ベルギーの新たなる才能ティーレマンスのプレー動画


ドルトムントMF香川真司に、新たなライバルが生まれるかもしれない。ドイツ『ビルト』は、ドルトムントが2人の若きMFを狙っていると報じた。

ドルトムントは今季、信じられない苦境に陥っている。シーズン前半戦を終え、ブンデスリーガで2部降格圏の17位に沈んでいるのだ。

クラブとしては、この1月にも補強に動きたいに違いない。だが、その目は夏、さらにその先も見据えているようだ。

『ビルト』によると、ドルトムントは17歳と20歳のMFを獲得を検討しているという。

名前が挙げられたのは、アンデルレヒトの2選手。背番号10を背負うデニス・プラートと、17歳のユーリ・ティーレマンスだ。

2人はともに、今季のチャンピオンズリーグでドルトムント戦に出場。ドルトムントは対戦前からティーレマンスに興味を持っており、

今夏には1500万ユーロでオファーを出したが、アンデルレヒトに断られていたという。

2人の市場価格を考えると、獲得には2200万ユーロ(約31億9000万円)が必要になるという。

プラートについては、ベルギー代表のマルク・ヴィルモッツ監督も「アーセナル相手でも、彼は本当に驚かせてくれた。

ボールを持ってもとても良いし、力強い。勝者のメンタリティも備えている」と絶賛。すでに代表デビューを果たさせた。

ティーレマンスは2016年夏に現行契約が満了となるイルカイ・ギュンドアンの後釜になると目されているようだ。

ユルゲン・クロップ監督も「もちろんユーリのことは知っている。目が見えるなら、気付かずにはいられないだろう」と話したという。

熱望されて復帰しながらドルトムントで輝けない香川にとって、新たなライバルとなるのだろうか。

12月31日(水)19時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141231-00000011-goal-socc

続きを読む