サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ハノーファー

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/28(日) 07:21:22.83 ID:CAP_USER*.net
     
    ハノーファーMF清武弘嗣は27日、ブンデスリーガ第23節シュトゥットガルト戦でほぼフル出場し、2ゴールを導いて2-1の勝利に貢献した。
     
    チームに9試合ぶりの白星をもたらした清武だが、最下位脱出のために、気を緩めてはいけないと訴えている。ブンデスリーガの公式ウェブサイトがコメントを伝えた。

    負傷から復帰し、11試合ぶりに先発した清武は、1点を追っていた32分にFKで同点弾を演出。さらに83分、再びFKから逆転ゴールを導き、8連敗中のチームに光を取り戻させた。

    ブンデスリーガの公式ウェブサイトでマン・オブ・ザ・マッチに選出されている。

    だが、ハノーファーはようやく白星を取り戻したところ。順位は依然として最下位だ。自動降格を避け、2部とのプレーオフに回る16位とは、まだ勝ち点4差だ。

    だからこそ、清武は「安心できる順位ではない」「まだ1勝しただけ」「まだドベ(最下位)なんで、連勝できるように」と強調した。「気を引き締めてやらないと、この1勝が無駄になる可能性もあるし。だから、これからかなと思います」。

    試合勘の問題はないという清武は、チームで最も高いパス成功率を誇った。本人も「復帰したばかりで調子も良い」と、コンディションには手ごたえがある様子。

    だが、「復帰した後はどこかで必ず体にガタがくるので、良い調子をあと何試合維持できるか」ともつけ加えている。

    ともに先発出場したMF山口蛍のことも称賛した。勝因を問われ、「蛍が入ることで、前を向けるし、常に僕を見てくれている」とコメント。「今日のあいつは素晴らしかった」「オレの期待どおり」「待ち望んでいたヤツが来ました」と賛辞を並べた。

    山口は第20節マインツ戦で前半35分に途中交代した。清武は「ああいう代えられ方をしましたけど、それでも自信を失うことなくトレーニングからすごくやっていた」「踏ん張った気持ちと、折れなかった気持ちが今日の試合に出たと思います」と、セレッソ大阪時代からの同僚をたたえている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160228-00000036-goal-socc

    【サッカー】ブンデス第23節 清武が2点演出の大活躍…山口&酒井宏先発のハノーファーが9戦ぶり白星
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1456590380/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/23(火) 18:51:30.31 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    清武弘嗣が昨年11月以来の復帰を果たしながら、21日のアウクスブルクとの下位対決に0-1の苦杯を喫したハノーファー。
    司令塔は「失うものは何もない。思い切ってやって落ちるなら仕方ない。悔いのないようにプレーしたい」と語気を強めていたが、
    これでリーグ戦8連敗。ブンデスリーガ残留に向けていよいよ後がなくなってきた。
     今のチーム状況、そして自身の状況に焦りをにじませるのが、この冬にセレッソ大阪からドイツ挑戦を決意した山口蛍だ。
     冬の移籍市場で新天地に赴いた彼は、後半戦2試合目となった1月30日のレヴァークーゼン戦でいち早くブンデスリーガデビューを飾った。
    ポジションは不慣れな右のインサイドハーフだったが、持ち前の球際の強さを生かして守備面で貢献。
    及第点の結果を残した。だが、2月6日のマインツ戦では同じポジションで先発出場しながら、
    味方との連携不足が響いたのかミスが重なり、わずか33分で交代を命じられてしまう。
    その後の2試合はベンチ入りも出番なし。2部降格危機に瀕するチームの救世主になる以前に、
    「いかにして出場機会を得るのか」という大きな壁にぶち当たっているのだ。

    「チーム状態も良くないので、正直、そんなにすぐに試合に出られるとは思っていなかった。
    早いうちに出れたのはポジティブに捉えてます。ただ、2試合目ですぐに代えられたし、やっぱり厳しいなとは感じています。
    セレッソでもレヴィー(クルピ元監督)が相当厳しかったんで、ダメだったら前半で交代させられることもあった。
    当時のことをちょっと思い出したりすることもありますね。もちろん(監督から)与えられたポジションでやることは大事だし、
    そこに適応していかなくちゃいけないのも事実。だけど、やっぱり自分が真ん中の選手であることを練習から
    周りにも認めてもらわなくちゃいけない。そういうプレーを出して、やっていくしかない」

     自身の置かれた現実を冷静に客観視している山口だが、状況は芳しくない。後半戦からハノーファーを
    指揮するトーマス・シャーフ監督は、4-2-3-1をベースにしていた前任のミヒャエル・フロンツェック監督とは異なり、
    アンカーを置いたダイヤモンド型の中盤を用いた4-4-2を好んでいる。アンカーにはケガで前半戦の大半を
    欠場したアンドレ・ホフマンが主に起用され、前半戦にボランチをやっていたサリフ・サネやマヌエル・シュミーデバッハ、
    エドガー・プリプらがサイドハーフで使われている。山口も同じように位置づけられたようだが、レヴァークーゼン、
    マインツとの2試合で「右サイドの選手ではない」と判断された格好だ。だからこそ、本人が言うようにボランチで
    出られるように一からアピールしていくしかない。

     最近の紅白戦で、山口はダブルボランチの一角に入るケースが多いという。2月16日の練習で行われた紅白戦では
    1本目はサブ組でイヴェル・フォッスムと、3本目は主力組でシュミーデバッハとそれぞれコンビを組んでいた。
    2本目はサブ組の左サイドバックに入れられたが、これはあくまで人数の都合だったようだ。
     ゲームを通して指揮官は「ヤマ、ヤマ」と山口を繰り返し呼んでポジションの修正を図り、
    周囲と連動させようと仕向けていた。実戦ではまだこの形にはトライしていないが、ハノーファーの停滞感を考えると
    近い将来、布陣変更に踏み切る可能性もゼロではない。そこが山口にとっての大きなチャンスになりそうだ。

    「自分の武器は球際の強さやボールを奪うところ。最初はなかなか自分のタイミングで行けなかったけど、
    今は練習でもかなりガツガツ行けるようになってきました。コーチからも『もっとどんどん取りに行け』と言われるし、
    自分の特徴がそこにあると分かってくれていると思うので、練習から出していきたいという思いはあります。
    ただ、僕は新しい環境に行くと、どうしても遠慮してしまいがちなんで。(アウクスブルク戦、マインツ戦の)2試合を
    見た父(憲一さん)にも『遠慮せずやれ』と言われて。性格的な部分もあると思うんですよ。代表でも慣れるまでに
    すごく時間がかかったし、そこは自分の課題でもあるので、何とか克服しなきゃいけない。練習から下を向かずに
    黙々とやっていくしかないと思います」

    続きを読む

    1: pathos ★@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 02:54:46.22 ID:CAP_USER*.net
     ドイツ・ブンデスリーガ第21節が現地時間13日に行われ、ドルトムントはハノーファーをホームに迎えて対戦。
    ヘンリク・ムヒタリアンの決勝ゴールにより、ドルトムントは苦しみながらも1-0の勝利をおさめている。

    ドルトムント、ムヒタリアンのゴールでハノーファー撃破

     この試合で公式戦3試合ぶりに先発出場を果たした日本代表MF香川真司だったが、得点に絡む活躍はできな
    かった。独大手『ビルト』紙は香川に及第点となる「4,0」をつけ、ゴールを決めたムヒタリアンには「2,0」の評価を
    与えている。

     また、地元紙『ルール・ナハリヒテン』は香川にゴンサロ・カストロやマティアス・ギンターと並ぶやや低い評価の
    「4,5」を与え、決勝ゴールを決めたムヒタリアンには「3,0」をつけた。チームで最高評価となったのはネベン・スボ
    ティッチで「2,5」の評価を与えている。

     独『デア・ヴェステン』も香川に「4,5」とやや低い評価をつけたが、寸評では「ほとんど攻撃に関与していないが、
    マルコ・ロイスのフリーキックのチャンスを作った。ただ、全く目立たない90分間だった」と厳しい評価をつけている。
    http://www.footballchannel.jp/2016/02/14/post137455/

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/02/14(日) 01:26:41.94 ID:CAP_USER*.net
    ブンデスリーガ第21節 ドルトムント1-0ハノーファー

    no title


    【得点者】
    57分 1-0 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10787017
    http://www.kicker.de/news/fussball/bundesliga/spieltag/1-bundesliga/2015-16/21/2855113/livematch_borussia-dortmund-17_hannover-96-58.html

    ブンデスリーガは13日、第21節2日目を行い、MF香川真司の所属するドルトムントはホームでハノーファーと対戦し、1-0で競り勝った。
    香川は公式戦3試合ぶりに先発し、フル出場。2試合ぶりの白星に貢献した。

    ハノーファーのDF酒井宏樹は右サイドバックでフル出場。
    前節のマインツ戦に先発しながら前半35分で交代したMF山口蛍は3試合ぶりのベンチスタートとなり、最後まで出番なし。MF清武弘嗣は今節も欠場している。

    FWピエール・エメリク・オーバメヤンが負傷のため今季初の欠場となったドルトムントはFWマルコ・ロイスがセンターフォワードで先発し、
    MFヘンリク・ムヒタリアン、MFゴンサロ・カストロと3トップを形成した。

    前節のヘルタ・ベルリン戦(0-0)で今季リーグ戦初のベンチ外となった香川も3ボランチの左で2試合ぶりの先発。
    9日のDFBポカール準決勝・シュツットガルト戦も途中出場だったため、公式戦3試合ぶりのスタメンとなった。

    ドルトムントは前半8分、DFルーカス・ピシュチェクの右クロスにロイスが合わせるが、惜しくもGKの正面。
    その後もボールポゼッションを高め、ハノーファーを押し込むと、香川も前半15分、27分と立て続けにPA手前の絶好の位置でFKを獲得したが、
    ロイスのキックはクロスバーを直撃するなど得点には結びつかなかった。

    守勢の時間が続くハノーファーも酒井が積極的なオーバーラップを見せるが、なかなかフィニッシュまでつながらない。
    前半41分にはMFエドガー・プリプの左クロスにMFアンドレ・ホフマンが頭で合わせる決定機をつくったが、GKロマン・ビュルキが弾いた。

    後半も一方的なドルトムントペースで試合は進む。なかなかゴールをこじ開けられずにいたが、
    後半12分、カウンターからムヒタリアンが鮮やかな右足ミドルをゴール右隅に蹴り込み、先制点。

    同19分、カストロに代えて17歳のMFクリスティアン・プリシッチを投入すると、
    同30分にはムヒタリアンとMFマティアス・ギンターに代わってMFエリック・デュルムとMFユリアン・バイグルがピッチに入った。

    ドルトムントは直後の後半31分、右CKからロイスのキックが逆サイドに流れ、バイグルがシュートを狙うと、至近距離で酒井が顔面でブロック。
    必死のディフェンスで2点目は許さなかったが、攻撃陣が3試合連続の無得点に終わり、悪夢の7連敗で今節も最下位脱出はならなかった。

    ゲキサカ 2月14日(日)1時21分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160214-01618753-gekisaka-socc

    写真
    http://lpt.c.yimg.jp/amd/20160214-01618753-gekisaka-000-view.jpg


     

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/02/13(土) 18:25:13.59 ID:CAP_USER*.net

    no title

     
    ドルトムントは13日にブンデスリーガ第21節でハノーファーをホームに迎える。この試合に先駆けて
    ドルトムント公式サイトで予想スタメンを発表している。

     MF香川真司は16年に入って公式戦4試合で2試合の出場にとどまり、前節のヘルタ・ベルリン戦では
    今季リーグ戦初のベンチ外となっていた。クラブ公式サイトによると、今節もベンチスタートと予想されている。

     一方で最下位に沈むハノーファーは、右足第5中足骨の骨折により長期離脱していたMF清武弘嗣がベンチに入ると
    予想されている。ただ、清武は練習参加を見送ったとも報じられており、ベンチ外となる可能性もある。
    また、DF酒井宏樹は先発で、MF山口蛍はベンチスタートの予想となっている。

     ハノーファー戦に向けてトーマス・トゥヘル監督は、「ある相手に対する準備のしかたは、
    そのチームのリーグでの順位とほとんど関係ない。極めて慎重に戦わなければならない」と油断してはいけないと強調。
    また、この試合で今季ホームゲーム10試合目となり、9勝目となればクラブ記録となるが、
    「記録のことは気にせず、この好調を維持していきたい」と、トゥヘル監督は慎重な姿勢を崩さなかった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-01618314-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/26(木) 18:10:24.86 ID:CAP_USER*.net

     ハノーファーの選手、スタッフが背番号10の復活を心待ちにしている。

     日本代表に合流していたMF清武弘嗣は、17日のW杯アジア2次予選カンボジア戦の前日練習で、
    右足第5中足骨を骨折した。清武は6月にも代表合宿中にも負傷して手術を受け、9月12日のドルトムント戦で
    復帰するまで約3か月の離脱を強いられた。復帰後は、リーグ戦9試合に出場し、2ゴール4アシストと
    司令塔として奮闘していた。

     ハノーファーを牽引する日本代表MFの復帰を心待ちにするチームメイトやスタッフがロッカールームに集合し、
    中央で背番号10のユニフォームを同僚が広げ、サネが「お大事に!!」と書かれたボードを持って写真を撮影。
    この写真をサネがインスタグラムに投稿した。

     ハノーファーのチームメイトやスタッフからの惜しみない愛情を受け取った清武。
    この激励メッセージを力にリハビリに励み、復帰後はチームメイトやスタッフ、
    さらにはファン・サポーターに恩返しとなる活躍を見せたいところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151126-01398502-gekisaka-socc.view-000

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151126-01398502-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/10/19(月) 00:23:50.80 ID:???*.net
    2015年10月18日(日) キックオフ:22:30 / 試合会場:ラインエネルギー・シュタディオン

    1.FCケルン 0-1 ハノーファー96

    得点
    レオン・アンドリーセン(前半38分)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786916

    後半1分 オリヴァー・ソルク → 酒井宏樹
    後半30分 大迫勇也 →フィリップ・ホジナー

    続きを読む

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 11:57:39.93 ID:???*.net
    ボルシア・ドルトムントMF香川真司は12日、ブンデスリーガ第4節ハノーファー戦で90分プレーし、
    得点に絡んで4-2の勝利に貢献した。ドイツメディアは、香川に及第点をつけている。

    これまでのアウェーでのハノーファー戦では、3試合すべてでゴールを決めるなど、
    相性の良さを見せていた香川だったが、この日はゴールを奪うに至らなかった。
    それでも、得点に絡んでチームの勝利に貢献している。

    その香川に対し、ドイツ『ビルト』は途中出場のMFアドナン・ジャヌザイらと同じ「3」と及第点をつけている。
    なお、同メディアは右サイドバックで高い攻撃力を見せたDFマティアス・ギンターに「1」をつけて絶賛している。

    一方、地元メディア『Waz』でも、香川は「3」という採点。同メディアでは、ギンター、GKロマン・ビュルキ、
    MFヘンリク・ムヒタリャンが「2.5」でチーム最高タイの評価だった。
    香川については、寸評で次のようにコメントしている。

    「ギュンドアンとムヒタリャンとともに、いくつか美しいコンビネーションを見せるも、
    それぞれフィニッシュの場面に入ると、決定力を欠いた。
    例えば、12分にはペナルティーエリア内で横パスを受けたが、このテクニシャンはシュートをためらい、
    ターンしながら外している。多くの労力を注ぎ込んだ が、成果はそれほど見られず。
    だが、チームの3点目は、大部分が彼のものだった。ペナルティーエリア右から見る
    価値があるループパスでギンターを生かすプレーを見せたのだ」

    同じく地元の『ルールナハリヒテン』でも、香川の評価は「3」。
    ビュルキが「2」とチーム単独最高 となり、ギンターとムヒタリャンが「2.5」だった。
    香川への寸評では次のように記されている。

    「この日本人は、昨シーズンの低調を過去のものとしたようだ。
    ドルトムントのプレーエリアを度々上手く変え、常にボールを受けられる構えを取っていた」

    ドルトムントはクラブ史上初めて開幕4連勝を記録。
    17日にヨーロッパリーグ開幕戦でクラスノダールと対戦し、ブンデスリーガ次節ではレヴァークーゼンをホームに迎える。

    (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150913-00000033-goal-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 02:22:01.63 ID:???*.net

    no title
    起点として見事な活躍をみせる香川

    2015年9月12日(土) キックオフ:22:30 / 試合会場:HDIアレーナ

    ハノーファー96 2-4 ボルシア・ドルトムント

    1-0 アルトゥル・ソビエフ 前半18分
    1-1 ピエール・エメリク・オーバメヤン 前半35分(フェリペのファウルでPK)
    1-2 ヘンリク・ムヒタルヤン 前半44分
    2-2 アルトゥル・ソビエフ 後半8分
    2-3 O.G.(フェリペ) 後半22分
    2-4 ピエール・エメリク・オーバメヤン 後半40分(フェリペのハンドでPK)

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10786869

    ★1
    http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1442071275/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ