サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ガラタサライ

    139: 名無しさん@恐縮です 2018/03/29(木) 12:47:54.19 ID:nLm/f1Mm0

    smile


    ガラタサライはどう見ても強豪クラブの一つだろ 
    香川が行っても全然おかしくないとこだろ


    続きを読む

    1: Egg ★@2017/07/04(火) 19:13:21.63 ID:CAP_USER9

    DAbKOzwXoAAoRXF


    ミランを退団した日本代表FW本田圭佑は、
    トルコの強豪クラブであるガラタサライへの移籍が幻に終わるのかもしれない。
    4日付のトルコメディア『sporx』などが報じた。

    6月30日付でミランとの契約が満了し、現在フリーとなっている本田に対しては、
    ガラタサライが年俸200万ユーロ(約2億5700万円)での2年契約のオファーを出しているとも報じられていた。
    一部オランダメディアでは合意に達したとの報道もあった。

    だがトルコメディアによれば、本田はガラタサライへの移籍に応じないことを同クラブに連絡したという。
    クラブ首脳陣の見せた姿勢に満足できなかった模様だとの見方が伝えられている。

    ガラタサライへの移籍が実現しないのであれば、依然として今後の去就は未定のまま。
    本田は来シーズンをどこで過ごすことになるのだろうか。

    2017年07月04日(Tue)18時38分配信
    https://www.footballchannel.jp/2017/07/04/post220473/

    【サッカー】<本田圭佑>トルコの強豪ガラタサライと合意へ!今週中にも正式契約か… ★2
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1499161654/

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2017/07/04(火) 06:41:09.30 ID:CAP_USER9
    日本代表FW本田圭佑の新天地はトルコのガラタサライとなりそうだ。オランダメディアが報じている。

    本田は6月30日をもってミランとの契約を満了。3年半にわたり背負ってきたミランの背番号10番に別れを告げ、今夏の移籍市場で新天地を求めることが決定している。

    そんな本田に対してトルコの強豪クラブ、ガラタサライが年俸200万ユーロ(約2億5000万円)、2年契約のオファーを送り、返事を待っていると伝えられた。
    その後、さらにガラタサライが本田について興味を持っていることは事実と報じられ、今後の動向に注目が集まっていた。

    本田とガラタサライは合意に近づいており、今週中にも正式な契約に至ると報じられた。
    元ユヴェントスDFで、2017年2月からチームを率いるイゴール・トゥドール監督の元でプレーするのは時間の問題のようだ。

    これまで本田にはスペインのラス・パルマスやレバンテ、トルコのトラブゾンスポルなど数多くのクラブが興味を示してきた。
    新天地はトルコに決まるのだろうか。なお、トルコでは過去に細貝萌がブルサスポルで、稲本潤一がガラタサライで、日本人選手として足を踏み入れている。

    GOAL 7/4(火) 6:36配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00000029-goal-socc

    写真
    no title

    続きを読む

    1: 豆次郎 ★@^^ 2017/07/02(日) 08:00:38.86 ID:CAP_USER9
    現在フリーとなっている日本代表FW本田圭佑にトルコからオファーが届いているようだ。イタリア『トゥットメルカートウェブ』が独占で報じた。

    本田は6月30日をもってミランとの契約を満了。3年半にわたり背負ってきたミランの背番号10番に別れを告げ、今夏の移籍市場で新天地を求めることが決定している。

    ここまで本田にはスペインのラス・パルマスやレバンテ、トルコのレバンテなど数多くのクラブが興味を示していたが、ついに具体的なオファーを提示してきたクラブがあったという。
    報道によると、トルコのガラタサライがすでに年俸200万ユーロ(約2億5000万円)、2年契約のオファーを送り、現在フリーの本田の返事を待っているようだ。

    ガラタサライは昨シーズンの国内リーグを4位で終え、来季は予選からヨーロッパリーグ出場権を手にしている。

    以前から移籍に関しては「面白くて行きたいと思えるクラブがあるかどうか」と語ってきた本田。
    ガラタサライに加入すれば、欧州の舞台でミランと顔を合わせる可能性もある。
    ヴェスレイ・スナイデルやナイジェル・デ・ヨングといったスター選手に加え、トルコ代表選手も在籍しており、本田にとって「成長」を望める場でもあるが、どのような決断を下すことになるのだろうか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170702-00000031-goal-socc
    no title

    続きを読む

    1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 16:40:19.97 ID:???*.net

    20130107200742b97
     
    フェリペ・メロとの交換でガラタサライへ向かうことが予想されていたインテルDF長友佑都だが、ガラタサライ側は長友を欲しがっていないようだ。

    『AS』によると、ガラタサライはメロと同じポジションの選手を欲しがっており、インテルDFガリー・メデル獲得を希望しているという。メデルはインテルやチリ代表でセンターバック務めることも多いが、中盤の底でもプレイ可能な選手だ。

    メデルは今夏にジェフリー・コンドグビアやジェイソン・ムリージョ、ジョアン・ミランダが加入したことで定位置争いが激しくなると予想されており、出場機会を失う可能性もある。

    ガラタサライはメロの譲渡+300万ユーロのオファーを提示する考えで、ハムザ・ハムザオグル監督も長友は必要ないと考えているようだ。

    かつての同僚であるスナイデルから誘いを受けたともいわれた長友だが、トルコ移籍可能性は低くなったかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150802-00010014-theworld-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 07:41:41.22 ID:???*.net

    zltn

     
    ズラタン・イブラヒモビッチのパリ・サンジェルマン(PSG)退団が近づいているようだ。1日、イタリア『メディアセット』が報じている。

    PSGは1日、フランス・スーパーカップでリヨンと対戦し2-0と勝利を収めた。
    試合後のインタビューでFWイブラヒモビッチは「これはPSGで最後の試合だったかもしれない。重要な決断をくださなければいけない」と移籍を示唆した。

    イブラヒモビッチ獲得を狙っているのは日本代表FW本田圭佑が所属するミランだけではない。
    日本代表DF長友佑都の移籍先として有力視されているトルコのガラタサライも獲得に迫っている。

    ガラタサライはイブラヒモビッチに対して年俸1100万ユーロ(約15億円)、クラブに対して移籍金500万ユーロ(約7億円)を用意しているとのこと。
    木曜日にも全てが決定する可能性があるようだ。

    かねてより去就が注目されていたイブラヒモビッチ。行き先はミラノではなくイスタンブールとなるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150802-00010005-footballc-socc
    フットボールチャンネル 8月2日(日)7時40分配信

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150802-00010005-footballc-socc.view-000
    去就が注目を集めるズラタン・イブラヒモビッチ

    続きを読む

    1: coffeemilk ★@\(^o^)/ 2015/07/24(金) 09:24:35.54 ID:???*.net

    BFE383B3E7A59DE7A68F02

    フットボールチャンネル 7月24日 6時51分配信

     インテルの日本代表DF長友佑都がトルコ・ガラタサライ移籍に近づいている。23日、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が報じた。

     昨季、負傷により長期離脱を強いられた長友。ロベルト・マンチーニ監督からの信頼を獲得することはできておらず、今夏の去就が注目されていた。

     インテルはガラタサライのMFフェリペ・メロ獲得に近づいている。8月2日に両者は親善試合で対戦し、その際に大きく交渉が進むとみられている。

     この移籍に大きく関わることになりそうなのが長友だ。ガラタサライはF・メロと長友とのトレードを要求している。2011年にインテルに加入して以来チームの主軸であり続けてきた同選手だが、今季活躍の場をトルコに移すことになるのだろうか。

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150724-00010003-footballc-socc

    続きを読む

    no title
     チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が4日に行われ、グループDでは日本代表MF
    香川真司のドルトムントとガラタサライが対戦。4-1でドルトムントが快勝した。香川は
    先発メンバーに名を連ね、63分に途中交代した。

     試合後、地元の複数メディアが各選手の採点と寸評を掲載(1が最高、6が最低)。香川に
    ついては以下の通り、及第点の評価が並んだ。

     ドイツ紙『Der Westen』の採点は「3」で「再び60分過ぎに交代させられてしまった。彼は
    何本か良いパスを出し、33分には危険なシュートも放ったが、惜しくも枠を外れている。
    またプレッシングも良かった。しかしこのオフェンシブなポジションであれば、もっと多くの
    衝撃をもたらさなければならなかった」と、及第点を与えた。

     また、同『Revier Sport』も「3」を与え、「33分のシュートは惜しかった。多くのアイデアを
    持っていたが、前半は全て不発に終わっている。63分にドイツ代表MFイルカイ・ギュンドガンと
    交代した」と、記した。

     さらに、ドイツ紙『ルールナハリヒテン』の採点も「3」で、「先週末(1日のブンデスリーガ
    第19節バイエルン戦)に“シャビ・アロンソを封じ込めた男”は、今日はドルトムントのトップ下に
    戻って、再びプレッシングの高いクオリティを証明。33分のシュートの場面も非常に見ごたえが
    あった。彼にとって喜ばしくなかっただろうが、後半(CKを蹴ろうとして爆竹や発煙筒が飛んで
    きた場面で)“勇気を持っているかどうかの試験”に合格した」と寸評を述べている。

    http://news.mynavi.jp/news/2014/11/05/131/

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ