サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:トッティ

    1: Egg ★ 2017/07/01(土) 12:41:25.44 ID:CAP_USER9
    6月30日をもって前所属クラブとの契約が満了し、7月1日からフリーエージェントとなった選手たちの中には、ビッグネームも少なくない。
     
     ユベントスと契約解除したがマンチェスター・C行きが濃厚なダニエウ・アウベス、アトレティコ・マドリーとの契約延長が濃厚のフェルナンド・トーレス、レアル・マドリーを去ったがパリSGとサイン間近のペペという3人を除いても、まだまだ大物はいる。
     
     もっとも括目に値するのが、やはりズラタン・イブラヒモビッチだろう。すでに35歳だが16-17シーズンはマンチェスター・Uのエースに君臨し、公式戦通算で28ゴール・10アシストとその破壊力はまったく衰えていない。
     
     ただ、4月に右膝十字靱帯を断裂し、プレーできるのは2018年になってからと言われている。MLS、ミラン、アトレティコ・マドリーなど様々な移籍先候補が浮上しているものの、夏中には新天地が決定しない可能性もある。
     
     同様に目が離せないのが、フランチェスコ・トッティだ。25年間を過ごしたローマを涙ながらに去ったプリンチペ(王子)は、他クラブでの現役続行か引退してのフロント入り(すでに契約書にはサイン済み)かの結論をまだ出していない。
     
     J2の東京ヴェルディが獲得に乗り出しているのは周知の通りだが、希望年俸は300万ユーロ(約3億6000万円)と安くない。現時点では、その額をポンと出せそうなMLS行き、もしくはローマでの幹部就任が現実的なシナリオと言える。
     
     日本人選手では、本田圭佑と柴崎岳だ。3年半のミラン挑戦を終えた前者も、半年契約で入団したテネリフェのリーガ・エスパニョーラ1部昇格が叶わなかった後者も、複数の新天地候補が取沙汰されているがまだ具体的な動きはなし。これから交渉が本格化していくか。
     
     他にも、スペインの伝説的GKであるイケル・カシージャス、19年活躍したチェルシーを去ったジョン・テリー、パリSGの中盤を支えてきたチアゴ・モッタ、元マンチェスター・C組(ヘスス・ナバス、ウィリー・カバジェロ、バカリ・サーニャ、ガエル・クリシ)、シャルケで内田篤人と同僚だったデニス・アオゴとマキシム・シュポ=モティング、そして今年2月にサンプドリアと契約解除後は“浪人”していた天才アントニオ・カッサーノなども、ボスマンプレーヤーとなっている。
     
     Jリーグ勢も「移籍金ゼロ」で迎え入れられるタレントたちだけに(トッティの例の通りビッグネームほど年俸は高いが……)、その動向には注視したい。


    【フリーエージェントの主な有力選手】
     
    [GK]
    ・イケル・カシージャス(元ポルト/元スペイン代表)
    ・ウィリー・カバジェロ(元マンチェスター・C/元アルゼンチン代表)
    ・シェイ・ギブン(元ストーク/元アイルランド代表)
     
    [DF]
    ・ジョン・テリー(元チェルシー/元イングランド代表)
    ・ガエル・クリシ(元マンチェスター・C/フランス代表)
    ・バカリ・サーニャ(元マンチェスター・C/フランス代表)
    ・マルティン・カセレス(元サウサンプトン/ウルグアイ代表)
    ・コロ・トゥーレ(元セルティック/元コートジボワール代表)
    ・デニス・アオゴ(元シャルケ/元ドイツ代表)
    ・ゴンサロ・ロドリゲス(元フィオレンティーナ/元アルゼンチン代表)
    ・ジョリアン・レスコット(元サンダーランド/元イングランド代表)
     
    [MF]
    ・本田圭佑(元ミラン/日本代表)
    ・柴崎岳(元テネリフェ/日本代表)
    ・チアゴ・モッタ(元パリSG/元イタリア代表)
    ・ヘスス・ナバス(元マンチェスター・C/スペイン代表)
    ・ルーカス・レイバ(元リバプール/元ブラジル代表)
    ・マテュー・フラミニ(元クリスタル・パレス/元フランス代表)
    ・ゾラン・トシッチ(元CSKAモスクワ/セルビア代表)
    ・チャーリー・アダム(元ストーク/スコットランド代表)
    ・セバスティアン・ラーション(元サンダーランド/スウェーデン代表)
     
    [FW]
    ・ズラタン・イブラヒモビッチ(元マンチェスター・U/元スウェーデン代表)
    ・フランチェスコ・トッティ(元ローマ/元イタリア代表)
    ・マキシム・シュポ=モティング(元シャルケ/カメルーン代表)
    ・ミルコ・ヴチニッチ(元アル・ジャジーラ/元モンテネグロ代表)
    ・ニウマール(元アル・ナスル/元ブラジル代表)
    ・アントニオ・カッサーノ(元サンプドリア/元イタリア代表)
    ・ラシド・ゲザル(元リヨン/アルジェリア代表)

    2017年07月01日 サッカーダイジェスト
    http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=27364

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/06/30(金) 14:37:20.05 ID:CAP_USER9
    東京V・羽生英之社長(53)が29日、本紙の単独取材に応じ、噂されるトッティ(40)との交渉状況について口を開いた。

     イタリアとの関係が深い日本側の仲介人とともに6月に入ってから交渉を続けて、現在はトッティサイドから示された額とそう遠くない条件を提示中。これには引退後のアンバサダー契約も含まれている。羽生社長自らが「懇意にしているスポンサー、中心となる2名の人たち」のサポートを受けて金額を準備した。

     トッティがギリシャで過ごすバカンスを終えて、東京Vや米国クラブの提示に回答するのは7月1日、2日の間の予定。

    仲介人によるとトッティは「ローマという都市の将来を考えて、東京のようになってほしい」という願いがあり、「東京という都市に大きな興味を持っている」。数ある日本のクラブの中から、Jリーグ初代王者の首都クラブ・東京Vを指定したというトッティ。加入の可能性は大いにあると言えそうだ。

     交渉が進んだとして、羽生社長は「『決して観光などではなく、J1昇格への切り札になってくれるか』、『たくさんの人が今回の話で奔走している。プレー以外の面でも協力してくれるか』の2点を確認した上で握手したい」と語る。

     また、事前に相談していたという「ロティーナ監督なら彼を組み込んでも大丈夫という確信がある」とも付け加えた。今季から東京Vの指揮官となったロティーナ監督(59)は、コパ・デル・レイ王者になった経験もあるスペインの智将だ。

    昨季18位に沈んだ東京Vを現在3位まで押し上げたチームマネジメント力は確か。型に選手をハメるのではなく、選手に合った型を用意する指揮官でもある。トッティ加入によってチームが分解することはないと、社長も信頼を寄せている。

     東京Vは“再興”のために本気でトッティを獲得しようとしているーー。すでに世界的なニュースとなっている今回の一件。ラテンの血が流れる情熱の“王子”に、その熱き思いは届くか

    6月30日 blogola
    http://blogola.jp/p/72269

    写真
    no title

    続きを読む

    1: @Egg ★2017/05/25(木) 21:58:59.78 ID:CAP_USER9
    8ehf2


    ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティが25日、
    今シーズン限りで同クラブを退団することを自身のSNSで発表した。

    「2017年5月28日 日曜日、ローマ対ジェノア、僕がローマのユニフォームを着る最後の日だ」
    「このカラーが僕にとって今までどれだけ重要であり、今後もどれだけ重要であるかを簡単には言い表せない」

    「僕のフットボールへの愛は決して色あせない。
    それは愛情であり、僕の情熱だ。情熱を燃やすことを止める想像が全くできない。とても難しいことだ」

    「月曜日からまた前を向いて歩み出す準備ができている。新しい挑戦への準備ができているんだ」

    現在40歳のトッティは、28日に行われるセリエA最終節のジェノア戦が
    ローマでのラストマッチとなることを発表。しかし、去就については明言を避けている。

    今月3日にはローマのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるモンチ氏が就任会見で、
    同選手について「今シーズンが選手としてラストイヤーで、その後は幹部入りことで合意している」と語っていた。

    1989年にローマの下部組織に加入したトッティは、1993年に16歳の若さでトップチームデビュー。
    これまで“バンディエラ”(クラブの旗頭)としてチームをけん引してきた。

    今シーズンはここまで公式戦27試合に出場し、3ゴールを記録している。

    SOCCER KING 5/25(木) 21:51配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170525-00592538-soccerk-socc

    写真
    no title


    サッカーチャンネル
    https://abema.tv/timetable/channels/soccer

    5月26日(金)20:00 ? 23:00
    2017/5/14]ローマvsラツィオ(RomaTV)

    続きを読む

    1: Egg ★^^ ©2ch.net 2017/05/19(金) 16:45:51.22 ID:CAP_USER9

    8ehf2

     
    サッカーのJリーグにイタリアの大物選手が参戦か。今夏にJ1神戸入りが決まった元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(31)に続き、元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)と同FWステファン・エルシャーラウィ(24=ともにローマ)がJクラブに売り込みを行っていることがわかった。

     あるJリーグ幹部は「この夏にエルシャーラウィが日本に来るかもしれない。ローマで試合に出られないので、代理人がJクラブに売り込みをかけているからね。それにトッティも日本に来るかもしれないって。この2人が日本に来たら、Jリーグも盛り上がるんじゃないか」と明かした。

    “イタリアの神童”と呼ばれたエルシャーラウィはACミランで日本代表FW本田圭佑(30)と同僚だった。しかしローマに移籍後はベンチを温めることが多く、新天地を希望している。トッティは元日本代表MF中田英寿氏(40)がローマ所属時にポジションを争ったライバル。引退もささやかれているが、現役続行を模索中で日本にも興味を示しているという。

     これまで世界トップ選手が欧州外の地域でプレーするのは、豊富な資金力を持つ米国や中東諸国、中国が多かった。中でも中国の金満ぶりはサッカー界を震撼させているが、リーグの実力や生活面では選手に評価されていない。

    そんな中、Jリーグは今季から動画配信サービスのダゾーンを運営する英パフォーム社と10年間で約2100億円の放映権契約を結び、安定した資金を確保。同幹部は「日本にお金があるのは世界でも有名」と話しており、高年俸を保証でき、生活面でも不安の少ない日本の人気は高まっているという。

     実際、ポドルスキは推定年俸500万ユーロ(約6億2500万円)と報じられている。今夏にはさらなるビッグネームが日本でプレーしている可能性もありそうだ。

    東スポWeb 5/19(金) 16:32配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000030-tospoweb-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★ 2017/05/12(金) 17:29:55.68 ID:CAP_USER9

    3c1ee1f58b1aa40b7ec2a01e69b7abef

     
    ローマFWトッティは今季限りで引退すると考えられており、最後のローマでの試合を見ようと最終節5月28日のジェノア戦のチケットが11日の販売開始後、数時間で売り切れた。12日に伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

     まさにこの日はトッティデーになるだろう。チケット販売責任者のフェリツィアーニ氏は「このようなイベントのためには、スタジアムが2つ必要だ」と語っている。またローマの町にはファンによってローマ皇帝姿のトッティの壁画が新たに描かれた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170512-01822271-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/05/07(日) 17:00:08.54 ID:CAP_USER9

    3c1ee1f58b1aa40b7ec2a01e69b7abef


     ローマのスパレッティ監督が「トッティの背番号10番は永久欠番にするべきではない」と話したと、7日に伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。

     ローマの40歳FWトッティは今季限りで現役を引退すると、既にクラブ幹部が発表。これを受けてローマに本社がある伊紙コリエレ・デロ・スポルトが「トッティが引退したら、ローマクラブはトッティの背番号10番を永久欠番にせよ」と提唱していた。

     同監督は反対の理由について「あの番号はサッカーをするすべての子どもたちの夢だ。トッティのことを思い出させるために私なら、すべてのローマのユニホームに小さくトッティの名前を入れる」と話したという。

    日刊スポーツ 5/7(日) 16:20配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170507-01819656-nksports-socc

    続きを読む

    1: 動物園φ ★ 2017/05/04(木) 00:05:31.99 ID:CAP_USER9
    8ehf2


    読売新聞 5/4(木) 0:01配信

     サッカーのイタリア1部、ローマに所属する元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティ(40)が今季限りで現役を引退すると、英BBC(電子版)などが3日、報じた。

     クラブ幹部が同日、来季は契約を更新せず、別の形でクラブに残ると明らかにした。トッティは1993年のデビューからローマ一筋で、2000~01年シーズンに中田英寿氏と共にリーグ優勝。代表では06年ワールドカップ(W杯)ドイツ大会優勝に貢献した。(モナコ 風間徹也)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170503-00050166-yom-socc

    続きを読む

    1: Egg ★@2016/10/13(木) 02:05:29.85 ID:CAP_USER9
    no title

     
    ハリルホジッチ監督率いる日本代表が11日、メルボルンにてロシアW杯アジア最終予選のオーストラリア戦に臨み、1-1で引き分けた。グループBの今後を占う強国同士の対決となったこの一戦を豪州メディアが分析・採点している。

    この試合でハリルホジッチは本田圭佑を最前線に置き、“偽の9番”として起用。そしてそれが奏功するまでにさしたる時間を必要としなかった。開始5分、楔のボールを受けた本田は左サイドを駆け上がる絶好調の男、原口元気へ最高のスルーパスを提供し、先制点を理想的な形でお膳立てしている。

    それは名門ローマでフランチェスコ・トッティが担っていた役割を彷彿とさせ、“ゼロトップシステム”にわずかな光明を感じさせた。もちろんその後はPKによって同点に追いつかれ、勝ち点1を獲得するにとどまった日本だが、新たなオプションをかすかに見出したことは事実だ。

    そして日本相手にホームで勝ち切れなかったオーストラリアのサッカー専門メディア『OUTSIDE 90』も、ミランの10番にこのゲームにおける最高点である“7.5”を付け、「極上のパスで原口の先制点をアシストし、ピッチを後にするまで彼はずっとデンジャラスであり続けた」と綴った。

    また10番の香川真司については「後半、彼の存在は消えていた」とし、後半終盤から登場した清武弘嗣は「投入があまりにも遅すぎで、10分では何もできない」と一蹴。ハリルホジッチの采配にも疑問を呈している。

    このボスニア出身の指揮官は試合後に「本田の調子が良ければ勝てた」と語ったが、本当にそうだろうか。イラク戦でキレのある動きを見せていた清武がもしも先発起用され、浅野拓磨の投入があと10分早ければどんな結末が待っていたかと想像することは決して困難ではない。

    少なくとも、もう負けが許されない最終予選の天王山において、低調なパフォーマンスを見せ続ける香川を選んだハリルホジッチの判断はポジティブな英断とは言えないだろう。豪州メディアに“常に危険だった”と言わしめた本田と、「彼が良ければ勝てた」と言い放ったハリルホジッチ。日本は“どちらのリーダー”に付いていくべきか。

    http://www.theworldmagazine.jp/20161012/02national_team/japan/91688

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/07/27(水) 19:33:55.37 ID:CAP_USER9

    1001napoli

     
    ローマFWフランチェスコ・トッティは、アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがナポリからユヴェントスに移籍したことを快く思っていないようだ。

    昨季セリエAで66年ぶりに最多得点記録を更新したイグアインは、この夏ユヴェントスへの移籍がずっと噂されていた。ナポリのレジェンドであるマラドーナ氏や同市の市長が痛烈な批判を浴びせるなか、最終的にはユヴェントスが9000万ユーロ(約100億円)を支払うことで取引が成立している。

    トッティはイグアインの移籍を受け、巨額の資金により移籍が成立する時代を嘆いている。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がコメントを伝えた。

    「今日、サッカー選手はまるで流浪の身だ。自分の心に従うのではなく、お金についていく。おそらく、そこには違いがある」

    「自分の心に従う選手は多くない。僕がお金のことだけを考えていたら、10年前にローマを去っていただろう。僕にとって大事なのは情熱なんだ。お金じゃない。常にローマの色を愛し、そのユニフォームを着ていたいと思っている」

    ローマの象徴としてクラブを支えてきたトッティは、イグアインの決断に苦言を呈している。

    「ファンは楽しむためにスタジアムに行く。チームに忠誠を誓う選手を見るためにね。裏切られるなんてことは期待していない。イグアインがナポリからユヴェントスに移籍したのは完全な失敗だよ」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160727-00000015-goal-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/04/22(金) 18:55:40.33 ID:CAP_USER*.net
    ローマの“プリンチペ”であるフランチェスコ・トッティがまたも大仕事をやってのけた。

    no title


    スタディオ・オリンピコでのトリノ戦でローマは終盤まで1点のリードを許す展開。
    そんななか、残り5分という時間帯に投入されたトッティは86分、89分と立て続けにゴールを決めて、
    チームを逆転勝利に導いたのだ。

    同僚のアレッサンドロ・フロレンツィも「本当に映画のラストシーンみたいだった。言葉がないよ」と語るほどの出来事。
    逆転となるゴールはPKだったのだが、その瞬間“壊れて”しまった人がまたいたようだ。

    https://streamable.com/fmiw?t=0.7

    『Mediaset Premium』のコメンテイターであるカルロ・ザンパさん(地元ローマ出身)は絶叫し、泣き出してしまった…。
    このニュースは『corriere dello sport』で伝えられるなど、現地でも話題になっているようだ。

    http://qoly.jp/2016/04/22/totti-vs-torino-20160422

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ