サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ドログバ

    1: 風吹けば名無し 2018/06/30(土) 09:58:35.44 ID:sP9IlAdH0
    ◆W杯ロシア大会▽1次リーグH組 ポーランド1-0日本(28日・ボルゴグラード)
    drogba



    元イングランド代表FWで、J1名古屋でもプレーしたゲーリー・リネカー氏(57)が現地時間の28日、
    英国営BBC放送で日本対ポーランド戦を解説し、試合終盤での日本のボール回しを批判した。

    リネカー氏は
    「1982年の西ドイツ対オーストリア戦を、心の底から嫌っていたのを思い出した。
    日本はイエローカードが欲しくなかった。ポーランドは今大会での1勝を実らせる状況だった」とコメント。
    談合疑惑が指摘された82年スペイン大会の因縁の一戦を引き合いに出して、日本を批判した。

    またコートジボワール代表として3度のW杯出場を果たしたドログバ氏(40)もBBC放送で解説し
    「セネガルにゴールを決めてほしかった。こういうチーム(日本)を終わりにしてほしかった」と、バッサリ切り捨てていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180629-00000252-sph-socc



    ☆今日の人気記事



    続きを読む

    1: あちゃこ ★2017/08/24(木) 18:51:24.60 ID:CAP_USER9
    no title



     日本サッカー協会(JFA)は24日、都内で会見を開き、18年ロシアW杯アジア最終予選の
    31日のオーストラリア戦(埼玉)と、9月5日のサウジアラビア戦(ジッダ)に臨む日本代表
    メンバー27人を発表。今季パチューカに移籍した本田圭佑(30)も招集された。

     ハリルホジッチ監督は「心配でしたが、直近の試合で点も取った。ただ、たくさんの試合で
    プレーしているわけではない。直接見て状態をチェックし、どういう役割を与えるか考えたい。
    存在自体がチームにとって重要」と選出理由を話した。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-01876969-nksports-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2017/01/18(水) 16:53:22.30 ID:CAP_USER9

    didiermxp

     
    圧倒的なフィジカルと決定力を武器にヨーロッパのフットボールシーンで一時代を築いたディディエ・ドログバ。彼はいかにしてスタープレーヤーへ上り詰めたのか?

    数々の栄光を手にしてきたその背景には、知られざるストーリーがある。今回は偉大なストライカーの、愛すべき一人のサッカー少年の物語を振り返っていこう。

    ■幼少期にフランスへ移住

    ドログバの成功は、いくつもの苦難を乗り越えた末に得られたものであった。若かりし頃のドログバにとっては、降りかかる数々の困難に打ち勝っていくのは決して簡単なことではなかった。ありきたりな表現ではあるが「試練の連続だった」としても、決して不思議な話ではない。プレーヤーとして何ができるかを問われる前に、自分が誰で、どこの出身で、どんな人間なのかが常に問われていたからだ。それは「植民地支配の影響が色濃く残る時代に生まれた」と書けば想像していただけるのではないだろうか。

    コートジボワールの首都・アビジャンで生まれ育ったドログバは5歳のとき、アフリカからヨーロッパへ渡る集団の中に紛れてフランスにやってきた。彼は異国の地で叔父のマイケル・ゴバとともに生活をおくることになった。ゴバはキャリアの大半を2部リーグで過ごしたとはいえ、プロのフットボーラーだった。

    そして、ゴバはドログバがフランスで生活することで「成功するチャンスがある」と考える人物だった。そのことに関して、ディディエの家族に説得を試みたほどである。



    フランスに移住した当初はうまく適応できなかった。ホームシックにかかり、3年後には一度、失業中であった両親が待つコートジボワールへ送り返されたのだった。

    しかし、次にフランスに戻って以降、彼が母国の地を踏むのはかなり先のことになる。青年になったドログバには、作家カマラ・レイが1953年に著した小説「The Dark Child」の主人公レイが当時のドログバと同じ年齢のときに故郷のギニアを離れてパリに移住した際の窮状よりはまだ自分のほうがマシだという慰めもあった。

    ■遅咲きのキャリア

    後に偉大な才能を開花させたドログバだが、決して順調なキャリアを歩んだわけではない。1997年、19歳の時にル・マンから声がかかるまでは、セミプロレベルで長い期間プレーをしていた。1999年1月にル・マンでデビューを果たし、その後も3年間トップチームのメンバーリストに名を連ねたものの、レギュラーとしてプレーしたわけではなく、60試合12ゴールを記録したに過ぎなかった。



    2001-02シーズン途中にギャンガンがドログバにリーグ・アンでプレーするチャンスを与えはしたものの、彼に対する期待は決して高いものではなかった。ギャンガンが降格を免れた同シーズンは、あくまでサブとしてプレーし、20試合で記録したゴールはたったの3つだった。

    当時、ギャンガンでコーチを務めていたマーク・ヴェスターロッペは語る。「ディディエはプロクラブのアカデミーでプレーした経験がなかった」「毎日トレーニングをし、毎週試合をこなすことができるようになるまで、4年間かかったんだ」

    ドログバは言わば「ダイアモンドの原石」であり、プロフットボーラーとしての生活に適応できていなかった。ジャンクフードをかっ喰らいがちで、私生活での不摂生ぶりを見かねたクラブはすぐに厳しい制約を課した。

    もっとも、この判断がドログバを偉大なプレーヤーへ成長させていく。ヴェスターロッペは「ハードワークの大切さを理解してから、彼はとても良い選手になった」と、その成長ぶりに舌を巻いたほどだ。

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2016/11/12(土) 20:38:13.73 ID:CAP_USER9

    1ddb4392d5f6098fd13d4ecd22d0b079

     
    『Africanfootball』は「モントリオール・インパクトとの契約が満了となるディディエ・ドログバは、現役引退を否定した」と報じた。

    かつてチェルシーで活躍したドログバは、その後アメリカ・メジャーリーグサッカーに越境参加しているモントリオール・インパクトに入団し、エースとして戦ってきた。

    今季モントリオールはカンファレンス・ファイナルまで進んでおり、遠藤翼のトロントFCとのカナダ対決を控えている。

    来年39歳になるドログバは先日監督との衝突でメンバーから外されるという事件も起こしたが、現在は和解し、ベンチからのスタートを受け入れている。

    契約が今季で終了することから現役引退も囁かれていたものの、ドログバは『RTL』の取材に対して以下のように話し、フリーになってもサッカーを続けたいと語った。

    ディディエ・ドログバ

    「モントリオール・インパクトとの私の契約は終わっている。したがって、私は今季の終了時にはフリーエージェントになるだろう。私は続けることを考えているよ。

    もしメジャリーグサッカーを勝てたら、自分がどうするかはわからない。精神的には疲れていないよ。2時間は練習できる。ボールを持てば、まだ子供のようになれる。

    プレーしたい。全てにオープンだ。私が求めているものは、それを楽しみたいということだけだ」

    http://qoly.jp/2016/11/12/didier-drogba-said-that-he-did-not-want-to-retire-kgn-1

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/11/27(金) 13:48:39.23 ID:CAP_USER*.net

    img0f0a3f8czikdzj

     
    かつてチェルシーなどでプレーし、現在はカナダのモントリオール・インパクトに所属するFWディディエ・ドログバが、
    夏から参戦しているメジャーリーグサッカー(MLS)の難しさについて語った。26日、大手メディア『ロイター』が伝えている。

    シーズン途中からモントリオールへと移籍したドログバは、レギュラーシーズン
    11試合で11ゴール1アシストをマークするなど大活躍。チームをプレーオフ進出に導いた。

    だが、自身初となった北米大陸でのシーズンは、特に移動の面で過酷だったようだ。

    「(MLSでの)挑戦は異なるものだね。人々はMLSでプレーするのは簡単だと思っている。
    でも信じてほしい、プレミアリーグでプレーするよりも難しいよ」

    「例えば、フライトを逃せば3~4時間は空港に留まることになる。それが本当に辛いんだ。
    (MLSで)アウェイに乗り込むチームはあまり勝てないんだけど、到着するころにはみんな疲れてしまっているからなんだ」

    モントリオールは今季17試合のアウェイ戦で9敗を喫している。
    このうち1点差ゲームは5度もあり、いずれも先制を許しながら追いつけないという展開だった。

    それでもドログバは「いい選手がたくさんいるし、リーグは成長している。
    2、3年のうちに世界でも重要で存在感のあるリーグになると思うよ」と、MLSに将来性を感じている様子。
    なお、自身の将来については「今年いっぱいは今後を考える時としたい」とコメントしている。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151127-00010016-footballc-socc
    フットボールチャンネル 11月27日(金)11時55分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151127-00010016-footballc-socc.view-000

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/15(日) 00:13:16.07 ID:???*.net

    1756677_w2-1196e

     
    「魔の3年サイクル」の存在を認めた英雄

     チェルシー史上最高の選手とされている元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが、
    プレミアリーグで現在16位に低迷中する古巣の指揮官、ジョゼ・モウリーニョ監督に囁かれる
    「3年目のジンクス」の存在を認めている。英地元紙「デイリー・メール」が報じている。

    サッカー界の裏切り者トップ10 禁断の移籍の代償は焼けた豚の頭!?

    「私は3年サイクルというものが、しばし訪れることをわかっている。サイクルの終わりが来たんだ」

     ドログバは昨季終了時にチェルシーを去り、今季はMLSのモントリオール・インパクトに移籍した。
    これまでチェルシーに数々のタイトルをもたらしてきた英雄は、大西洋の向こう側から古巣の凋落を案ずる
    眼差しを送りながら、魔の3年サイクルの存在を認めた。

     チェルシーでの第2次モウリーニョ政権は、今季3年目を迎えた。そして、リーグ戦12節を終えてすでに7敗。
    これはモウリーニョの監督人生で、すでにシーズン最多黒星となっている。さらに3連敗は、
    ロマン・アブラモビッチ会長が就任し、巨額のオイルマネーが注入されて以降、初の事態に。
    モウリーニョ解任論は、イングランドのホットトピックとなっている。

    「4年目が始まる頃に困難な状況になる」

     ポルトガル人指揮官はこれまでも、在任3年目で成績を悪化させる傾向にあった。第1次チェルシー政権では
    リーグカップとFAカップを手にしたが、リーグ3連覇を逃してアブラモビッチ氏との関係が悪化。
    翌シーズンの退任劇につながった。

     レアル・マドリードでも3年目はリーグ、国王杯、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でいずれも
    無冠に終わっており、記者会見で「3年目はいつも間違った方向に進む」と指摘されると、
    「馬鹿げた質問をするなら、代わりにグーグルで調べてこい!」とブチ切れるほど、”スペシャル・ワン”にとっての
    泣きどころだった。

     スタンフォード・ブリッジを去ったドログバは、今季の苦しみを予期していたようだ。
    第1次政権の崩壊を思い出し、「ジョゼが監督に就任し、4シーズン目が始まる頃には、
    彼のメッセージが響かない困難な状況になるんだ。彼のメッセージを聞こうとしたいと努力するけど、
    我々をスペシャルにしていたものを失ってしまったんだ」と語る。

     “スペシャル・ワン”の求心力には、有効期限が存在するようだ。
    .
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151114-00010012-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/06(日) 15:30:04.69 ID:???*.net
    MLS(メジャーリーグサッカー)第24節が5日に行われ、モントリオール・インパクトとシカゴ・ファイアーが対戦した。

    この日、MLSで初のスタメン入りを果たしたモントリオール所属の元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバが、
    移籍後初ゴールを含む3得点でハットトリックを達成しチームを勝利に導いた。

    試合は27分にモントリオールの先制で動く。左サイドのナイジェル・レオ・コーカーからのクロスに、
    DFを背負ったドログバが反転しながらのトラップ。
    ゴール前でフリーになると右足シュートで押し込み、自身移籍後初ゴールで先制点を奪った。
    しかしモントリオールは36分、シカゴにPKを献上すると、これをジェフ・ラレンタウィックツに決められ同点とされる。

    だがモントリオールも42分、左CKからマルコ・ドナデルが中央にボールを供給。
    相手GKは反応するもクリアできず、ファーサイドに走りこんだヴァンドリル・ルフェーヴルがヘディングで押し込みゴールネットを揺らした。
    勝ち越しに成功したモントリオールだったが、44分に再び追いつかれる。
    シカゴは、右サイドのケネディ・イグボアナニケからのグラウンダーの折り返しに、
    中央のジルベルトが右足で合わせて同点弾を奪った。前半はこのまま2-2で折り返す。

    後半、先にゴールを挙げたのはシカゴ。
    59分、右CKからイグボアナニケがヘディングで合わせてネットを揺らした。
    だが直後の61分、モントリオールの反撃が実る。ペナルティエリア手前左でFKを獲得すると、
    早いリスタートからエリア内左に抜け出したドログバが、左足でシュートを突き刺し同点。
    さらに65分、右サイドからのクロスに、ファーサイドでフリーだったドログバが右足のダイレクトボレーを放つ。
    相手GKが反応し一度はセーブするも、体勢を崩してしまう。
    その間にドログバが詰めて、ヘディングでこぼれ球を押しこんだ。
    ドログバは立て続けのゴールでハットトリックを達成。チームも逆転に成功した。

    試合はこのまま終了。打ち合いを制したモントリオールが4-3で勝利を収めた。
    モントリオールは次節、12日に元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードが所属する
    ロサンゼルス・ギャラクシーとアウェーで対戦する。

    【スコア】
    モントリオール・インパクト 4-3 シカゴ・ファイアー

    【得点者】
    1-0 27分 ディディエ・ドログバ(モントリオール)
    1-1 36分 ジェフ・ラレンタウィックツ(シカゴ)
    2-1 42分 ヴァンドリル・ルフェーヴル(モントリオール)
    2-2 44分 ジルベルト(シカゴ)
    2-3 59分 ケネディ・イグボアナニケ(シカゴ)
    3-3 61分 ディディエ・ドログバ(モントリオール)
    4-3 65分 ディディエ・ドログバ(モントリオール)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150906-00347315-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/25(木) 06:07:02.61 ID:???*.net
    女子W杯決勝T1回戦 日本2―1オランダ (6月23日 バンクーバー)

    なでしこジャパンのMF澤は後半35分にピッチに上がり、チームを活性化させた。

    4―1―4―1の中盤に入り、積極的に飛び出して攻撃に絡んだ。
    「決勝トーナメントは勝ちにこだわるというか勝たなきゃ残れない。しっかり結果を残せて勝てたのが良かった」と話した。
    6度目のW杯は自身最後の舞台と決めている。「本当にここからは、チームの結束力とかそういったものが大切になってくる」と気を引き締めた

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/06/25/kiji/K20150625010603670.html
    2015年6月25日 05:30

    http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2015/06/25/gazo/G20150625010604150.html
    オランダに勝利し笑顔で抱き合う宮間(左)と澤

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 22:44:15.96 ID:???*.net
    チェルシーFWディディエ・ドログバ(37)は、今シーズン限りで同クラブを退団することをクラブ公式サイトで発表した。

    クラブ初のチャンピオンズリーグ優勝を置き土産として2012年に退団し、
    中国とガラタサライでのプレーを経て昨夏チェルシーに復帰したドログバ。
    24日に行われるプレミアリーグ最終節サンダーランド戦を終えたあと、2度目の退団を迎えることになった。

    今後は他クラブへ移籍して現役を続行する以降だ。チェルシー公式サイトが次のようにドログバの別れの言葉を伝えている。

    「少なくともあと1シーズンはプレーしたい。
    もっとサッカーをプレーするためには、別のクラブに行く必要があると感じている。
    僕のチェルシーへの愛情はすべてのファンが知ってくれているし、未来には別の役割でここに戻ってきたいと願っているよ」

    36歳でチェルシーに復帰したドログバは交代出場で起用されることが多かったが、プレミアリーグで27試合出場4ゴール、
    公式戦合計で39試合出場7ゴールを記録。
    リーグ優勝とキャピタル・ワン・カップ優勝の2冠達成に貢献した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150524-00000026-goal-socc
    GOAL 5月24日(日)21時45分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150524-00000026-goal-socc.view-000
    '再びチェルシーを去るレジェンド・ドログバ'

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ