サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ネイマール

    1: Egg ★2017/03/15(水) 10:21:31.62 ID:CAP_USER9
    CqGLreXUIAA7v7r

     
     元ブラジル代表の名サイドバックであるカフー氏は、同国代表の現エースであるバルセロナのFWネイマールを称賛し、「サッカーの王様」ペレ氏のゴール記録を上回ることも可能だと語った。国際サッカー連盟(FIFA)が公式サイトでインタビューを伝えている。

     18歳でブラジル代表にデビューしたネイマールは、今年2月にようやく25歳となったところだが、すでに代表歴代4位の50ゴールを記録。ロナウジーニョやリバウド、ベベットらの名選手の通算ゴール数を上回っている。

     現時点でネイマール以上のゴール数を記録しているのは、いずれもレジェンド級の選手ばかりだ。歴代4位はロマーリオ(55点)、3位はロナウド(62点)、2位は日本でもプレーしたジーコ(66点)。そして77点での1位にペレ氏が君臨し、1971年以来頂点の座を守り続けている。

     このまま順調に活躍を続ければ、ネイマールがその記録を更新することも不可能ではないかもしれない。「全ての記録は破られるためにある。もちろんネイマールにはその力がある。彼はまだ若く、時間は彼の味方だ。今のようにプレーを続けていけば、可能性は十分にあるだろう」とカフー氏は見通しを述べた。

     ブラジル代表としてワールドカップ4大会に出場したカフー氏自身は、142キャップという同国代表の最多出場記録を保持している。現在74キャップのネイマールは、いつかはその記録を脅かすことにもなるのだろうか。

    フットボールチャンネル 3/14(火) 23:32
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00010038-footballc-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★/03/09(木) 19:26:10.57 ID:CAP_USER9

    CP6BkPMUAAAoZ9Q

    7分間で2ゴール・1アシストの活躍。

    [CL決勝トーナメント1回戦第2レグ]バルセロナ 6-1 パリSG/3月8日(水)/カンプ・ノウ
     
     カンプ・ノウの追い上げムードが一気に収束したのは62分。パリ・サンジェルマンのエース、エディンソン・カバーニのゴールが炸裂した時だ。
     
     あと1点で2試合のトータルスコアを4-4に持ち込めるはずだったバルセロナは、このアウェーゴールにより、次ラウンド進出のためにあと3点が必要になった。
     
     約10万の大観衆を呑み込みながらも、水を打ったように静まり返るカンプ・ノウ。ここに再び火をつけたのが、ネイマールだった。
     
     0-4の惨敗を喫した第1レグでも、リオネル・メッシやルイス・スアレスが敵の執拗なプレスによってゲームから“消される”なか、左サイドで必死の抵抗を見せていたブラジルの至宝は、88分に左寄りの位置から直接FKを叩き込む。
     
     さらにその2分後には、スアレスが倒されて得たPKをきっちりGKの逆をついて流し込んだのだ。
     
     あと1点――。活気を取り戻したカンプ・ノウの後押しを受け、ネイマールがチームに奇跡の逆転勝利をもたらすキラーパスを撃ち込んだのは、ロスタイムの95分だった。
     
     やや引き気味の位置から左足で放った縦パスは、パリSGの最終ラインの裏側のスペースを巧みに突き、途中出場セルジ・ロベルトの劇的ゴールを生み出した。
     
     今シーズンはどちらかと言えば黒子的な役割に徹し、メッシやスアレスのサポート役を演じてきたネイマール。この日は、逆転劇の主役となった。
     
    「第1レグが終わってから、今日の試合をずっと楽しみにしてきた」と語ったボールマジシャンは、4点差をひっくり返した奇跡の立役者として、未来永劫、フットボールファンの間で語り継がれていくだろう。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170309-00023254-sdigestw-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/03/09(木) 16:11:13.35 ID:CAP_USER9

    no title

     
    現地時間8日に行われたバルセロナvsパリ・サンジェルマンは6-1でバルセロナが勝利。第1戦の0-4の逆境を跳ねのけ、第2戦の大勝で勝ち上がりを決めた。

    この試合の終盤に2ゴールを決めたブラジル代表FWネイマールが、試合後のインタビューで喜びを明らかにしている。

    「僕らはきっと勝てると最後まで諦めなかった。確かにパリでの大敗(0-4)があって、メンタル面でのダメージはあったことは確か。それでも、バルセロナはどんな試合でも勝ちきれる地力があると信じていたから、最後まで集中力が続いたんだと思う」

    「本当に幸せな瞬間だよ。僕のこれまでの人生で最高の試合になったことは間違いない」

    また、ネイマールは「セルジ(ロベルト)にも、“俺達が決めるぞ”って話をしていたんだ。そうしていたらチャンスがやってきて、数分の間に2ゴールを決めることができたんだ」と語り、土壇場で6-1となるゴールを決めたセルジと、お互いを盛り立てる会話を試合中に交わしていたことを明かした。

    指揮官ルイス・エンリケの退任が確実となり、一時は今シーズンのビッグタイトル獲得が危ぶまれたバルセロナだが、これで2年ぶりの欧州制覇の可能性も高まってきた。カンプ・ノウでの“奇跡”の一戦は、終盤戦に向けてバルセロナのターニングポイントとなりそうだ。

    GOAL 3/9(木) 14:32配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00010003-goal-socc

    ◇動画スカパー公式ハイライト

    第1戦
    https://youtu.be/klOhkpG7W_A



    第2戦
    https://youtu.be/Kmh0uNA4xH4




    【サッカー】<バルセロナのルイス・エンリケ監督>奇跡の大逆転勝利に「ホラー映画の筋書きのようだった」©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489038848/

    【サッカー】バルセロナ、CL史上初の4点差跳ね返す大逆転突破!ホームでPK2発などでパリSGに6発大勝★3
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489022287/

    【サッカー】<UEFA-CL>パリSG、ショッキングな敗北!監督は判定に疑問を呈すも、オーナーは「それを言い訳にはしない」©2ch.net
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1489029895/

    続きを読む

    C6HEiUSXQAEswbB
    続きを読む

    1: 豆次郎 ★2017/02/23(木) 07:05:11.06 ID:CAP_USER9
     ブラジル代表のチッチ監督は、バルセロナに所属するアルゼンチン代表のFWリオネル・メッシが「ブラジル出身だったらよかった」と語った。スペイン紙『アス』で話している。

     ブラジルとアルゼンチンは、言わずと知れたライバル関係にある。それでも、チッチ監督はメッシへの称賛を惜しまず、以下のように話した。

    「メッシがブラジル生まれだったら私は喜んでいただろう。ブラジルとアルゼンチンは最大のライバルだが、アルゼンチンは称賛に値する。メッシはとてつもない。彼のキャパシティと創造性は見事だ。ほかにはない目を持っている」

     自国のエースであるバルセロナのFWネイマールにも触れた。

    「ネイマールは25歳の若い選手だが、バルセロナへ移籍して選手としても一人の人間としても成熟した。私にとって、彼はリーダーだ。(バルセロナのMFアンドレス・)イニエスタが彼のことを1対1で比肩する選手はいないと言っていた。私は完全に同意だが、ネイマールは1対1だけの選手ではない。アシストの名人でもあるね」

     メッシはバルセロナで多くのタイトルを手にしているものの、アルゼンチン代表ではあと一歩のところで優勝に届いていない。

    https://www.footballchannel.jp/2017/02/21/post198937/
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/02/17(金) 07:57:29.26 ID:CAP_USER9

    C2ln-78VIAQIZuI

     
    夏に大金が動く?

    夏が来るたびに、ネイマールの周辺は騒がしくなる。バルセロナでプレイするブラジル代表FWが、今夏の退団を視野に入れているようだ。
    2013年にサントスからカタルーニャへと渡ったネイマールの電撃移籍を確信しているのは、他でもないレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長だという。
    仲介者から情報を仕入れたという同会長は、ネイマールの電撃退団が今夏に実現することになると友人へ漏らしたようだ。
    スペイン『Don Balon』が報じている。曰く、ネイマールは金銭面よりも野心によって退団を決意するとのことだが、レアル・マドリードは約240億円を要する同選手の獲得レースには参戦せず、パリ・サンジェルマンやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドがライバルの弱体化を成功させることに期待しているという。
    これまでにも幾度か報じられてきたネイマールの移籍話だが、現在の彼はカンプノウでの美しいフットボールを心から謳歌しているようにも見える。
    果たしてメガクラブによるネイマール強奪計画は奏功するのだろうか。
    今後の展開に注目だ。

    https://www.theworldmagazine.jp/20170216/01world/spain/112258

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/02/07(火) 15:51:51.95 ID:CAP_USER9
    neymar-marcelo

     
    レアル・マドリーのDFマルセロがインターネット上での批判に対し、暴言を吐いてしまったようだ。スペイン『アス』が伝えている。

     マルセロは5日、自身のインスタグラム上で、レアルの同僚であるFWクリスティアーノ・ロナウドの32歳の誕生日を祝う前に、同日に25歳となったバルセロナFWネイマールを祝福。これに不満を抱いたフォロワーから批判を浴びると、マルセロも負けじと「黙れよバカどもが」と応戦してしまったという。

     マルセロはその後、C・ロナウドの誕生日を祝うメッセージを投稿。そこには2人がレアルでのゴールを喜ぶ写真が添付されていたが、レアルファンの胸中は複雑かもしれない。

    ゲキサカ 2/7(火) 14:56配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-01636598-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/02/06(月) 13:13:14.34 ID:CAP_USER9

    CqV2XatVUAAEbhm

     
    バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、2月5日に25歳の誕生日を迎えた。そこで、スペイン紙『マルカ』は同日、ネイマールの成績を同僚のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ及びレアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドと比較している。

     同紙によると、25歳時点で、ネイマールは所属クラブとブラジル代表チームを通じて公式戦468試合に出場。280ゴールをマークしているという。これに対して、メッシは405試合で279得点を記録。C・ロナウドは162得点と、ゴール数ではネイマールが最も多いことが判明した。

     一方で、同紙はネイマールがバロンドール(世界年間最優秀選手)を獲得できていないことを指摘。25歳までにメッシは同賞を3度、C・ロナウドは1度獲得していたようだ。

     それでも、チームタイトルに関しては、ネイマールはリーガ・エスパニョーラとコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)を2回、チャンピオンズリーグ(CL)、コパ・リベルタドーレス、オリンピックをそれぞれ1回ずつ制している。

    これに対し、メッシはリーガ・エスパニョーラを5回、CLを3回、コパ・デル・レイを2回制覇。C・ロナウドはマンチェスター・U在籍時代に、プレミアリーグ優勝を3度、CL制覇を1度経験していたという。

     今後ネイマールは、世界最優秀選手の称号を獲得できるのか。更なる飛躍に期待が集まる。

    SOCCER KING 2/6(月) 12:57配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00549695-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@2017/02/04(土) 13:06:44.58 ID:CAP_USER9

    CqGLreXUIAA7v7r

     
    「技術的にはネイマールの方が段違い」 ご意見番ペレがC・ロナウドより実力上位と断言
     
    レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは1月に自身4度目となるバロンドール(欧州最優秀選手)の栄誉を手にしたが、
    サッカーの王様と呼ばれる元ブラジル代表FWペレはブラジル代表の魔術師と比較し、「勝っているのはヘディングだけ」と一刀両断している。ブラジルメディア「UOLスポルテ」で語った。

    ワールドカップ優勝3回のサッカー界のレジェンドは、レアルが誇る稀代のゴールマシーンに厳しい評価を下していた。

    「ネイマールの唯一の問題はヘディングだけだ。クリスティアーノ・ロナウドは彼より上の選手ではない。技術的にはネイマールの方が段違いだ。
    だが、ロナウドはヘディングをうまく使っている。ネイマールのヘディングゴールを見ないだろう。それが大事なんだ」

    昨年、欧州チャンピオンズリーグと欧州選手権で優勝したロナウドだが、ヘディング以外はネイマール以下とご意見番のペレは語っていた。

    今季リーグ戦13ゴールで得点ランク3位のロナウドは、かつてのように高速ドリブルで局面を打開するようなシーンが減っている。
    一方、圧倒的なテクニックとアシスト力を示すネイマールだが、今季は16試合5ゴールと決定力を見せることができていない。

    それでも、ペレはブラジルのアイドルのほうがロナウドよりも実力上位と断言していた。

    Football ZONE web 2/4(土) 12:50配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170204-00010007-soccermzw-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170204-00010007-soccermzw-000-view.jpg

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/01/25(水) 13:35:46.53 ID:CAP_USER9

    CqV2XatVUAAEbhm

     
    中国スーパーリーグの広州恒大を率いるルイス・フェリペ・スコラーリ監督が、スペイン通信社『EFE』のインタビューに応じ、母国のブラジル代表や同代表のFWネイマール(バルセロナ)など様々な話題について言及した。23日付のブラジル紙『ランセ』が伝えている。

    スコラーリ監督は2002年の日韓ワールドカップでブラジル代表を率いて、チームを最多5度目の世界一に導いた。現在のセレソンの印象について尋ねられると、「現在のブラジル代表は、とても良い試合をしている。チームのアイデンティティもしっかりしているし、今のセレソンは敬意を払われるべきだ」とコメント。昨年6月にチッチ新体制がスタートして以降、6戦全勝と素晴らしい結果を残している現代表を称賛した。

     スコラーリ監督はさらに、エースを務めるネイマールについても言及。「現在はクリスティアーノ・ロナウドとメッシがバロンドールの座を争っているが、2年以内にはネイマールが2人を追い抜くだろう。彼は、私が一緒に仕事をしてきた中で出会った“怪物”の1人だ」とその才能を絶賛し、近い将来バロンドールを獲得できると断言した。

     またスコラーリ監督は、昨年夏にフランスで開催されたユーロ2016を制したポルトガル代表についてもコメント。

    「ポルトガル代表はついに欧州王者になった。私は2004年大会の決勝で敗れて、優勝を逃していたので、今回の優勝は本当に感動した」と語り、2003年から2008年まで指揮官を務めた同代表の優勝を我が事のように喜んだ。

    続けて「非常に好感のもてる人物だし、優勝に値する」と、同国に初のビッグタイトルをもたらしたフェルナンド・サントス監督に賛辞を送った。

    SOCCER KING 1/25(水) 13:05配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170125-00545654-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ