サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:トーレス

    171: 名無しに人種はない@実況OK・^^ 2017/08/23(水) 15:13:13.45 ID:LaMbGocK

    0-1-view


    いやーー俺はエルシャラメネズトーレス本田チェルチデヨングポーリベルトラッチラパドゥーラクツカバッカサポナーラムンタリ・・・みんなどこまで伸びるか成長見守りたかったけどな~ 
    なんだかんだみんな逸材だったと思うよ~ 
    環境さえ整ってればワールドクラスになれた選手ばかりだったと思う
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@^^2017/08/02(水) 11:08:42.23 ID:CAP_USER9

     アウディ杯の準決勝が1日に行われ、アトレティコ・マドリー(スペイン)がナポリ(イタリア)から2-1の逆転勝利を収めた。

     スコアレスで試合が進む中、前半34分にナポリがPKの好機を迎えるが、FWアルカディウシュ・ミリクのシュートはGKヤン・オブラクにストップされてしまう。だが後半11分、MFマレク・ハムシクのパスから左サイドを駆け上がったDFファウジ・グラムのクロスを、ファーサイドのFWホセ・カジェホンが鮮やかなダイレクトボレーで合わせてネットを揺らし、スコアを1-0とした。

     しかし、1点のビハインドを背負ったアトレティコが反撃に出る。まずは後半27分、MFトーマス・パーテイとのパス交換からFWアントワーヌ・グリエーズマンがPA内に進入。パスはマイナス気味になったもののの、FWフェルナンド・トーレスが巧みな右足ボレーで合わせてゴールを陥れ、1点差に詰め寄る。さらに同36分にはCKをFWルシアーノ・ビエットが押し込んで逆転に成功した。

     試合終了間際にDFディエゴ・ゴディンが退場して数的不利になったアトレティコだが、ナポリの反撃を許さずに2-1のまま逃げ切った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170802-01642391-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/02/22(水) 07:34:15.98 ID:CAP_USER9

    9f85d8af-s

     
    【スコア】
    レヴァークーゼン 2-4 アトレティコ・マドリード

    【得点者】
    0-1 17分 サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリード)
    0-2 25分 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
    1-2 48分 カリム・ベララビ(レヴァークーゼン)
    1-3 59分 ケヴィン・ガメイロ(PK)(アトレティコ・マドリード)
    2-3 68分 オウンゴール(ステファン・サヴィッチ)(レヴァークーゼン)
    2-4 86分 フェルナンド・トーレス(アトレティコ・マドリード)

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000784/match=2019620/index.html

    【スコア】
    マンチェスター・C 5-3 モナコ

    【得点者】
    1-0 26分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
    1-1 32分 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
    1-2 40分 キリアン・ムバペ(モナコ)
    2-2 58分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
    2-3 61分 ラダメル・ファルカオ(モナコ)
    3-3 71分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
    4-3 77分 ジョン・ストーンズ(マンチェスター・C)
    5-3 82分 リロイ・ザネ(マンチェスター・C)

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2017/matches/round=2000784/match=2019613/statistics/index.html



    チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグが21日に行われ、レヴァークーゼンとアトレティコ・マドリードが対戦した。

     レヴァークーゼンとアトレティコが2シーズンぶりにCLベスト16で激突。2014-15シーズンの前回対戦では2戦合計1-1でPK戦の末にアトレティコが準々決勝に駒を進めていた。リベンジを狙うレヴァークーゼンはカリム・ベララビやユリアン・ブラントらが先発。2014-15シーズンのCL準々決勝でレアル・マドリードの一員としてアトレティコ戦の決勝ゴールを挙げ、現在3試合で5ゴールと好調のハビエル・エルナンデスもスタメンに入った。一方、4シーズン連続のベスト8を狙うアトレティコはアントワーヌ・グリーズマン、ヤニック・フェレイラ・カラスコ、ガビらが先発メンバーに名を連ねた。

     試合は開始17分に動いた。アトレティコはサウール・ニゲスが相手選手を1人かわして右サイドを突破。そのままエリア内右まで持ち上がり、左足を振り抜くと、綺麗なカーブを描いたシュートは枠の左上隅に吸い込まれた。

     幸先よくゴールを奪ったアトレティコは25分、相手のミスを見逃さず追加点を奪う。ケヴィン・ガメイロが相手DFアレクサンダル・ドラゴヴィッチのクリアミスを拾い、そのままエリア内に進入。キープして横パスを送ると、走り上がっていたグリーズマンがフリーで左足ダイレクトシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。

     反撃したいレヴァークーゼンは34分、ケヴィン・カンプルがエリア手前右で左足を一閃。強烈なシュートは枠の左上隅を突くが、相手GKミゲル・アンヘル・モヤの好セーブに遭う。アトレティコは34分にもグリーズマンに絶好の決定機が訪れるが、相手GKベルト・レノの体を張ったセーブに阻まれた。前半はこのままアトレティコの2点リードで折り返す。

     後半開始直後の48分、レヴァークーゼンの反撃が実る。中央のカンプルからのパスを、右サイドのベンヤミン・ヒンリヒスがダイレクトで折り返す。これにゴール前のベララビが右足で合わせて、ゴール左隅に決めた。だが、レヴァークーゼンは反撃ムードも束の間の58分、ドラゴヴィッチが股抜きでかわされたガメイロをエリア内隅で倒してPKを献上。アトレティコは59分にガメイロが自らキッカーを務め、ゴール中央に蹴り込んだ。

     それでも68分、レヴァークーゼンはラッキーな形で再び1点差に迫る。左サイドのブラントが低目の鋭いクロスを供給。これはGKモヤに阻まれるが、弾いたボールがステファン・サヴィッチの足に当たり、ボールはゴールに吸い込まれた。

     オウンゴールを献上したアトレティコは78分に、グリーズマンとカラスコを下げて、アンヘル・コレアとフェルナンド・トーレスを投入。すると86分、右サイドのシメ・ヴァルサリコからのクロスに、ニアサイドに飛び出したトーレスが頭で流し込み、試合を決定付けるゴールを奪った。

     終盤はレヴァークーゼンが猛攻を見せるが、試合はこのまま終了。アトレティコが敵地で4-2の勝利を収め、ベスト8進出に前進した。

     セカンドレグは3月15日にアトレティコ・マドリードのホームで行われる。

    SOCCER KING 2/22(水) 7:16配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170222-00554349-soccerk-socc

    つづく

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2016/04/06(水) 05:46:55.48 ID:CAP_USER*.net

    CfUK1ZOUYAAz1Mq

     
    [CL]準々決勝第1戦1日目 スコア速報

    [4.5 準々決勝第1戦1日目]

    ※日本時間27:45キックオフ

    ■バイエルン 1(終了)0 ベンフィカ

    [バ]アルトゥーロ・ビダル(2分)

    ■バルセロナ 2(終了)1 A・マドリー

    [バ]ルイス・スアレス2(63分、74分)
    [A]フェルナンド・トーレス(25分)

    http://web.gekisaka.jp/live/detail/?2443-2443-

    開始2分にビダルが決勝弾…バイエルン、ホームでベンフィカに完封勝利
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-00428020-soccerk-socc

    バルサ、スアレス2発で逆転先勝…アトレティコは先制弾トーレスが退場
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160406-00428023-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★@\(^o^)/ 2016/01/24(日) 21:06:42.59 ID:CAP_USER*.net

    torres1-500x352

    アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、FWフェルナンド・トーレスの
    不透明な将来について言及することを嫌っている様子だ。
    スペイン『マルカ』が報じている。

    ミランからのレンタル移籍によって古巣アトレティコ・マドリーに帰還したF・トーレス。
    レンタル期間は今季限りとなっているが、FIFAから今夏以降の選手登録を禁止されたアトレティコは、
    この冬の市場が閉まる前に同選手を買い取りらなければ放出を義務付けられる可能性もある。

    しかしながらシメオネ監督は、F・トーレスの将来についての言及を避けている。
    24日のリーガエスパニョーラ第21節ベティス戦を前に会見に出席したアルゼンチン人指揮官には、
    「トーレスはイエス? それともノー?」との問いに次のように返した。

    「何もコメントすることはない」

    なおアトレティコ及びシメオネ監督は、FIFAの処分が次の冬の市場まで延期となる可能性を見越しながら、
    その間にF・トーレスが収められる成果を見極める考えという。またF・トーレスにはアメリカ、UAE、中国、
    日本などのクラブからオファーが届いているようで、選手自身が移籍を決断する場合には、
    それを尊重する方針のようだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160124-00000022-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/06(金) 18:16:12.82 ID:???*.net
    スター選手集めるトルコにトーレスも

    アトレティコ・マドリードFWフェルナンド・トーレスにガラタサライが興味を示している。

    スペイン『Football Espana』によると、ガラタサライはルーカス・ポドルスキの相方にトーレスを望んでおり、
    FW獲得リストのトップに入れているという。トーレスはリヴァプール、チェルシー、ミランと渡り歩いて
    古巣のアトレティコへ帰還。トップパフォーマンスを維持できているわけではないが、サポーターからの
    人気は根強い。

    トーレスとアトレティコの契約は2016年6月までとなっており、今後について12月に話し合うとされている。
    アトレティコは残留を希望していて、ミランからのレンタル延長か完全移籍での獲得を狙っているとのことだ。

    今季のトーレスはリーグ戦10試合に出場して2ゴールを記録しているが、今のところジャクソン・マルティネスの
    バックアッパーとなっている。マルティネスも得点を量産できてはいないが、ディエゴ・シメオネ監督は
    マルティネスの潜在能力に期待している。ガラタサライではポドルスキとのコンビで先発出場の機会も
    増えると予想されるが、スター選手をかき集めるトルコにトーレスが向かう可能性もあるかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151106-00010007-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 16:11:38.43 ID:???*.net

    20090410_1018034

    最高の得点率を誇る選手は意外にも……

    フェルナンド・トーレス、ルイス・スアレス、ダニエル・スタリッジは
    近年のリヴァプールで活躍したストライカーだが、誰が最も頼れる男なのか。
    一般的に考えれば13-14シーズンにプレミアリーグ得点王となったスアレスだろう。
    同選手がバルセロナに引き抜かれてから、リヴァプールはストライカー探しに苦戦している。

    しかし『メトロ』によると、最も頼れるストライカーはスタリッジだ。スタリッジは先日の
    アストン・ヴィラ戦で2得点をマークし、解任が囁かれるブレンダン・ロジャースを救った。

    スタリッジのすごさは得点率にも表れており、リヴァプールの選手としてリーグ戦57試合で37得点を決めている。
    得点率は0.65だ。13-14シーズンに得点王となったスアレスは110試合で69得点で0.63、
    トーレスは102試合65得点で0.64。さらに歴代の話になると、ワンダーボーイことマイケル・オーウェンは
    216試合118得点で0.55、英雄ロビー・ファウラーは266試合128得点で0.48だ。
    過去のストライカーと比べてもスタリッジの得点率はずば抜けている。

    少し負傷が多いのが欠点だが、あのスアレスを超える得点率を誇っているのは驚きだ。
    マリオ・バロテッリ、リッキー・ランバート、ロベルト・フィルミーノ、クリスティアン・ベンテケと
    ストライカーを次々に連れてきているリヴァプールだが、スタリッジに勝る者はいない。

    スタリッジが復帰した今、リヴァプールは再び走り出そうとしている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150929-00010004-theworld-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ