サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:トッテナム

    1: pathos ★ 2017/11/22(水) 13:03:41.80 ID:CAP_USER9
    先発の香川、独紙は酷評「簡単に奪われ過ぎ」「印象的なプレーほぼなし」/欧州CL
    DPNRWYsVQAAXiBe


     
    ドルトムントは、21日に行われたチャンピオンズリーグ・グループリーグ第5節でトッテナムに1-2と敗れ、敗退が決定した。この試合に先発したMF香川真司だが、地元紙は低めの評価を下している。
    グループリーグ突破のため勝利が絶対条件、かつレアル・マドリーがアポエルに敗れる必要があるという厳しい状況の中、ホームにトッテナムを迎えたドルトムント。31分にFWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制するも、前半のうちに同点に追いつかれると、76分にソン・フンミンに勝ち越し弾
    を奪われる。さらにはこの試合でビッグセーブを連発していたGKロマン・ビュルキが負傷交代するなど、最悪の展開に。結局最後まで追いつくことができず、グループ敗退が決定した。
    先発出場を果たした香川だが、得点に絡むことはできず。同点で迎えた66分にベンチに下がっている。

    地元メディア『WAZ』は、香川のプレーに対し「4」と低めの採点をつけた。「日本人選手は試合になかなか入り込めず、ファーストボールを簡単に奪われ過ぎた。徐々にパス成功率を上げ、先制点の起点にもなった」と寸評している。なお、好セーブを見せたGKロマン・ビュルキ(「2」)やアシストを記録したFWアンドリ―・ヤルモレンコ(「2.5」)には高評価をつけたが、DFマルク・バルトラには「5.5」と厳しい評価を下した。
    『ルールナハリヒテン』でも、香川の採点は「4」となった。「序盤に迎えた2つの不運な場面が、意思と実行の差を象徴している。彼のプレーはインパクトを与えることはほとんどなかったが、相手ボールにおいては懸命に働いた」と守備での貢献に言及。ビュルキに「2」とチーム最高点をつけ、ヤルモレンコは「4」という採点になった。また『WAZ』と同様に、バルトラには単独ワーストとなる「5」をつけている。
    (※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20171122/sci17112211080013-n1.html

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★ 2017/10/23(月) 02:14:43.05 ID:CAP_USER9
    10/23(月) 1:52配信
    好調トッテナム、リヴァプールを寄せ付けずリーグ戦4連勝/プレミアリーグ第9節

    ■プレミア第9節 トッテナム 4-1 リヴァプール
    トッテナム:ケイン(4分、56分)、ソン・フンミン(12分)、アリ(45+3分)

    リヴァプール:サラー(24分)
    現地時間22日、イングランド・プレミアリーグ第9節が行われ、トッテナムとリヴァプールによる強豪同士の一戦は、4-1でトッテナムに軍配が上がった。

    リーグ戦は3連勝、そしてチャンピオンズリーグでは王者レアル・マドリード相手に引き分け、改めてその力を示したトッテナム。一方、公式戦8試合でわずか1勝と長いトンネルに入っていたリヴァプールは、チャンピオンズリーグのマリボル戦で7-0と攻撃陣が爆発し、良い雰囲気でウェンブリー・スタジアムに乗り込んだ。

    しかし、先手を取ったのはホームのトッテナム。開始わずか4分、右サイドのスローインから、キーラン・トリッピアーの浮き球パスに抜け出したハリー・ケインが飛び出したGKシモン・ミニョレをかわし、DFに囲まれながらも無人のゴールへと決めてトッテナムが先制する。

    さらに12分には、GKウーゴ・ロリスがクロスボールをキャッチしてすかさず前線へロングフィード。右サイドに開いていたケインが相手と競り合いながらも抜け出し、ゴール前への折り返しを走り込んだソン・フンミンが点で合わせてリードを広げる。

    16分、中盤での素早いリスタートから、ロングパスに抜け出したソン・フンミンがペナルティーエリア内右からボレーを放つと、これがクロスバーを直撃。決まっていれば、この時点で試合は終わっていたかもしれない。

    命拾いしたリヴァプールはようやく反撃に出る。24分、中盤でケインからボールを奪うと、ジョーダン・ヘンダーソンがすかさず前方にスルーパス。抜け出したモハメド・サラーがダイレクトでゴール左隅へと流し込み、リヴァプールが1点を返した。

    その後は勢いづいたリヴァプール攻勢に出てトッテナムを押し込み、トッテナムはケインを残してカウンターを狙う。リヴァプールが同点ゴールに近づいたチャンスもあったが、トッテナム守備陣も体を張って最後のところでやらせない。

    31分、ここでユルゲン・クロップ監督が動く。デヤン・ロヴレンに代わってアレックス・オックスレイド=チェンバレンを投入し、チームに点を取りに行けというメッセージを送る。

    このまま1点差で折り返すかと思われた前半終了間際、中盤からのFKをジョエル・マティプが頭でクリアするも、中途半端になったボールをデレ・アリがダイレクトボレーで叩き込み、トッテナムが3-1と突き放す。トッテナムにとっては最高の、リヴァプールにとっては最悪の形でハーフタイムを迎えることとなった。

    後半、2点を追いかけるリヴァプールが積極的な入り方を見せるが、トッテナムがしたたかに4点目を挙げる。56分、クリスティアン・エリクセンの右サイドからのFKを、ファーサイドのヤン・フェルトンゲンがボレーで捉える。ここはゴールに入っていたチェンバレンがかろうじて防ぐが、こぼれ球をケインが押し込んで4-1。トッテナムにとってはほぼ勝利を手中に収める一発となった。

    意地を見せたいリヴァプールだが、スピード自慢の前線はスペースを与えてもらえず、トッテナムの分厚い守備陣を切り崩すことができない。フィリペ・コウチーニョも果敢に仕掛けてミドルシュートを狙うが、どうしても攻撃が単発になってしまう。

    リヴァプールはロベルト・フィルミーノに代えてダニエル・スタリッジ、エムレ・ジャンに代えてマルコ・グルイッチを投入し交代枠を使い切るが、試合はトッテナムが完全にコントール。エリクセンに代えてエリック・ダイアー、ケインに代えてフェルナンド・ジョレンテを投入する磐石の態勢で逃げ切ったトッテナムが強豪同士の一戦を制し、リーグ戦4連勝を飾った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171023-00000034-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: 動物園φ 2017/01/05(木) 07:23:17.85 ID:CAP_USER9
    2013


     
    チェルシー、”プレミア最多連勝記録”ならず。トッテナムに敗れ13連勝でストップ
    2017年01月05日(Thu)6時56分配信

    【トッテナム 2-0 チェルシー プレミアリーグ第20節】

     現地時間4日にプレミアリーグ第20節の試合が行われ、チェルシーはトッテナムと対戦。デル・アリにゴールを許し、チェルシーは0-2の敗戦を喫している。

     対戦成績で言うとチェルシーは最近4試合負けなし(2勝2分)となっており、全体的に見ても相性は悪くない。ただ一方で、アウェイ(ホワイト・ハート・レーン)で勝利したのは2012/2013シーズンまで遡る。アウェイでは引き分けや敗戦が続いている状況だ。

     前半アディショナルタイム、ゴール前のクロスにアリが頭で合わせてトッテナムが先制。さらに54分、1点目と同じような形から再びアリがヘディングで押し込みトッテナムに追加点が入る。

     結局、1点も返すことができずチェルシーは0-2の敗戦を喫してしまった。リーグ連勝記録は13でストップし、1シーズンでのプレミアリーグ最多連勝記録を更新することはできなかった。

    【得点者】
    45分+1分 1-0 アリ(トッテナム)
    54分 2-0 アリ(トッテナム)

    https://www.footballchannel.jp/2017/01/05/post192587/

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/12/02(金) 18:43:08.51 ID:CAP_USER9
     
    依然、欧州からの熱視線アリ

    彼の人気はいまだに衰えていない。イタリアの名門ミランに所属する本田圭佑にトッテナム行きの可能性が再燃している。

    2014年よりロッソネーロでプレイする金髪のレフティーは昨季に続き、今季も苦しい立場に置かれている。新指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラが右サイドで重宝するのは本田ではなく、フレッシュでキレのある若手スペイン人のスソだ。

    もちろん2人の間には“異なるプレイスタイル”という敷居があるものの、日本人MFが毎週のようにベンチから試合を観戦させられているのもまた事実であり、冬のマーケットにおいて本田が“決断”を下す可能性は高い。

    欧州サッカー専門メディア『tribunnews』は“トッテナムが本田への興味を強めている”とし、次のようにその関心を伝えている。

    「トッテナムはミランの日本人プレイメイカー、本田圭佑の状況を監視し続けている。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督のミラン就任以降、彼が試合に出る姿はほぼ見られていない。

    スパーズによる“本田獲得計画”は大黒柱のハリー・ケインにかかる負担を軽減させられる。この計画が、冬に本田を売却したがっているミランの願いと一致するであろうことは明白だ。

    彼らは今季限りで本田との契約が満了することから、即座に彼を解雇したいと考えている。なぜならミランに本田と新契約を結ぶ意思はなく、かといって無料で彼を放出することも避けたいからだ」

    ヴァイッド・ハリルホジッチ率いる日本代表においては、オーストラリア戦でワントップを張り、先制点をアシストした本田。ポストワーカーとしても十分に機能することを見せつけたが、その役割をプレミアリーグでも発揮することになるのだろうか。彼の去就からますます目が離せそうにない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 12/2(金) 18:10配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161202-00010011-theworld-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2016/05/16(月) 00:54:46.61 ID:CAP_USER9
    ニューカッスル 5-1 トッテナム

    1-0 ジョルジニオ・ヴァイナルドゥム(前半19分)
    2-0 アレクサンダル・ミトロビッチ(前半39分)
    2-1 エリク・ラメラ(後半15分)
    3-1 ジョルジニオ・ヴァイナルドゥム(後半28分)
    4-1 ローランド・アーロンズ(後半39分)
    5-1 ダリル・ヤンマート(後半41分)

    警告・退場
    ライアン・メイソン(前半46分)トッテナム
    エリク・ラメラ(後半17分)トッテナム
    アレクサンダル・ミトロビッチ(後半20分) ニューカッスル<<退場>>

    http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10784922

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/05/07(土) 15:27:40.07 ID:CAP_USER9
    トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、
    プレミアリーグで対戦してきた相手チームの選手や監督らがレスター・シティへの応援を公言していたのはフェアではないとして苦言を呈している。

    プレミアリーグで驚異的な快進撃を見せたレスターを追い続けてきたトッテナムだが、
    その奮闘も及ばず。2日に行われた第36節チェルシー戦を2-2のドローで終えた時点で、2試合を残してレスターの初優勝が決定した。

    降格候補から一転して優勝を争うことになったレスターの「おとぎ話」が現実となるのを見届けるため、
    世界のサッカーファンのみならず選手や監督などにも、レスターのタイトル獲得への期待を口にしていた者は多かった。

    トッテナムの優勝を阻むことになったチェルシーでも、
    試合前にMFセスク・ファブレガスやエデン・アザールなどがレスターの優勝を望んでいる様子を見せていた。

    ポチェッティーノ監督にとっては、公平さを欠く姿勢だと感じられたようだ。
    同監督が次のように述べたとしてイギリス複数メディアが伝えている。

    「プレミアリーグの今後のミーティングで言うべきことではないかと思う。今後は公の場でのそういうコメントには慎重になるべきだろう。
    サッカーにおいて、我々にはプロフェッショナルである責任がある。プロフェッショナルであれば、個人的な意見を述べるべきではない」

    「タイトルや残留に向けて戦うチームと対戦するなら、1人のサポーターとして意見を述べることはできない。
    プロフェッショナルとしての意見を述べるべきだ。こういうことが起きるのは危険なことだよ。

    ここ数週間か数カ月間、サッカー界の人々はプロフェッショナルらしく振る舞っていなかったかもしれない。注意する必要がある」

    3ポイント差の3位アーセナルを抑えて2位を確保したいトッテナムは、8日にホームでの第37節サウサンプトン戦に臨む。

    GOAL 5月7日(土)14時33分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160507-00000014-goal-socc

    写真
    no title


    【サッカー】<レスター>その衝撃はやはり世界規模!優勝決定時のツイート数は実に86%増加!世界では5500万ツイート突破
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1462570605/

    続きを読む

    1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2016/05/02(月) 22:57:54.80 ID:CAP_USER9

    2013

     
    チェルシーのスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスは26年間守ってきた記録を止めたくはないと考えているようだ。

    1日、トッテナムとホームで対戦するチェルシー。2位のトッテナムにとっては逆転優勝のため絶対に勝ち点3が欲しい試合だが、26年間トッテナムはチェルシーのホームで勝利していない。 

    それについてペドロは英『London Evening Standard』で「僕らの誰も記録を止めたくはないと考えているよ。本当に集中を続けている」と話した。

    もちろん理由はそれだけではない。同選手は続けて「スパーズの優勝を阻むモチベーションがあるかって? もちろんだよ。僕らにとって最も重要なことは勝つことだけどね。僕らの戦いがレスターを有利にするなんてことは二の次だ。

    彼らは今季本当によくやっているし、あの順位に値しているけど、チェルシーのファン、選手にとってもこの試合は大きな戦いなんだ。大きなダービーマッチだし、いつも情熱と感情が込められて行われている」とこの試合へのモチベーションを語っている。

    今のトッテナムにとって26年間の記録は破らなければならないものであることは間違いない。しかし同時にチェルシーにとっても絶対に負けられないダービーマッチであるようだ。

    http://www.theworldmagazine.jp/20160501/01world/england/58898

    午前4時 

    チェルシーvsトッテナム 
    http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/

    【実況】サッカーch
    http://wc2014.2ch.net/livefoot/

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 07:50:29.57 ID:CAP_USER*.net


    Cft7AtHUsAAxn3o

     
    ゴールポストもレスターを後押し!? トッテナム痛恨ドローでレスターが優勝にリーチ

    2016年04月26日(火) 06時15分配信

    引き分けに終わったトッテナム photo/Getty Images

    2度のポスト直撃で勝ちきれず

    プレミアリーグ第35節が25日に開催され、トッテナムがホームスタジアムにウェスト・ブロムウィッチを迎えた。

    同試合の前日に試合を行ったレスターが勝ち点3を獲得したため、1試合未消化ながら首位まで8ポイント差となった2位トッテナム。PFA年間最優秀若手選手賞を受賞したMFデル・アリや得点ランキング首位に立つFWハリー・ケインがスターティングメンバーに名を連ねた同クラブは、7分にボックス内での細かいパス交換からケインがポスト直撃のシュートを放つと、13分にもFKからMFクリスティアン・エリクセンがバーをかすめるシュート。いずれもゴールとはならなかったが、序盤から多彩な攻撃で相手ゴールを襲う。

    その後もケインが強烈なミドルシュートを放つなど攻め続けながら得点が生まれないトッテナムだが、33分に待望の先制点を奪う。右サイドからFKのチャンスを得ると、エリクセンがボックス内に速いボールを供給。ゴール前で競り合ったトッテナムDFヴェルトンゲンが相手のオウンゴールを誘発した。

    リードして前半を終えたトッテナムは後半も連動した崩しからMFエリク・ラメラがシュートを放つが、ボールはポストに阻まれる。その後、攻撃で圧倒しながらも追加点が奪えないまま時間が進むと73分、CKからウェスト・ブロムウィッチDFドーソンに得点を許し、同点とされる。

    逆転優勝のために勝ち点3が欲しいトッテナムはMFソン・フンミンなどを投入して勝ち越しを狙うが、最後まで得点は奪えず。1-1のままタイムアップの笛を迎え、シーズン3試合を残して首位レスターとの差は7となった。次節は敵地でチェルシーと対戦。その後は、サウサンプトン、ニューカッスルと対戦する。

    [メンバー]
    トッテナム:ロリス、ウォーカー、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、ローズ、ダイアー(→メイソン 75)、デンベレ、ラメラ(→ソン・フンミン 85)、エリクセン、アリ(→シャドリ 90)、ケイン

    ウェスト・ブロムウィッチ:マイヒル、ドーソン、オルソン、マッコーリー、エヴァンズ、ジャコブ、フレッチャー、マクレーン、ガードナー、セセニョン(→サンドロ 90)、ロンドン

    [スコア]
    トッテナム 1-1 ウェスト・ブロムウィッチ

    [得点者]
    トッテナム:オウンゴール(33)
    ウェスト・ブロムウィッチ:ドーソン(73)

    http://www.theworldmagazine.jp/20160426/01world/england/57882

    前スレ
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1461617800/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/24(日) 17:55:14.78 ID:CAP_USER*.net
    70e1hhhgcx9cz2tg


     
    今回も「2位」に終わるのか、今度こそ念願のリーグタイトルを手に入れるのか…。
    レスター・シティのクラウディオ・ラニエリ監督は、プレミアリーグ優勝目前に迫る状況で自身のキャリアを振り返った。

    日本代表FW岡崎慎司も所属するレスターは、今季プレミアリーグ4試合を残した時点で首位をキープし、
    2位トッテナムとの優勝争いを続けている。24日にはホームでのスウォンジー・シティ戦に臨む。

    ラニエリ監督はこれまでの監督キャリアでリーグ優勝を経験しておらず、2004年チェルシー、
    2009年ユヴェントス、2010年ローマ、2014年モナコでいずれも2位に終わっている。
    その経歴について同監督が次のように述べたとしてイギリスメディアが伝えた。

    「もしタイトルを獲得できなかったとすれば、『ラニエリはいつも2位だ』と言う者がいるのは分かっている。
    だが、私のキャリアを見てみるといい。チェルシーで2位になったときは、
    前の年の途中からチーム作りを始めたところだった」

    「ローマでは、2試合を終えて勝ち点ゼロだったチームを引き継いで、勝ち点80で終えた。
    (優勝した)インテルは82だったんだ。ユヴェントスではセリエBから復帰して1年目に3位、それから2位だ。
    スター選手も4、5人いたが、あとは若手だった。それ以上何ができただろうか?」

    5ポイント差でレスターを追うトッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督に向けては、
    今回はレスターが優勝する番だとメッセージを送っている。

    「マウリシオは待ってくれてもいいだろう。あと1年待ってほしい。彼らは今年ずっと我々の後ろにいた。
    プレッシャーがあるのは首位にいるチームの方だが、気にしてはいないよ。5ポイント前にいる方がいいね」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160424-00000020-goal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ