サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ゲッツェ

    1: Egg ★2017/02/17(金) 18:31:48.25 ID:CAP_USER9
    わずか1年で早くも新天地求める?

    一体彼はどの場所でなら幸福を感じられるのだろうか。
    ドルトムントで決して幸せな日々を過ごしていないドイツ代表MFマリオ・ゲッツェが、世界最強クラブに逆オファーを持ちかけていたようだ。

    8歳の頃から在籍するドルトムントとの復縁は、早くもバッドエンドを迎えてしまうかもしれない。
    昨夏に3年間を過ごしたバイエルン・ミュンヘンを離れ、“最も居心地の良いはず”のクラブへ復帰したゲッツェだが、
    今季のブンデスリーガにおける先発出場はわずかに9だ。かつて世界最高の若手選手ともてはやされた同選手にとって、この数字は心地良いものではないだろう。

    スペイン『Don Balon』によれば、この悩める24歳が導き出した答えこそ「バルセロナへの逆オファー」だという。曰く、
    ゲッツェの代理人は今夏のマーケットにおける電撃移籍をカタルーニャの名門に持ちかけたものの、
    現時点でバルサ側は“無視”しており、この一大プロジェクトは奏功しない可能性が高いと言えるだろう。

    昨夏にはドルトムントの他にユヴェントスやリヴァプールといったビッグクラブがゲッツェ獲得を画策しているとされたが、
    現在の彼にはもはやニーズは無いのだろうか。今後の動向に注目したい。

    theWORLD(ザ・ワールド) 2/17(金) 17:40配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00010019-theworld-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★ 2017/01/27(金) 20:21:34.44 ID:CAP_USER9

    Goetze_kagawa_01c

     
    ブレーメン戦は出場機会なく

    21日にブレーメンと対戦したドルトムントは、2-1で勝利して良い形で後半戦をスタートさせた。しかし、話題になっているのは得点を決めたアンドレ・シュールレやウカシュ・ピシュチェクではなく、この試合で90分間ベンチを温め続けたMFマリオ・ゲッツェだ。ゲッツェは昨夏ドルトムントに復帰したものの、ここまではリーグ戦1得点と満足のいく成績を残せていない。


    この状況に独『WAZ』は、ゲッツェを起用する場所はあるのかと疑問を投げかけている。

    サイドではエースのマルコ・ロイス、若手のクリスティアン・プリシッチにウスマン・デンベレ、エムレ・モルまでいる。今回のブレーメン戦でもロイス、プリシッチ、デンベレが出場しており、同メディアはサイドでゲッツェがポジションを掴むのは限りなく難しいと見ている。

    では、インサイドハーフではどうだろうか。同メディアはここでも、日本代表MF香川真司がいると主張。負傷離脱しているラファエル・ゲレイロを含め、インサイドハーフの層も厚い。

    残るアイディアとしてはドイツ代表やバイエルンが時折使用したようにゲッツェを偽9番として中央で起用する手もあるが、最前線ではピエール・エメリク・オバメヤンが構えており、オバメヤンがいない場合でもアンドレ・シュールレがいる。ゲッツェをこの位置で起用する理由はないだろう。

    こう見ていくと、ゲッツェを使える場所がなかなか見当たらない。インサイドハーフでのパフォーマンスは満足のいくレベルとは言えず、よりゴールに近いエリアで起用したくともポジションはすでに埋まっている。

    同メディアはワールドカップ制覇まで成し遂げた男はどこで先発するのか?と伝えているが、今のところベンチとしか答えられないかもしれない。

    theWORLD(ザ・ワールド) 1/27(金) 17:30配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00010014-theworld-socc

    続きを読む

    1: イコ ★@ 2016/08/06(土) 11:30:27.55 ID:CAP_USER9

    Goetze_kagawa_01c

     ドルトムントではゲッツェは親友であることで知られるMFマルコ・ロイス、FWアンドレ・シュールレとプレーすることになる。
    移籍前に連絡を取り合ったか聞かれると、こう返した。

    「彼らとのチャットグループは実際に存在するよ(笑)。こうなるとは想像していなかったね。それだけに、僕たち3人がドルト
    ムントでともにプレーできることはうれしいことだ。最高の仲間だし、それがピッチで生かされたら良いね。でもチームは僕
    たち3人だけじゃないし、チーム全員で大きな目標に向かいたい」

    ドルトムントは5日に行われたプレシーズンマッチでサンダーランドと対戦し、1-1で引き分けた。ゲッツェは後半途中から
    出場し、存在感を示している。

    全文:http://www.goal.com/jp/news/123/1/2016/08/06/26258722/1

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/08/02(火) 12:28:11.61 ID:CAP_USER9
    ■4-2-3-1システムでロイス、デンベレと二列目構成

    ドルトムントの日本代表MF香川真司は大型補強を展開したチームで最も熾烈な2列目のポジション争いを勝ち抜くことができるだろうか。
    ブンデスリーガ公式サイト英語版では来季に向けた現時点での予想スタメンを紹介。香川はドイツ代表の主力コンビが加入する試練となるが、昨季に引き続き、トップ下でレギュラーを掴むと予想されている。

    今季のシステムは4-2-3-1になるという。昨季主に起用されたスターティングも比較として紹介されている上で、
    主力の大量流出と8選手の大型補強によって、4選手が入れ替わると分析されている。

    その中で日本代表MF香川真司はトップ下に入ると予想された。
    チーム得点王のガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン、左サイドのMFドイツ代表MFマルコ・ロイスと共に今季も攻撃の牽引者として期待が懸かる。
    昨シーズン序盤から中盤戦までは左インサイドハーフ、後半はトップ下を主戦場とした。年末に一時レギュラー落ちの苦境を味わったが、最終的には9得点7アシストを記録。
    プレシーズンマッチでもここまで切れのある動きでコンディションの良さをアピールしていた。

    アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンの抜けた右サイドは、プレシーズンマッチで自慢の突破力をアピールしたU-21フランス代表FWウスマン・デンベレの名が記された。

    ■合流直後のゲッツェ、シュールレはベンチスタートか
     
    2列目のポジションには3年ぶりの復帰を果たしたドイツ代表MFマリオ・ゲッツェや同代表FWアンドレ・シュールレも加入した最激戦区のポジションだが、
    香川は背番号10を手にしたゲッツェとマインツ時代にトーマス・トゥヘル監督が指導し、獲得を直接電話で説得した愛弟子シュールレをポジション争いで凌駕すると公式サイトではレポートしている。

    記事では「プリシッチの才能は否定できない。香川、ロイスは合わせて21得点10アシストを記録した。彼らに加えてデンベレ、(トルコ代表MFエムレ・)モル、
    ゲッツェ、シュールレという戦力が揃っていることで、トゥヘルが3つのポジションを7人のタレントから絞らなければいけないということを意味している」と2列目の充実ぶりをこう紹介している。
    2年目を迎えるトゥヘル監督は嬉しい悲鳴をあげている。

    その他、マンチェスター・シティへ移籍した司令塔MFイルカイ・ギュンドアンの代わりに、
    バイエルン・ミュンヘンから獲得した元U-21ドイツ代表MFセバスティアン・ローデ、バイエルンへの出戻り移籍を果たした前主将DFマッツ・フンメルスの抜けた穴には
    バルセロナ下部組織のスペイン代表DFマルク・バルトラが入りそうだ。

    また、ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーの定位置だった左サイドバックには、ポルトガル代表として欧州選手権(EURO)を制したDFラファエル・ゲレイロがポジションを奪取しそうだ。

    大型補強に成功したドルトムントは絶対王者バイエルンの牙城を脅かすことができるだろうか。ブンデスリーガ公式による予想スタメンは以下の通り。

    GK
    ビュルキ
    DF
    ギンター
    バルトラ
    ソクラティス
    ゲレイロ
    MF
    ローデ
    バイグル
    デンベレ
    香川
    ロイス
    FW
    オーバメヤン

    2016.08.02 (Tue)
    http://www.football-zone.net/archives/37888

    写真
    no title


    ブンデス公式
    http://www.bundesliga.com/jp/

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/08/01(月) 21:49:37.50 ID:CAP_USER9
    ドルトムントの公式ツイッターが今夏加入のMFマリオ・ゲッツェとMFアンドレ・シュールレ、DFラファエル・ゲレイロの背番号を明かした。

     3年ぶりにドルトムントに復帰したゲッツェは、バイエルンに移籍する前の12-13シーズンにつけていた背番号10に決定。昨シーズンまでは、今夏マンチェスター・ユナイテッドに移籍したMFヘンリク・ムヒタリアンがつけていた。また、ボルフスブルクから加入したシュールレは21番、ポルトガル代表としてEURO初制覇に貢献したゲレイロは13番をつける。

     EURO2016に出場したゲッツェらは1日にチームに合流。この日はシーズン前のメディカルチェックに参加している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160801-01629889-gekisaka-socc

    続きを読む

    1: pathos ★@ 2016/07/22(金) 14:53:34.46 ID:CAP_USER9
    今夏の移籍市場における7人目の補強を、トゥヘル監督は次のように歓迎した。

    Goetze_kagawa_01c


    「彼を指導したことはないが、ユース時代から何度か相手チームの監督として対戦
    してきた。私はマリオをセンターの選手として見ており、中央で力を発揮できると考えている。
    彼には険しい道のりが待っているが、我々は彼のことを非常に楽しみにしている」

    同監督は、ゲッツェのポジションについても触れた。この夏、マンチェスター・ユナイテッド
    へと向かったMFヘンリク・ムヒタリャンの後釜とは見ていないようだ。どちらかと言えば、
    日本代表MF香川真司とポジションが重なるかもしれない。

    「彼が目指すレベルにたどり着けるよう、我々は最終的には見守ることしかできない。
    いつまで何ができるか予想するべきではない。ただ8月1日以降、彼の才能が輝きを
    放つために、我々は毎日をうまく利用していくつもりだ」

    ゲッツェの復帰が決まったドルトムントは、22日にさらなる補強が発表される見通しだ。
    ドイツ『ビルト』は、トゥヘル監督がマインツ時代にトップチームに引き上げた愛弟子の
    ヴォルフスブルクFWアンドレ・シュールレの加入が決まると伝えている。


    http://www.goal.com/jp/news/123/1/2016/07/22/25836052/1

    続きを読む

    1: Egg ★ 2016/07/22(金) 14:15:24.90 ID:CAP_USER9

    166ccdcd

     
    ようやく復帰が決まる

    少なくない物議を醸すであろう取引が遂に完了した。ドイツのドルトムントは21日、バイエルン・ミュンヘンに所属するマリオ・ゲッツェを復帰させることでクラブ間合意に至っている。

    2013年に惜しまれつつドルトムントを退団し、バイエルンへ加入したゲッツェだが、ペップ・グアルディオラ政権において、同選手のクオリティが発揮されることはなく、ベンチ生活を余儀なくされていた。素晴らしいボールコントロール技術を誇り、抜群の攻撃センスに溢れた24歳のMFに対してはユルゲン・クロップ率いるリヴァプールやユヴェントスといったクラブが関心を示していたものの、最終的に選んだ行き先はやはり古巣だ。3年ぶりの復帰となる今回のドルトムント移籍について、ゲッツェは次のように述べている。独紙『WAZ』が伝えた。

    「2013年には確かに僕の意思でバイエルンへ移籍した。それを隠す気はない。あれから3年が経ち、その決断を客観的に考えられるようになった。あの時の僕の選択に多くのファンが納得できなかったのは分かっている。  

    でも今になって思うが、あの決断はどうかしていた。今後は自分の故郷で僕を歓迎してくれる人たちに向けて必死にプレイする。もう一度あの頃の最高だった僕に戻りたい。それが何よりもクラブやサポーターのためになるだろうしね」

    仮にゲッツェの復帰に不快感を覚えるサポーターがいたとして、彼らはいつまでドイツ代表アタッカーの天才的なプレイに対し、見て見ぬふりを続けることができるだろうか。ブーイングを黙らせるだけのクオリティが、ゲッツェには確実に備わっているはずだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160722-00010007-theworld-socc

    【サッカー】<ドルトムント>MFゲッツェ、3年ぶりの復帰が決定!4年契約を締結…
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1469096527/

    続きを読む

    1: Egg ★2016/07/21(木) 19:22:07.09 ID:CAP_USER9
    166ccdcd


     日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは21日、バイエルンからドイツ代表MFマリオ・ゲッツェを4年契約で獲得したことをクラブ公式HPで発表した。ドイツ紙『ビルト』によると、移籍金は2200万~2500万ユーロ(約26億~30億円)だという。

     現在24歳のゲッツェは8歳の時にドルトムントのユースに入団し、2009年に17歳でブンデスリーガデビューを果たす。その後はチームの中心として活躍し、2010-11シーズン、11-12シーズンのブンデスリーガ連覇に貢献した。しかし、2013年にライバルであるバイエルンへの移籍が決定。推定3700万ユーロ(約45億7000万円)での“禁断の移籍”に、ドルトムントのファンは「裏切り者」と激しく非難した。

     バイエルン加入1年目の13-14シーズンはリーグ戦27試合、翌14-15シーズンも32試合に出場したが、15-16シーズンは徐々に出場機会を失い、20試合の出場にとどまっていた。そのため今夏の退団が濃厚と見られ、ドルトムント時代の恩師であるユルゲン・クロップ監督が率いるリヴァプールへの移籍も噂されていたが、 3年ぶりの古巣復帰が決定した。

    SOCCER KING 7月21日 19時16分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160721-00468447-soccerk-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★ 2016/07/19(火) 16:36:13.42 ID:CAP_USER9

    no title

     
    ドイツ代表FWマリオ・ゲッツェがバイエルンを離れ、古巣ドルトムントに戻ることが決定的になった──このニュースを聞いた大半の人が「え、それってどうなの」という感想を抱いたのではないだろうか。裏切り者としてファンの反感を買っているのに「どうなの」、バイエルンで戦力外だったのに「どうなの」と。

     ファンのモヤモヤをよそに、両クラブはゲッツェの案件で大筋合意に至っており、あとは金額面での合意と細かい詰めを残すのみ。ドルトムントは現地時間21日に中国遠征に出発するため、その前に話を決めたいようである。

     ゲッツェが裏切り者扱いされているのは、2013年4月にバイエルン移籍が決まった経緯がクラブへのリスペクトに欠けたからだ。ゲッツェとドルトムントの契約には、設定額を支払えば一方的に選手がクラブとの契約を解除できる「契約解除条項」が付帯しており、ゲッツェはこれを行使。クラブ側にバイエルン行きを突然告げたのである。8歳から過ごした恩あるクラブに交渉の余地さえ与えなかった。当時ブンデスリーガの天下を争っていた相手が移籍先というのも最悪なら、タイミングも最悪だった。ドルトムントは1カ月後にチャンピオンズリーグ決勝を控えていたが、その対戦相手がバイエルン。せめてチームを優勝に導く活躍ができれば良かったが、ゲッツェはケガで大一番を欠場し、恩に報いることなくクラブを去ったのである。
    .
     ドルトムントファンの一部、特に熱狂的な「ウルトラス」たちは今もゲッツェに激しい憎悪を向けている。しかし、クラブ側としてはこれ以上ウルトラスによるトラブルはごめんだ。そうでなくとも昨季色々と暴れてくれたおかげで、ドイツサッカー連盟からお叱りを受け、執行猶予の身である。南スタンドの一部封鎖という処分を避けるには、2017年5月31日まで彼らを大人しくさせなくてはならない。選手目がけて飲料容器を投げたり、ユニフォームを燃やしたり──ゲッツェの加入でまたそんなことが起こっては困る。

     そこでキーマンとなるのが、ゲッツェの大親友、ヴォルフスブルクのドイツ代表FWアンドレ・シュールレだ。ドルトムントは彼を以前からねらっていたが、ゲッツェと同時に獲得し、同時にお披露目をしようと計画を練っているらしい。そうすればファンの注目も分散するし、ゲッツェに報道陣の質問が集中することもないという計算だ。バイエルンが5月にDFマッツ・フンメルスとMFレナト・サンチェスの獲得を同時に発表し、2人一緒にお披露目したのと同じ作戦である。

    ゲッツェにとっても、シュールレはキーマンである。MFマルコ・ロイスも含めて3人は頻繁に連絡を取り合う仲で、シュールレとゲッツェは恋人同伴でしょっちゅう一緒に遊んでいる。今も4人はカリフォルニアで休暇を楽しんでいる最中だ。ファンの反感を買うことを承知で戻るゲッツェにとって、親友がそばにいるというのは大きな支えだろう。

     ゲッツェがパフォーマンスを取り戻せるのか、トーマス・トゥヘル監督のスタイルにフィットできるのか、そこは「どうなの」という点については加入後の様子を見るしかない。バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOは「ゲッツェは素晴らしい選手だが、うちでは3年間ずっと機能しなかった」と言っているが、彼はバイエルンで公式戦114試合出場、36ゴール24アシスト(ドルトムントでの4年間では116試合に出場、31ゴール44アシスト)を記録している。数字を見る限りそこまでひどかったようには思えない。

     前所属先で構想外となった選手が新天地で奮起するのはよくある話だ。トゥヘル監督も認めるように、若手ばかりの新チームでブンデスリーガを含め3大会に臨むのは「リスキー」である。経験豊富なゲッツェがそのチームを牽引し、シーズン中少なくとも2度(スーパーカップを入れれば3度)巡ってくるバイエルン戦でヒーローになれば、ファンのモヤモヤは吹き飛ぶだろう。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160719-00000151-sasahi-socc&p=2

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ