サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:コウチーニョ

    4: 名無しさん@恐縮です@^^ 2017/08/19(土) 13:37:46.77 ID:6X8aJbYn0

    351507_heroa


    160億なら売ってやれよ、本人が可哀想だわ。試合出場拒否って当然だわ。 
    今後これが基準になり本人がビッグクラブにいけなくなるじゃん
    続きを読む

    68: 名無しに人種はない@実況OK・^^(ワッチョイ 5667-FvoN [203.104.117.7]) 2017/08/09(水) 23:58:24.89 ID:hJ6mJM9l0
    351507_heroa



    Bt sportsのレポーターが金曜にバルサがコウチーニョ獲得の記者会見するってメールが来たって これは流石に決まりだな
    続きを読む

    1: イコ ★ 2017/08/10(木) 15:33:35.99 ID:CAP_USER9

    351507_heroa


     リヴァプールが、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョの獲得に向けたバルセロナからのオファーに断りを入れたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が9日に報じている。

     ブラジル代表FWネイマールがパリ・サンジェルマンへ移籍した後、バルセロナの補強候補筆頭に挙げられているコウチーニョ。連日のように移籍に関する報道が行われているが、今回は具体的な動きが伝えられることとなった。『スカイスポーツ』によると、バルセロナは移籍金8500万ユーロ(約109億8000万円)に1500万ユーロ(約19億4000万円)のボーナス条項を加えたオファーを提示したものの、リヴァプール側は即座に断りを入れたという。

     バルセロナからのオファー提示は2度目と報じられているが、リヴァプールはまたも断りを入れることとなった。今後はどのような動きがあるだろうか。移籍市場がクローズになるまで、注目が集まる日々は続きそうだ。

    SOCCER KING
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00624588-soccerk-socc

    続きを読む

    1: イコ ★@^^2017/08/01(火) 13:13:53.15 ID:CAP_USER9
    351507_heroa


    ネイマールは沈黙のままFCバルセロナのアメリカツアーを終えているが、本当に話したい人には自分の気持ちをしっかりと伝えているようだ。スポルトはアメリカ滞在していたネイマールがフィリペ・コウチーニョにメッセージを送っていたという情報を得ている。ネイマールはコウチーニョに対してバルサのオファーを断り、パリ・サンジェルマン(PSG)のオファーを受けるように頼んだということである。

    ネイマールはプレシーズンでフランス行き決断し、ネイマールの父親がカタール・スポーツ・インベストメント(QSI)と全てを締結している。全ての契約は出来上がっており、近日中にサインされることになるだろう。

    そして、PSGはネイマール獲得への自信を生かして、コウチーニョ獲得も画策している。92年生まれの2人は14歳の時から各年代のブラジル代表として共に戦ってきており、昨シーズンにはブラジル代表の監督チッチがリバプールのコウチーニョを代表に招集し、再び2人の共演が見られている。

    そして、このコウチーニョ獲得においてもバルサとの熾烈な競争になるだろう。しかし、現状はネイマールの要求ではあるもののバルサがこの競争では一歩リードしており、ここ数ヶ月スポルトが報道しているようにテクニカル・セクレタリオが根気強くこの件について動いている。

    ■チームの競争力
    バルサが静かに状況を見守っているのに対して、ネイマールはPSGでのチームを考えている。そして、自分自身が中心選手になるだけでなく、補強についても考えており、その1人としてコウチーニョを推薦しているということである。

    ■戦術的賭け
    ネイマールを喜ばせるコウチーニョ獲得はバルサのテクニカル・セクレタリオ戦略的賭けであったものの、現在ではネイマールの代役となっている。実際、2人のポジションは同じである。

    バルサはこのオペレーションに関して非常にうまく進めており、選手自身もカンプ・ノウでプレーしたいと考えている。しかし、バルサのオファーはリバプールによって2度退けられているということであり、バルサはコウチーニョ獲得に向けて最終オファーに向けて準備している。

    なお、バルサはコウチーニョ自身がバルサに加入したいことも知っている。なぜなら、もしネイマールとプレーしたいのであれば、チアゴ・シウバ、マルキーニョス、ダニ・アウベス、ルーカス・モウラなどブラジル人を多く保有しているパリにすでにいるはずだろう。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170801-00010009-sportes-socc

    続きを読む

    1: 仙台焼肉 ★^^2017/05/11(木) 22:30:42.43 ID:CAP_USER9

    351507_heroa

     
     リバプールのユルゲン・クロップ監督はバルセロナへの移籍が噂されているMFコウチーニョを手放すつもりはないようだ。英『スカイ・スポーツ』が伝えている。

     コウチーニョの去就について質問された指揮官は「いつ彼が新しい契約をしたんだ?」と問い返した。今年1月、コウチーニョはリバプールとの契約を2022年まで更新したばかり。「4億ポンド(約588億円)の解約条項が設定されているのにさ!」とユーモアを交えながら言及した。

     バルセロナ移籍の可能性が浮上していることについては「彼を売るつもりはまったくない。経営陣たちも、私たちが売りたくない選手については売るつもりがないと明言している」ときっぱり。

    「新しい血を少し入れたいとは考えているよ。だけど、私たちの意見を無視して出ていく選手はいない。だからこの件に関しては何も心配していないんだ」と移籍報道が激化しても、不安がないことを強調している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170511-01639607-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: イコ ★@ 2016/11/17(木) 16:19:55.19 ID:CAP_USER9
    15421741

     
     カタールのアル・サッドに所属する元スペイン代表MFシャビが、リヴァプールに所属するブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョを称賛した。イギリスメディア『スカイスポーツ』などが15日に報じている

     現在24歳のコウチーニョはリヴァプール5年目の今シーズン、プレミアリーグで全11試合に出場し5得点5アシストを記録。ブラジル代表の一員としても、10日の2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第11節アルゼンチン代表戦で鮮やかなミドルシュートを突き刺すなど活躍を見せている。

     そんな中同メディアは、バルセロナの中盤を支えていたシャビのコウチーニョへ向けたコメントを掲載。シャビはコウチーニョに関して、「彼はいつも僕が特別だと思っている選手だ。そしてクロップ監督のもとで、別のレベルへ到達した。ヨーロッパで彼より優れた中盤の選手はいない」と絶賛した。

     コウチーニョがレベルアップした背景に、リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督の存在を挙げたシャビ。同指揮官については、「ワールドクラスの選手へと育てた多くの経験がある」と選手育成に関する能力を高く評価。それだけに、「コウチーニョが在籍するのに(リヴァプールは)良いクラブだ」と説明した。

     最近では、バルセロナからの関心も伝えられたコウチーニョ。それでもシャビは、「彼は今、すべてのことを無視して集中する必要がある。今シーズンのリヴァプールには本当にチャンスがあると思っているからね」とコメント。移籍の噂に流されず、リーグ首位に立つリヴァプールでタイトル獲得のために邁進するべきだとした。
    http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20161116/516674.html?cx_cat=page1

    続きを読む



    リバプール、コウチーニョのスーパーゴール!続きを読む

    ↑このページのトップヘ