サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:トゥヘル

    1: Egg ★2017/10/02(月) 06:10:01.38 ID:CAP_USER9

    90G_Tuchel3_bvbnachrichtenbild_p


    バイエルン・ミュンヘンがカルロ・アンチェロッティ監督を解任後、後任監督の可能性としてトーマス・トゥヘルの名前が挙がり、9月29日からトゥヘル自身もミュンヘンにいると1日の独紙ビルト日曜版が伝えている。

     同紙によると、利点はトゥヘルが現在所属クラブがないということと、ドイツ人監督だということ。だが、トゥヘルは本当にBミュンヘンの監督にふさわしいだろうか。ドルトムントでもマインツでも問題があった。

     ドイツ代表MFサミ・ケディラは「トーマスのことは僕がユース時代から知っている。とてもクレバーな人間で、サッカーについての知識が豊富だ。彼のプレーアイデアはBミュンヘンにすごく合うと思う」とコメントする。

     専門性は間違いない。だが人間性となると違う。そのためにBミュンヘンもためらいを見せている。代表取締役カールハインツ・ルンメニゲはドルトムント代表取締役ハンスヨアヒム・バッツケと、元ドルトムントのマッツ・フンメルスにアドバイスを求めている。2人ともトゥヘルの友達といえる関係性ではない。

     Bミュンヘンではペップ・グアルディオラがチームドクターのハンスビルヘルム・ミュラーボルファールトと衝突したり、アリエン・ロッベンやフランク・リベリーといった簡単ではない選手がいる。それでも大丈夫だろうか。

     元Bミュンヘン選手のアレクサンダー・ツィックラーは「最も大事なのは専門性だ。トーマス・トゥヘルがそれをもたらすことを、マインツでもドルトムントでも証明されている。人間性も非常に大事だ。でも遠くから私がそれを判断することは難しい」とコメントした。

     元選手のジョバンニ・エウベルは「トゥヘルの監督を非常によくイメージできる。ドイツ人監督がBミュンヘンを指揮する。言葉の面でもやりやすいだろう」と賛同。元ドイツ代表ディットマー・ハマンは「ドルトムントで問題があったからと自動的にBミュンヘンでも問題が起こるとは限らない」と指摘した。

     かつてドイツ代表とBミュンヘンで主将を務めたローター・マテウスは「(ホッフェンハイムの)ナーゲルスマンが筆頭候補なのだと思う。ヘーネス会長の望む候補者だ。何かを手にしたいときは、最高の解決策を模索しようとする。(ナーゲルスマン獲得を目論むならば)それまでの橋渡しを見つけなければならない。だからトゥヘルが監督になるとは思わないんだ。彼は長期的な解決策だからだ」と持論を展開していた。

    10/1(日) 20:11配信 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171001-00017230-nksports-socc

    続きを読む

    1: Egg ★2017/05/09(火) 22:44:15.07 ID:CAP_USER9
    日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントは、今シーズン限りでトーマス・トゥヘル体制に終止符を打つかもしれない。ドイツ紙『ズュートドイチェ・ツァイトゥング』は、トゥヘル監督がチームから支持されていないと伝えている。

    6日、地元紙『レヴィア・シュポルト』のインタビューでハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は、トゥヘル監督に対して戸惑いを覚えていることを認めた。

    同監督は4月のチームバス爆破事件で、試合がその翌日に開催されたことに対し、自身やチームは「まったく意見をできなかった」などと述べ、UEFAを強く批判していた。だが、同CEOはインタビューで、実際にはクラブ側から意見を問われていたことを明かしている。

    さらに全国紙『ズュートドイチェ・ツァイトゥング』は8日、「トゥヘルとヴァツケの対立」と題した特集記事を掲載。そのなかでトゥヘル監督はクラブ内部ですでに、以前チーフスカウトを務めていた現チームプランナーのスヴェン・ミスリンタート氏など複数のスタッフと衝突していることを指摘。名前は明かされていないものの、選手によるトゥヘル監督に対する批判的なコメントも紹介している。

    その選手は、「監督に褒められたら、近々メンバーから外されることを覚悟した方が良い」と、称賛の言葉には警戒している模様。

    また、トゥヘル監督の戦術に不満を抱いている選手もいるようだ。「試合中に何度もシステムを変更し、戦術的な理由から、ハーフタイムの段階で2人を交代するなんて考えられない」といったコメントも引用されている。

    また先月の事件以降、トゥヘル監督との関係がより親しくなったとも報じられてきた。だが、また別の選手によると、「それはない。単にメディアでそう言われているだけ」と実際にはチームとの距離が縮むことはなかったという。

    マインツ時代も、周りとの関係が悪化したことが最終的に退任につながったとされるトゥヘル監督。“ドルトムント内部の人物”曰く「我々はマインツ側から、(彼との関係は)難しくなると警告されたが、聞こうとしなかった。そして、半年間はすべてがうまくいっていた。その後は、マインツ側が言っていたとおりになった」とドルトムントでも同じことが繰り返されているようだ。

    ドルトムントはブンデスリーガ第32節消化時点で3位につけ、DFBポカール決勝にも進出している。チャンピオンズリーグでは準々決勝で敗退を喫したが、マッツ・フンメルス、イルカイ・ギュンドアン、ヘンリク・ムヒタリャンといった主力選手3人を失い、多くの新選手を迎えていた。今シーズンにおけるスポーツ面のノルマはクリアできているはずだ。

    だが、ドイツ各メディアでは、監督と首脳陣やチームとの溝が深く、関係修復の見込みはないとの見解が述べられている。今月27日のDFBポカール決勝でトロフィーを手にしても、トゥヘル監督との別れがもはや不可避な流れとなっているようだ。

    GOAL 5/9(火) 16:12配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000016-goal-socc

    写真
    no title


    【サッカー】<香川真司>欧州クラブからの関心が報道されている中、スペイン移籍の待望論も浮上!ドルトムントは契約延長会談を要求
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494231084/

    続きを読む

    312: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/04/05(水) 05:58:04.67 ID:0bdNH/Y/O
    90G_Tuchel3_bvbnachrichtenbild_p


    トゥヘル 香川が調子いい時はどんな瞬間もトッププレイヤーです。必要な時いつもソコに居てくれる。 香川の働きはとても嬉しい。こういった試合の功績はいつも彼によるもの。 
    Ruhr Nachrichten BVB @RNBVB 
    #Tuchel uber @S_Kagawa0317: "Ist in einer Topform, in jeder Sekunde ein Topspieler. Er ist immer da, wenn man ihn braucht." 
    #Tuchel uber @S_Kagawa0317: "Freue mich uber seine Leistungen. Er ist in solchen Spielen immer ein groser Faktor."

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/11/26(土) 08:41:52.32 ID:CAP_USER9
    GettyImages-549400331-500x324


     
    「シンジは足首に問題を抱えている」と明かしたトゥヘル監督 その一方で重要性を強調

    ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督が日本代表MF香川真司について「とても重要な選手。
    我々のプランに完全に入っている」と信頼を明かした。ブンデスリーガ第12節の敵地フランクフルト戦の前日記者会見で語っている。

    香川は現地時間22日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)レギア・ワルシャワ戦(8-4)で2得点1アシストと活躍し、
    UEFA公式のベストイレブンにも選ばれた。

    一方、リーグ戦ではここまで6試合の出場にとどまるなど、熾烈なポジション争いのなかでチームメートに遅れを取っていた。
    独メディアの先発予想でも、香川はフランクフルト戦でスタメン落ちと見られている。

    トゥヘル監督は会見で「シンジは他の選手と同じようにポジションを手にするために戦う必要がある。
    彼は足首に問題を抱えているが、痛みは誰にでもあるものだ」と語っている。

    それでも今回、トゥヘル監督が香川を高く評価していることが明らかとなった。

    指揮官は「シンジは我々にとって、とても重要な選手」と断
    「常にチームのためにプレーする。我々のプランに完全に入っている」とその重要性を強調した。

    MFマルコ・ロイスが長期離脱から復帰し、MFヌリ・シャヒンも復調の兆しを見せている。
    若手の台頭も著しく、中盤の争いは熾烈さを極めているが、指揮官からの信頼は薄れていないよう
    日本代表でもベンチ降格の憂き目にあった不振から抜け出すことができるだろうか。

    Football ZONE web 11/26(土) 8:10配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161126-00010000-soccermzw-socc

    【サッカー】<UEFA-CL>2ゴールの香川真司、戦列復帰のロイスら選出!/第5節ベスト11
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1480035972/

    【サッカー】<香川真司>9.66の高評価!世界各国メディアが称賛!「ベイルの2ゴールに匹敵するほど」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1479901142/

    【サッカー】<元マンUブライアン・ロブソン氏>私だったら香川を放出しなかった」
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1479993407/

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/10/24(月) 19:53:05.39 ID:CAP_USER9
    クロップの影を払拭したトゥヘル監督の手腕を評価 レアルが招聘に興味を示す
     
    現在リーガ・エスパニョーラで首位に立つレアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督だが、
    水面下では“ポスト・ジダン“探しが始まっているようだ。ドイツのテレビ局「ZDF」によると、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督に興味を示していると伝えている。

    昨季からドルトムントを率いるトゥヘル監督は、様々な布陣を試しながら、日本代表MF香川真司も巻き込まれるほどの激しいチーム内競争によってチームを活性化し、
    前任者ユルゲン・クロップ(現リバプール監督)の影を払拭した。その手腕を世界最高峰のクラブであるレアルも評価し、ポスト・ジダンとして興味を示しているという。

    それを明かしたのは、ドルトムントの最高経営責任者を務めるハンス・ヨアヒム・ヴァッケ氏だった。ヴァッケ氏は現地時間22日の番組に出演した際、このように話した。

    「私はレアル・マドリードが彼のことを追跡していると考えている。我々はレアルと良好な関係を構築しており、
    それと同時に彼を狙っている。シーズン後、レアルは彼がファーストチームの監督になるよう模索している」と語った。

    「20年以内にはレアルに行くことができる」
     
    また、現在43歳であるトゥヘル監督の年齢に触れて、「トーマスはとても若い。28、29歳の選手とは違う。
    例えば、この20年以内にはレアルに行くことができるだろう」と、冗談めかしながらもその手腕を認めている。

    得点源であるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンについて、ヴァッケ氏はレアル移籍を拒否したものの、
    トゥヘル監督は「マドリードがオーバメヤンを欲しい場合、我々は話し合う機会があるだろう」と売却も視野に入れた発言をしたと、スペイン紙「AS」が報じている。

    レアルが触手を伸ばすなか、ドルトムントは若き指揮官をクラブに引き留めることができるのか。
    ジダン監督の去就にも関わるだけに、ドイツとスペインを巻き込んでさらなる風雲急を告げるかもしれない。

    Football ZONE web 10月24日(月)19時15分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161024-00010018-soccermzw-socc

    写真
    no title


    【サッカー】<メッシを上回る?>年俸、5年総額247億円と破格の条件提示!レアル・マドリードがギャレス・ベイルに契約延長オファー
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1477289892/

    続きを読む

    1: 動物園φ ★@2016/07/18(月) 10:36:05.08 ID:CAP_USER9

    90G_Tuchel3_bvbnachrichtenbild_p



     
    香川ドルト2部に黒星「失点に怒りを覚える」監督
    日刊スポーツ 7月18日(月)10時32分配信

     日本代表MF香川真司(27)の所属するドルトムントが16日、ドイツ2部1860ミュンヘンと練習試合を行った。

     トップ下で先発した香川は、コンディションが上がらない他の選手に比べて軽快な動きを披露。だが2部クラブはリーグ開幕が3週間早いために仕上がっており、前半36分に失点すると、そのまま0-1で敗れた。トゥヘル監督は「すべてが悪かったわけではない」としながらも「今日の失点も防げる失点だった。それについては怒りを覚えている」と話した。(鈴木智貴通信員)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160718-00000066-nksports-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/07/13(水) 14:38:09.92 ID:CAP_USER9

    GettyImages-549400331-500x324

    現地時間12日(以下現地時間)、ドルトムント(ドイツ)のトーマス・トゥヘル監督が記者会見に臨み、新シーズンに向けた取り組みなどについて語った。主力の流出を冷静にとらえ、今後について前向きに話した一方で、いまだケガの癒えないMFマルコ・ロイスの状態を心配した。独『ビルト』紙(電子版)など複数のメディアが伝えた。

     今オフにDFマッツ・フンメルス、MFイルカイ・ギュンドアン、MFヘンリク・ムヒタリアンというビッグネームが去ったドルトムント。トゥヘル監督は「世界トップレベルの3選手を失った」と惜しみつつ、「より魅力的で輝きを放っているクラブがほかにあったということを認めなくてはならない」「彼らはピッチ上でもロッカールームでも、チームに大変な影響を与えてくれた。これからそういう存在を見出していかなくてはならない」と語った。

     その上でトゥヘル監督は「チームにどの部分が欠けているのかをチェックする必要がある。ただ『3選手の代わりをどうするか』と言うつもりは決してない。あの選手の穴埋めにこの選手、とあてがうことなどできないからだ。固定観念にとらわれず、新たな解決策、新たな戦い方を探らなくてはならない。そこからどんなチームが生まれるかだね」とコメントした。

     同監督はさらに、新チームの構想について「先入観を持たないことがポイントだ。そんなことをしたら可能性を狭めてしまうからね。我々は新たな発見をし、新たなスタイルを見出す必要がある。以前と同じスタイルになるかはまだ分からないが、我々は常に頂点を目指している。そのためには固定観念にとらわれず、結果が出るスタイルを見つける必要がある」と語った。

     ドルトムントには今季からFWウスマン・デンベレら新たなメンバーが加わった。ここまで加入した6選手は若手が多いが、トゥヘル監督はその決定について「BVB(ドルトムントの略称)にすべてを捧げてくれる若手に賭けようと考えている。目の輝きを見て新戦力を決めた。この賭けが報われるよう願っているよ。今必要なのは、失ったものを認め、新たな始まりを自覚することだ。嘆くようなことは何もない。練習場でもスタジアムでも、ファンを喜ばせるよ」とポジティブに話した。

     会見場で笑顔を見せ、充実した様子を見せていたトゥヘル監督だが、気になるのはそ径部を傷めているロイスの状態。同監督は「彼は(昨季の)ドイツカップ決勝で負傷したのだが、そのケガがいまだに癒えていない」とコメント。復帰は8月中旬とみられているが、「13日にメディカルチェックを受けるので、どのように練習に戻していくかは検査の結果を見てからだ」と語っている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160713-00000014-ism-socc

    続きを読む

    ^^: 名無しに人種はない@実況OK・^^(ワッチョイ 9b4f-7xHu [210.228.196.240]) 2016/06/13(月)
    15:24:15.40 ID:JOWt9QCn0

    no title

     
    来季に向けて、意気込みも語った。 

    香川選手は「来季は『ブンデス』、『チャンピオンズリーグ』でどれだけ結果を残せるか。 
    (9月に始まるW杯)最終予選でもしっかり結果を出す」と誓った。 
    続いて「まだまだ満足していないし、もっともっとできると信じている。 
    もっともっと上の選手になり、上のクラブへ行って活躍したいと思っている」と先を見据えた。 
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160613-00000001-pia-spo
    続きを読む

    1: Egg ★2016/05/22(日) 12:21:25.13 ID:CAP_USER9

    GettyImages-549400331-500x324

     
     現地時間21日に行なわれたドイツカップ決勝でバイエルンにPK戦の末に敗れ、今季無冠に終わったドルトムント。トーマス・トゥヘル監督は試合後、「PK戦の選択を間違えた」と自分のミスを悔やんだ。

     今季ブンデスリーガ得点王のロベルト・レヴァンドフスキ擁するバイエルンを120分間封じ込めたドルトムントだが、こちらも勝利に必要なゴールが奪えず。0対0のまま迎えたPK戦では、1番手の香川真司がキックを成功させるも、2人目のスヴェン・ベンダー、3人目のソクラティス・パパスタソプーロスが失敗。最終的に3対4でPK戦を終え、タイトル獲得はならなかった。

     独放送局『Sport1』(電子版)によれば、トゥヘル監督は試合後「PK戦のキッカーを決めるまで、非常に長く掛かった。5人のキッカーを選ぶのは難しかった。オーダーを間違え、腹立たしいよ。違う形にするべきだった。マニ(ベンダー)とパパ(ソクラティス)に蹴らせてはいけなかった」と自らのミスを悔やんだ。

     同監督は試合内容について「非常によく守ったと思う。熱戦だった。ただ、やりたかった内容とはかけ離れていた。相手陣内に攻め入るのにいつもより時間が掛かっていた。前半についてはあまり満足していない。前半が後半に影響した。延長戦についてはあれでオーケーだが、もっと上手くやれる」とも語っている。

     この試合を最後にドルトムントを去り、バイエルンに活躍の場を移す主将のマッツ・フンメルスは「自分たちの最高の試合をしたとは言えないけど、いい戦いぶりだった。PK戦は運と技術だから。うちには運がなかった。ものすごく残念だ」と試合を振り返った。

     なお、フンメルスは途中でピッチを去ったことについて「よくあるような痙攣だ。どこかで足首を捻ってしまい、それが筋肉にきたんだ。でも何日か休めば大丈夫だし、EURO2016に向けて心配はない」と語り、「これからほかの選手たちと別れのパーティだよ。彼らとは言葉にできないくらい素晴らしい時間を過ごしたから、会えなくなるのがさみしくなるだろうね」と話していた。

     一方、勝利したバイエルンのトーマス・ミュラーは「まさに熱戦だったね。長いシーズンだったし、この試合がどれだけ消耗させるものだったか、見ていた人は分かったと思う。PK戦は非情なものだけど、今日はバイエルンが勝利に値したと思うよ」と振り返った。

     ジェローム・ボアテングは「PK戦がまだ続いていたら、僕が蹴ることになっていたんだ。でもその前に決まったからね。ダグラス・コスタに言ったんだよ。『いいか、ハードに蹴るんだぞ。ブラジル人っぽくやるんじゃなくて』」とコメント。5人目のキッカーだったコスタにアドバイスしていたことを明かした。

    最終更新: 5月22日 12時13分

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160522-00000013-ism-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/05/08(日) 21:39:52.66 ID:CAP_USER9
    グアルディオラに大差つける

    90G_Tuchel3_bvbnachrichtenbild_p


    ブンデスリーガ公式サイトが選出した今季の最優秀監督候補には、バイエルンのジョゼップ・グアルディオラ、
    ドルトムントのトーマス・トゥヘル、ヘルタ・ベルリンのパル・ダールダイ、
    インゴルシュタットのラルフ・ハーゼンヒュットルの4名がノミネートされていたが、
    ファン投票の結果ドルトムントのトゥヘルが最優秀監督に選ばれた。

    今季もリーグ戦を支配していたのはグアルディオラ率いるバイエルンで、ブンデスリーガ史上初となる4連覇を達成した。
    しかし、そんな偉業もトゥヘルが立ち直らせたドルトムントの前には霞んでしまうようで、
    インゴルシュタットのハーゼンヒュットルが3%、ヘルタ・ベルリンのダールダイが8%、
    グアルディオラが27%の票を集めたのに対し、トゥヘルは62%と大差をつけている。

    今季のドルトムントは開幕直後から攻撃陣が爆発。開幕戦ではボルシアMGを4-0で倒し、開幕直後は首位に立っていた。
    その後はバイエルンに徐々に差をつけられてしまったが、中盤戦まで優勝争いの行方は分からなかった。
    また、今季のドルトムントの攻撃には圧倒的な破壊力があり、ロベルト・レヴァンドフスキと得点王争いを繰り広げた
    ピエール・エメリク・オバメヤン、マルコ・ロイス、ヘンリク・ムヒタリアン、
    そして日本代表MF香川真司の前線4人で構成されるファンタスティック・フォーと呼ばれるユニットまで完成した。

    トゥヘルは今季前半戦でもグアルディオラを抑えてリーグ最優秀監督に選ばれており、
    今季はシーズンを通してドイツのサッカーファンを魅了することになった。
    グアルディオラ率いるバイエルンが強いのは明らかだが、ファンの目にはトゥヘル率いる
    ドルトムントのサッカーの方が魅力的だったということだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160508-00010037-theworld-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ