サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ハリル

    38102


    サッカー日本代表の新監督に就任することが決定した前アルジェリア代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)が、
    早くも日本選手の分析に取りかかっていることが6日、分かった。
    27日の国際親善試合・チュニジア戦(大銀ド)、31日の同・ウズベキスタン戦(味スタ)に臨む代表メンバーに、
    “ハリル色”が反映された新顔が選ばれる可能性も出てきた。

    東欧の名将が早くも動き出した。12日の日本協会理事会で承認を得て正式決定する
    日本代表のハリルホジッチ新監督が、選手の分析に着手していることが判明した。

    日本協会関係者によると、最終交渉でフランスに滞在していた日本協会の霜田正浩技術委員長(48)から映像を受け取り、
    昨夏のブラジルW杯や今年1月のアジア杯、Jリーグの研究を始めたという。
    さらに欧州主要リーグもテレビでチェック。就労ビザの取得が順調なら、初陣となる今月の2度の親善試合で「ハリル色」が打ち出される可能性が出てきた。

    日本協会の広報担当は新監督の来日時期について「理事会(12日)より前はないと思う」としており、早くても13日となりそう。メンバー発表は19日が有力だ。

    この場合、発表前のJ1視察は14日の第1ステージ第2節しかできず、選考の時間が足りない。
    日本協会の原博実専務理事(56)は「技術委員会が中心になって決めなければいけないだろう」とし、
    FW本田らこれまでのメンバーを中心に構成されることが確実になっている。

    ただ、ハリルホジッチ氏はアルジェリア代表監督時代に選手の国籍を変更させて新戦力を呼ぶなど、
    常識や実績にとらわれない選定眼で知られる人物。
    映像分析で、少数ながらも“ハリル・チルドレン”が発掘される可能性は十分にある。

    過去のメンバー選考から、同氏が重視するのは(1)ハードワークと献身性(2)戦術理解力(3)複数の戦術に適応するポリバレント(複数の役割をこなす)能力。
    そこに(4)一芸に秀でた選手-を組み合わせることが多い。
    (1)(2)はC大阪のMF山口や柏のMF大谷。(4)では俊足の名古屋FW永井、ロングスローを持つ鳥栖のMF藤田らが候補となる。

    6月開幕のロシアW杯アジア予選へ、短い準備期間で最善を尽くそうとする名将は、
    どんなサプライズを起こすのか。ハリル・ジャパンはもう、脈動を始めている。

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20150307/jpn15030705050003-n1.html
    2015.3.7 05:04

    続きを読む

    E9A699E5B79D2015UAEE688A6EFBCB0EFBCABE5A4B1E69597


    “ハリルジャパン”誕生なら主力切りが加速か。日本サッカー協会は日本代表の新監督としてバヒド・ハリルホジッチ氏(62)と最終交渉に入った。
    このまま契約がまとまれば今月末の国際親善試合から指揮を執る可能性が出てきたが、同氏のスタイルはパスサッカーではなく「堅守速攻」。
    戦術にそぐわない選手は実績があっても使わないポリシーを持っており、日本代表で10番を背負うMF香川真司(25=ドルトムント)の“去就”に注目が集まる。

     日本サッカー協会の大仁邦弥会長(70)は1日、パラグアイで4日に行われる南米サッカー連盟の会議に出席するため、羽田空港から経由地のパリへ出発した。

    前日には「うまくいけば(12日の)理事会で承認をいただいてから契約となる」と早期決着への手応えを語っており、
    この日は「(進展は)特にない」としながらも、現地でハリルホジッチ氏と交渉している霜田正浩技術委員長(48)から「連絡はあった」と話し、
    交渉が順調なことをうかがわせた。いよいよ“ハリルジャパン”誕生へカウントダウンに入ったが、注目は新生日本代表が一体どのようなチームになるかだ。

    ハリルホジッチ氏の基本戦術は、ブラジルW杯でアルジェリア代表を躍進させた堅守速攻のスタイル。
    パスサッカー重視からショートカウンター主体へとチームを大胆に生まれ変わらせ、初のW杯ベスト16へと導いた。

     日本代表も持ち味のパスサッカーからハビエル・アギーレ前監督(56)によって堅守速攻型へと転換が図られてきた。
    ハリルジャパンも同じ路線を継続することになるが、ここで問題になるのは10番を背負う香川だ。

    アギーレジャパンではインサイドハーフで起用されたが、守備の負担の大きいポジションに四苦八苦。攻守の切り替え時に動き出しの遅れが目立つなど精彩を欠き、
    周囲からは「パスサッカー以外は無理」との声も上がった。クラブでの不振を引きずった面もあったが、1月のアジアカップでは準々決勝敗退の「戦犯」とまで言われた。

     バルバリッチ監督が「非常に厳しい規律のもとで確固たる信念を持っている。そういう考えのもとで独特のやり方で選手を選ぶのではないか」と話すように、
    ハリルホジッチ氏は実績や名前にとらわれず自身のシステムに適合する選手を評価する。このため、カウンターに不向きな香川が外される可能性は高いのだ。

    所属のドルトムントではようやく調子を取り戻しつつあるが、新監督の構想に入るかどうかは微妙なところ。
    香川が「日本の10番」を死守するには、さらなるアピールを続けるしかないようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150303-00000012-tospoweb-socc

    続きを読む

    no title


    日本サッカー協会が、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身のバヒド・ハリルホジッチ氏(62)と次期日本代表監督就任について基本合意したことが2日、分かった。
    交渉のためフランス入りしている日本協会の霜田正浩強化担当技術委員長(48)が、大仁邦弥会長(70)に進展の状況を電話で報告。
    大仁会長は「もう大丈夫」と、12日の日本協会理事会に諮った上での正式決定を示唆した。

    ついに、交渉がまとまった。日本協会関係者がこの日、「もう(正式に)決まる」と断言。関係者の話を総合すると、
    2月28日から3月1日にかけて、ボスニア・ヘルツェゴビナ出身の名将、ハリルホジッチ氏と条件面で基本合意に達した。

    日本協会の霜田技術委員長は最終交渉のため、2月26日にハリルホジッチ氏が住むフランスへ出発。
    同27日に正式オファーしていた。1日夜までに年俸や契約年数などについて合意。
    パラグアイで行われる南米サッカー連盟の会議に出るため、経由地のパリに滞在していた大仁会長や日本にいる技術委員に報告した。

    年俸は200万ドル(約2億4000万円)前後で、2018年ロシアW杯の指揮を前提とした1年ごとの更新。
    U-22日本代表の手倉森誠監督(47)がコーチとして入閣することも了承されたとみられる。
    12日の日本協会理事会で承認を得てから契約書にサインし、正式決定となる。

    その事実を裏付けるように、大仁会長が発表前としては異例の表現で状況を明かした。
    サンパウロ行きの航空機に乗る直前、休憩で利用したパリ郊外のホテルで取材に応じ、霜田委員長から電話で連絡が入ったことを説明。
    「今の状況の話です」とし、12日の理事会での正式決定について「まあ、もう大丈夫ではないかと思っています」と明言した。

    今後はコーチや家族の待遇面など細部の調整に入る。原博実専務理事(56)は「契約ごとというのは、まだ分からないところもある。
    理事会で承認されてからだし、細かいことがその前にあるかもしれない」と、正式契約まで慎重さが必要であることを強調した。
    ただ、よほどの不測の事態がない限り、合意が覆る可能性は低い。

    代表チームでの実績は日本代表史上最高といえる指揮官だ。昨夏のブラジルW杯では、下馬評の低かったアルジェリアを率いて16強入り。
    ドイツと延長までもつれる激闘を演じ、1-2で敗れたものの優勝国を最も苦しめた手腕が絶賛された。

    10年南アフリカW杯前はコートジボワール代表を指揮してアフリカ予選を突破。6試合で19得点の攻撃サッカーを披露した。
    ハビエル・アギーレ前監督(56)も母国のメキシコを率いたW杯で16強に2度進んでいるが、母国以外で結果を残す指導者は世界でも貴重だ。
    ユーゴスラビア代表FWとして活躍した現役時代は、フランスリーグで2度の得点王に輝いた経歴があり、決定力不足解消への希望も広がる。

    大仁会長は「ボチボチじゃないですか」と、霜田委員長が近く交渉を終えて帰国することも示唆した。
    元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(73)も「素晴らしい」と太鼓判を押す名将が、日本にやってくる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150303-00000500-sanspo-socc
    サンケイスポーツ 3月3日(火)5時0分配信

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ