サカラボ、最新サッカー動画、また管理人の魂の拠り所であるサッカーを 熱く独断と偏見も含めて語っていくサイトです。
    NEW、多くの方からコメントスマフォサイトの背景が黒で読みづらいとの意見を頂いたので背景色のデザインを変更させて頂きました。 このブログについて詳しくはコチラ

    タグ:ウズベキスタン戦

    1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/03/31(火) 05:36:13.51 ID:???*.net

    no title

    日本代表合宿(30日、味の素スタジアム)31日のJALチャレンジ杯・ウズベキスタン戦(東京・味の素スタジアム)に向け、
    試合会場で約1時間の公式練習を行った。
    就任2試合目となるバヒド・ハリルホジッチ監督(62)は記者会見で「gagner(ガニエ)=勝つ」と繰り返し、2連勝を力強く宣言。
    MF柴崎岳(22)=鹿島=らによる“超攻撃的トライアングル”で、6月に開幕する2018年ロシアW杯アジア予選への予行演習を敢行する。

    フランス国籍の名将の辞書は「勝利」の2文字で埋め尽くされていた。ハリルホジッチ監督は、東京の夕闇に明快な哲学を響かせた。

    「われわれ(日本)は前回、ウズベキスタンにホームで負けた。もう一度、彼らに挑戦して勝利したい。
    内容に満足するのではなく、まず勝利だ。『勝つ、勝つ』という道を進んでいきたい」

    連呼したのはフランス語の「gagner(ガニエ)=勝つ」。1994年10月8日のプロ野球・中日-巨人戦。
    勝った方が優勝の同率首位対決を前に、巨人の長嶋茂雄監督が発した「勝つ、勝つ、勝つ」を連想させる“勝つ2連発”は、
    勝利への執念を日本に求める新監督の真骨頂だった。

    「勝利」に意味がある。相手は、ロシアW杯でアジアの出場枠を争うウズベキスタン。
    ザック・ジャパン時代に1分け1敗と勝てなかった難敵だ。チュニジア戦を振り返り、
    「攻撃も守備も、前の日本代表より向上したところが見られた」と胸を張った新監督は、結果での“ザック超え”も見据える。

    「勝利」は“超攻撃的トライアングル”で引き寄せる。「1試合目と全く違うメンバーになる。違う方法で戦う」と
    先発の総入れ替えと戦術変更を示唆。
    W杯本番を想定して中盤の守備力を重視したチュニジア戦と一転、
    初陣で出番のなかったMF柴崎、MF青山という“縦パス職人”をダブルボランチ、トップ下にMF香川を配した中盤になる可能性が高まった。

    会見では精神論だけではなく、持ち前の緻密さもみせた。「550本程度のパスを通し、そのうち39%がワンタッチだった」と初陣でのデータを明示し、
    「守備では前回よりリスクを負ってDFラインを1つ上げたい。攻撃では球を奪った瞬間、
    素早く前の選手につなぐよう言っている」と、より強い前への推進力を選手に要求した。

    アーリークロス、25~30メートルのミドルシュートなど具体的な要求も突きつけたという。
    W杯アジア予選で必要なのは、自陣に引いた相手をこじ開ける攻撃。
    ウズベク戦を“仮想W杯予選”と位置付け、同郷のイビチャ・オシム元監督が06年に果たして以来となる初陣からの2連勝を狙う。

    「選手には、勝利への活力を持ち続けるよう言っている」。選手が引き揚げたピッチで、
    ハリルホジッチ監督は黙々と走り続けた。「勝利」というゴールへ、脇目も振らず突き進む。 

    http://www.sanspo.com/soccer/news/20150331/jpn15033105050001-n1.html
    2015.3.31 05:05

    http://www.sanspo.com/soccer/photos/20150331/jpn15033105050001-p1.html
    無精ひげが目立つ、公式会見でのハリルホジッチ監督。ひげをそる時間も惜しんで策を練っている!? 

    続きを読む

    1: サーカス ★@\(^o^)/
    2015/03/30(月) 08:15:52.90 ID:???*.net



    日本代表は29日、31日の親善試合ウズベキスタン戦(味スタ)に向けて都内で練習を再開した。

    バヒド・ハリルホジッチ監督(62)はDF陣に対し、相手FWに対する当たりの弱さを指摘し、意識改革を求めた。
    27日のチュニジア戦とはメンバーも大きく入れ替え、サバイバル戦争が激化する次戦は、DF陣の厳しい守備から勝機を見いだす。

    ハリルジャパンの第2戦、ウズベキスタン戦は思わぬ"肉弾戦"になるかもしれない。
    ハリルホジッチ監督はDF陣に対し、相手FWに対する当たりの弱さを指摘。「アジア杯での日本代表は優し過ぎた。相手に対してリスペクトし過ぎている。
    日本人の良さだが、サッカーに関しては良くない」と強調。そして「強く当たったら、試合後に謝ればいいんだ。サッカーの試合中は敵だ」。そう熱く訴えたという。

    就任後、数センチ単位にまでこだわり、プレスの仕方を指導してきた。初陣チュニジア戦では早速、激しい守備でボールを奪う場面も見られた。
    完封した守備陣には一定の評価も与えた。だが、相手FWに対するチェックに関してはまだまだ合格点には遠い。

    口を開けば日本人選手の体の線の細さを指摘、ずる賢いプレーも要求している。求めるのは反則すれすれでも相手を止めるという気迫。
    ウズベキスタン戦の出場が濃厚な昌子は「人格を変えて戦う」と肝に銘じていた。

    まずは徹底した守備の強化――それは特に攻撃のセットプレーに関するアプローチからも明らかだ。
    既に指揮官は日本のセットプレーのデータも収集済み。他国に比べ成功率が低いと認識しているという。

    それでも現状はCK、FKいずれもキッカーは自由。選手個々のアイデアを尊重、PKに至っては挙手制だ。
    フィジカル強化の個別メニューも用意するなど守備からの改革を優先する。

    ウズベキスタンは、W杯出場を争うライバル国。それでも指揮官は「みんなの方がよく知っているだろう」と話し、相手の映像を使ったミーティングもなかった。
    公開練習としたこの日から軽めのメニュー。そして試合前日となる30日もピッチ上で細かく戦術を詰める予定はない。強く当たれ――。

    ハリルホジッチ新監督はまず戦う上でのベースとなる「激しさ」を求めていく。

    スポニチアネックス 3月30日(月)6時28分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150330-00000011-spnannex-socc

    続きを読む

    ↑このページのトップヘ