サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ドゥンガ

    1: Egg ★t 2016/06/14(火) 17:33:58.14 ID:CAP_USER9
    12日に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第3戦でペルー代表に0-1と敗れ、
    29年ぶりのグループステージ敗退が決まったブラジル代表。同代表を率いるドゥンガ監督が解任される見通しとなった。

    ブラジルメディア『グローボ』が13日に報じている。

    ブラジル代表はペルー代表に0-1と敗れ、1勝1分け1敗の勝ち点4でグループ3位が決定。
    1987年大会以来のコパ・アメリカ・グループステージ敗退が決まった。

    まさかの敗退を受けて国内では批判が高まっているが、
    ブラジルサッカー連盟(CBF)内でもドゥンガ監督を解任する動きが加速しているようだ。

    報道によると、同監督とテクニカルディレクターを務めるジルマール氏の失脚が迫っている。

    ブラジル代表は2018年のロシア・ワールドカップ南米予選で第6節を終え、
    本大会出場圏外の6位に沈んでいる。成績不振に陥る中でも現体制を支持、
    擁護していた連盟内の派閥も、今回のコパ・アメリカ敗退を受けて解任阻止を断念したと伝えられている。

    報道によると、CBFのマルコ・ポーロ・デル・ネロ会長がアメリカから帰国した後、
    後任人事を決定して正式発表が行われる予定となっている。

    SOCCER KING 6月14日(火)17時0分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160614-00455712-soccerk-socc

    写真
    no title


    【サッカー】<コパアメリカ・USA>“神の手”ゴールで敗退…怒り爆発のブラジル代表ドゥンガ監督「一体何のためのヘッドセットなんだ」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465798914/

    【サッカー】<コパアメリカ・USA>ブラジルが29年ぶりのGS敗退!“神の手”ゴールに沈む…エクアドルがハイチに大勝決勝T進出★2
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1465792968/

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 06:09:12.62 ID:???*.net

    1542502_heroa

     
    ブラジル代表のドゥンガ監督は20日、FWネイマールに対する処分への落胆を表し、
    ブラジルサッカー連盟(CBF)が異議を申し立てるとの見通しを明かした。

    ネイマールはコパ・アメリカのグループC第2節コロンビア戦で、試合後に相手選手たちといさかいを起こして退場。4試合の出場停止を命じられた。

    21日の最終節でベネズエラと対戦するドゥンガ監督は、前日会見で次のように述べている。コパの公式ウェブサイトが伝えた。

    「ネイマールはサッカー界のビッグスターだ。彼に対する注目も大きい。サッカーが好きな人なら誰でも、彼がピッチにいるのを見たいはずだ。
    リオネル・メッシやアンヘル・ディ・マリア、アレクシス・サンチェスがそうであるようにね。
    ネイマールがいればよりクオリティーが高くなり、ショーもより良いものとなる」

    「我々はCBFに委ねるよ。彼らが議論するだろう。我々は自分たちを有利にしてほしいとは思っていない。ただ全員に対して平等なジャッジにしようというだけだ」

    処分が確定すれば大会の最後まで出られないネイマールだが、チームに残すかどうかについては次のように述べている。

    「選手が決める。我々は選手たちを男として扱っているんだ。彼らが決めなければいけない。彼が残るのが良いことかどうかを我々は考えなければいけない。
    助けになるのかどうかは分からないよ。我々がここにいてほしいのは、少年ではなく男だけだ。彼らは世界重要でブラジルを代表しているんだよ。決めるのは彼らだ」

    代役のキャプテンについては、まだ決めていないと述べた。

    「チームにとって何が機能するのかを見るために、いくつかの選択肢にトライする。明日決めるよ。キャプテンは試合前に分かる」

    コロンビア戦で敗れたことで、グループCは全4チームが横並びの状態。
    そのなかでネイマールを失ったブラジルだが、ドゥンガ監督は次のように強調している。

    「我々が心配しているのは明日の試合のことであり、できるだけ良い仕事をし、解決策を見つけたいと思っている。
    誰だって勝ち進みたいものだが、サッカーは理論じゃなく、実践なんだ。私はポジティブな方向へ向かっている。
    我々にはチームがあり、進むだけの条件もそろっているんだよ」

    「この試合だけでなく、今後も我々は苦しむだろう。成熟ぶりを見せなければいけない。うまくいかないときでも変えられるということを知っているとね。
    1試合敗れたからといって、すべてが終わったわけじゃない。バランスを見出す必要があるだけだ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000032-goal-socc
    GOAL 6月21日(日)6時0分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150621-00000032-goal-socc.view-000
    'ドゥンガ、ネイマールへの処分に…'

    続きを読む

    1: サーカス ★@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 19:54:18.33 ID:???*.net

    469101_herol


    ブラジル代表のドゥンガ監督は、FWネイマールがペレ氏の持つ同国代表の通算ゴール数記録を更新することを確信した上で、
    ワールドカップ(W杯)の優勝回数でもペレ氏に並んでほしいと期待を述べた。

    1957年から71年までブラジル代表でプレーしたペレ氏は、92試合に出場して最多の77ゴールを記録。
    一方のネイマールは23歳にして61試合に出場し、歴代5位の43ゴールを記録している。

    だが、ペレ氏が史上最高のサッカー選手の一人に挙げられるのは、1958年、62年、70年の3度のW杯で優勝していることが大きい。
    ネイマールは昨年母国ブラジルで開催されたW杯に出場したが、準々決勝での負傷で大会を終え、その後チームは準決勝ドイツ戦で歴史的な大敗を喫する結果に終わった。

    ドゥンガ監督は会見で次のようにネイマールへの期待を述べた。各国メディアが伝えている。

    「ネイマールは非常によくやっている。今後も良くなっていく一方だろう。ゴール数に関しては問題ないと思う。
    だが我々が彼に本当に望んでいる記録は、ペレと同じだけのW杯優勝回数だ」

    26日に行われたフランス戦ではネイマールのゴールなどで3-1の勝利を収め、W杯後の連勝を7に伸ばしたブラジル代表。
    31日にはロンドンのエミレーツ・スタジアムでチリ代表との親善試合に臨む。

    GOAL 3月29日(日)16時30分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150329-00000014-goal-socc

    続きを読む

    casillas ★@\(^o^)/ 2015/03/18(水) 14:27:56.01 ID:???*.net
    ブラジル代表を率いるドゥンガ監督が、ポルトガルメディア『スポルトTV』のインタビューに応え、同国にスター選手が少ない事を嘆いた。17日付のイギリス紙『デイリー・メール』がコメントを伝えている。 

     1994年のアメリカ・ワールドカップで、ドゥンガ監督が主将を務めたブラジル代表は、ロマーリオ氏や当時17歳のロナウド氏など、豪華なスター選手を擁して優勝していた。 

     同監督は「歴代のブラジル人選手たちはヨーロッパの舞台でたくさんのゴールを挙げてきた。 
    しかし、今となってはそういう選手がいない。かつて我が国にはカレカ、ロナウド、リヴァウドのような選手たちがいたが、 
    今はポルトガルやオランダなどの方がスター選手を輩出している。 
    本当に波を起こせるような選手がいない」と問題提起した。続けて、「現在はネイマールだけしかスター選手がいない」と、バルセロナで活躍する同国代表FWネイマール以外に目立った選手がいないと指摘した。

     最後にドゥンガ監督は「これはブラジルサッカー界にとって大きな問題だ。我々は辛抱強く、タフで、冷静に戦わないといけない」と、スター選手不在のチームがとるべき戦い方を語っている。 

    SOCCER KING 

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150318-00292386-soccerk-socc
    続きを読む

    OSK201007020046


    ブラジル代表のドゥンガ監督(50)が14日の日本戦(シンガポール国立競技場)前日会見で、静かにキレた。

    母国ブラジルメディアから「アルゼンチン代表のトレーナーがドラッグを使ったのではないか?」
    という、とんちんかんな質問が出ると、天井を見上げて息をつき

    「何が聞きたいんだ? 鼻がつまっていたと言っただけだろ」と、あきれた表情。
    そばにいた代表スタッフも顔をしかめ、やきもきした表情を見せた。

    ポルトガル語から英語への通訳、さらに英語から日本語への通訳という手順を踏むため、会場は一時混乱。
    その質問は、そこで打ち切られ、日本語の通訳からは「会見後に説明します」と次の質問へ移った。

    質問の意図は、大気汚染がひどかった北京→鼻がつまる→くすりを飲んだのでは? ということだった。
    ただブラジル代表監督にアルゼンチン代表のことを聞き、さらにはくすりという単語も出たためドゥンガ監督は厳しい表情をより厳しくした。

    ドゥンガ監督は北京でのアルゼンチン戦後に「アルゼンチンのトレーナーは鼻がつまっていたな」と世間話をしただけだったという。
    それが飛躍し、ドゥンガ監督が変な噂を流しているのでは? と勘ぐられた模様。

    その後の会見は滞りなく行われたが、ドゥンガ監督にとってはとんだとばっちりだった。

    10月13日(月)19時48分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141013-00000040-nksports-socc

    写真
    http://amd.c.yimg.jp/amd/20141013-00000040-nksports-000-1-view.jpg

    続きを読む

    OSK201007020046



    自国開催のワールドカップで歴史的大敗を喫したブラジル代表は、4年ぶりに再任したドゥンガ監督の下、どう生まれ変わったのか。
    10月14日にシンガポールで日本が対戦する新生セレソンを、直近のアルゼンチン戦(2-0)から診断した。

    【スタメンの顔ぶれとシステムは?】

    ブラジルが用いたシステムは4-2-3-1。
    GKはジェフェルソン(ボタフォゴ)で、最終ラインは左からフィリペ・ルイス(チェルシー)、ダビド・ルイス(パリSG)、ミランダ(アトレティコ・マドリー)、ダニーロ(ポルト)。
    中盤はエリアス(コリンチャンス)とルイス・グスタボ(ヴォルフスブルク)がダブルボランチを組み、

    2列目は左からネイマール(バルセロナ)、オスカール(チェルシー)、ウィリアン(チェルシー)。
    1トップはジエゴ・タルデッリ(アトレチコ・ミネイロ)が務めた。

    【戦い方の志向は?】

    ドゥンガ監督が率いた2010年の南アフリカ・ワールドカップのセレソンと同様、質実剛健で、堅い守備からのショートカウンターを狙っていた。
    実際、高い位置からFWがパスコースを制限しながら詰め寄り、中盤でボールを奪って効率的にゴールを陥れようという思惑が見て取れた。

    タルデッリが裏を狙い、アルゼンチンがそれに対応してディフェンスラインを下げれば、その前の空いたスペースをウィリアンやネイマールがドリブルで持ち上がる。
    速攻が難しい場合や、試合の流れによってはポゼッションに切り替える柔軟な対応も見せていた。

    【志向する戦い方はどの程度実践できていたか?】

    立ち上がりは、どこでボールを奪おうとしているか、その意図は読めるものの、FWと中盤の連係がいまひとつで、むしろFWと中盤の間にスペースを与えてしまい、
    アルゼンチンの高速アタッカー陣に簡単に前を向かせて危険な場面を招いていた。

    試合が進むにつれて徐々にFWの守備が修正され、「勝手にプレス」状態から少し後ろにウエイトし、チームの連係も向上。試合運びも良くなった。

    前半20分あたりまでは40パーセント程度だったボール支配率が、最終的に61パーセントまで上がった事実は、効率的にボールを奪えるようになったこと、
    展開に応じて柔軟にポゼッションへの切り替えができていたことを裏付ける。

    ただ、ワールドカップ後のこのタイミングでは世界中のチームがそうであるように、ブラジルもまだまだ発展途上と言えるだろう。

    10月12日(日)5時13分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141012-00010000-sdigestw-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ