サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ドルトムント

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/03/22(水) 06:21:09.08 ID:CAP_USER9

    CzUbIYMVIAEgk-X

     
    今の香川は心身ともにコンディションが良好のように映る。

    最近の香川は調子が良さそうだ。2月のダルムシュタット戦から出番を増やし、
    3月11日のヘルタ・ベルリン戦、同14日のDFBカップ準々決勝に続き、同17日のインゴルシュタット戦にもフル出場。
    持ち前のテクニック、クイックネスを生かし、複数のチャンスに絡み、
    直近のインゴルシュタット戦では強さと上手さが融合したチャンスメイクから先制点のきっかけを作った。
     
    清武にトップ下の座を譲った11月の代表戦の頃と違って、心身ともにコンディションは良好。
    ポジションを争うライバルの清武がC大阪でいまひとつ輝けていない現状を踏まえると、UAE戦で先発出場するのはおそらく香川だろう。
     
    ただ、クラブで調子が良くても代表戦であまりパッとしないのが近年の香川だ。
    その意味で、今、このアタッカーを信じていいのか、という疑問はあるだろう。
     
    香川がハリルホジッチ政権下で輝いたのは16年3月29日のシリア戦(ロシア・ワールドカップ・アジア2次予選)などわずか数試合。
    どちらかと言えばネガティブな印象のほうが強いかもしれない。日本代表の10番に相応しい活躍をしていないのではないか、と。
     
    代表での香川はどうも球離れの悪い選手と相性が悪そうに映る。
    前線に良い形で走り込んでもパスをもらえず、絶妙なフリーランニングが無駄走りに終わってしまうシーンは少なくなかった。
    ドルトムントで輝けても、代表であまりインパクトを残せない。
    ということは、香川は“周囲のキャラクターに左右されるプレーヤー”という見方もできなくないわけだ。
     
    となると、今度のUAE戦では“新しい香川”が見られるかもしれない。
    3トップとして久保、大迫、原口が先発出場すれば、トップ下の香川を含む前線の4人は今回のワールドカップ予選で初めてのユニットとなるからだ。
     
    ある意味、香川にとってはチャンスだ。
    今予選で最大のターニングポイントになるだろうアウェーのUAE戦で、しかも新しいユニットで結果を残せば、その実力を改めて評価されるはずだ。
     
    もしかすると、香川にとってUAE戦は今後の代表での立ち位置を左右する試合になるかもしれない。
    こういう状況で実力を発揮してこそ、日本の10番と言えるが、果たして……。
    香川の爆発を、期待して見守りたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170322-00023706-sdigestw-socc
    SOCCER DIGEST Web 3/22(水) 6:00配信

    続きを読む

    20: 名無しさん@恐縮です@ ^^ 2017/03/12(日) 08:28:22.24 ID:n+z3LVrj0
    香川キレキレ 
    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/03/05(日) 01:30:02.72 ID:CAP_USER9
    CwivZdUVEAAgKA9

     
    香川途中出場のドルト、大量6ゴールでレヴァークーゼン撃破…リーグ3連勝達成
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170305-00558923-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/02/23(木) 05:04:54.00 ID:13N1hCOS0

    Cxo_no2UUAAMBU9

     
    何が楽しいの?

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/02/19(日) 01:22:51.56 ID:CAP_USER9
    第21節 2/18(土)23:30 シグナル・イドゥナ・パーク

    ボルシア・ドルトムント 3-0 VfLヴォルフスブルク

    得点
    O.G.(20分)
    ウカシュ・ピシュチェク(48分)
    ウスマン・デンベレ(59分)

    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10929738

    出場選手
    ドルトムント
    ビュルキ;バルトラ、ピシュチェク、ギンター、シュメルツァー、カストロ、ヴァイグル(81分メリノ)、デンベレ(73分香川真司)、ロイス(67分プリシッチ)、P・オバメヤン、シュールレ

    ヴォルフスブルク
    ベナッリョ;ブルーマ、ホルン、R・ロドリゲス、ヴィエイリーニャ(75分ブワシチコフスキ)、ユヌス・マリ、ゲルハルト、ルイス・グスタヴォ、アルノルト、ゼギン(34分ディダヴィ)、M・ゴメス(60分エンテプ)
    http://www.fuoriclasse2.com/cgi-bin/g.cgi?bundes1&1617&170217

    順位表
    http://www.livescore.com/soccer/germany/bundesliga/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2017/02/14(火) 19:29:10.61 ID:CAP_USER9

    CRdwdkKUYAAlDcz

     
    欧州チャンピオンズリーグ(CL)は14日(日本時間15日)から、16強による決勝トーナメント1回戦が始まり、MF香川真司(27)のドルトムントは同日に敵地でベンフィカ(ポルトガル)と対戦。現在公式戦4試合連続ベンチスタート、チームも11日のリーグ戦で最下位ダルムシュタットに敗れ、どう立て直すか注目される。

     FW岡崎慎司(30)のレスターは22日(同23日)にセビリアと対戦する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170214-01778712-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/02/10(金) 12:43:46.38 ID:CAP_USER9

    Goetze_kagawa_01c

     
    ベンチで見守る機会増える

    ドルトムントがこれほど若い集団になると予想した人がどれだけいただろうか。

    開幕前は新たに獲得したドイツ代表のアンドレ・シュールレ、復帰したマリオ・ゲッツェが2列目の主力になると考えられていたが、
    2人はポジションを確保できていない。日本代表MF香川真司もそうだ。

    主役になっているのは18歳のクリスティアン・プリシッチ、19歳のウスマン・デンベレ、21歳のユリアン・ヴァイグル、
    23歳のラファエル・ゲレイロといった選手たちで、今のドルトムントは信じられないほど若い集団になっている。

    英『sky SPORTS』もドルトムントの「若さ」にスポットを当てており、
    4日のライプツィヒ戦でも「クオリティと経験のあるゲッツェ、シュールレ、香川真司がベンチにいたが、
    指揮官のトゥヘルは18歳のパスラックを選択した」と中堅組より10代の選手が信頼されていることを伝えている。

    パスラックは後半40分に最後の交代カードとしてマルセル・シュメルツァーに代わってピッチに入っており、
    結局この試合で香川、ゲッツェ、シュールレに出番は回ってこなかった。

    それは8日のDFBポカール3回戦のヘルタ・ベルリン戦でも変わらず、香川は出場機会なし、
    シュールレは4人目の交代選手として延長前半から出場しただけだ。

    開幕前に主力になると期待された実力ある中堅組がベンチに座っているだけの状態となっており、
    これは予想外の展開と言える。

    若手の活躍でドルトムントが勢いを取り戻しているのは確かだが、
    このままゲッツェや香川ら実績のある選手たちは若手に潰されてしまうのだろうか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 2/10(金) 11:50配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00010005-theworld-socc

    写真
    https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170210-00010005-theworld-000-view.jpg

    ■順位表※第19節終了時点
    1. バイエルン(46)+31
    2. ライプツィヒ(42)+19
    3. フランクフルト(35)+10
    4. ドルトムント(34)+18
    5. ホッフェンハイム(34)+16
    6. ヘルタ・ベルリン(33)+6
    7. ケルン(32)+12
    8. フライブルク(26)-9

    ゲキサカ
    http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?192324-192324-fl

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2017/01/22(日) 17:07:58.10 ID:CAP_USER9
    20170113-00000017-goal-000-1-view

     AIKソルナに所属するスウェーデン代表FWアレクサンデル・イサクが、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントに移籍する可能性が高まった。21日、ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

     母国スウェーデンでは、FWズラタン・イブラヒモヴィッチ(マンチェスター・U)の後をつぐ者として大きな期待がかかっているイサク。スウェーデン紙『Aftonbladet』が伝えたところによれば、今冬にもドルトムントへと移籍することになるようだ。

     今シーズン、所属するAIKソルナにてリーグ戦24試合に出場して10得点をマークしている17歳には、レアル・マドリードを含む数多くの欧州のトップクラブが関心を示しており、先日はスウェーデン代表2試合目にして最年少での初得点(17歳113日)をもマークしている。

     ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督は、ブレーメン戦前のインタビューで「肯定も否定もしない」と語った。

     しかし、スウェーデンからの情報によれば、イサクはドルトムント入りを決断。再びスウェーデンへとレンタルされるのではなく、移籍が噂されるFWアドリアン・ラモスが抜けるドルトムントにそのまま残ることになるという。移籍金額は約900万ユーロ(約11億円)となる模様。果たして“黒いイブラヒモヴィッチ”がどこへ移籍するのか、その去就に注目が集まる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170122-00544468-soccerk-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@2016/12/29(木) 14:05:39.46 ID:CAP_USER9
    助けられる」 ドイツ知る“司令塔“に高評価

    Csk3AJoUAAAotla


    ブンデスリーガの4クラブが興味

    今夏移籍したセビージャではほとんど出場機会がない状態だが、日本代表MF清武弘嗣はドイツから非常に高い評価を受けている。

    独『Transfermarkt』によると、現在清武にはケルン、ヘルタ・ベルリン、シャルケ、ヴォルフスブルク、さらにはスペインのデポルティーボまで興味を示していると言われている。ドイツのクラブからの人気は高く、昨季までブンデスリーガで見せていた清武のパフォーマンスは強烈なインパクトを与えているようだ。

    ヘルタのパル・ダルダイ監督は清武の高精度なキックを欲しているようで、セットプレイから精度の高いボールを蹴ることができると高く評価されている。清武は昨季まで所属していたハノーファーでも、日本代表でもコーナーキックやフリーキックを担当しており、司令塔を求めているチームにとってブンデスリーガの環境を知る清武は魅力のある選手と言えるだろう。

    ヴォルフスブルクではDFリカルド・ロドリゲスも高精度のキックを持っているが、同選手には欧州の複数クラブが興味を示している。ロドリゲスがクラブを離れる場合は清武のような存在は貴重になる。

    また、清武が残留争いの厳しさを知っていることが大きいとの意見もある。現在ヴォルフスブルクは4勝4分8敗と苦戦しており、降格圏まで勝ち点差4しか変わらない13位に位置している。

    清武は昨季もハノーファーで残留をかけて戦っており、残留争いの厳しさを経験している。サポーターからは「清武はドルトムントとバイエルン以外の全てのクラブを助けることができる」との意見もあり、ドイツでは非常に評価が高い。

    清武もセビージャで試合に出場できない状態が続くのは問題で、言語の問題もある。ドイツは慣れた舞台でもあるが、今冬にもドイツへの帰還を実現させるべきか。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12/29(木) 10:20配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00010004-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/12/17(土) 17:48:44.26 ID:CAP_USER9


    日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルとの新契約締結に近付いているようだ。16日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

     現在、ドルトムントと2019年6月末まで契約を結んでいるヴァイグル。同紙によると、新契約は2021年まで結ぶ予定で、給与は現在の3倍となる週給6万ポンド(約880万円)になる見込みだという。

     21歳のヴァイグルは昨シーズン、1860ミュンヘンからドルトムントに加入。1年目から主力に定着し、公式戦51試合に出場した。今シーズンもリーグ戦15試合中14試合に出場しており、加入後1年半ほどで市場価格は10倍に跳ね上がっているとも言われている。

     また、今夏ドルトムントからドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンを獲得したマンチェスター・Cが、ヴァイグルに興味を持っている模様。同クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が気に入っているようで、来夏の獲得に向けて移籍金2000万ポンド(約29億4000万円)を準備しているようだ。ドルトムントにとっては、新契約を締結して同選手の放出を阻止したいところだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161217-00528627-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ