サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ガラタサライ

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 16:40:19.97 ID:???*.net

    20130107200742b97
     
    フェリペ・メロとの交換でガラタサライへ向かうことが予想されていたインテルDF長友佑都だが、ガラタサライ側は長友を欲しがっていないようだ。

    『AS』によると、ガラタサライはメロと同じポジションの選手を欲しがっており、インテルDFガリー・メデル獲得を希望しているという。メデルはインテルやチリ代表でセンターバック務めることも多いが、中盤の底でもプレイ可能な選手だ。

    メデルは今夏にジェフリー・コンドグビアやジェイソン・ムリージョ、ジョアン・ミランダが加入したことで定位置争いが激しくなると予想されており、出場機会を失う可能性もある。

    ガラタサライはメロの譲渡+300万ユーロのオファーを提示する考えで、ハムザ・ハムザオグル監督も長友は必要ないと考えているようだ。

    かつての同僚であるスナイデルから誘いを受けたともいわれた長友だが、トルコ移籍可能性は低くなったかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150802-00010014-theworld-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 07:41:41.22 ID:???*.net

    zltn

     
    ズラタン・イブラヒモビッチのパリ・サンジェルマン(PSG)退団が近づいているようだ。1日、イタリア『メディアセット』が報じている。

    PSGは1日、フランス・スーパーカップでリヨンと対戦し2-0と勝利を収めた。
    試合後のインタビューでFWイブラヒモビッチは「これはPSGで最後の試合だったかもしれない。重要な決断をくださなければいけない」と移籍を示唆した。

    イブラヒモビッチ獲得を狙っているのは日本代表FW本田圭佑が所属するミランだけではない。
    日本代表DF長友佑都の移籍先として有力視されているトルコのガラタサライも獲得に迫っている。

    ガラタサライはイブラヒモビッチに対して年俸1100万ユーロ(約15億円)、クラブに対して移籍金500万ユーロ(約7億円)を用意しているとのこと。
    木曜日にも全てが決定する可能性があるようだ。

    かねてより去就が注目されていたイブラヒモビッチ。行き先はミラノではなくイスタンブールとなるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150802-00010005-footballc-socc
    フットボールチャンネル 8月2日(日)7時40分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150802-00010005-footballc-socc.view-000
    去就が注目を集めるズラタン・イブラヒモビッチ

    続きを読む

    1: coffeemilk ★@\(^o^)/ 2015/07/24(金) 09:24:35.54 ID:???*.net

    BFE383B3E7A59DE7A68F02

    フットボールチャンネル 7月24日 6時51分配信

     インテルの日本代表DF長友佑都がトルコ・ガラタサライ移籍に近づいている。23日、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じた。

     昨季、負傷により長期離脱を強いられた長友。ロベルト・マンチーニ監督からの信頼を獲得することはできておらず、今夏の去就が注目されていた。

     インテルはガラタサライのMFフェリペ・メロ獲得に近づいている。8月2日に両者は親善試合で対戦し、その際に大きく交渉が進むとみられている。

     この移籍に大きく関わることになりそうなのが長友だ。ガラタサライはF・メロと長友とのトレードを要求している。2011年にインテルに加入して以来チームの主軸であり続けてきた同選手だが、今季活躍の場をトルコに移すことになるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150724-00010003-footballc-socc

    続きを読む

    no title
     チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が4日に行われ、グループDでは日本代表MF
    香川真司のドルトムントとガラタサライが対戦。4-1でドルトムントが快勝した。香川は
    先発メンバーに名を連ね、63分に途中交代した。

     試合後、地元の複数メディアが各選手の採点と寸評を掲載(1が最高、6が最低)。香川に
    ついては以下の通り、及第点の評価が並んだ。

     ドイツ紙『Der Westen』の採点は「3」で「再び60分過ぎに交代させられてしまった。彼は
    何本か良いパスを出し、33分には危険なシュートも放ったが、惜しくも枠を外れている。
    またプレッシングも良かった。しかしこのオフェンシブなポジションであれば、もっと多くの
    衝撃をもたらさなければならなかった」と、及第点を与えた。

     また、同『Revier Sport』も「3」を与え、「33分のシュートは惜しかった。多くのアイデアを
    持っていたが、前半は全て不発に終わっている。63分にドイツ代表MFイルカイ・ギュンドガンと
    交代した」と、記した。

     さらに、ドイツ紙『ルールナハリヒテン』の採点も「3」で、「先週末(1日のブンデスリーガ
    第19節バイエルン戦)に“シャビ・アロンソを封じ込めた男”は、今日はドルトムントのトップ下に
    戻って、再びプレッシングの高いクオリティを証明。33分のシュートの場面も非常に見ごたえが
    あった。彼にとって喜ばしくなかっただろうが、後半(CKを蹴ろうとして爆竹や発煙筒が飛んで
    きた場面で)“勇気を持っているかどうかの試験”に合格した」と寸評を述べている。

    http://news.mynavi.jp/news/2014/11/05/131/

    続きを読む

    407: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2014/11/05(水) 06:58:11.51 ID:AWPzWxUD0.net
    Ruhr Nachrichten 

    92cd48f2


    2 ソクラテス 
    2.5 ロイス 
    3 香川、ベンダー、オーバメヤン、ムヒタリアン、ドゥルム、バイデンフェラー 
    3.5 ピシュチェク、スボティッチ 

    http://www.ruhrnachrichten.de/sport/bvb/spielerzeugnis/

    続きを読む


    香川起点からドルの攻撃

    14/15 UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ 第4節

    ◆ D組
     ドルトムント 4-1 ガラタサライ
    1-0 ロイス(前39分)
    2-0 パパスタソプロス(後11分)
    2-1 ハカン・バルタ(後25分)
    3-1 インモービレ(後29分)
    4-1 オウンゴール(セミフ・カヤ)(後40分)
    ◇ ドルトムントの香川真司は先発し後半18分までプレー

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/matches/live/day=4/session=1/match=2014370/
    D組順位表
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/standings/round=2000548/group=2003071/

    UEFA.com:http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/
    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/?l=41
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl

    続きを読む

    20140911113626

    香川らが負傷で交代 監督は「素直に喜べない」 香川は太もも
    14/10/23 08:35
    香川は太もも 心配なのはベンダーか

     ドルトムントは22日、チャンピオンズリーグ(CL)・グループD第3節でガラタサライと対戦し、
    4ー0で勝利した。しかし、ユルゲン・クロップ監督はMF香川真司ら負傷者が出たため、素直に
    喜べないようだ。

     リーグ戦で苦しんでいるドルトムントは、前半に3ゴールを挙げて楽な展開に持ち込んだ。
    しかし、55分にMFスベン・ベンダーが負傷交代すると、69分にはDFマッツ・フンメルスが
    退いている。終盤には、香川が足を痛めた様子でピッチを出て治療を受け、そのまま交代した。

     試合後のクロップ監督が、ドイツ『ZDF』で次のように話している。

    「残念ながら、試合後一番に話さなければいけなかったのは、メディカルスタッフだった。
    マニー(ベンダー)は病院に向かっている。本人はひじを脱臼したかもしれないと言うんだ」

    「予定になかった交代も2回ほど強いられた。マッツとシンジは、どちらも太ももを痛めたんだ。
    そうなると、勝利を素直に喜べなくなってしまう。みんなブンデスリーガに向けて必要だからね」

     ドイツ『ビルト』のツイッターによると、香川は足をつったと話したとのこと。これが
    事実であれば、香川はすぐに戻れそうである。しかし、負傷者が戻り始めているドルト
    ムントだけに、これ以上の離脱者は避けたいところだ。

    http://web.gekisaka.jp/news/detail/?149983-149983-fl

    続きを読む

    続きを読む

    2014-10-23-06-12-22
    14/15 UEFAチャンピオンズリーグ グループステージ 第3節

    ◆ D組
     ガラタサライ 0-4 ドルトムント
    0-1 オバメヤン(前6分)
    0-2 オバメヤン(前18分)
    0-3 ロイス(前41分) ← 香川アシスト
    0-4 アドリアン・ラモス(後38分)
    ◇ ドルトムントの香川真司は先発し後半37分までプレー

    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/matches/live/day=3/session=2/match=2014346/
    先発フォーメーション図
    http://light.dotup.org/uploda/light.dotup.org91108.jpg
    D組順位表
    http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/season=2015/standings/round=2000548/group=2003071/

    UEFA.com:http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/
    スポナビ:http://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/?l=41
    SKY PerfecTV!:http://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl

    続きを読む

    no title

    危機感を滾らせるグロスクロイツ。集中力の欠如は許されず

    「ドルトムントと27年来で最悪のシーズンスタート!」と記したのは、2014年10月21日付の独大衆紙ビルトである。
    22日に行なわれる欧州チャンピオンズリーグ、グループD第3戦ガラタサライ対ドルトムントの一戦を前にして、
    ドルトムントのスポーツ・ディレクターであるミヒャエル・ツォルク氏はビルト紙に次のようなコメントを残した。

    「今我々はガラタサライで勝ち点を穫らなければならない。そしてその追い風を持って、ハノーファーとのかつてないほど重要なホームゲームで勝利を収めるよう心掛けなければならない」

    ツォルク氏はさらに続ける。
    「本格的に、ディフェンスにおいて我々は直ちに個人の集中の欠如を止めなければならないね」

    ドルトムントのSDは、ディフェンスの安定とともにガラタサライ戦を勝利することで、25日のホームで行なわれるブンデスリーガ第9節ハノーファー戦に繋げたいと考えているようだ。

    20日付のキッカー紙ではグロスクロイツが次のように語った。
    「我々がガラタサライで勝利を収めれば、それはまさしく良いように思える。今我々が集中を切らすことは許されない。全てのゲームを落としてしまったら、我々は消える」

    グロスクロイツは危機感を滾らせた。

    キッカー紙によるガラタサライ戦の先発メンバー予想は次のとおり。布陣は4-2-3-1である。

    【GK】バイデンフェラー、【DF】ピシュチェク、ソクラティス、フンメルス、ドゥルム、
    【MF】ベンダー、ケール、グロスクロイツ、香川真司、ロイス、【FW】ラモス。香川はトップ下での先発が予想されている。

    27年前の二の舞? 当時は13位に沈む

    一方、20付のルール地方の地元紙レヴィアシュポルトはガラタサライ戦の展望を次のようにしている。
    レヴィアシュポルト紙:「チャンピオンズリーグにおいてBVBは今まで全く隙がない。選手達がスタジアムに正しく現れて、3試合目での3勝に成功する」

    ルール地方の地元紙は、今季のCLでの実績を持ってドルトムントのガラタサライに対する勝利を疑っていないようである。
    いずれにせよ勝利が義務であることに変わりはない。

    同紙によるガラタサライ戦の先発メンバー予想は次のとおり。布陣は4-2-3-1である。

    【GK】バイデンフェラー、【DF】ピシュチェク、ソクラティス、フンメルス、ドゥルム、
    【MF】ベンダー、ケール、オバメヤン、ロイス、ムヒタリヤン【FW】ラモス。香川はベンチでのスタートが予想されている。

    ビルト紙によれば、ツォルク氏は自身の経験からこの状況を知っている、とのことである。「27年」前の1987年のことだ。
    ビルト紙:「1987年、プロ選手として彼(ツォルク氏)は、同じ時期に当時の監督ラインハルト・ザフティヒの下でたった勝ち点6だった―現在のBVBよりも少ないものである。
    当時最終的にドルトムントは13位に落ち着いた。

    10月22日(水)10時45分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141022-00010006-footballc-socc

    サッカーch
    http://wc2014.2ch.net/livefoot/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ