし切れなかった。

     それでも敗色濃厚の後半42分、MFヨハネス・ガイスの右CKをニアの
    MFユヌス・マリが頭でそらし、岡崎がのヘディングシュート。
    岡崎の2戦連発となる今季8得点目で1点を返したが、
    後半アディショナルタイム、右クロスに合わせた岡崎のヘディングは
    ゴール左へ。あと一歩反撃及ばず、1-2で敗れた。

    Yahoo!ニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141208-00242309-gekisaka-socc

    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/league/?l=56
    CSフジテレビ:http://www.fujitv.co.jp/otn/b_hp/914200178.html
    FOX SPORTS:http://www.foxsports.jp/program_info/world_soccer/1071
    J SPORTS:http://www.jsports.co.jp/football/others/#sportsInfoBundesliga

    続きを読む




    14/15 ドイツ ブンデスリーガ 第7節
    ドルトムント 0-1 ハンブルガー
    0-1 ピエール=ミシェル・ラソッガ(前35分)

    ◇ ドルトムントの香川真司はフル出場

    香川フル出場のドルトムント、HSVに今季初勝利献上し2連敗
    ゲキサカ 10月5日(日)0時25分配信

    [10.4 ブンデスリーガ第7節 ドルトムント0-1ハンブルガーSV]
     ブンデスリーガは4日、第7節2日目を行い、MF香川真司と
    MF丸岡満の所属するドルトムントはホームでハンブルガーSVと対戦し、
    0-1で敗れた。香川はトップ下でフル出場。
    丸岡は4試合ぶりにベンチから外れた。

     要所要所でボールに絡む香川だが、なかなか決定機を演出できない。
    するとハンブルガーSVは前半35分、FWアドリアン・ラモスのパスミスを奪って
    カウンターからMFニコライ・ミュラーがゴール前に抜け出し、
    GKを引き付けて横パス。FWピエール・ミシェル・ラソッガが
    右足で無人のゴールに流し込み、先制点を奪った。

     1点ビハインドで前半を折り返したドルトムントは後半12分、
    香川のスルーパスからMFケビン・グロスクロイツがPA内左に抜け出し、
    ゴール前に折り返すが、DFがカット。ゴールが遠い展開が続いた。
    ハンブルガーSVは後半18分、MFルイス・ホルトビーの右FKに
    DFハイコ・ベスターマンがヘディングで合わせたが、
    GKロマン・バイデンフェラーが好セーブを見せ、追加点は許さなかった。

     何とか1点を取りたいドルトムントは徐々に攻勢を強める。後半27分、
    DFマルセル・シュメルツァーの左クロスにラモスがダイビングヘッドで
    飛び込むが、GKがビッグセーブ。同28分には香川のヒールパスから
    MFミロシュ・ヨイッチが右足ミドルを狙ったが、枠を捉え切れなかった。

     必死の反撃及ばず、試合はそのまま0-1でタイムアップ。
    ハンブルガーSVに今季初勝利を献上すると、
    リーグ戦はルールダービーに続いて2連敗を喫し、
    これで4試合勝ちなし(1分3敗)となった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141005-00147982-gekisaka-socc
    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10626930

    動画ハイライト
    http://www.ballball.com/ja-jp/article/44422-video-borussia-dortmund-hamburg-jurgen-klopp/

    1:2014/10/05(日) 00:30:48.67
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1412436648/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ