サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:オスカル

    1: Egg ★ 2017/01/11(水) 10:07:22.42 ID:CAP_USER9

    no title

     
     昨年12月にチェルシーから中国1部の上海上港に移籍したブラジル代表MFオスカルが、将来的に中国スーパーリーグがプレミアリーグに匹敵するビッグリーグになるとの考えを示した。10日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

     中国スーパーリーグがプレミアリーグのライバルになる可能性があるか質問されたオスカルは「このまま続けば、たぶんそうなる。彼らは素晴らしいプロジェクトをたくさん持っているんだ」と答えた。

     続けて「もちろん、プレミアリーグは世界レベルの選手をたくさん揃えているけど、中国も非常に優れているよ。彼らは新しい選手をサポートしてくれる。

    移籍は僕にとっても良かったしチェルシーにとっても良かった。上海はとても良いところ、中国スーパーリーグに来れてとても幸せだよ。中国のクラブはリーグを強くするためにたくさんのお金を費やしている。彼らが僕にオファーを提示してくれてとても幸せだ」とコメントしている。

     プレミアリーグには欧州をはじめとした数多くの各国代表選手が集まっており、とてもレベルの高いリーグだ。中国スーパーリーグもまた、欧州リーグで活躍した代表選手を獲得している。オスカルが言うように、将来的に中国スーパーリーグがプレミアリーグのライバルとなる存在になるのだろうか。

    フットボールチャンネル 1/11(水) 8:20
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170111-00010005-footballc-socc

    続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★2016/12/23(金) 18:17:06.19 ID:CAP_USER9

    20121125170839

     
    チェルシーは23日、ブラジル代表MFオスカル(25)が中国スーパーリーグの上海上港に移籍することで合意したと発表した。
    移籍金は公表されていないが、『BBC』によると、6000万ポンド(約86億5000万円)となる見込み。

    これはこれまで最高だったFWフッキがゼニトから上海上港に移籍する際に発生した移籍金4700万ポンドのアジア史上最高額を大きく上回ることになる。

    オスカルは12年夏の移籍でインテルナシオナルからチェルシーに加入。
    通算203試合で38ゴールを記録した。トップ下を任され、15シーズンのプレミアリーグ優勝にも貢献した。

    だが今季より就任したアントニオ・コンテ監督の下ではポジションを失っており、移籍の噂が絶えずにいた。

    ブラジル代表の25歳は、元チェルシー監督のアンドレ・ビラス・ボアス監督の下で再び輝きを取り戻すことが出来るのだろうか。
    クラブは公式サイトで「チェルシーでの貢献に感謝を示すとともに、そして今後のさらなる活躍を祈っています」とメッセージを残している。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161223-01634861-gekisaka-socc

    チェルシー日本語公式
    https://japan.chelseafc.com/news/latest-news/2016/12/oscar-to-depart.html

    続きを読む

    1: Egg ★@ 2016/05/03(火) 22:16:46.54 ID:CAP_USER9
    ■ハードワークが高い評価受ける

    no title


    昨季チェルシー不動のトップ下としてチームのリーグ優勝に大きく貢献したブラジル代表MFオスカルが今夏放出されるのではと噂されている。一部ではオーナーのロマン・アブラモビッチ氏がオスカルのパフォーマンスに不満を抱えているとも言われており、ユヴェントスなどがオスカル獲得に名乗りを上げている。

    そんな中、『Breacher Report』はオスカルが移籍する場合はどのクラブが最適かを独自に考え、オスカルがフィットするであろうクラブをランキング形式で3クラブ選出した。まず第3位は、数年前から指揮官マッシミリアーノ・アッレグリが高く評価しているユヴェントスだ。ユヴェントスはトップ下で違いを作れる選手を探しており、昨夏にはユリアン・ドラクスラーらを逃してしまっている。

    以前から獲得を熱望しているユヴェントスの選出は妥当だが、意外なのは2位と1位だ。同メディアはオスカルの攻撃センス、得点能力なども評価しているが、最大の持ち味としてハードワークを評価している。その結果、2位にはディエゴ・シメオネの下で前線の選手も守備に走るフットボールを展開しているアトレティコ・マ ドリード、そして1位には同じくハードワークをベースとするドルトムントが選出された。

    仮にドルトムントに加入すればトップ下で香川真司と被ることになるが、同メディアはそれでもドルトムントを最もフィットするクラブに挙げている。ドルトムントにはバイエルンのマリオ・ゲッツェ復帰論などアタッカー獲得の噂が絶えないが、香川は来季も不動のトップ下として君臨することができるか。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160503-00010030-theworld-socc

    続きを読む

    1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2016/01/08(金) 17:48:22.11 ID:CAP_USER*.net
     
    復調の兆しを見せているチェルシーに、再び不穏な空気が漂っている? 『ガーディアン』など
    イギリス複数メディアの報道によると、7日の練習中にFWジエゴ・コスタとMFオスカルの間でトラブルが起きた。

    練習中の激しいタックルを巡り、2人はヒートアップした模様。殴り合いに発展する寸前だったとも
    伝えられているが、チームメートの素早い仲裁により、2人は引き離されたそうだ。

    その後、オスカルは自身のツイッターで「D・コスタは親友の一人だし、ケンカなんてしないよ」と否定しており、
    どうやら大きな騒動にはなっていない様子である。

    真剣に練習に臨むことも、練習でケガをしないことも、スポーツでは重要なこと。
    それぞれが真面目に練習に取り組んでいると考えれば、ネガティブな衝突とは限らないかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160108-00000036-goal-socc

    続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/05/06(水) 01:06:22.49 ID:???*.net

    de901_854_12199_ext_05_0


    ブラジル代表を率いるドゥンガ監督が5日、6月に始まるコパ・アメリカに向けた招集メンバーを発表した。

    バルセロナFWネイマールやパリ・サンジェルマンDFチアゴ・シウバらが順当に選ばれた一方で、チェルシーMFオスカルが落選している。

    ドゥンガ監督によると、オスカルは「チェルシーでの練習中に負傷した。
    我々は(チェルシー監督のジョゼ・)モウリーニョやチェルシーのドクターたちと話して決めた」とコメント。
    オスカル本人はSNSで「ケガでコパ・アメリカに参加できなくて非常に悲しい」と述べている。

    グループCのブラジルは、ペルー、コロンビア、ベネズエラとグループステージで対戦する。

    招集メンバー23人は以下のとおり。

    GK
    ジェフェルソン(ボタフォゴ)
    ジエゴ・アウベス(バレンシア)
    マルセロ・グロイ(グレミオ)

    DF
    ファビーニョ(モナコ)
    マルセロ(レアル・マドリー)
    フィリペ・ルイス(チェルシー)
    ダニーロ(ポルト)
    ダビド・ルイス(パリ・サンジェルマン)
    マルキーニョス(パリ・サンジェルマン)
    チアゴ・シウバ(パリ・サンジェルマン)
    ミランダ(アトレティコ・マドリー)

    MF
    ルイス・グスタボ(ヴォルフスブルク)
    エリアス(コリンチャンス)
    フェルナンジーニョ(マンチェスター・シティ)
    カゼミロ(ポルト)
    ウィリアン(チェルシー)
    コウチーニョ(リヴァプール)
    エヴェルトン・リベイロ(アル・アハリ)
    ドグラス・コスタ(シャフタール)

    FW
    ネイマール(バルセロナ)
    ロビーニョ(サントス)
    フィルミーノ(ホッフェンハイム)
    ジエゴ・タルデッリ(山東魯能泰山)


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150506-00000028-goal-socc
    GOAL 5月6日(水)0時30分配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150506-00000028-goal-socc.view-000
    コパ・アメリカへ行くメンバーを決めたブラジル代表のドゥンガ'

    続きを読む

    mmkyodo_wc2014_PK2014061893627002_BI_JPG_00

    「ブラジルW杯・準決勝、ブラジル-ドイツ」(8日、ベロオリゾンテ)

    ブラジル代表のMFオスカルに戦線離脱したFWネイマールの穴を埋める活躍が期待されている。
    7日付スペイン紙マルカによると、変更が予想されるブラジル代表の布陣で攻撃の鍵を握る存在になる報じている。

    ネイマールのみならず主将のDEチアゴシウバも出場停止で欠場するため、スコラリ監督はシステムを含めた戦い方の変更を模索。
    想定されるのは(1)トリプルボランチ、(2)センターバック3人起用の5バック構成、(3)ウィリアン(チェルシー、英)を先発させてのシステム維持、3パターンだという。

    いずれにしても、サイド、アタッカー、トップ下、最前線のFWとあらゆる起用パターンが可能なオスカルがチームの浮沈を握る存在になると考えられている。
    なおブラジルは準決勝ドイツ戦の開催地ベロオリゾンテ入りを1日遅らせて調整を進めている。

    7月7日(月)18時18分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140707-00000064-dal-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ