サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ジダン

    1: 風吹けば名無し@^^ 2017/07/23(日) 05:00:48.35 ID:ZQVtt3eE0

    france




    特徴のない国

    続きを読む

    140: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/06/04(日) 10:36:28.13 ID:msQnlHBA0
    493620157-500x332


    ジダンの評価はレアルの次からだな 
    ペップだってどんどん評価下がってるし
    続きを読む

    1: 黄金伝説 ★@2017/06/04(日) 07:22:12.81 ID:CAP_USER9

    DBbuP2_U0AA2GGF


    【ユベントス 1-4 レアル・マドリー チャンピオンズリーグ(CL) 決勝】

     現地時間3日にチャンピオンズリーグ(CL)決勝の試合が行われ、レアル・マドリーはユベントスと対戦。クリスティアーノ・ロナウドなどがゴールを積み重ね、マドリーが4-1の勝利をおさめている。

     マドリーはクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマと共にイスコをスタメン起用し、ガレス・ベイルはベンチスタートとなった。試合開始から攻撃を仕掛けたのは堅守を誇るユベントス。立て続けにチャンスを作ると、7分にはミラレム・ピャニッチもシュートを放つ。しかし、GKケイラー・ナバスのセーブによりゴールを許さなかった。

     すると20分、C・ロナウドが右サイドを駆け上がってきたダニエル・カルバハルにパスを送ると、再びゴール前に折り返したボールをC・ロナウドがダイレクトで合わせてマドリーが先制。

     マドリーがこのまま勢いに乗るかと思われた27分、ユベントスのマリオ・マンジュキッチがゴールに背を向けたまま浮き玉のシュートを放つと、GKナバスはボールに触ることが出来ずゴールに吸い込まれた。21年ぶりの優勝を目指すユベントスが同点に追いついている。

     それでも61分、ベンゼマがゴール前に折り返したボールをユベントスの選手がクリアするが、そのセカンドボールを拾ったカゼミーロが豪快なシュート。サミ・ケディラの足に当たって軌道が変わったボールはゴールに吸い込まれマドリーが勝ち越しに成功した。

     続く64分、右サイドを駆け上がったルカ・モドリッチがゴール前に折り返すと、飛び出してきたC・ロナウドが合わせて追加点を決める。後半アディショナルタイムにはマルコ・アセンシオもゴールを決めている。

     結局、マドリーがリードを守りきり4-1の勝利をおさめた。この結果、2015/2016シーズンのCL優勝に続いて、史上初の歴史的快挙となるCL連覇を果たしている。また、C・ロナウドは5シーズン連続でCL得点王に輝いた。(2014/2015シーズンはメッシ、ネイマールと共に得点王)

    【得点者】
    20分 0-1 C・ロナウド(マドリー)
    27分 1-1 マンジュキッチ(ユベントス)
    61分 1-2 カゼミーロ(マドリー)
    64分 1-3 C・ロナウド(マドリー)
    90分 1-4 アセンシオ(マドリー)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170604-00213888-footballc-socc

    前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1496524333/

    続きを読む

    10: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/05/22(月) 00:25:11.49 ID:JKWKp/Zd0
    9e4d9bea


     
        デルピエロ トレゼゲ 
             ジダン 
      ネドベド       カモラネージ 
             ピルロ 
    ペソット カンナバーロ チュラン ザンブロッタ 
             ブッフォン 

    今でも覚えてる 
    この域には達してないな
    続きを読む

    1: 仙台焼肉  2017/05/11(木) 21:08:35.28 ID:CAP_USER9
    サッカー史に残る名選手にして、名監督への道を着実に歩んでいる。手腕が光ったレアル・マドリードのジダン監督は、2季連続で決勝へと導き「本当にうれしい」と穏やかな笑みを浮かべた。

     序盤に2失点し、あと1点許すと振り出しに戻る状況でも冷静に指示を送った。前半42分にイスコが得点しても、チームの重心を前に残して集中を切らせない。

    https://mainichi.jp/articles/20170512/k00/00m/050/091000c

    続きを読む

    1: @Egg ★2017/05/02(火) 23:07:25.96 ID:CAP_USER9
    ポルトガルとブラジルのロナウド

    現在レアル・マドリードの監督を務めるジネディーヌ・ジダンは、現役時代数々のゴールを生んできた。

    しかしそんなジダンも、ゴールを量産する二人のロナウドに嫉妬しているようだ。

    かつてレアルでともにプレイしたブラジル代表のロナウドと、
    現レアルで指導するポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドを絶賛した。
    同監督のコメントを英『EXPRESS』が伝えている。

    「監督の立場として言うが、彼(クリスティアーノ)は過去最高の選手だよ。
    不運にも彼と一緒にプレイはできなかったが、対戦相手として試合をしたことがある。

    彼の統計は素晴らしいものだ。ブラジルのロナウドとはプレイしたことがあるよ。
    彼もまたずば抜けた選手で、ゴールを量産していたね。彼らには嫉妬している。

    あんなにたくさんのゴールを決めたことがないからね
    しかしたくさんのアシストはしたよ。
    ゴールネットを揺らすスリリングな気持ちは感じられないがね。彼らは決定的な選手だ」

    ジダン監督もここぞという場面ではゴールを決め、チームを勝利に導いていた。
    しかしパスで試合を決定付ける選手も、ゴールを量産するストライカーには敵わないようだ。

    theWORLD(ザ・ワールド) 5/2(火) 20:10配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00010032-theworld-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★2017/01/06(金) 20:46:39.08 ID:CAP_USER9

    465507522cr7-500x334

     
    4日、コパ・デル・レイのベスト16でセビージャと対戦したレアル・マドリー。

    マドリーにとってセビージャはUEFAスーパーカップで苦戦を強いられた相手であったが、ホームでの1stレグを3-0で勝利している。

    このゲームではここまで出番の少なかったハメス・ロドリゲスが全ゴールに絡む大活躍。

    ジネディーヌ・ジダン監督はクリスティアーノ・ロナウドという絶対的エースを温存したままで先勝し、完璧に近い結果を手に入れた。

    そんなマドリーに関するあるデータを、『Opta』が紹介している。

    https://twitter.com/OptaJose/status/816778669255487489/photo/1

    こちらは、ジネディーヌ・ジダン政権下でクリスティアーノ・ロナウドがいなかった際の試合結果。

    その成績は、11戦10勝1分。なんと勝率90.9%!

    なかには4部クルトゥラル・レオネサとの試合も含まれているが、マンチェスター・シティとのCLやセビージャとのUEFAスーパーカップも対象となっており、対戦相手の格に関係することなく結果を残しているようだ。

    http://qoly.jp/2017/01/06/real-madrid-win-ratio-without-cristiano-ronaldo-kwm-1

    続きを読む

    61: 名無しさん@恐縮です@^^ 2016/12/15(木) 22:20:20.75 ID:vxJO5Mga0
    ジダンがアンチェロッティより退屈なサッカーするような監督になるとは思わんかったわ
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@2016/11/02(水) 17:41:50.84 ID:CAP_USER9
    11月2日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節で、レギア・ワルシャワ(ポーランド)とレアル・マドリード(スペイン)が対戦する。

    493620157-500x332


     レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督にとっては、指導者として臨む100回目の試合となる。節目の一戦を前に、ジダン監督が展望を語った。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。

     ジダン監督は「私が指揮官として率いる100試合目となる。そのことをとても嬉しく思うよ。監督としての自分の仕事ぶりにも満足している。このクラブは居心地も最高だし、可能な限り、ここで働き続けたい。さらに改善したい点は全てだよ」とコメント。さらなる向上を誓った。

     そして「レギアは本当に危険なチームだ。ここまでは運悪く、結果こそ出ていない。でも、危険な場面を作れる実力を証明してきた。彼らに敬意を抱いている。チームとして強さを見せている」と相手への警戒を語った。

     現在、公式戦無敗記録を「26」に伸ばしているレアル・マドリード。ジダン監督が指揮を執り始めた今年1月から、公式戦ではわずか2敗しか喫していない。同監督の戦績をスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     ジダン監督の指揮官としての戦績は、99試合で58勝25分け16敗。勝率は約58.6パーセントとなっている。トップチーム昇格後に限定すると、42試合で32勝8分け2敗(PK戦での勝利は引き分けと換算)となる。勝率は約76.2パーセントに達する。

     ジダン監督のトップチームでの戦績は以下のとおり(2016年11月1日時点)。

    ・リーガ・エスパニョーラ(30試合)24勝5分け1敗
    ・チャンピオンズリーグ(10試合)6勝3分け1敗
    ・UEFAスーパーカップ(1試合)1勝
    ・コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)(1試合)1勝

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00510720-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2016/10/25(火) 21:07:09.894 ID:9bV/9AIm0

    Pele_006


    カーン

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ