サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:チチャリート

    1: Twilight Sparkle ★@\(^o^)/ 2016/04/27(水) 20:00:54.90 ID:CAP_USER9.net

    441180_heroa

     
    Soccer Magazine ZONE web  4月27日(水)16時16分配信

     バイヤー・レバークーゼンのメキシコ代表FWチチャリートこと、ハビエル・エルナンデスが今夏にマンチェスター・ユナイテッドからブンデスリーガ移籍時に、ユベントス、インテル、ACミランなどイタリア勢からのオファーを一蹴していたことを明らかにした。
    イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

    英紙が「マンU史上最悪の獲得選手20人」を発表 そこに香川の名前は?

     昨季ユナイテッドから期限付き移籍で加入したレアル・マドリードで、途中出場が大半ながらゴールを積み上げたチチャリートは、今季開幕前に人気銘柄となっていた。

    「セリエAはレベルの高い大会だ。移籍の可能性は否定しないよ。イタリアからは(昨年の)夏にユーベ、インテル、ミラン、ラツィオ、ローマが僕と契約しようとしていた。
    でも、僕はバイヤーを選んだ。彼らはチャンピオンズリーグに出場できるし、それが(自分に)すごく必要だと感じたんだ。バイヤーはブンデスリーガの方がレベルが高いと確信させてくれた。それには感謝している」

     チチャリートはセリエA5連覇を果たしたユベントスを筆頭に、長友佑都の所属するインテル、本田圭佑の所属するミラン、そしてローマとラツィオという首都の両名門からもオファーが届いたという。
    だが、ミランとインテル、ラツィオはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の出場権を持たなかったことから選択肢から除外。そして、欧州での競争力の衰えたイタリアよりも、競争力の高まったドイツを選んだことを明らかにしていた。

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元:Yahoo!ニュース http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160427-00010010-soccermzw-socc


    ※関連板 http://wc2014.2ch.net/livefoot/ サッカーch
    ※関連板 http://hanabi.2ch.net/soccer/ 国内サッカー
    ※関連板 http://hanabi.2ch.net/football/ 海外サッカー

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/16(水) 13:31:21.34 ID:CAP_USER*.net
    今季序盤はチチャリートのPK失敗に呆れていたファン・ハール

    今季始まって間もなくの8月26日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとクラブ・ブルージュの一戦で、
    まだマンUに残っていたチチャリートことFWハビエル・エルナンデスがPKを外したシーンを覚えているだろうか。
    この試合は大勝を収めたが、チチャリートのPK失敗に指揮官のファン・ハールとアシスタントコーチの
    ライアン・ギグスが思わず顔を見合わせる印象的なシーンがあった。これがチチャリート放出に
    直接繋がったとは言い切れないが、ファン・ハールの中でチチャリートに対するイメージが悪くなったのは確かだ。

    その後ファン・ハールはチチャリートをレヴァークーゼンへ放出したが、今では放出を悔やまない日はないだろう。
    チチャリートは最近12試合でとんでもないスタッツを記録している。得点数は15で、67分に1得点奪ってい
    る計算になる。枠内シュート率は69%、シュート決定率は49%だ。これに対してマンUの成績は酷い。
    ここ12試合の得点数は10、枠内シュート率は43%、シュート決定率は9%、現在111分に1得点の得点率となっている。

    マンUはチーム全員が束になってかかってもチチャリートの得点数、シュート精度を超えられず、
    今頃はこのスタッツの差にチチャリートが驚いていることだろう。ブルージュ戦でのPK失敗は
    確かにイメージを悪くしたが、あのようなミスで使えないFWとの烙印を押して放出してしまうのは
    早計すぎたのかもしれない。

    今季のマンUは序盤戦から首位争いに絡み、ファン・ハールの哲学も結果が出ている間は認められていた。
    その哲学も徐々に崩れ、今夏の補強にミスがあったと追及される日々が続いている。
    やはりスタッツで比較してもチチャリートの放出は失敗だったと言えるだろう。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151216-00010001-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/15(火) 22:11:20.03 ID:CAP_USER*.net

    441180_heroa


    レヴァークーゼンFWハビエル・エルナンデスが、キャリア初期やマンチェスター・ユナイテッドからの退団を振り返っている。

    チチャリートは2006年にメキシコのチーバス・グアダラハラでトップデビュー。
    2010年にユナイテッドに移籍を果たし、レアル・マドリーへのレンタル移籍を経て、今夏レヴァークーゼンに加入した。

    チチャリートは『モビスタル・プルス』のインタビューで、これまでのキャリアについて話している。

    「僕のデビューは18歳のときで、最愛のクラブのひとつであるチーバスでゴールを決めた。
    素晴らしいデビュー戦だったよ。だけど、そこからの2年半まったく試合に出られなかったんだ。
    僕は自分に疑いを持ち始めた。それでもトレーニングを続けて、最終的にはすべてがうまく行ったけれどね」

    ユナイテッド移籍に際しては、サー・アレックス・ファーガソン元監督に感謝の気持ちを述べた。

    「ユナイテッドという欧州最高峰のクラブに最初のメキシコ人として入団したことには、大きな運命を感じていた。
    僕はユナイテッド加入直後からすごくチャンスをもらって、素晴らしい時間を過ごした。
    徐々にチャンスは減っていて、最後は苦しかったね」

    「僕はファーガソンに感謝している。選手管理の面など、彼こそが歴史上最高の監督だと思っているよ。
    彼はすべての選手に居場所を与えていたんだ。構想外に見られた選手ですら、シーズンで15試合には
    出場していた。彼が僕への扉を開けてくれたおかげで、プレミアリーグのタイトルを2度獲得できたよ」

    2013年夏にルイス・ファン・ハール監督が就任したことで、ユナイテッドで出場機会が少なくなると感じたようだ。

    「監督からポジションを争わなければいけないと言われた。その一方でオファーが来たら、受けるべきだとも
    言われた。そして、レアル・マドリーがオファーをくれたんだ。難しい決断ではなかったよ」

    「マドリーでの時代は2つに分けられると思う。最初の頃はベンチに座っていた。チームは強かったけれど、
    それは試合に出ている選手たちのおかげだった。幸運にも、アトレティコ・マドリー戦でチャンスがきた。
    あの試合は僕のキャリアの中でも最高の試合の一つだよ。マドリーのサポーターは僕がもっと
    試合に出るべきだと言ってくれた。そういった声を心に留めておくよ」

    チチャリートは今季、ブンデスリーガで13試合10得点と絶好調だ。

    「ファン・ハールと話をして、ポジションを争える可能性は1%しかないと言われた。
    だからレヴァークーゼンへの移籍を決めたんだ。最初の日から信頼されていると思った。
    自分が重要な存在だと感じているよ。ゴールに限らず、すべての試合で先発で使ってくれると思えるからね」

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151215-00000031-goal-socc

    続きを読む

    919: 名無しに人種はない@実況OK・\(^o^)/ 2015/12/09(水) 07:51:31.37 ID:oyXB9k0X.net

    no title

     
    英国のBTスポーツにて元ユナイテッドの3人(オーウェン、スコールズ、ファーディナンド)がチームの現状を分析。 
    「香川やチチャリートなど、ファン・ハールの放出した選手からチームを組んでみれば、 
    今日のヴォルフスブルク戦に出たユナイテッドには絶対勝つだろう。」 

    http://twitter.com/...s/674355160559124480 (動画付き)

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/12/04(金) 22:30:37.47 ID:CAP_USER*.net

    441180_heroa

    衰えることのない決定力

     レバークーゼン所属の“チチャリート”こと、FWハビエル・エルナンデスが、ブンデスリーガ公式サイト選出の
    11月度月間最優秀選手に選ばれた。マンチェスター・ユナイテッドで出番のなかった小さなストライカーは、
    ドイツで定位置を確保し、完全復活を印象づけた。

     チチャリートは11月のリーグ3試合で3得点。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でも2試合1得点を挙げるなど
    好調を維持。レバークーゼン移籍後は通算でリーグ戦11試合6得点、CL5試合4得点、
    DFBポカール1試合2得点というハイペースで得点を積み重ねている。

     アレックス・ファーガソン元監督時代のユナイテッドでは、コンスタントな出場機会を得てネットを揺らし続けたが、
    デイビッド・モイーズ前監督やルイス・ファン・ハール監督、期限付き移籍で加入した
    カルロ・アンチェロッティ前監督体制のレアル・マドリードでは十分なチャンスが与えられなかった。
    しかし、研ぎ澄まされたゴールへの感覚を衰えることなく、ドイツの地でその存在感を示している。

     レバークーゼンを率いるロジャー・シュミット監督も「チチャリートのように、
    途切れることなく得点を決めてくれるストライカーの存在はチームにとって素晴らしいこと」
    とメキシコ代表のスターへの賛辞を惜しまない。さすがの決定力を見せつけた男は、
    新天地でさらなる高みへ到達することができるだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151204-00010015-soccermzw-socc

    続きを読む

    1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/26(火) 22:28:32.99 ID:???*.net

    no title

     
    終盤戦に輝きを放つ

     レアル・マドリードが、マンチェスター・ユナイテッドから期限付き移籍中の
    メキシコ代表FWハビエル・エルナンデスの買い取りオプションを行使しない方針だと明らかになった。

    地元紙「マルカ」が「さようなら、チチャリート」と報じている。

    レアルはチチャリートの愛称で知られる点取り屋の買い取りオプション行使を見送ることを決め、
    ストライカーは1年ぶりにマンUに復帰することが基本線となったという。

    チチャリートは昨夏の移籍市場閉幕ギリギリのタイミングで、白い巨人にやってきた。
    カルロ・アンチェロッティ監督が獲得を要望した選手ではなかったころから、終 盤戦まで出番はやってこなかった。

    だが、故障者続出の中で迎えたUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝アトレチコ・マドリード戦で決勝点を決めるなど、鮮烈な輝きを放った。

    レアルでは公式戦33試合出場で、うち12試合に先発。9得点という成績になっている。
    マンUのルイス・ファン・ハール監督はレアルでの終盤戦での活躍にも、来季の戦力として見なさないと示唆。

    その一方で、プレミアの他クラブもチチャリート獲得に乗り出しているとイングランドメディアは報じている。
    レンタル期間中に、その実力を示したストライカーは来季新たなクラブで活躍することになりそうだ。

    5月26日(火)10時1分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150526-00010000-soccermzw-socc

    続きを読む

    spa14092112190007-p1

    ラミとの交換でトーレスの後釜に!? 

    マンチェスター・ユナイテッド(マンU)は、ACミランのDFアディル・ラミ獲得のため、
    現在レアル・マドリードにレンタル中のFWハビエル・エルナンデスとのトレードを画策しているという。英地元紙「デイリー・エクスプレス」が報じた。

    「チチャリート」の愛称で知られエルナンデスは、今夏の移籍市場でレアルに1年間の期限付き移籍を果たした。
    だが、余剰戦力と見なしているレアル側は、買取りオプションを行使しない方針だという。

    しかし、エルナンデスはマンUでもルイス・ファン・ハール監督の構想外だという。
    大型補強で攻撃陣のタレント を充実させており、レアルのFWギャレス・ベイル獲得にサッカー史上最高の移籍金を用意しているとも報じられている。

    将来が不透明な状況だが、ファン・ハール監督には、秘策があるという。オランダ人指揮官は不安定な守備陣の改善を至上命題に挙げ、
    補強ターゲットとしてラミをリストアップ。ラミは今年1月にバレンシアからレンタル移籍を果たすと、そのパフォーマンスを評価され、
    7月に完全移籍での加入が決定した。今季リーグ戦11試合に先発出場し、ミラン守備陣をけん引している。

    また、ミランのフィリッポ・インザーギ監督は今季1得点で不振だった元スペイン代表FWフェルナンド?トーレスをアトレチコ?マドリードに期限付き移籍で放出。
    約1カ月不在のFW本田圭佑の代役としてMFア レッシオ?チェルチを獲得した。

    だが、1トップ役の補強が急務となっていたため、インザーギ監督はエルナンデス獲得を熱望。ラミとのトレードを提案し、交渉の場を設ける可能性があると言われている。

    アーセナルもラミ獲得を目指していると伝えられていたが、別のポジションに投資を優先。アーセン・ベンゲル監督も獲得が困難であることを認めている。
    八方塞がりとなっているエルナンデスがイタリアの地に赴き、本田との共演を果たす可能性が高まってきたようだ。

    2014/12/31 12:30
    http://www.soccermagazine-zone.com/archives/5303

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ