1: キヨシボンバイエ ★@\(^o^)/ 2016/01/01(金) 07:21:16.82 ID:CAP_USER*.net

E9A699E5B79D2015UAEE688A6EFBCB0EFBCABE5A4B1E69597

 
1.アギーレジャパン、アジア杯決勝Tの1回戦でまさかの敗退
 今年1月にオーストラリアで開催されたアジア杯で、アギーレジャパンは2014年ブラジルW杯に続く屈辱を味わうこととなる。

 パレスチナ、イラク、ヨルダンとのグループステージは全勝の首位通過を果たしたものの、決勝トーナメント1回戦のUAE戦ではまさかの敗戦となった。

 試合開始直後にアリ・マブフートに先制点を許すと、ゴール前を固められて攻め手を欠く。途中出場の柴崎岳が81分に何とか同点ゴールを決めるも、PK戦の末に敗れた。

 日本代表がアジア杯で決勝トーナメント1回戦で敗退したのは、初出場となった1998年カタール大会でグループステージ敗退して以降最悪の成績である。

 1分2敗の惨敗に終わったW杯の悪夢を、オーストラリアの地で払拭することはできなかった。2015年の日本代表は逆風から始まることとなった。

前代未聞の事件も!? 逆風スタートの2015年を一挙おさらい【今年の日本サッカー10大ニュース】
契約解除となったアギーレ前監督(左)と後任のハリルホジッチ監督(右)【写真:Getty Images】
2.アギーレ前監督と契約解除&ハリルジャパン発足
 アジア杯で決勝トーナメント1回戦で敗退となったハビエル・アギーレ監督(当時)は、スペインでサラゴサを率いていた際の八百長疑惑が大きな問題となっていた。

 スペイン検察当局から告発され、裁判所が正式に受理。これにより、日本サッカー協会(JFA)はアギーレ監督との契約解除を発表した。

 JFAの大仁邦彌会長は、「告発が受理されたことで代表チームに影響を及ぼすリスクを排除した。“八百長関与”が理由ではない」と説明している。

 後任は、ブラジルW杯でアルジェリア代表をベスト16を導いたヴァイッド・ハリルホジッチ監督。タテに早い攻撃や1対1でのデュエル(球際の強さ)を選手たちに求め、就任後は8勝4分1敗という結果を残している。

全文
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151231-00010016-footballc-socc

関連
【野球/サッカー】視聴率は侍ジャパンに軍配…野球「日本×ドミニカ」15・4%、サッカー「日本×シンガポール」13・2%★57c2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1447722795/

【サッカー】前園、野球に押されるサッカー人気を心配!「シンガポール戦でも裏の野球プレミア12に視聴率で下回る結果に…」c2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1447827345/

【サッカー】ハリルホジッチ監督になって数字が取れないのは当たり前になってきている [転載禁止]c2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1447556989/

続きを読む