サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ゲームメーカー

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/10/24(土) 11:45:41.37 ID:???*.net
    ★パスレシーブ数102回 中盤で頻繁に顔を出す

    ボール支配率72対28――。22日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージで、
    ドルトムントはガバラ(アゼルバイジャン)を相手に圧倒的にボールを保持。
    敵地で3-1の勝利を収めて勝ち点を7に伸ばし、3節終了時点でグループC首位に立っている。

    敵地ながら、チーム全体の「パス数」でも838対349と相手を圧倒したこの試合。
    香川は「パスレシーブ数」102回と、チーム内でトップの数値を記録し、中盤で頻繁に顔を出してボールを受けた。

    平均プレー位置とチーム内で10本以上のパスがつながったことを示す[図1]を見ても、
    香川はパク・チュホ(21本)、バイグル(18本)、フンメルス(16本)、ギュンドアン(11本)と、
    攻撃陣のなかではチーム最多の4人から10本以上のパスを受けている。

    また「パス数」107本も、バイグルと並んでトップタイの数字だった。
    [図1]を見ると、左サイドでパク・チュホ(14本)、ロイス(13本)にパスを供給し、
    攻撃の起点となっていたことがよくわかる。

    さらに「攻撃アクション」の回数も132回で、これもチームトップ。
    間違いなく、攻撃のリズムを生むゲームメーカーとして存在感を発揮した。

    ★役割は全うしたが迫力には欠けた

    一方で、1アシストを記録したとはいえ、
    GKと1対1になるような位置にいる味方への、決定的なパスを示す「キーパス数」は0本

    多くのパスをつなぎながら、高い位置で決定機に絡んだ回数は少なく、
    自らの「シュート数」が1本というのも、攻撃陣の一角としてはやや迫力を欠いた印象だ。

    ただ敵地でのゲームとはいえ、実力差が歴然としており、相手が自陣に引きこもる試合だった。
    2点に絡んだことからも、インサイドハーフの役割は全うできた一戦と言えそうだ。

    10月24日(土)11時4分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151024-00010004-soccermzw-socc

    図①
    no title


    写真
    no title

    続きを読む

    no title



    ブンデスリーガ第10節が10月31日に行われ、日本代表DF内田篤人の所属するシャルケがアウクスブルクと対戦。

    1-0でシャルケが勝利を収めた。フル出場の内田は37分、オランダ代表FWクラース・ヤン・フンテラールの決勝点をアシストした。

     1アシストで勝利に貢献した内田が、ブンデスリーガのドイツ語版公式HPで、同試合のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。

     内田のアシストは今シーズン2つ目。同HPは、「内田篤人は前線でも後方でも、力強さを見せた。1対1の勝率は75パーセント。彼以上の勝率を残した者はいない。

    そしてシャルケの中で最も多くのボールタッチ数を記録し、フンテラールのゴールもアシストした」と寸評を記している。

     シャルケは第10節を終え、4勝2分け4敗の勝ち点14。暫定で7位となっている。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141101-00246603-soccerk-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ