サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:デポルティポ

    1: Egg  2017/03/13(月) 02:12:21.75 ID:CAP_USER9

    C6wMw41VsAASfZY


    【スコア】
    デポルティーボ 2-1 バルセロナ

    【得点者】
    1-0 40分 ホセル(デポルティーボ)
    1-1 46分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
    2-1 74分 アレックス・ベルガンティニョス(デポルティーボ)

    スポナビ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/10930602

    リーガ・エスパニョーラ第27節が12日に行われ、デポルティーボとバルセロナが対戦した。

     チャンピオンズリーグ(CL)で4点差をひっくり返す奇跡の大逆転劇を演じたバルセロナ。リーガでは、現在6連勝で暫定ながら1試合未消化分を残すレアル・マドリードを抜いて首位に立っており、逆転優勝へ負けられない戦いが続く。暫定17位デポルティーボとの今節は、先発メンバーにリオネル・メッシ、ルイス・スアレス、セルジ・ロベルトらが名を連ねたが、アンドレス・イニエスタ、イヴァン・ラキティッチはベンチスタート。CL逆転劇の立役者であるネイマールは負傷で、ラフィーニャは病気により欠場となった。

     試合はバルセロナがボールを支配する時間が続いたが、なかなかチャンスを作れず、CLのような勢いは影を潜める。すると、逆にデポルティーボは39分、左サイドからのクロスに、中央でフリーのホセルが左足ボレー。シュートはゴール右隅を突くが、これは相手GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンの好セーブに阻まれる。だが、この流れで獲得した右CKで、中央の混戦からホセルが押し込んで先制に成功した。

     1点ビハインドで折り返したバルセロナだったが、後半開始直後に追いつく。46分、右サイドのデニス・スアレスからのクロスに、中央のアンドレ・ゴメスが反応するが、相手DFのブロックに遭う。だが、そのこぼれ球をエリア内右のL・スアレスが豪快に右足で押し込み、同点とした。

     逆転を狙うバルセロナは58分、アンドレ・ゴメスとアルダ・トゥランを下げてラキティッチとイニエスタを投入する。デポルティーボは73分、右CKでファーサイドのアレハンドロ・アリーバスが頭で合わせると、シュートは枠の左隅に飛ぶが、これもGKテア・シュテーゲンに阻まれる。だが、直後の左CKではファーサイドのアレックス・ベルガンティニョスがヘディンシュグシュートをゴール右隅に叩き込み、デポルティーボが勝ち越しに成功した。

     追い付きたいバルセロナは80分、メッシからのパスをエリア内右で受けたセルジ・ロベルトがダイレクトで折り返し。ニアサイドに飛び出したL・スアレスが合わせるが、これは相手GKヘルマン・ルクスの好セーブに阻まれた。後半アディショナルタイム1分には、エリア手前のFKで、メッシが直接左足で狙うが、シュートは枠の上に外れた。試合はバルセロナの反撃が実らないままタイムアップ。CLで奇跡の逆転劇を見せたバルセロナは、1-2で痛い敗戦を喫し、連勝も6で止まった。

     デポルティーボは次節、19日にホームでセルタと対戦。バルセロナは同日にバレンシアをホームに迎える。

    SOCCER KING 3/13(月) 2:05配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170313-00562061-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@ 2016/10/16(日) 01:22:12.26 ID:CAP_USER9
    [10.15 リーガ・エスパニョーラ第8節 バルセロナ4-0デポルティボ]

     リーガ・エスパニョーラ第8節2日目が15日に行われ、バルセロナがデポルティボをホームに迎えた。前半だけで大量3点をリードしたバルセロナは、後半13分に負傷から復帰したFWリオネル・メッシがいきなりゴールを陥れ、4-0の完封勝利を収めた。

     前半7分に決定機を創出したのはホームのバルセロナだった。右サイドからMFラフィーニャが送ったクロスから、ファーサイドでフリーになったFWネイマールが右足ダイレクトで合わせるがクロスバーを叩き、こぼれ球に反応したFWルイス・スアレスのヘディングシュートは枠上に外れてしまった。

     しかし前半21分、高い位置でボールを奪ったラフィーニャがスアレスとのパス交換でPA内に進入すると、右足で放ったシュートはGKヘルマン・ルクスに触れられながらもゴールネットを揺らし、バルセロナが先制に成功した。

     前半36分にはバルセロナが追加点を奪取する。ネイマールが蹴り出したFKからDFジェラール・ピケが放ったヘディングシュートはルクスに阻まれたものの、こぼれ球をラフィーニャが押し込んで2点目。さらに同43分にはネイマールのパスをPA内で受けたスアレスが鮮やかなトラップで相手マーカーをかわすと、左足シュートを突き刺してリードを3点差に広げた。

     3-0とバルセロナがリードしたまま後半を迎えると、後半10分にMFセルヒオ・ブスケツに代わって、9月21日に行われたリーガ第5節アトレティコ戦で負傷して戦線を離脱していたメッシがピッチへと送り込まれる。

     すると3分後の後半13分、いきなりメッシが魅せた。左サイドでネイマールがボールを受けると、メッシがPA外から一気に最終ライン裏へと走り込む。背番号10の動きを見逃さなかったネイマールがスルーパスを送ると、メッシが左足シュートをニアサイドに突き刺して復帰戦でいきなりゴールを記録した。

     後半20分にはDFラウレがネイマールへのファウルで一発退場し、バルセロナが数的優位に立つ。その後も攻勢を掛けるバルセロナだったが後半26分のFWパコ・アルカセルのヘディングシュート、同38分にドリブルで切れ込んだメッシの強烈な左足シュートがルクスに阻まれるなど追加点は生まれず。しかし、デポルティボの反撃を許さずに4-0の完封勝利を収めた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-01632279-gekisaka-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ