サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ハヤブサ

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/09/02(水) 00:43:31.04 ID:???*.net

    200573hp2

     
    1日、日本代表は3日に行われるロシア・ワールドカップのアジア2次予選のカンボジア代表戦に向けて合宿2日目を行った。

     この日は海外組も全員揃って23人でトレーニングに臨んだ。練習後、名古屋グランパスに所属するFW永井謙佑が記者団の取材に応じている。

     8月のEAFF東アジアカップ2015では全3試合で先発出場するも不発に終わった永井。

    チームも4試合未勝利の中でワールドカップ予選に臨むため、「しっかり勢いを出してやっていきたいです」と語り、「やっぱり2つ勝って終わりたいですし、それに貢献できるようにやっていきたいですね」と2連勝に意気込んだ。

     永井はこれまでヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下で5試合に出場するが未だノーゴール。自身も「スピードの部分は評価してもらっていると思う」と明かすが、

    「イマイチ最大限に活かせていない感じはまだありますし。やっぱり活かしてもらう選手なので、しっかりコミュニケーションを取ってやっていきたいですね」とまだまだ満足していない様子。

    「やっぱり一番はスピードが武器だし、他の人にないところを伸ばしたほうがより貢献できる部分はあるかと思う」と、スピードを活かし挽回を誓った。

     しかし、3日の相手は格下のカンボジア。引いてくることが予想され、スピードを活かすことに苦戦する可能性が高い。

    だが永井は、「(ボールを味方に)預けて出ればパスは多分いくらでもくると思うし、そういうアクションをし続けることが大事だと思う」と献身的に動いていくと明かし、

    「シュート打てば良いところで迷ったりするシーンもある。もっと思い切り良くやることも大事かなっていうことはやっていて感じます」と積極性を見せるとも語った。

     海外組も揃ったこともあり、一層ポジション争いが激しくなる。同選手は、「チャンスをもらった時にアピールできるようにやっていきたいですね」とコメント。

    だが、「やっぱり周りがめちゃくちゃ上手いですし、そういうのもやる中で吸収できるものはたくさんある」とすでに練習から収穫を得ている様子を明かし、「そこでやりつつ、成長していくのが一番良いと思います」とさらなる成長を誓った。

     現在グループEの4位につけている日本代表は、9月3日に埼玉スタジアム2002でカンボジア代表と対戦。同8日にはイランのアザディスタジアムにてアフガニスタン代表と戦う。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150902-00346014-soccerk-socc

    続きを読む

    no title



    日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督が19日、今月末に行われるキリンチャレンジカップ2015とJALチャレンジカップ2015に臨む代表メンバーを発表した。

    13日の来日後、すぐに記者会見。14日と18日には国内の試合を視察し、約1週間で代表メンバー発表と、慌ただしく過ごした。
    14日は明治安田生命J1リーグ第2節のFC東京vs横浜F・マリノス、18日にはヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1節の
    川崎フロンターレvs名古屋グランパスに来場し、自身の目で選手のプレーを確認した。

    今回発表された代表メンバー31名とバックアップメンバー12名、計43名のうち、
    10名(権田修一、森重真人、太田宏介、武藤嘉紀、米本拓司(以上、FC東京)
    小林悠、車屋紳太郎、谷口彰悟(以上、川崎)、
    永井謙佑、川又堅碁(以上、名古屋))が視察した試合の選手たちとなった。

    ハリルホジッチ監督は、「昨日スタジアムで見て、面白いと思ったメンバーもバックアップに選んだ」と気になった選手がいたため、選考した選手がいることを明かすと、
    「時期によってパフォーマンスが変わる。その時にベストな選手を呼んでいきたい。
    できるだけたくさんの試合を見て、多くの選手を呼んでいきたい」と、これからも多数の選手を手元に置いて確認していきたいと続けた。

    視察した試合で得点するなど、今季も好調の川崎FW大久保嘉人については、
    「リーグで得点王だ。もし、彼が必要だと思えば呼ぶ。他の可能性がある選手も見て行きたい」と言及。

    また、同試合で得点し、31名に含まれた名古屋FW永井謙佑については、「昨日、直接見た。スピードに関して素晴らしい物をもっている。
    現代フットボールに必要な重要なクオリティもだ。
    今の代表に少し足りない、背後へのスピードをもたらしてくれるのではないかとみている。
    よりスピードが早くなり、背後へのシチュエーションも増える。どんどん得点の可能性が増える。
    向上させなければならない点はあるが、興味深い選手だ。しっかり話をして、コミュニケーションを取って行きたい」と期待を寄せている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150319-00292817-soccerk-socc
    SOCCER KING 3月19日(木)15時34分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150319-00292817-soccerk-socc.view-000
    日本代表に招集された永井謙佑

    続きを読む

    200573hp2


    救世主はいるのか。サッカー日本代表が、悪夢のブラジル戦(シンガポール)から一夜明けた15日、帰国した。

    FW本田圭佑(28=ACミラン)ら欧州組は所属クラブへ直接戻り、チーム本隊が羽田空港に到着。
    疲れ切った表情のハビエル・アギーレ監督(55)は「ソーリー、ノーコメント」と取材に応じなかったが、
    ブラジル戦では何もできず0―4と歴史的な惨敗を喫した。

    一部メンバーは実力、精神面ともに世界と戦うレベルにないことを露呈。

    来年1月のアジアカップ前最後の実戦となる11月のホンジュラス戦(14日、豊田)と
    オーストラリア戦(18日、ヤンマー)では大幅なメンバーの入れ替えが濃厚だ。

    そこで現状打開の切り札と期待されているのが名古屋のFW永井謙佑(25)。
    「スピードという武器があるうえにアギーレ監督が求める運動量や献身性もある。
    ロンドンで大仕事をしたようにメンタルも強い。協会の評価も高いし、
    好調の今ならおそらく次は代表に呼ばれるのでは」とJクラブの強化担当者は話す。

    快足ストライカーの永井はザックジャパンでは出場機会がなかったが、
    2012年ロンドン五輪ではU―23日本代表のエースとして大活躍。スペインを撃破するなど4強進出に貢献した。

    現地で視察したアギーレ監督は「ロンドンで見た五輪代表には優秀な選手が多くいる」と永井の実力も高く評価。

    リーグ戦の最近5試合で4ゴールと急激に調子を上げており、11月に招集されると見られているのだ。

    世界を驚かせたスピードスターこそ、停滞するアギーレジャパンの“起爆剤”にふさわしい。

    10月16日(木)16時18分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141016-00000034-tospoweb-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ