サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ジダン

    1: YG防衛軍 ★2017/01/06(金) 20:46:39.08 ID:CAP_USER9

    465507522cr7-500x334

     
    4日、コパ・デル・レイのベスト16でセビージャと対戦したレアル・マドリー。

    マドリーにとってセビージャはUEFAスーパーカップで苦戦を強いられた相手であったが、ホームでの1stレグを3-0で勝利している。

    このゲームではここまで出番の少なかったハメス・ロドリゲスが全ゴールに絡む大活躍。

    ジネディーヌ・ジダン監督はクリスティアーノ・ロナウドという絶対的エースを温存したままで先勝し、完璧に近い結果を手に入れた。

    そんなマドリーに関するあるデータを、『Opta』が紹介している。

    https://twitter.com/OptaJose/status/816778669255487489/photo/1

    こちらは、ジネディーヌ・ジダン政権下でクリスティアーノ・ロナウドがいなかった際の試合結果。

    その成績は、11戦10勝1分。なんと勝率90.9%!

    なかには4部クルトゥラル・レオネサとの試合も含まれているが、マンチェスター・シティとのCLやセビージャとのUEFAスーパーカップも対象となっており、対戦相手の格に関係することなく結果を残しているようだ。

    http://qoly.jp/2017/01/06/real-madrid-win-ratio-without-cristiano-ronaldo-kwm-1

    続きを読む

    61: 名無しさん@恐縮です@^^ 2016/12/15(木) 22:20:20.75 ID:vxJO5Mga0
    ジダンがアンチェロッティより退屈なサッカーするような監督になるとは思わんかったわ
    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@2016/11/02(水) 17:41:50.84 ID:CAP_USER9
    11月2日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第4節で、レギア・ワルシャワ(ポーランド)とレアル・マドリード(スペイン)が対戦する。

    493620157-500x332


     レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督にとっては、指導者として臨む100回目の試合となる。節目の一戦を前に、ジダン監督が展望を語った。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。

     ジダン監督は「私が指揮官として率いる100試合目となる。そのことをとても嬉しく思うよ。監督としての自分の仕事ぶりにも満足している。このクラブは居心地も最高だし、可能な限り、ここで働き続けたい。さらに改善したい点は全てだよ」とコメント。さらなる向上を誓った。

     そして「レギアは本当に危険なチームだ。ここまでは運悪く、結果こそ出ていない。でも、危険な場面を作れる実力を証明してきた。彼らに敬意を抱いている。チームとして強さを見せている」と相手への警戒を語った。

     現在、公式戦無敗記録を「26」に伸ばしているレアル・マドリード。ジダン監督が指揮を執り始めた今年1月から、公式戦ではわずか2敗しか喫していない。同監督の戦績をスペイン紙『マルカ』が伝えている。

     ジダン監督の指揮官としての戦績は、99試合で58勝25分け16敗。勝率は約58.6パーセントとなっている。トップチーム昇格後に限定すると、42試合で32勝8分け2敗(PK戦での勝利は引き分けと換算)となる。勝率は約76.2パーセントに達する。

     ジダン監督のトップチームでの戦績は以下のとおり(2016年11月1日時点)。

    ・リーガ・エスパニョーラ(30試合)24勝5分け1敗
    ・チャンピオンズリーグ(10試合)6勝3分け1敗
    ・UEFAスーパーカップ(1試合)1勝
    ・コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)(1試合)1勝

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161102-00510720-soccerk-socc

    続きを読む

    1: 以下、VIPがお送りします 2016/10/25(火) 21:07:09.894 ID:9bV/9AIm0

    Pele_006


    カーン

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/10/24(月) 19:53:05.39 ID:CAP_USER9
    クロップの影を払拭したトゥヘル監督の手腕を評価 レアルが招聘に興味を示す
     
    現在リーガ・エスパニョーラで首位に立つレアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督だが、
    水面下では“ポスト・ジダン“探しが始まっているようだ。ドイツのテレビ局「ZDF」によると、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督に興味を示していると伝えている。

    昨季からドルトムントを率いるトゥヘル監督は、様々な布陣を試しながら、日本代表MF香川真司も巻き込まれるほどの激しいチーム内競争によってチームを活性化し、
    前任者ユルゲン・クロップ(現リバプール監督)の影を払拭した。その手腕を世界最高峰のクラブであるレアルも評価し、ポスト・ジダンとして興味を示しているという。

    それを明かしたのは、ドルトムントの最高経営責任者を務めるハンス・ヨアヒム・ヴァッケ氏だった。ヴァッケ氏は現地時間22日の番組に出演した際、このように話した。

    「私はレアル・マドリードが彼のことを追跡していると考えている。我々はレアルと良好な関係を構築しており、
    それと同時に彼を狙っている。シーズン後、レアルは彼がファーストチームの監督になるよう模索している」と語った。

    「20年以内にはレアルに行くことができる」
     
    また、現在43歳であるトゥヘル監督の年齢に触れて、「トーマスはとても若い。28、29歳の選手とは違う。
    例えば、この20年以内にはレアルに行くことができるだろう」と、冗談めかしながらもその手腕を認めている。

    得点源であるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンについて、ヴァッケ氏はレアル移籍を拒否したものの、
    トゥヘル監督は「マドリードがオーバメヤンを欲しい場合、我々は話し合う機会があるだろう」と売却も視野に入れた発言をしたと、スペイン紙「AS」が報じている。

    レアルが触手を伸ばすなか、ドルトムントは若き指揮官をクラブに引き留めることができるのか。
    ジダン監督の去就にも関わるだけに、ドイツとスペインを巻き込んでさらなる風雲急を告げるかもしれない。

    Football ZONE web 10月24日(月)19時15分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161024-00010018-soccermzw-socc

    写真
    no title


    【サッカー】<メッシを上回る?>年俸、5年総額247億円と破格の条件提示!レアル・マドリードがギャレス・ベイルに契約延長オファー
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1477289892/

    続きを読む

    1: Egg ★@ ©2ch.net 2016/09/26(月) 19:14:41.01 ID:CAP_USER9
    「スペイン1部リーグ、ラスパルマス2-2レアル・マドリード」(24日、ラスパルマス)

     レアル・マドリードのFWクリスティアノ・ロナウドが、途中交代でピッチを離れた後にベンチで口汚く不満を示していたことが分かった。スペイン紙のマルカ、アスなどが報じている。

     スペインのテレビ局クワトロの映像によると、72分に交代となったロナウドはベンチで怒り爆発。チームスタッフの制止をよそに、英語の「F××K YOU」に相当するポルトガル語を吐き捨てた。

     交代のため自身の背番号が示された際には信じられないような表情で電光掲示板に目をやってスコアを確認しており、その後の激怒につながったもようだ。

     もっともロナウドもいつまでも怒ってはいない様子。試合翌日には息子、さらに新たに飼うペットの犬とともに笑顔で撮影した写真を自身のSNSに掲載している。

    デイリースポーツ 9月26日 19時4分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000091-dal-socc

    続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@ 2016/09/25(日) 12:01:13.00 0

    493620157-500x332

     
    ベニテスも酷かったけど

    続きを読む

    1: YG防衛軍  2016/07/17(日) 17:46:23.05 ID:CAP_USER9

    493620157-500x332

     
    サッカースペイン1部リーグ、レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長とジネディーヌ・ジダン監督が新シーズン始動の初日に意見の食い違いにより口論を演じたことが17日、分かった。

     フランス紙ル・10スポルトが伝えているところでは、プレシーズン初日の16日、選手たちがメディカルチェックを行っているところにペレス会長が訪問。単なる選手への激励ではなく、17日に出発するカナダ遠征にノルウェー代表の若手MFウーデゴールを一軍帯同させるよう指示を出したという。

     同選手をメンバーから外す考えだったジダン監督にとってはプラン変更を余儀なくさせる“職権侵害”。最終的に譲歩する形となったが、ジダン監督は2軍監督時代にも同選手の扱いで苦慮していただけに頭痛の種が大きくなっている。

     昨年1月、争奪戦の末にウーデゴールは当時16歳でレアルに入団した。ただ、選手の扱いについては契約で「週5日一軍で練習」と条件が付けられており、2軍チームの練習にはいないが、試合で起用しなければならない状態となっていた。また10代半ばでトップチーム選手級の給料を得ていることから他の2軍選手たちの反発が強く、チームに馴染むことがなかったという。

     なお同紙によるとレアル・マドリードはウーデゴールをドイツチームにレンタル放出する考えもある様子だ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160717-00000062-dal-socc

    続きを読む

    12: 名無しさん@恐縮です 2016/07/02(土) 10:27:19.23 ID:5vSn22pw0

    1931


     
    メッシが出てくる前の当時の世界最高って言ったらジダン?
    続きを読む

    1: Egg ★@2016/06/30(木) 08:38:52.37 ID:CAP_USER9

    493620157-500x332

     
    レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、日本代表FW岡崎慎司のレスターに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテの獲得を希望している。スペイン紙『アス』が28日に報じた。

     報道によると、ジダン監督は今夏の移籍市場で補強を行うにあたり、守備的な役割に特化したプレースタイルを持つ選手を探している。現在、レアル・マドリードにはブラジル代表MFカゼミーロが所属しているものの、他の選手は守備に特化した“専門家”ではないため、カンテに白羽の矢が立ったようだ。

     ジダン監督は選手時代、レアル・マドリードで“銀河系軍団”を形成し、元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴ氏や元スペイン代表FWラウール・ゴンサレス氏、元ブラジル代表FWロナウド氏らとともにプレーした。当時、攻撃的な選手が揃うチームを支えていたのが元フランス代表MFクロード・マケレレ氏だった。同氏は2003年夏にチェルシーへと移籍することとなったが、放出すべきではなかったとジダン監督は考えているようだ。

     今回の報道では、ジダン監督が“ニュー・マケレレ”としてカンテの獲得を望んでいると伝えられた。同選手は移籍金2500万ユーロ(約28億3000万円)と、レアル・マドリードにとっては手ごろな価格で獲得可能だ。19日付の『アス』によれば、カンテがレアル・マドリード側に“逆オファー”を提示して売り込みをかけたとも伝えられており、“相思相愛”の状況とも見られている。今後の交渉の動向に注目が集まる。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00462508-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ